30代男性の就職背景と期待されること

2014/12/22

【このページのまとめ】

  • ・30代男性の心配事は「結婚や将来に対する焦り」「体力が落ちた」「仕事が見つかりづらい」など
    ・年齢を重ねるにつれて応募求人が限られ、採用難易度が上がるのも30代で正社員を目指す上ではネックとなる
    ・未経験者歓迎求人が多く、選択肢の広い20代のうちに正社員就職を目指そう

30代になると、結婚や健康など、状況の変化に戸惑うことも多くなります。「正社員就職はまだ早い…30代になってから考えよう」という方もいるのではないでしょうか。
今回のコラムでは、30代男性フリーターにスポットを当て、その年代特有の状況や就職に関する情報についてまとめました。

 

◆30代男性フリーターを取り巻く状況の変化

30代までフリーターを続ける中で感じる状況の変化や、それに伴う心配事とはどのようなものでしょうか。ここでは代表的なものをいくつか挙げてみました。

・家庭を持つ友人が増える

男性は30代前後から、周囲が次々と結婚するようになります。早い人はもう父親になっているでしょう。独身の友達が減り、何となく寂しいのと、自分の将来が不安になる人も多くいます。フリーターでは家計を支えることは難しいので、結婚前に就職するのが現実的です。

 

・体力が落ちた

20代の頃なら一晩中遊べたのに、徹夜ができなくなったり、疲れやすくなったり…。 
バイトは時給制なので、体調を崩して休んだら収入が減り、病気をしても病院に行くお金がないということもあります。労災や社会保険、有給休暇がしっかり整っている正社員に気持ちが傾くことも多くなるでしょう。

・仕事が見つかりづらい

30代になると将来のことを考え、少しでも収入を増やそうと新しくアルバイトを探す人がいますが、20代の頃と比べて選択肢が限られていることに気付くはず。

高収入のアルバイトは体力と柔軟性がある若い年代が採用されやすく、30代に入ると採用まで辿り着くのが難しいようです。

◆就活は20代で始めた方が選択肢が豊富!

では、30代に入ると就職できる可能性はゼロなのかと言うとそうではありません。30代に入っても就職はできますが、20代の頃よりも選択肢が限られること、選考がシビアであることは事実としてあります。

一般的に企業は20代に対しては人柄やポテンシャル、熱意を高く評価し、入社後に1から育てる方針をとるところもあります。「未経験歓迎」の求人は、20代の若者を求めていることが多いでしょう。

30代になると熱意だけではなく、今までのキャリアや即戦力となる仕事上の能力が求められるようになり、フリーターしか経験がないと評価されるのは難しくなってきます。

もちろん、きちんと対策をした上で就活を行えば、30代になっても内定をもらうことはできますが、スムーズに就職したいなら、チャンスの多い20代のうちに就活をスタートすることをおすすめします。
幅広い選択肢の中から仕事を見つけたいなら、30代よりも20代で就活を始めた方が、納得のいく就職先が見つかる可能性が高まるでしょう。

「応募しやすく、幅広い業種や職種で未経験者に門戸が開かれている」というのが20代の就活についての印象と言えます。
20代のうちに社会人として、経験を積んでおけば、将来的にキャリアアップの可能性も広がり、収入アップを目指すことも可能となるでしょう。 


ハタラクティブは、20代を中心とした若年層に特化した就職支援を行っています。
専任のキャリアアドバイザーが、マンツーマンで書類作成のアドバイス、面接対策など就活にまつわるあらゆるサポートを提供させていただきます。
ぜひ、お気軽にご相談ください。              

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ