転職は20代後半でするべき?成功のポイント

転職は20代後半でするべき?成功のポイントの画像

この記事のまとめ

  • 20代後半の場合、異業種、異職種への転職は比較的しやすい
  • 同職種に転職する際は、即戦力となるスキルが身についているかがポイント
  • 明確なビジョンを持ち、ネガティブな要因だけで転職を決めないことが大切

20代後半で転職を考えている方はいませんか?
このコラムでは、20代後半の転職を成功させるポイントをご紹介します。転職活動が初めての方や、転職するか悩んでいる方は、参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

20代後半で転職する?しない?

厚生労働省の平成26年の調査によると、新卒で入社した後、3年以内に離職する人は約3人に1人となっています。

参照元
厚生労働省
新規学卒者の離職状況

新卒で入社した人の場合、20代後半は、キャリアアップの手段として転職を考え始める時かもしれません。

20代後半であれば、異業種や異職種への転職が比較的しやすい時期。
一方、30代以降は専門性を高める時期といわれています。そのため、転職の際は、役職やマネジメント経験を必須とする求人が多い傾向に。未経験分野への転職を考えるのであれば、20代のうちがチャンスといえます。

同職種に転職する際は、即戦力となるスキルが身についているかがポイント。企業の求める人物像を確認するとともに、これまでの経験から活かせる知識・技術を積極的にアピールしましょう。

20代後半の転職を成功させるポイント

20代後半の転職を成功させるためには、どのような点に気を付けたら良いのでしょうか。

ネガティブな要因だけで転職を決めない

「人間関係がうまくいかない」「会社の体制が良くない」といった理由から、転職を考える人は多いかもしれません。
しかし、面接で退職理由を聞かれた際に企業の悪口を言ってしまうと、「不満があると自社もすぐに辞めるのでは」と採用担当者が思う可能性も。「○○の業務に携わりたい」「さらにスキルアップしたい」など、ポジティブな退職理由に転換することが大切です。

身に付けたスキル・実績を把握する

自分の強みをしっかり把握することで、効果的な自己PRや志望動機を作成できます。
特に同職種に転職する際は、スキル面を重視されるケースが多い傾向に。これまでの経験で身につけたことを洗い出し、応募先の企業に合うアピール内容にしましょう。

明確なビジョンがある

後悔することのないよう、目的意識をしっかり持ち、十分に計画した上で行動をとることが大切です。
実現したいことやなりたい姿などを考え、ビジョン実現のために、今後は何が必要であるか考えましょう。

転職活動をスムーズに進められるよう、上記のポイントに注意して行動をとりましょう。

転職を考えているならハタラクティブへ

「一人での転職に不安がある」「アドバイスを受けながら転職活動を進めたい」という方は、エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブは、高卒や既卒、第二新卒、フリーターなどの若年層を対象とする就職・転職支援サービスです。経験豊富なアドバイザーがカウンセリングで適性を把握し、あなたに合うお仕事をご紹介します。

当サービスは、面接対策や応募書類の添削といったサポートをマンツーマン体制で実施。後悔しない転職ができるよう、仕事内容の詳細や企業風土、その会社で働くメリット・デメリットを事前にお伝えします。

ハタラクティブは未経験OKの求人も多数ご用意しているため、気軽にご相談ください。

関連タグ