転職を20代後半で成功させるには?おすすめの職種やポイントを紹介

転職を20代後半で成功させるには?おすすめの職種やポイントを紹介の画像

この記事のまとめ

  • 20代前半と後半の転職では、企業が求める人物像が異なる
  • 20代後半は柔軟性があり、未経験で異業種や異職種への転職もできる
  • 20代後半の転職では、ポテンシャルだけでなく即戦力も必要
  • 明確なビジョンを持ち、ネガティブな要因だけで転職を決めないことが大切

20代後半での転職者は多いものの、前半よりは難しそうと考える人もいるでしょう。このコラムでは、20代後半の転職を成功させるポイントを紹介します。新卒や第二新卒の求人とは企業が求めるものが変わってくるため、しっかりと把握しておくことが重要です。未経験から目指せる職種も紹介しているので、悩んでいる方は参考にしてみてください。

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

20代後半では転職は厳しい?

20代後半の転職は厳しいといわれることがあります。未経験の業種や職種へ転職できるのか、不安な方もいるでしょう。以下で、20代後半の転職事情について解説します。

20代後半になると企業の求める人物像が変わる

大学卒業後、新卒で入社して2〜3年経った20代前半に対し、後半の転職者はある程度の経験を積んでいるとみなされます。そのため、20代前半と後半の転職とでは企業が求める人物像が異なるのが一般的です。

20代前半の場合、企業は応募者のポテンシャルや人柄、やる気などを重視します。対して、20代後半の転職では経験やスキルなども求められ、ビジネスマナーも習得していて当たり前と捉えられるのが特徴です。

また、20代前半は第二新卒者として求人にも応募できますが、後半になると難しくなる可能性があります。第二新卒については「「第二新卒」の期間はいつまで?転職が有利になりやすい時期も解説」のコラムをご覧ください。

20代後半は異職種や異業種へ転職できる時期

20代後半の転職では、応募先企業からポテンシャル以外も求められるようになります。30代以上の中途採用者と比べて20代後半はスキルや経験が少なく、応募する求人を選ばなければならない場合もあるでしょう。

とはいえ、企業は将来性や柔軟性のある20代を歓迎する傾向にあり、20代後半であれば異業種や異職種への転職が比較的しやすい時期といえます。30代以上の人より期間は短いものの、20代後半の転職者には社会人経験があるのも重要なポイントです。未経験の業種や職種への転職であっても、これまでの実績を活かせば応募先企業にアピールできます。

一方、30代以上は専門性を高める時期といわれており、転職の際は役職やマネジメント経験を必須とする求人が多い傾向です。未経験分野への転職を考えるのであれば、20代のうちがチャンスといえるでしょう。「転職希望の20代が知っておきたいポイントは?スキルなしで成功させるコツ」では20代後半での転職状況について解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

20代後半で転職する人の割合

厚生労働省が公表した「新規学卒就職者の離職状況を公表します」によると、新卒で入社して3年以内に離職する人の割合は高卒で36.9%、大卒では31.2%でした。卒業後に入った会社を約3人に1人が離職していることが分かります。新卒で入社した人の場合、20代後半はキャリアアップの手段として転職を考え始める時期です。20代後半になると、すでに2回目の転職を検討している人もいるでしょう。

また、厚生労働省の「令和4年 雇用動向調査結果の概況」には、転職している人の割合を性別と年齢階級別に見たデータがあります。2022年度で見ると、20代後半で転職した人の割合は男性が15.3%、女性が14.1%でした。

図4-1 性、年齢階級別転職入職率(令和4年(2022))の画像

引用:「令和4年雇用動向調査結果の概況 転職入職者の状況(1)年齢階級別転職入職率

転職する人が最も多いのは、男性も女性も同じで19歳以下です。20代以上になると女性は20代前半で14.7%であり、後半が14.1%とやや減っています。一方で、男性は20代前半の14.7%に比べると、後半のほうが転職する人が多くなっているのが特徴です。

また、男性は20代後半で15.3%が転職していますが、30代前半は9.5%と大きく減っており、30代以上は転職者が10%を切っています。女性は20代後半と比べて、30代以上の転職入職率が緩やかに減っていることが分かるでしょう。上記のように、20代後半から30代以上にかけて転職する人の割合は、男性と女性とで違いがあります。

参照元
厚生労働省
新規学卒就職者の離職状況を公表します
令和4年 雇用動向調査結果の概要

20代後半の女性は転職が厳しい?

20代後半になると女性は出産する可能性が高くなり、企業は産休や育休を考え採用することが必要です。そのため、女性には20代後半での転職が厳しくなる側面があります。女性が20代後半で転職を考える場合は、産休や育休が取りやすく時短勤務ができるなど、福利厚生が整った職場への転職も視野に入れるのがおすすめです。女性が働きやすい企業の見極め方は「女性が働きやすい職場の見極めポイントをご紹介」のコラムで紹介しています。

20代後半の転職で必要となる4つのもの

20代前半と後半とでは転職で評価されるポイントが異なり、応募先企業が求める人物像に合わせてアピールすることが重要です。ここでは、20代後半の転職で必要となるものを4つ紹介します。

仕事での経験やスキル

20代後半での転職で求められるのは、これまでの経験やスキルを新しい職場で発揮できるかどうかです。今の仕事で実績がある場合、転職先と直接関係がなくてもアピールポイントになります。たとえば、仕事でチームリーダーを任された経験があればコミュニケーション能力が評価されるでしょう。転職先で活かせそうな経験やスキルがあるなら、積極的にアピールするのがおすすめです。
転職に役立つスキル一覧!仕事が変化しても通用するポータブルスキルとは?」のコラムでは、転職で活かせるスキルを一覧にして紹介しています。アピールポイントを考える際の参考にしてください。

即戦力

新卒に近い20代前半の転職とは異なり、20代後半では即戦力となるかが重要です。30代以上の中途採用者より社会人経験が少ないとはいえ、20代後半ではある程度すぐに活躍できるレベルのスキルを習得していると判断されます。特別なスキルがないとしても、ビジネスマナーや社会人としての基礎は身につけておく必要があるでしょう。

ポテンシャルの高さ

20代前半と後半で企業が求める人物像が変わるものの、ポテンシャルの高さは共通しています。企業が採用するうえで、社風に素直になじめるかや仕事を早く覚えられるかといった点を重視しているためです。柔軟性だけでなく、行動力や向上心があるかも評価ポイントとなるでしょう。30代以上と比較しても、20代後半は今後の可能性が期待される時期といえます。

コミュニケーション能力

年代や職種に限らず、仕事ではコミュニケーション能力が必要となります。特に、20代後半の転職者は良好な人間関係を築けるかどうかが重視されるでしょう。社会人経験があるといっても転職先では新人として仕事を始めるため、新しい職場でも円滑にコミュニケーションをとれることが求められます。コミュニケーション能力の鍛え方は「コミュニケーション能力とは?スキルを鍛える具体的な方法をご紹介!」のコラムをご覧ください。

20代後半での転職におすすめの職種

20代後半の転職におすすめの職種には、営業職や介護職などがあります。以下で未経験から正社員として転職しやすい職種を紹介するので、参考にしてください。

介護職

介護職は慢性的な人手不足に悩まされていることから、未経験での転職先として向いています。仕事ではコミュニケーション能力や体力、人柄などが重視されることが多く、スキルがなくても転職しやすいでしょう。また、多くの施設では定期的に研修や勉強会があるため、教育制度が整った職場に転職したい人にもおすすめです。介護職への転職を考えている人は「未経験から介護職に転職したい!無資格も大丈夫?仕事内容も紹介」のコラムをご覧ください。

ITエンジニア

IT業界は需要が高いのにもかかわらず、人手不足に陥っています。プログラマーやシステムエンジニア、セールスエンジニアといったITエンジニアは、20代後半で転職しやすい職種です。入社後の研修制度が充実している企業もあり、未経験歓迎の求人も多くあります。また、経験を積むことで別業界でも活躍できる可能性があるため、長く働ける職種としてもおすすめです。ITエンジニアへの転職は「IT業界は未経験者も挑戦できる?おすすめな職種と転職成功のコツをご紹介」を参考にしてください。

営業職

営業職は年齢や経験を問わず活躍できる職種です。営業の仕事では、コミュニケーション能力やポテンシャル、人柄などが重視されます。企業によるものの、実績やスキルを求められることは少ないため、未経験からでも転職しやすいといえるでしょう。インセンティブを設けている企業も多く、頑張り次第で高収入を目指せるのも特徴です。営業職については「営業職とは何をする仕事?業務の内容やメリット・デメリットを解説!」で解説しています。

事務職

事務職は人気が高い職種であり、若い世代が歓迎される傾向にあります。未経験から挑戦するなら、20代後半で転職しておくと良いでしょう。事務職に特別な資格は必要ないものの、パソコンスキルがあると有利になる可能性があります。事務職への転職を考えている場合は、関連する資格を取得しておくのも効果的です。事務系の資格は「事務系の資格を持っていれば未経験でも採用で有利になる?」で紹介しています。

20代後半の転職を成功させる5つのポイント

20代後半の転職を成功させたいなら、以下の5つのポイントを押さえておきましょう。

ネガティブな要因だけで転職を決めない

「人間関係がうまくいかない」「会社の体制が良くない」といった理由だけで、転職を考えるのは避けましょう。面接で退職理由を聞かれた際に企業の悪口を言ってしまうと、「不満があると自社もすぐに辞めるのでは」と採用担当者が思う可能性があります。「△△の業務に携わりたい」「さらにスキルアップしたい」など、ポジティブな退職理由に転換することが大切です。

ビジョンを明確にする

20代後半で転職活動を始めるうえで、実現したいことや自分がなりたい姿などを考えてみましょう。目的意識をしっかり持ち十分に計画した上で行動をとることで、後悔のない転職ができます。ビジョン実現のために、今後は何が必要であるか考えてみてください。

身につけたスキル・実績を把握する

20代後半の転職では、現職でのスキルや実績を把握することが重要です。これまでのキャリアの棚卸しをして自分の強みを確認することで、効果的な自己PRや志望動機を作成できます。特に、同職種に転職する際はスキル面を重視されるケースが多い傾向です。これまでの経験で身につけたことを洗い出し、応募先の企業に合うアピール内容にしましょう。

情報収集をする

20代後半の転職では、企業の情報収集も欠かせません。応募先企業に合った自己アピールにするためにも、事業内容や求める人物像などは把握しておきましょう。情報収集を行うには、企業のWebサイトや転職サイトを活用するのがおすすめです。

転職エージェントを活用する

「アドバイスを受けながら転職活動を進めたい」という方は、転職エージェントを活用するのも一つの手です。不安な点を相談できるだけでなく、自分に合った求人を紹介してくれるので、転職先とのミスマッチを防ぐことができます。

ハタラクティブは高卒や既卒、第二新卒、フリーターなどの若年層を対象とする就職・転職支援サービスです。経験豊富なアドバイザーがカウンセリングで適性を把握し、あなたに合うお仕事をご紹介します。当サービスは、面接対策や応募書類の添削といったサポートをマンツーマン体制で実施。後悔しない転職ができるよう、仕事内容の詳細や企業風土、その会社で働くメリット・デメリットを事前にお伝えします。

ハタラクティブは未経験OKの求人も多数ご用意していますので、気軽にご相談ください。

20代後半の転職に関するFAQ

ここでは、20代後半での転職活動や服装などについて、よくある質問にお答えします。

20代後半の女性転職者におすすめの仕事や業界は?

仕事では事務職や営業職をおすすめします。業界で見ると人手不足が続いているIT業界や、転職エージェントなどの人材業界が人気です。女性の場合は自由な社風だったり福利厚生が整っていたりすると、結婚・出産などライフステージが変わっても働きやすいでしょう。「20代女性に人気の職業とは?おすすめのアピール方法や転職のコツを解説!」では女性に人気の仕事や、20代後半で転職する際のアピール方法を解説しています。

スキルや資格なしの20代後半で転職するのは厳しい?

20代後半になると、スキルを持っていて即戦力となるかが重視されるようになります。正社員の経験がある場合、少なくともビジネススキルやビジネスマナーは習得しておく必要があるでしょう。資格がないことに関しては、特別な資格が必要なくても良い、教育制度が整っている企業に転職するのがおすすめです。「未経験での転職におすすめの業界は?成功のコツや内定を得やすい職種も解説」では男性・女性問わず未経験で転職可能な業界を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

20代後半の転職活動でリクルートスーツでも良い?

転職活動で着るのはビジネススーツが適しています。持っていないのであれば、転職活動を機に購入すると良いでしょう。リクルートスーツしかない場合は、シャツやブラウスなどのインナーで調整するのも一つの手です。転職活動の服装については「転職の服装!面接官が重視するマナーや20代・30代が示したい印象を解説」をチェックしてみてください。

20代後半での転職を成功させるには?

20代後半の転職では、これまでの仕事での実績や自分のスキルを把握することが重要です。転職先とのミスマッチを防ぐために、情報収集も欠かさずに行いましょう。また、転職エージェントを活用するのもおすすめです。ハタラクティブでは、20代後半の方の転職活動をサポートいたします。ぜひ一度ご相談ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ

目次