28歳フリーターは就職できる?職歴なしの状態で仕事に就く方法とは

28歳フリーターは就職できる?職歴なしの状態で仕事に就く方法とはの画像

この記事のまとめ

  • 28歳職歴なしのニートやフリーターでも、正社員就職のチャンスはある
  • 28歳の就職活動では、ポテンシャルで採用される可能性がある
  • 28歳で就職しないままだと、正社員との収入格差が広がる恐れがある
  • 28歳の就職活動は、自己分析や企業研究を徹底することが大切
  • 就職できるか不安な28歳は、ハローワークやエージェントから支援を受けよう

正社員経験がない28歳の方は「就職したいけれど難しそう…」と悩むことがあるでしょう。28歳はまだまだ若手の位置づけなので、職歴なしやフリーターでも正社員就職できる年齢です。ただし、30代になると未経験からの就職は難しくなるため、早めに就活を始めることをおすすめします。このコラムでは、正社員を目指す28歳の方に、就活のコツやおすすめの就職支援を紹介。就職を成功させるために、ぜひご覧ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

28歳のニート・フリーターは就職できるチャンス!

28歳のニート・フリーターは就職できるチャンス!の画像

職歴なしの28歳でも正社員就職は十分可能です。とはいえ、28歳まで就業経験がなく、ニートやフリーターを続けていた方のなかには、「今から正社員になれるの?」と不安を感じる方も少なくありません。採用の場において30代手前の28歳という年齢は、若手の位置づけだということを知っておきましょう。就職率については次項で解説しますが、就職チャンスは年齢が若いほど多いといわれています。そのため、20代である今のうちに就活を始めれば、スムーズに就職できる可能性は高まるでしょう。

年齢別の男性・女性の就職率

フリーターやパートなどの非正社員が、実際にどれくらい正社員へと移行しているかを紹介します。独立行政法人労働政策研究・研修機構の「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状3(72p)」によると、2017年度における非正社員が正社員に就職した割合は、以下のとおりです。

年齢 男性 女性
15~19歳 37.3% 29.9%
20~24歳 38.4% 32.7%
25~29歳 40.1% 25.5%
30~34歳 34.3% 18.1%
35~39歳 29.8% 15.5%
40~44歳 27.1% 15.6%

引用:独立行政法人労働政策研究・研修機構「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状3

28歳を含む25~29歳の正社員移行率は、男性40.1%、女性25.5%でした。男女差はあるものの、28歳前後の正社員移行率は、10代後半や20代前半とそれほど変わりません。しかし、30代を過ぎると、男女ともに移行率がぐっと下がる傾向に。特に女性は30代以降、就職率が10%台と低くなります。そのため、28歳である今のうちに就活をスタートさせることが重要といえるでしょう。ニートの方は「28歳ニートから正社員になれる?就活を成功させるコツを紹介!」もあわせて参考にしてください。

参照元
独立行政法人労働政策研究・研修機構
資料シリーズ No.217 若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状3

28歳ニート・フリーターが就職しないメリット

正社員になるよりも、ニート・フリーターでいた方が楽だと考える28歳の方もいるでしょう。28歳の方が就職しないメリットには、会社に縛られず時間を自由に使えること、精神的な負担を軽減できること、などが挙げられます。

1.時間を自由に使える

働く時間を自分で決められて、趣味や好きなことに時間を費やせるのは、28歳の方がフリーターやニートでいるメリットの一つです。アルバイトであれば朝・昼・夜、平日・土日のいつ働くかを自分で選択して、スケジュールを組めます。
正社員として就職すると、会社の就業時間に従って仕事をしなければなりません。なかには、フレックスタイム制や裁量労働制を導入し、社員が自分で働く時間を決められる企業もあります。しかし、多くの企業では、就業日や時間が定められているため、プライベートの予定にあわせて仕事の日時を決めるのは難しいでしょう。

2.サービス残業がない

28歳でフリーターとして仕事をしている場合、サービス残業がなく働いた分だけ給与として受け取れるのもメリットといえます。アルバイトは時給換算されるため、残業をすればその分収入を増やすことが可能です。一方、正社員として就職すると、企業や職種によってはたびたび残業が発生することも。しかし、必ず残業代がもらえるとは限りません。サービス残業をすることが当たり前になっている正社員の人もいるでしょう。

3.精神的な負担が少ない

28歳で就職せずに過ごしていると、正社員に比べて仕事のストレスを感じる機会は減るでしょう。
正社員として就職すると、責任の重い仕事を任されることがあります。成果を上げることを求められたり、結果を出さなければ給料に影響してしまったりする可能性も。責任の大きな仕事はやりがいにつながる一方で、人によっては精神的な負担を感じてしまいます。
その点、アルバイトはマニュアルどおりに仕事をこなせば良いことが多く、成果を求められることは多くありません。精神的なストレスは軽減できるでしょう。

4.自分の都合で辞めやすい

28歳で就職せずにアルバイトとして働くと、「仕事を辞めたい」「転職したい」と思ったときにすぐに辞められるのがメリットです。正社員は無期雇用なので、企業側は社員が長く働いてくれることを前提に雇います。会社に貢献してもらえるよう、手当やボーナスを支払ったり、教育を行ったりして正社員に投資をするのです。そのため、時間とお金をかけて雇っていた正社員が退職すれば、会社にとって大きな痛手に。辞め方によってはトラブルに発展してしまう可能性もあります。
一方、アルバイトに対して長期雇用を見込んでいる企業は少なく、大きな投資も行わないため、辞めて問題が起きることは少ないでしょう。気軽に職を変えてさまざまなアルバイトを経験するなかで、自分の好きな職業に出会える可能性があるのもフリーターのメリットといえます。

アルバイトと正社員の違いとは?メリット・デメリットや面接対策などを解説」では、アルバイトと正社員それぞれの良い点・悪い点について解説しています。現状に少しでも問題や悩みを抱えている28歳の方は、ぜひ参考にご覧ください。

28歳で職歴なしのまま就職しない5つのリスク

28歳で職歴なしのまま就職しない5つのリスクの画像

28歳は20代という若さから、「フリーターのまま就職しなくても十分稼げる」「今の生活を手放したくない」といった気持ちになる人もいるでしょう。しかし、28歳はもうすぐ30代です。このまま就職しないとどのようなリスクがあるか確認しておきましょう。

1.正社員との収入格差が広がる

28歳前後では、フリーターと正社員の収入に大きな差は感じられないと思いますが、年齢を重ねるにつれて次第に差が広がっていきます。具体的にイメージしやすいよう、厚生労働省が発表した「令和2年賃金構造基本統計調査 雇用形態間賃金格差」を見てみましょう。

正社員とフリーターの平均賃金
年齢 正社員 フリーター
25~29歳 24万9,600円 20万2,400円
30~34歳 28万2,800円 20万7,200円
35~39歳 31万6,300円 21万4,300円

引用:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査の概況 雇用形態、性、年齢階級別賃金および雇用形態間賃金格差

28歳が含まれる25~29歳の正社員とフリーターの平均賃金の違いは約4万7,200円です。しかし、30~34歳の年齢帯になると、その差は7万5,600円、35~39歳では約10万2,000円という結果になりました。正社員はスキルや経験、実績に応じた昇給・昇進があったり、ボーナスや各種手当が貰えたりするなど、フリーターに比べて待遇面が良い傾向があります。30代で一からキャリアを築くのは難しい面もあるため、将来的に一定水準の収入を得たいと考えるなら、28歳のうちに就職したほうが良いでしょう。

参照元
厚生労働省
「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況(雇用形態別)」

2.社会的信用が得られない

28歳で就職せずにニートやフリーターのままでいると、社会的信用が得られません。フリーターの場合、病気や怪我で休むと収入が減り生活が安定しないほか、有期雇用契約なので会社に何かあれば職を失うこともあるためです。社会的信用度が低いと、住宅や自動車ローンの審査がとおりにくくなります。将来、大きな買い物をしたいと思ったとき、就職しなかったことを後悔する恐れもあるでしょう。

3.応募できる求人が限られてくる

28歳前後で就職せず、就業経験や専門スキルがないまま年齢を重ねると、次第に応募できる求人が減っていく可能性があります。採用の場では、20代後半から30代を即戦力として採用したいと考える会社が多いようです。もし経験豊富な応募者がいれば、職歴なしの方が求人に応募しても採用されるのは難しいでしょう。そのため、できるだけ早く就職活動を始めて社会人経験を積むのがおすすめです。

4.アルバイトを続けるのが難しい

体力仕事の場合、徐々に体力が減っていくことで、仕事を継続できなくなる可能性があります。また、年齢を重ねると、求人を出す会社にとって体力面や年齢による扱いづらさが懸念材料となり、応募しても採用されない恐れも。なお、アルバイトのスタッフは学生や年齢の若い人が多いため、たとえ採用されても年齢が上がるにつれて職場に馴染みにくくなる可能性もあります。
28歳以降もフリーターを続けるかどうかで迷っている方は、就職しないデメリットについて言及した「フリーターを続けることで生じる問題点」もあわせてご覧ください。

5.結婚・子育てが踏み出しにくい

28歳は結婚や子育てに関心が高まりやすい年齢ですが、将来設計が立てにくいことからライフイベントに消極的になる人も少なくありません。就職しないままでは、将来に向けて十分な貯蓄ができなかったり、雇用が不安定であったりするからです。「将来結婚したい」と考えている28歳の方は、「フリーター男女は結婚できないって本当?その理由と対処法」を参考にしてください。

28歳フリーターに就職活動でやってほしいこと

28歳での就職は、30代に比べれば可能性が高いものの、20代前半と比較すると採用ハードルが少々上がります。少しでも成功率をアップさせたい28歳の方は、以下で解説する5つのポイントを押さえましょう。

1日でも早く就職活動をスタートする

28歳で正社員への就職を考えているなら、1日も早く就活を始めましょう。先述のとおり、30歳になると経験豊富な中途採用者と比較されるので、ポテンシャル採用のある20代のうちに就職することが重要です。「資格を取ってから」と就職を先延ばしにするのもあまりおすすめしません。空白期間が伸びれば就職は難しくなってしまうので、「就職してからでもスキルは身につけられる」と覚えておきましょう。

アルバイト経験を履歴書に書く

履歴書や職務経歴書には正社員での経験を書くのが一般的ですが、正社員経験がないフリーターはアルバイト経験を応募書類に書きましょう。特に、長期間勤務している場合は、「継続性がある」と見込まれて好印象を与えられます。「正社員として就職したことがないから書けない」と考えず、これまでのアルバイト経験でアピールできる要素があれば、積極的に書きましょう。

自己分析で強みや適性を知る

28歳で初めて就職準備をする場合は、自己分析を行いましょう。自己分析で自分のやりたいこと・やりたくないこと、興味あることを把握すると、自分に合った会社選びができます。また、自己分析でこれまでの経験を振り返ると、今まで気づかなかった自分の強みが見つかることも。自分の強みや適性、やりたいことが分かると自己PRや志望動機も作成しやすくなり、面接対策につながります。

業界・企業研究で仕事の知識を付ける

「世の中にどのような仕事があるかあまり知らない」という方は、業界・企業研究をしましょう。気になる業界や企業を調べることで、自分の知らなかった仕事に巡り会えることも。また、志望先の企業について調べると、その企業がどのような人材を求めているか探ることもできます。「業界研究のやり方から情報収集の仕方・ノートのまとめ方まで徹底解説!」を参考に、業界研究してから就職活動を始めましょう。

28歳が正社員就職を成功させる5つのコツ

ここでは、28歳が正社員就職するためのコツを紹介。少しでも成功率をアップさせたい方は、ぜひ参考にしてください。

1.未経験でも挑戦しやすい職業を選ぶ

28歳で就職を成功させるなら、「未経験者歓迎」「未経験OK」「学歴不問」といった求人を選ぶのがコツ。このような求人ではスキルや能力、学歴よりも、ポテンシャルや人柄が重視される傾向があるので、社会人未経験の28歳のフリーターやニートも挑戦しやすいでしょう。また、「大手企業」「給与○○万円以上」というように、就職先に求める条件を増やし過ぎないこともポイント。理想を持つことは大切ですが、経験がないと叶えられないこともあるので、今のスキルに見合った職業を探すようにしてください。

2.就職したい理由を明確にする

28歳で就職を成功させるには、「なぜ今、その企業に就職したいか」を明確にすることがコツです。履歴書や面接では志望動機を問われますが、就職したい理由が曖昧だと採用される可能性は低くなります。28歳で正社員未経験の方は、「このタイミングで就職を考えた理由」と「その会社で働きたい理由」を説明できるようにしておきましょう。
また、採用担当者は、28歳まで就職しなかったことに対して、マイナスなイメージを抱く可能性もあります。そのため、「やりたいことがあってアルバイトを続けていた」「今後は自分の得意な○○を活かして御社の事業に貢献したい」などと、前向きな考えを述べることが重要です。

ブランク期間や転職回数に注意

28歳で無職の人のなかには、一度離職して再就職に臨む方もいるでしょう。再就職の場合は、できるだけブランク期間を作らないのがコツ。空白期間が長いと「働く意欲がないのでは」と思われやすいためです。
また、28歳で転職回数が3回以上ある場合は、悪印象を与える恐れがあるため注意が必要。これ以上転職を繰り返すと「不満があればすぐ辞めてしまうのでは」といった不安要素になるため、求人選びは慎重に行ってください。長いブランク期間がある方や転職回数が多い方は、マイナス印象を与えないような回答を面接前に用意しておきましょう

3.これまでの経験を活かして仕事を選ぶ

28歳までにフリーターとして働いた経験がある人は、アルバイトで培ったスキルを活かせる職種を就職先に選ぶのが正社員就職するコツ。30歳を手前にして、新しい分野のことをスムーズに覚えられるのかという不安を持つ企業もあるからです。しかし、アルバイトで身についたスキルがあれば、未経験者と差別化できるので、就職活動で有利になる可能性も。たとえば、接客業の経験を活かして営業職を志望したり、飲食店での経験を活かして食品業界を志望したりするなどの選択肢が考えられます。

4.スキルよりもやる気と熱意をアピール

28歳までニート生活をしていたり、無職期間が長かったりする人は、業務に対するやる気や熱意をアピールするのが面接に受かるコツ。採用担当者は、「働く意欲はあるのか」「就職してもすぐに辞めてしまわないか」という懸念を抱きがちです。その懸念材料を払拭するためにも、「これからはどの職種でどんな活躍をしたいか」を具体的に示しましょう。また、アピールするときは、明るくハキハキと答えるようにしてください。28歳の若手人材として活躍できそうだと思ってもらえるように、答え方も意識しましょう。

5.面接では前向きな精神でハキハキと答える

面接のコツは、前向きな気持ちで話すこと。「社会人未経験な28歳は就職できないのでは…」といった不安を抱いていると、面接官から自信がないように見えてしまいます。また、不安な気持ちがあると面接で質問に答える際、声が小さくなりハキハキと話せません。
28歳でも人柄や将来性、自分の強みを面接でアピールできれば就職できます。必要以上に不安がらず、ハキハキ答えることを意識して面接に臨みましょう。前向きな気持ちが伝われば、面接官に好印象を与えられます。

28歳で就職を目指すときの注意点

28歳という年齢に焦りを感じ、急いで就職先を決めようとすると、早期退職や就活の長期化につながりかねません。ここでは、就職するときの注意点を紹介します。

100%理想の会社を探そうとしない

「給与が高い」「残業が少ない」など、希望の条件がたくさんあるとき、それをすべて満たせる会社を探すのは避けましょう。自分の理想をすべて叶えられる会社はあまりありません。条件にとらわれ過ぎると、応募できる求人も減り、就職する機会を逃してしまいます。求人では良いと思わなかった会社も、面接を受けてみたら「雰囲気が良かった」「仕事内容に興味が湧いてきた」と感じることもあるでしょう。

ブラック企業かどうか見極める

フリーターの場合、経歴やスキルが転職者と比べて低い傾向があるため、ブラック企業に就職してしまうことも。ブラック企業は入社しても辞めていく人が多く、常に人手が足りていないため、フリーターが採用されやすい状況です。たとえ内定が出ても、すぐに承諾はせずにブラック企業がどうか見極めましょう。「残業代は支払われるか」「離職率はどれくらいか」など、長期的に働ける環境か確認しておくことで、早期退職を避けられます。

自分に合わない企業には就職しない

求人に応募してみたものの、「あきらかに社風が合わない」「仕事が自分の適性に合致していない」という会社は、内定をもらっても就職するかどうかを慎重に決めましょう。せっかく就職してもミスマッチがあれば、また転職することになります。たくさんの求人に応募して、視野を広げるのは良いことですが、あきらかに自分に合わないと分かる企業は、避けるのが無難です。

28歳からでも就職しやすい4つの職種

28歳からでも就職しやすい4つの職種の画像

ここでは、28歳の人でも就職しやすい職種について解説します。社会人経験を問わない職種や人手不足の傾向がある業界では、職歴なしの28歳でも前向きに採用している会社が多いので、就職先選びのヒントにしてください。

1.営業職

営業職は、スキルよりも人柄やコミュニケーション能力が求められる職種なので、28歳で就職経験がない方も採用される可能性が高いのが特徴です。また、多くの会社で求められる職種なので、求人数は比較的安定しています。一度営業職を経験すると、ビジネススキルやコミュニケーションスキルが身につくので、部署異動や転職といったキャリアチェンジにも有利でしょう。

営業職なら商材に注目しよう

営業職が気になる方は、扱う商材に注目してみてください。生命保険や人材紹介などを扱う無形商材、車や事務用品などを扱う有形商材など、商材によって仕事内容も変化します。営業職の仕事内容については「営業職とは何をする仕事?向いてる人の特徴や男性・女性別の年収を解説!」で詳しく解説しています。ぜひチェックしてみてください。

2.ITエンジニア

IT業界のエンジニアは、IT技術の急速な進化により人手不足の傾向があるため、28歳前後の未経験者も積極的に採用する求人が豊富な職種です。未経験者を歓迎する会社は、採用後の教育に力を入れている場合が多いので、ITに関する知識や経験は、働きながら身につけられます。28歳でITエンジニアになってからは、需要の高いプログラミングスキルや資格を取得することで、キャリアアップを図ることも可能でしょう。
エンジニアの仕事については、「ITエンジニアとはどんな仕事?12の職種と仕事内容について解説」で詳しく解説しているので、興味のある方はぜひご覧ください。

3.介護職

介護職は、高齢化が進む日本では需要が高い職種です。需要に対して供給が追いついていないため、28歳という年齢に関わらず、意欲や熱意があれば採用したい施設は多いでしょう。IT業界同様、教育体制を整えている施設が多いため、未経験でも就職しやすい職種です。
また、資格取得支援制度を設けている施設を選べば、介護職員初任者研修や実務者研修といった資格を働きながら取得できるでしょう。資格を取れば給与アップも望めます。介護職に興味がある28歳の方は、「ニートから就職を目指そう!介護職の魅力と目指し方」もあわせて参考にしてください。

4.建設作業員

建設業界は、技術者の高齢化が進み若手人材が不足しているため、28歳で職歴なしの方でも積極的に採用してくれる職種でしょう。現場作業員は力仕事が多いため、体力のある28歳の方におすすめです。建設作業員として、28歳はまだまだ若手。働きながら必要な資格を取得し、スキルを身につけていくと、将来は現場監督になれる道もあります。
建設作業員の仕事内容について詳しく知りたい方は「建設作業員の仕事内容とは?平均年収や求人の特徴も解説」をご覧ください。

また、「20代後半から正社員へ 体験談」では、就職エージェントのハタラクティブを利用して、20代後半でフリーターから正社員になった方へのインタビューをご紹介。大学院卒から正社員就職した方へのインタビューについては「大学院卒から正社員へ 体験談」に掲載中です。ぜひ、あわせてチェックしてみてください。

28歳フリーターにはおすすめできない就職先

28歳には、おすすめできない就職先がいくつかあります。詳しい特徴は以下のとおりです。

・人気の大手企業
・資格が必須の仕事
・中途採用が少ない会社

大手企業の場合は、人気が高く経験豊富な転職者が有利。資格が必須な仕事は、資格取得に時間がかかり、30代になってしまう可能性があります。また、中途採用が少ない会社は、中途入社した社員への教育体制が整っていない場合があり、社会人未経験の方が仕事を覚えにくい・働きにくいと感じることも。これらの特徴がある企業は避けることをおすすめします。

28歳は就職支援サービスを活用しよう

28歳で正社員就職を目指す方におすすめの就職支援サービスである、「ハローワーク」と「就職エージェント」について解説します。28歳で初めて就職活動をする方は、うまく進められるか心配になることもあるでしょう。少しでも不安がある方は就職支援を活用してみてください。

ハローワーク(公共職業安定所)

ハローワークとは、厚生労働省が設置した職業紹介所です。国が運営する公的機関で年齢制限がないため、社会人経験のない28歳の方も安心して利用できます。
ハローワークでは、求人検索のほか、窓口の職員への就職相談が可能です。就職活動初心者の28歳の方は、自己分析のやり方や履歴書作成のポイント、面接対策の方法を聞いてみると良いでしょう。ハローワークは、居住地を管轄する施設を利用するのが基本です。最寄りのハローワークは、「ハローワーク等所在地情報」で確認してください。

参照元
ハローワークインターネットサービス
求人者・求職者の皆様へ

就職エージェント

「誰かに相談しながら就職活動を進めたい」「面接が不安で支援してほしい」28歳の方は、就職エージェントの手厚いサポートを受けることをおすすめします。就職エージェントは、民間企業が運営する就職支援サービスのことです。就職エージェントでは、アドバイザーがマンツーマンでサポートをしてくれる特徴があります。カウンセリングでは、求職者の能力や会社に求める条件などを洗い出したうえで、一人ひとりの適性にあった求人を紹介。さらに、履歴書や面接対策のノウハウを教えてくれるので、28歳からの就職活動もスムーズに進められるでしょう。

就職エージェントは種類が多いので、「どの就職エージェントを選べば良い?」と迷っている方は、20代の就職サポートに特化したハタラクティブにご相談ください。
就職エージェントのハタラクティブは若年層の就職支援に特化。28歳前後の人材を採用したい会社や、経歴よりも人柄重視の求人をご紹介します。専任のアドバイザーが、面接対策をしたり自己PRや志望動機を一緒に考えたりしてくれるので、一人で就職活動をするのが不安という方には特におすすめ。フリーターだった方の就職実績も多数あります。サービスは無料で受けられるので、まずはお気軽にご連絡ください。

28歳の就職に関するお悩みQ&A

ここでは、28歳の方に向けた、就職に関するお悩みをまとめました。Q&A方式で分かりやすく解説しているので、ぜひご覧ください。

28歳で正社員就職はできますか?

28歳は、労働市場においてはまだまだ若く、就職できるチャンスがある年齢です。今からでも就職は十分間に合います。得意なことや自分が持っているスキル・経験などを見つめ直し、自分の強みを探して前向きにアピールしましょう。
20代後半から正社員へ 体験談」では、20代後半から正社員として就職した方の体験談をまとめています。ぜひ就職活動を行う際の参考にしてみてください。

28歳で就職する方法を教えてください

28歳の方は、できるだけ早いうちに就職活動を始めることが大切です。
正社員未経験の方を積極的に受け入れている会社も意外と多く、ハローワークや就職エージェントなどで探せば、20代後半でも受けられる求人を見つけられます。このコラムの「28歳が正社員就職を成功させる5つのコツ」でも詳しい就活方法を紹介しているので、参考にしてみてください。

28歳から就職しやすいのはどんな職種?

28歳から就職するなら、未経験でも歓迎している業界・職種がおすすめです。具体的には、介護職や営業職、建築作業員などがあります。営業職は一度経験しておくと、ビジネスマナーやコミュニケーション力が身につくため、転職が有利になることも。「未経験でも就職できる仕事の特徴は?求人の見極め方やおすすめ業種を紹介」では、ほかにもおすすめの仕事を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

正社員として就職しなかったらどうなるの?

就職しないままでは、収入が安定せず生活が厳しくなると予想できます。年齢や職歴を理由に正社員就職のチャンスが減り、雇用が不安定ななか、将来に不安を感じるようになることも。30代になると正社員として就職できる確率は下がっていくので、今のうちから就活を始めましょう。詳しくは「フリーターの末路とは?高卒と大卒の違いは?就職成功のコツを紹介」で解説しています。また、「就活のコツが知りたい」「面接が不安…」という方は、ハタラクティブにご相談ください。一人ひとりに合った就職支援を実施しています。

この記事に関連するタグ