1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 28歳での就職は難しい?職歴なしやフリーターから正社員になる方法とは

28歳での就職は難しい?職歴なしやフリーターから正社員になる方法とは

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・28歳はポテンシャルで採用してもらえるラストチャンスの年齢
    ・28歳で就職しないと、「年収格差」や「社会的信用の低さ」がデメリットになる
    ・フリーターの人は、アルバイトでの経験を活かした仕事を選ぶのも良い方法
    ・28歳で就職しやすい職業は、人手不足の業界や、若手人材を必要としている仕事
    ・30代になると正社員での就職が難しくなるので、20代で就職するのが重要
28歳での就職は難しい?職歴なしやフリーターから正社員になる方法とはの画像

28歳で就職するのは難しいと悩んでいませんか?就職は若ければ若いほど有利ですが、28歳は職歴なしやフリーターでも就職できる可能性が十分にある年齢。30歳になると「スキルや経験」を求められるようになるため、フリーターから正社員への就職が難しくなります。29歳になってから就職活動を始めても、すぐに就職が決まるとは限らないので、今すぐ就職活動を始めるのがおすすめです。

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

28歳で正社員に就職しないとどうなる?

28歳で正社員に就職せず、フリーターのままいることには大きなデメリットがあります。20代ではあまり感じない「年収格差」や「社会的信用の低さ」は、年齢が上がれば上がるほど辛く感じるものです。また、職歴なしやフリーターの期間が長くなると、正社員への就職が難しくなるので、1日も早く就職するのがおすすめ。28歳はポテンシャルで採用してもらえるラストチャンスの年齢といえるでしょう。

年収格差が開き始める

若いうちは大きな年収格差は生まれにくいですが、30代に入る頃から差が開き始めます。
大卒で正社員に就職した人は、30歳で約8年間のキャリアを積んでいることに。スキルや経験を身につけて、昇給・昇格をしたり、ボーナスや手当が増えたりするなど、待遇が向上し始める年齢です。
一方、フリーターに正社員ほどの昇給はなく、ボーナスや福利厚生もないため、年収格差が広がり始めます。年齢が上がるほど、差は開く一方なので、20代のうちに正社員に就職するのがおすすめです。

 

社会的信用を得にくくなる

フリーターは雇用・収入が不安定なため、社会的信用を得にくくなります。時給で働くフリーターの場合、病気や怪我で休むと収入が減り、生活が安定しません。また、有期雇用契約になるので、会社に何かあれば職を失うことも。上述のようにフリーターは正社員に比べて年収が低く、ボーナスの支給対象でないことも多いため、住宅ローンや自動車ローンの審査が通りにくくなります。フリーターを長く続けていると正社員への就職が難しくなり、将来設計が立てにくいことから、結婚も難しくなるでしょう。

 

応募できる企業が限られる可能性がある

28歳を過ぎても経験やスキルがない場合、応募できる企業が限られる可能性があります。20代後半は会社の中で主戦力となり始める年齢。就職活動でも、即戦力として採用したいと考える会社が増えてきます。30代になると、経験豊富な中途採用者と比較されるため、フリーターが正社員になるのは難しくなる一方です。
この傾向は年齢が上がるにつれて顕著になってくるので、20代のうちに正社員に就職するのが良いでしょう。

28歳からでも正社員に就職できる理由

正社員への就職は若いほど有利ですが、28歳は十分に可能性がある年齢です。
少子化の影響で若手人材が不足しているため、職歴がなくても採用後に育てれば良いと考える会社が増えているといわれています。
フリーターから正社員への就職率は、20代前半と20代後半で差が開き、20代後半と30代前半ではさらに差が開く傾向に。28歳は正社員になれる可能性が十分にある一方、ラストチャンスの年齢ともいえるでしょう。

 

ポテンシャルで採用してもらえる年齢

28歳は伸びしろやポテンシャルで採用してもらえる年齢です。企業の平均年齢は上昇傾向にあり、上場企業では40歳を超えるともいわれています。28歳は若手にあたり、会社の将来を担う人材として採用される可能性があるでしょう。
また、30代に比べて28歳の人は体力や素直さがあり、仕事を覚えるのが早いと評価する会社も。スキルや経験がなくても、仕事への意欲をアピールできれば採用される可能性が高まります。

 

採用コストが抑えられる20代は求人が豊富

採用コストや人件費は年齢が若いほど安いもの。30代の中途採用者は、スキルや経験の豊富さがメリットですが、その分給料が高いので人件費がかさみます。年功序列の会社であれば、年齢給があるため、さらにコストがかかるでしょう。また、経験豊富な人材を採用するには、外部の求人サイトや人材紹介サービスなどを積極的に利用する必要があるので、会社の負担が重くなります。
30代よりも20代の方がコスト面でのメリットが大きいため、求人が豊富です。選択肢が多い20代のうちに就職を決めましょう。

 

少子化の影響で若手の人材を求めている企業が多い

少子化の影響で若手人材が減っているため、会社の未来を担う若手を求める企業が多くなっています。特に、製造業や建設業では技能継承のため、若いうちから人材育成をしたいと考える会社も。
団塊の世代が一斉退職した2007年問題を経て、熟練者が減ったことから、企業が技能伝承に危機意識を持っているといわれています。技術はIT化が可能であるのに対し、人間の判断を必要とする技能には人材育成が必要です。このような状況も、28歳での就職に追い風だといえるでしょう。

28歳で正社員に就職するためのコツとは?

この項では、28歳で正社員に就職するためのコツを紹介します。28歳での就職は、30代に比べれば可能性が高いものの、20代前半と比べれば難しいのが現実。正社員になるためには、仕事の選び方や就活の進め方にコツが必要です。

 

フリーターで培った経験を活かす

フリーターとして働いた経験がある人は、アルバイトで培ったスキルを活かせる仕事を選ぶと良いでしょう。28歳で未経験の人を採用するのは、会社にとってはリスクがあります。30歳を手前にして、新しい分野のことをスムーズに覚えられるのかという不安があるからです。
アルバイトであっても身についたスキルがあれば、未経験者と差別化できます。たとえば、接客業の経験を活かして営業職を志望したり、飲食店での経験を活かして食品業界を志望したりするなどの選択肢が考えられるでしょう。

 

未経験でも挑戦しやすい職業を選ぶ

経験やスキルよりも、ポテンシャルや人柄を重視する職業を選べば、正社員で就職できる可能性が高くなります。
未経験やフリーターを歓迎している求人であれば、応募の前提条件で承認されているので、挑戦しやすいでしょう。求人サイトに公開していない未公開求人には、未経験やフリーターを歓迎している優良企業の求人もあります。そのような求人は就職エージェントが取り扱っていることが多いので、相談してみると良いでしょう。

 

1日でも早く就職活動を始める

28歳で正社員への就職を考えているなら、1日も早く就職活動を始めましょう。前述のとおり、30歳になると経験豊富な中途採用者と比較されるので、20代のうちに就職するのが重要です。29歳から就職活動を始めても、すぐに内定が取れるとは限らないため、できる限り早く始めるのがおすすめ。就職活動が長引くほど、空白期間が伸びて就職は難しくなる一方です。焦って就職先を決めてしまい、フリーターへ逆戻りということも。また、内定が取れないまま30歳になってしまうと、年齢制限に引っかかって選択肢が少なくなることも考えられます。
20代のうちに就職するために、就職活動の開始は遅すぎることがあっても、早すぎることはないと覚えておきましょう。

28歳からでも就職しやすい職業

この項では、28歳の人でも就職しやすい職業を解説します。人手不足の業界では、経験がなくても採用後の教育環境が整っているのでおすすめ。資格を取得すれば、キャリアプランも立てやすくなるでしょう。

 

営業職

営業職は、スキルよりも人柄やコミュニケーション能力が重要であるため、未経験でも積極的に採用している職業です。また、どのような企業にも営業の仕事があり、求人数も安定して多いのが特徴。営業職を経験するとビジネススキルが身につき、転職にも有利です。

 

IT関連

ITエンジニアやプログラマーは、IT技術の急速な進化により人手不足のため、未経験者を積極的に採用しています。採用後の教育に力を入れている会社が多いのが特徴。知識や経験がなくても、働きながら資格取得を目指せます。

 

介護

介護業界は慢性的な人手不足です。高齢化が進んでいるため、需要に対して供給が追いついていないのが原因。未経験でも採用されやすく、働きながら介護福祉士やケアマネジャーの資格を目指してキャリアアップを考えられます。

 

建設

建設業界は人手不足で、特に若手人材を求めている職業。現場作業員は体力勝負なため、若手人材が必要不可欠だからです。また、技術者の高齢化が進んでいるのも理由の一つ。経験やスキルがなくても、28歳の人なら若手として採用されやすいでしょう。将来は現場監督という道があります。

就職活動への準備をしよう

就職活動を何から始めればいいのか悩む人が多いでしょう。この項では、就職活動への準備について解説します。やみくもに活動を始めると、不採用が続いて落ち込んだり、自分に合っていない就職先を選んでしまったりするなど、失敗を重ねてしまうことも。
20代のうちに就職を成功させるためには、活動前にしっかりと準備をするのがポイントです。

 

自己分析をして志望理由を明確にする

面接では「なぜ正社員になりたいのか」「なぜこの会社を志望するのか」と必ずといって良いほど聞かれます。「何でもいいから正社員になりたい」ではなく、自己分析をして志望理由を明確にしましょう。
学生時代に打ち込んだことや、アルバイト経験で成長できたことを整理して、自分の長所を見つけ、仕事でどう活かしたいのかを考えます。
また、応募先企業がどのような人材を求めているかを確認し、自分に合っているかをチェックするのも重要です。面接では、自分を採用すると会社にどのようなメリットがあるかをアピールできれば、面接官に良い印象を残せるでしょう。

 

ニート期間がある場合は、理由を答えられるようにする

ニート期間がある場合は、無職だった理由を答えられるようにしておきましょう。嘘やごまかしは印象を悪くするので禁物。無職だったことを正直に認め、「これからはまじめに働きたい」という意欲を示すのが重要です。
無職だった理由が「家族の介護」であれば、その経験から身についた「気遣い」や「体力」などがアピールできます。また、日雇いのアルバイトをしていたなら「やりたい仕事を見つけるため、複数の仕事を経験したかった」という理由が考えられるでしょう。

 

やる気・熱意をアピールできるように面接対策をする

面接では仕事へのやる気や熱意をアピールできるよう、明るくハキハキと答えるようにしましょう。人の印象は「声やトーン」が大きく影響するといわれています。28歳で職歴なしやフリーターの場合、ポテンシャルを感じてもらうことが重要です。若手人材として活躍できそうだと思ってもらえるように、答え方を意識しましょう。
家族や友人に協力してもらい、面接の練習をしておくのがおすすめです。

 

正社員での就職を考えているなら、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは若年層の就職支援に特化しているので、20代の若者を採用したい企業の求人や、経歴よりも人柄重視の企業の求人をご紹介できます。専任のアドバイザーが自己分析や志望動機を一緒に考えてくれるので、1人では就職活動が不安という方には特におすすめ。フリーターだった方の就職実績も多数あります。サービスは無料で受けられるので、まずはお気軽にご連絡ください。

こんなときどうする?20代後半の就職に関するお悩みQ&A

ここでは、20代後半の方に向けた、就職に関するお悩みをまとめました。すべてQ&A方式で分かりやすくお答えしているので、ぜひご参考にしてください。

 

20代後半から正社員就職はできますか?

できます。 20代後半は、十分に就職できる可能性のある年齢です。就職に関して、年齢を理由に悲観的にならず、前向きに自分の強みをアピールしていきましょう。就活では、熱意や意気込みを伝えるのが大切です。自分自身を見つめ直し、これまでの経験からどのようなアピール要素があるのか、冷静に探ることが就活成功への近道でしょう。 「20代後半から正社員へ 体験談」では、20代後半から正社員として就職した方の体験談をまとめています。ぜひ体験談に目を通し、前向きな就活を行ってください。

20代後半で就職するコツを教えてください!

できるだけ早いうちに就活をスタートさせましょう。 未経験者や既卒者(学校卒業後に就業経験がない人)を積極的に受け入れている企業も意外と多く、求人情報誌・Webサイトなどで探せば、20代後半でも受けられる求人を見つけられます。年齢問わず、自分の強みやこれまでの経験をアピールして内定を勝ち取ることはできるので、 「20代後半だから…」「職歴がないから…」という自らの先入観を捨て、積極的に動きましょう。

30歳まで就職しなかったらどうなりますか?

30代フリーターの末路とは?」によると、30代で就職していない場合、収入が増えず生活が厳しくなると予想できます。年齢や職歴を理由に正社員就職のチャンスが狭まり、雇用の不安定さ将来に不安を感じるようになるようです。30代になると正社員として就職できる確率は下がっていくので、今のうちから就活を始めることをおすすめします。

20代後半のニートが就職する方法とは…

未経験から正社員になれる求人を探す、資格取得のため勉強するなど、さまざまあります。 また、ニートから正社員として就職を目指す人は、生活改善を行い、働けるだけの体力をつけることが大切です。短期アルバイトから始め、働くことに慣れるのも手でしょう。 ハローワークや就活エージェントといった、就職のためのサポート機関を活用することもおすすめ。就職エージェントのハタラクティブでは、専任アドバイザーがあなたに合った求人を紹介。履歴書の添削・面接対策から面接日の調整まで、就活に関する全面的サポートを実施するので、初めての就活でも安心です。サービスはすべて無料なので、お気軽にこちらからご相談ください!

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    28歳ニートでも就職できる?職歴なしでも大丈夫?就活のポイントをご紹介

  • image

    28歳で転職は遅い?未経験分野にチャレンジできる?就職成功のコツ

  • image

    28歳フリーターが正社員になるには?職歴なしだと厳しい?

  • image

    28歳の転職は有利?転職適齢期と転職成功のコツ

  • image

    29歳の転職事情は?2回目や3回目だと難しい?女性ならではのお悩みとは

  • image

    20代後半フリーター、就職は難しい?

  • image

    職歴なしでも正社員就職できる?履歴書の書き方や仕事の選び方もご紹介

  • image

    今が転職のタイミング?28歳の平均年収データ

  • image

    職歴なしの20代が正社員になるための方法

  • image

    24歳フリーターが正社員に就職する方法!3つの心構えと就活のポイント

  • image

    転職は20代後半でするべき?成功のポイント

  • image

    フリーターから就職を目指す!女性や高卒でも大丈夫?年齢別の注意点とは

  • image

    20代の転職で失敗しない!年齢別の対策ポイントを教えます

  • image

    ニートからの就職、年齢にリミットはあるの?

  • image

    将来を考えると就職?30歳フリーターの就職観と現状

  • image

    26歳職歴なしでも大丈夫?正社員として就職するコツとは

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる