新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 27歳は就職できる年齢!ニートやフリーターなど職歴なしからの就活方法

27歳は就職できる年齢!ニートやフリーターなど職歴なしからの就活方法

公開日:

最終更新日:

27歳は就職できる年齢!ニートやフリーターなど職歴なしからの就活方法の画像

【このページのまとめ】

  • ・27歳になっても就職しないと経済的や精神的な面、社会的信用などに悪影響がある
  • ・27歳で就職すると、若手教育を受けられたり経済的基盤ができたりするのがメリット
  • ・27歳で就職するなら、バイト経験のあるものや未経験でも採用されやすい職業を選ぶ
  • ・27歳が就職で失敗しないためにはすぐ行動する、求人を絞りすぎないなどに気をつける

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

27歳で就活を始める方のなかには、未経験職歴なしでの就職活動に不安を抱いている方もいるでしょう。しかし、27歳は若手として見る企業も多く、今後を担ってくれる存在としてのニーズも。うまくそのニーズに答えるには、企業や業種・職種の選び方や空白期間の説明方法がカギとなります。このコラムで就活に失敗しないためのポイントや成功のコツ、おすすめの就職先などをチェックしたうえで、27歳からの就職を叶えましょう!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

27歳になっても就職活動しないとどうなる?

27歳になっても就職活動しないと、経済的に苦しい状況や精神的に不安定な状態が続くなど、そのデメリットは深刻です。以下、それぞれ解説します。

経済的に苦しい状況が続く

正社員の場合、昇給や昇格が見込めますが、フリーターの場合はさほど期待できないでしょう。職場で昇給や昇格ができたとしても、給与が大幅に上がることはあまりないとされています。フリーターは自分の好きなように働くことができますが、その給与は正社員と比べると低め。正社員と同じ職場でフルタイムで働いたとしても同じ給与になることは少ないでしょう。
また、現在パートやアルバイトは賞与の支給対象外とされることがほとんど。賞与が支給されないことで年収にも大きな差が生まれることになります。
年収が上がれば自分の生活水準も上げることができますが、フリーターを続ける場合、余裕のある暮らしを叶えることはかなり難しいでしょう。

精神的に不安定な状態が続く

27歳という年齢は、新卒で入社した同世代の多くが昇進や昇給、結婚や子育てをしてる時期でもあります。そんな同世代の友人と自分を比較することで、将来に関して悩みを抱いたり、現在「職歴なし」の自分に落ち込んだりすることもあるでしょう。焦りや悩みを抱える状況が長く続くことは、自分にとって良い環境とはいえません。そのような状態から脱却するためにも、早めに就活を始めることがポイントです。

社会的信用度が高くなりにくい

フリーターは雇用が安定していないので、社会的信頼が高くなりにくい一面もあります。
フリーターなどの非正規雇用は不安定な雇用のため、収入が安定しにくい仕事といえるでしょう。収入が安定していないとローンや賃貸契約の審査がなかなか通らないことも。ほかにも、長期間正社員として働いていないという点で、不信感を持たれてしまう可能性もあるでしょう。

結婚が厳しくなる可能性も

雇用が安定せず経済力が低いうえ社会的信用が少ないと、女性も男性も結婚の際に相手の両親から反対されてしまうこともあるようです。また、子どもが生まれればさらに多くのお金がかかり、金銭的な悩みが増えます。就職せず経済的余裕がない状態では、かなり切り詰めた生活を強いられるでしょう。

これらのデメリットを見ても、今後安定した生活を送りたいと考えているならすぐに動くのがおすすめです。実際、27歳の現在にすぐ就活を始めた場合には、いくつかのメリットが。次の項では、すぐに就活して正社員を目指すメリットについて解説します。

 

27歳から正社員に就職する4つのメリット

27歳で正社員に就職しておくと、若手として育成してもらえたり、キャリアアップのチャンスが得られたりする可能性があります。27歳は、正社員になるかどうか選択を迫られる境目の年齢といえるでしょう。以下、それぞれのメリットについて解説します。

1. 若手として採用を希望する企業も多い

今後を担う若手を求めている企業は多く、そのような職場では27歳は若手として見られることも。以下、27歳の人材に企業からのニーズがある理由を解説します。

今後の成長が期待できる

27歳という年齢は若く、成長が見込める世代といえます。
企業が採用する際に重視するポイントは、将来性と長期間働けるかという点です。そのため、企業は新卒や若い人材を積極的に雇用します。若い世代は柔軟性があり、教育もしやすい人材です。30代になると新しいことに取り組むことが困難になっていく傾向があるので、企業側は職場で教育する過程を考えたうえで、将来的に優秀な社員になる可能性の高い若い人材を採用する傾向が高いといえるでしょう。また、若い人は体力があるので「長時間働ける」「やる気がある」というイメージを持ってもらいやすいといえます。

若手の人材不足に悩む企業が多い

現在、若手として20代前半の人材を採用したくても、思うように人が集まらず悩みを抱えている企業も多いです。そのような企業は、27歳と少し年齢が上がったとしても真面目に仕事を覚え、ずっと同じ職場で働き続ける意志がある人物は、人材として欲しいと考えています。近年、若手不足に悩みを抱える企業のなかには、少し年齢層を上げて採用活動を行っているところもあるようです。また、最近は職場の高齢化が進んでいるとされています。そのため、職場の平均年齢を下げるためにも、少しでも若い人材を入れようという動きがあるようです。そのような事情を考えても、企業によっては、27歳はまだまだ職場で若手として見られる可能性が高いといえるでしょう。

20代は30代より採用コストが低い

20代より30代の方が経験やスキルを身につけていることが多いため、その分人件費などの採用コストが高くなる傾向が。一方、20代は若手に分類されるので、給与などのコストはいく分抑えられます。教育コストはかかりますが、柔軟性のある若手を教育するメリットを加味したうえで、30代よりも20代の方が企業側が採用コストを抑えるために採用されやすい場合があるでしょう。

新人教育をしてもらえる可能性がある

27歳という年齢は、まだ即戦力でなく20代前半のように新人教育をしてもらえる可能性があります。現在、起業して間もない企業では、丁寧にレクチャーするよりも職場で仕事をやりながら覚えてもらう方法を取る傾向が強いですが、27歳ではまだ若手として教育をしてくれるところが多いようです。
20代後半は、1歳違っただけでも印象が大きく違う場合も。できるだけ早く就職したほうが、職場で若手として見てもらえる可能性が高いでしょう。

2. 少しでも早くキャリアアップのチャンスが得られる

27歳で就職すると、30歳になる頃には3年のキャリアを積める計算に。3年仕事を継続すると転職市場では1つのキャリアとして見てもらえる傾向があるので、30歳には最短でキャリアアップの可能性が出てくるといえます。転職市場でも年齢は重要視されるので、転職の可能性を考えても、少しでも早く就職するのがポイントといえるでしょう。

3. 30代になり就職が難しくなる前に採用が決まる

30代になると、未経験での就職は20代に比べてかなり厳しくなります。27歳という年齢では選べた求人も、30代になると選べなくなることも増えてくるでしょう。どんどん自分の選択肢が狭まるうえ、求人自体を探すのも大変になるので、今このときに動くのがおすすめといえます。

4. 経済的基盤ができて結婚に対して前向きになれる

就職すると経済的基盤ができるので、現在フリーターで結婚を考えているパートナーがいる人も、これから結婚したいと思っている人も、前向きに検討できるようになるでしょう。子育てや家の購入など、自分のライフプランも立てやすくなります。

ここでは、27歳という年齢で就活に舵を切るメリットについてお伝えしました。
いざ就職活動をする際、27歳という年齢のハンデに悩み、資格取得という方法を考える人もいますが、現在資格はどのくらい重要視されるのでしょうか。次の項では、27歳で就職活動をする際、資格取得は必須なのかどうかを解説します。

27歳で就職を目指すときには資格取得は必須?

結論からいうと、27歳の就職活動では資格取得は必ずしも必要ないでしょう。それは、資格取得には時間がかかるうえ、就職活動の際に資格はさほど重要視されない傾向があるためです。採用時に必須の資格でもない限り、労力に比してそれほど評価が得られないので、これから取得するのは時間がもったいないといえます。27歳は少しでも早く就職活動に動くべき年齢ということを考えても、資格取得の方法は考えずにすぐ就職を目指したほうが良いでしょう。

取得すると評価が得られる可能性のある資格も

場合によっては、取得していると評価が得られる可能性のある資格もあります。それは、IT業界のプログラマーなどを志望する場合が挙げられるでしょう。プログラミングの資格に関する勉強をしていれば意欲の証明になるうえ、入社後、職場での教育もスムーズなので、評価される可能性はあります。しかし、ITエンジニアはその開発対象によって身につけるべき内容が異なるので、志望企業の傾向をある程度チェックしてから資格取得を考える方法をおすすめします。前述のとおり、取得にかなりの時間を要するのであれば、27歳という年齢からも資格なし未経験で就活したほうが無難なので、見極めも大切です。

27歳で正社員になるためにおすすめの就職先

27歳で正社員就職を決めるには、これまで自分のアルバイトなどで経験のある仕事や、未経験OKの仕事に着目する方法がおすすめです。以下、それぞれ解説します。

アルバイトしていた業界や職種

これまで自分がフリーターで長く働いていた業界や職種があるなら、それを選ぶ方法がおすすめ。
現在、アルバイトは職歴でなく未経験として扱われるのが一般的とはいえ、それまでの業務経験はある程度業界の知識などがあるとして評価される場合もあるからです。正社員経験でなくとも、その業界や職種で働いた経験はその後に活きる可能性があるので、検討してみると良いでしょう。

未経験からでも採用されやすい業界や企業

一般的に未経験でも採用されやすいのは、中小企業や人手不足の業界です。以下、その理由をご紹介します。

正社員を目指すなら中小企業が狙い目

正社員を目指すなら中小企業や人材不足の業界をチェックしてみましょう。
27歳からでも正社員を目指せるとはいえ、年齢が上がるごとに就職が難しくなっていくのも事実です。
中小企業の中には、予算を求人掲載などの人材採用に費やせない企業があります。そのため、職場に若い人材が集まらず人材不足に悩みを抱えることも多々あるようです。そんな企業にとって、意欲を持ったフリーターは魅力的な人材といえるでしょう。
また、技能継承に悩みを持つ中小企業は若い人材を採用し、育成する必要があります。定年退職したシニア世代の人材を再度雇用し続けている方法を取る企業も多い中小企業では、27歳でも職場において充分若手として扱われることもあります。

需要の高さから人手不足になっている業界もおすすめ

人手不足の業界には、介護業界やIT業界、飲食業界、運送・流通業界などがあります。
現在の高齢化により介護や医療の需要が高まっているのに対して、人材が足りていない介護業界や、業界の規模の拡大スピードに人材の育成が追いついていないIT業界は、それぞれ専門的な知識が必要ですが就職のハードルはさほど高くないのがポイントです。
また、飲食業界は業界の需要の多さに比例して仕事量が多いため、人材の確保が間に合っていないのが現状。社員登用制度により、アルバイトから正社員雇用になるチャンスも多い業界といえるでしょう。
また、運送・流通業界はネットショッピングなどの普及による需要拡大、届け先の不在による再配達の増加など仕事量の増加に対して人材の確保ができていない状況です。
これらは業界の需要に対して人材が足りていない状態が現在も続いているので、内定獲得の可能性も高まるでしょう。それらの業界をぜひチェックしてみてください。

 

職歴なし27歳が就職活動する際の5つのポイント

就活で失敗しないためには、押さえておきたい5つのチェックポイントがあります。27歳で正社員未経験の場合、就活をするのも初めてという人も多いのではないでしょうか。チェックポイントを押さえて、自信をもって就活に取り組みましょう。

1. すぐに行動を起こす

まずは、あれこれ考えずすぐに行動を起こすことです。現在の不安や悩みから行動を起こすのを先延ばしにしていると、どんどん時間が過ぎていきます。時間が経つと、それだけ就職に不利になっていくうえ自分のやる気も失われてしまい、フリーターやニートなどの現状維持になってしまうことも。就活をすると決めたら、求人探しをしたり、相談に行ってみたりと具体的な方法を検討しましょう。

2. 求人を絞り込みすぎない

最初から求人を絞り込みすぎないことも大事です。求人探しの軸を持つのは良いことですが、あまり条件が多すぎると、該当する求人が少なくなってしまいます。未経験職歴なしからの就職活動は1つ2つの応募では決まらず、いくつも応募することになる場合が多いので、どうしても譲れない条件のみ残し、ほかはある程度妥協する方法が良いでしょう。

3. 自己分析をする

この場合の自己分析は、自分の強みや適性を把握する方法であると同時に、自分は就職して何がしたいのか目的や動機を明らかにすることがポイントです。「自分は仕事でどんなことを成し遂げたいのか」がはっきりしていなければ、志望動機が弱くなります。志望動機が弱いと、とりあえず無職から脱出したいだけなのではないかと思われてしまう場合もあるので、説得力のある志望動機を作る方法として自己分析は重要です。また、自己分析が不十分なまま就職すると、自分が思いもよらなかった不満が生じて早期離職につながってしまう恐れも。より自分とマッチした企業を選ぶ方法として、自己分析は丁寧に行いましょう。

4. 空白期間があることを負い目に感じない

27歳まで就職をしていない人のなかには、空白期間があるのを負い目に感じてしまう人も。しかし、就活すると決めたら、前向きな気持ちを持つようにしましょう。それまでの無職期間を負い目に感じながら就活をすると、ネガティブな思考に囚われてしまいます。うまくいかないときに挫折しやすくなったり、面接で自分の元気や熱意が伝わりづらくなったりと、就職活動に悪い影響を及ぼす可能性があるので気をつけてください。

5. 基本的なマナーを身につけておく

採用面接に臨む前に、面接の基本的なマナーを身につけておきましょう。髪型や服装といった見た目から、話し方など、面接官がチェックしているポイントがあります。職歴なしでも社会人としての最低限のマナーが身についているか、それらを通じて確認しているため、ポイントは必ず押さえておいてください。

 

27歳職歴なしから就職を成功させる3つのコツ

職歴なしの27歳の人が就職を成功させるには、経歴が不利になりにくい求人を選ぶ、空白期間の説明を工夫するなどの方法があります。以下、それぞれ解説します。

1.「職歴なし」が 不利になりにくい求人を選ぶ

職歴なしが不利になりにくい求人を選ぶ際には、以下の文言に注目してみてください。

・未経験者歓迎
・社会人経験不問
・学歴不問
・ポテンシャル採用

これらの文言のある求人は、スキルや資格を必要としないうえ、人材を一から育てるという方針の企業も多いため、狙い目であるといえます。また、転職者と同じ土俵に立ったときにも比較的不利になりにくいのでおすすめです。

2. 空白期間を上手に説明する

空白期間は採用担当者も内容を気にするところなので、できるだけ印象を悪くせずに説明するのを心がけると良いでしょう。無職の空白期間については「経験を振り返ってどのような考えを持つにいたったか」ということに重きを置いて説明すると、就職しようと思った動機に説得力が生まれます。そのあとで「今後就職してどうしていきたいのか」を述べると、前向きな印象になるでしょう。

3. 一人で就活せず第三者の力を借りる

初めての就活で、自分で進める方法が分からない場合には、第三者に相談するのがおすすめです。就職相談すると、アドバイスが受けられたり、自分では見つけられなかった求人情報が得られたりするので、早く就職が叶いやすいでしょう。少しでも早い行動が求められる「職歴なし27歳」という状況の就職活動では、それらの人々は頼もしい味方になってくれる可能性が高いです。
ここでは、ハローワークと就職エージェントの2つの就職支援サービスについて解説します。

ハローワーク

ハローワークは、公的な就職支援機関です。全国各地にあり、管轄地域の求人を多く取り扱っているのが特徴です。わかものハローワークなど若年層向けの施設もあるうえ、選考対策として応募書類の書き方や面接のコツなど、無料のセミナーも開催されています。

就職エージェント

就職エージェントは、民間企業の運営する就職支援サービスです。それぞれエージェントごとに対象者や扱う業界、職種が違うのが特徴といえるでしょう。そのため、自分に合ったエージェントを選べば、より就職成功が叶いやすくなるといえます。求職者1人につき、1人担当の就活アドバイザーがつき、就活の相談にのってくれたり、企業との橋渡しをしてくれたりするのがメリットです。また、一般には公開しておらず、就職エージェントを通してしか応募できない「未公開求人」を持っているのも大きなポイントでしょう。

ハローワーク、就職エージェントはどちらも就職支援を行っていますが、それらのサービスにはそれぞれ違いがあります。ハローワークは扱う求人が多いのがメリットですが対象者も多く、職員は一人ひとりに多くの時間を割くのが難しいのが現状。よって、担当の職員に何から何まで相談にのってもらうのはなかなか難しいでしょう。そのため、ハローワークでは大量の求人のなかから自分に合ったものを探し、紹介の許可を得るというやり方になります。どちらかというと、自分で就活を進めるような方法になるでしょう。
一方、就職エージェントは対象者がある程度限られているため、就活アドバイザーは担当する一人ひとりと比較的向き合いやすいのが特徴です。また、企業が保有する求人のなかから、担当の就活アドバイザーが求職者に合ったものを厳選して紹介するので、自分で求人を探す必要がないのも大きなメリットでしょう。自分で就活を進める方法を取るのに自信のない人は、就職エージェントがおすすめです。

「27歳になり、この先正社員になれるのか不安…」とお悩みの方や、「そろそろフリーターから正社員を目指したい!」と思っている方は、若年層向け就職エージェントのハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブの扱う求人はポテンシャルや人柄を重視する企業が多く、スキルや経歴に自信のないあなたも安心です。最初に、担当の就活アドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行い、あなたのお悩みやご希望を丁寧にヒアリング。そのうえで、あなたに合う求人のご紹介から企業とのやり取り、選考対策まで、あなたの就活を全面的にサポートします。サービスのご利用はすべて無料。どうぞお気軽にお問い合わせください。

27歳の就職に関するQ&A

ここでは、27歳から就職活動をする方に向けて、よくある質問と回答をまとめました。
 

27歳で職歴なしだと就職できない?

27歳からでも就職は十分可能ですが、押さえておくべきポイントがあります。まずは少しでも早く行動を起こすこと。20代後半は1歳違っただけでも与える印象が大きく左右されやすいため、早めの就職活動を心がけてください。また、求人を絞り込みすぎず、幅広い仕事に目を向けるのも大事です。すぐに決まらずにいくつも受けることになる場合が多いので、できるだけ多くの求人を候補に挙げると良いでしょう。27歳からの就活については「フリーターでもまだ間に合う!27歳で再就職するには」のコラムも参考にしてみてください。
 

27歳のニートやフリーターから目指せる職業は?

人手不足の業界や、未経験可の職業に着目すると良いでしょう。代表的なものは営業職や介護職、業界ではIT、飲食、運送などが挙げられます。もし、「どのような職業を選べば良いか分からない」とお悩みなら、若年層向け就職エージェントのハタラクティブで、アドバイザーのサポートのもと就職活動をするのもおすすめです。
 

27歳を過ぎても就職しないとどうなる?

20代後半は、1歳違うだけでも印象が大きく左右される傾向があります。よって、どんどん就職が決まる可能性が低くなっていく危険性が。経済的に不安定だったり、ライフプランが描けなかったりとデメリットが大きいので、なるべく早く就職活動を始めたほうが良いでしょう。詳しくは「正社員になれるのは何歳まで?フリーターの最終期限」のコラム内「フリーターから正社員へ!ひとつ目の分岐点となる27歳」の項目もご覧ください。
 

27歳で就職活動中に取得すると良い資格はある?

資格は採用にあたってそれほど評価されない傾向があるので、27歳という年齢を考えても資格取得より就職活動に専念したほうが良いでしょう。例外的にIT業界など、プログラミングなどのスキルを身につける必要のある仕事であれば、あらかじめそれに関する勉強や資格の取得が有効となる場合があります。しかし、考慮すべきなのは、取得にかかる時間です。長くかかってしまいそうであれば、先に就活を進めるのをおすすめします。

 

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ