27歳は就職できない?職歴なし・未経験のニートやフリーターの就活方法!

27歳は就職できない?職歴なし・未経験のニートやフリーターの就活方法!の画像

この記事のまとめ

  • 27歳のニートやフリーターでも、自分に合った適切な就職活動を行えば就職できる
  • 27歳を過ぎても就成功させるには、できるだけ早く行動す
  • 職しないでいると、正社員との賃金格差が広がる
  • 27歳のうちに就職すれば、職場で若手人材として扱ってもらえる可能性がある
  • 27歳で就職するなら、未経験可やアルバイト経験を活かせる求人を選ぶ
  • 27歳からの就職を
  • ることが問題解決の鍵

27歳で就職を検討中のニートやフリーターのなかには、職歴なし・未経験の経歴に不安を感じて行動に移せない人もいるのではないでしょうか。27歳は若手として扱ってくれる職場が多く、就職チャンスを掴みやすいといえます。30歳を過ぎると徐々に就職のハードルが上がるので、比較的採用されやすい今のうちに就活の一歩を踏み出しましょう。このコラムでは、27歳の就活に関する疑問を解決するので、ぜひご覧ください。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

「27歳職歴なし・未経験は就職できない」はウソ?

「27歳職歴なし・未経験は就職できない」はウソ?の画像

現在27歳のニートやフリーターでも、就活のポイントを押さえれば正社員就職できる可能性は高くなります。とはいえ、「27歳は若手に見てもらえなそう」「職歴なしの経歴では応募するのも無理なのでは」とお悩みの方もいるでしょう。
ここでは、職歴なし・社会人未経験の27歳でも就職できる理由をご紹介します。自分の経歴に不安を感じる方は、問題解決のためにもチェックしてみてください。

社内の若返りを図るため27歳を採用したい企業は多い

27歳の社会人未経験者が就職できる理由としてまず挙げられるのは、社内の若返りを図るために27歳前後の人材を採用したいと考える企業が多いことです。職場の高齢化が進み、若手人材不足に陥っている企業は少なくありません。新卒採用に力を入れても、優秀な若手人材は大手企業に集中する傾向があります。そのため、職場の平均年齢を下げる方法の一つとして、まだまだ若手といえる27歳を積極的に採用したいと考える中小企業は一定数あるようです。

27歳は30代より採用コストを抑えられるため需要あり

27歳が就職できる理由の2つ目は、企業にとって30代よりも20代のほうが採用コストを抑えられることです。一般的に、30代のほうが20代よりも経験やスキルが豊富なため、その分給与を高く設定する必要があります。その点、27歳であれば、30代に比べて経験やスキルが不十分なため、採用コストをいくらか抑えることが可能です。教育コストを加味しても、年齢の若い27歳を採用するほうが会社にとってのメリットになると考える企業は多いでしょう。

正社員就職したい27歳は思い切って行動してみよう

27歳フリーターから正社員就職を叶えた方は、ITエンジニアや営業職、介護職などの幅広い職種で活躍しています。「今さら正社員就職は無理…」とマイナスに考えるのではなく、現状を解決するために思い切って行動することが大切です。27歳フリーターの成功体験談は、「20代後半から正社員へ 体験談」に掲載しています。今の不安や悩みを少しでも解決したい方はぜひチェックしてみてください。

27歳の就職は無理じゃない!20代後半の就職事情

独立行政法人労働政策研究・研修機構の「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状3(p67)」によると、2017年度に非典型雇用から正社員へ移行した人は、27歳が含まれる15~34歳の年齢帯で男性37.8%、女性19.0%でした。

27歳の就職は無理じゃない!20代後半の就職事情の画像

引用元:独立行政法人労働政策研究・研修機構「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状3(p67)

なお、35歳~44歳の年齢帯では、男性28.4%、女性12.8%です。このデータから、年齢が高くなると正社員への移行率が低くなることがわかります。「年齢を重ねると就職は無理」というわけではありませんが、現在27歳の場合はできるだけ早く就職活動を始めたほうが良いでしょう。

27歳の就職事情は男性・女性で変わる

フリーターや派遣社員といった非典型雇用から正社員への移行率には、男女差があるのが現状です。上記のデータを参照すると、女性は男性よりも正社員就職への移行率が低いことが分かります。27歳女性の就職事情について詳しく知りたい方は、「27歳フリーターの女性は就職できる?成功につながる就活方法をご紹介」を参考にしてみてください。

27歳で大学院卒の就職事情は?

大学を22歳で卒業し大学院へ進学した場合、現在27歳なら、大学院博士課程が修了し新卒として就職活動する年齢です。専門分野を活かせる会社への就職では有利になりやすい反面、大学院での研究内容と関係ない業種へ就職するのは難しい可能性があります。大学院卒の就職事情については「博士課程に進むと就職は難しい?メリット・デメリットや仕事の例を解説」で詳しく解説していますので、ご覧ください。
公務員の年齢制限は27歳前後が多い
27歳から公務員を目指すなら、公務員試験の年齢制限に注意が必要です。年齢制限は、受験する試験によって異なります。試験によっては制限で既に受けられない場合もあるので、公務員を目指す人は27歳でも受験できるかどうかをしっかり調べるようにしてください。公務員試験について詳しく知りたい方は、「公務員になるのに学歴は必要?試験や給料は異なる?」のコラムをチェックしましょう。

参照元
独立行政法人労働政策研究・研修機構
若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状 -平成29年版「就業構造基本調査」より-

27歳ニート・フリーターのまま就職しないとどうなる?

27歳ニート・フリーターのまま就職しないとどうなる?の画像

27歳でニートやフリーターのまま就職活動しない場合、経済的・精神的な悩みが解決できない可能性があります。以下に、27歳のニート・フリーターが今のまま就職しないリスクについてまとめたので、確認しましょう。

正社員との収入格差が広がる

27歳現在は年齢が若いため、フリーターのまま就職しなくも、同年齢の正社員と同等の収入を無理なく稼げる人もいます。しかし、年齢を重ねても、フリーターの収入が増えることはほとんどありません。
厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査(6) 雇用形態別にみた賃金」によると、25~29歳の平均賃金は、正社員・正職員が24万9,600円、正社員・正職員以外が20万2,400円となっています。

正社員との収入格差が広がるの画像

引用元:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査(6) 雇用形態別にみた賃金

上記のデータを参考にすると、正社員・正職員は年齢を重ねるごとに賃金が上がっているのに対し、正社員・正職員以外は賃金に大きな差が見られません。フリーターを続けていると、昇給や昇格、賞与、退職金などが見込める正社員との格差は徐々に広がっていくでしょう。
また怪我や病気で働けなくなった場合、正社員には保証がありますが、フリーターは収入がゼロになるリスクもあります。現在生活に困っていない健康な27歳でも、年齢を重ねて体力的に厳しくなれば、経済的に不安定な状況になりかねないことを念頭に置きましょう。

生活を家族の収入に頼っているニートはどうなる?

現在の生活を家族の収入に頼っているニートの場合、将来的に家族が働けなくなれば、生活に余裕がなくなる可能性があります。経済的な問題が出てから正社員を目指しても、すぐに就職先が決まるとは限りません。ニートの収入問題を解決したい27歳は、できるだけ早く正社員就職を検討しましょう。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 (6) 雇用形態別にみた賃金

周囲と比べて将来に焦りや不安が出てくる

27歳は、新卒で入社した人が後輩の教育係として活躍したり、経済的に安定して結婚や子育てを始める人が増えてきたりする年齢です。27歳を過ぎても職歴なしののままでいると、周囲と自分を比べたときに、「このまま生活するのは無理なのでは…」「将来のビジョンが見えない…」という不安が高まる場合もあります。焦りや悩みを抱える状況が長く続けば、自分にとって良い状況とはいえません。現在、フリーターやニートの生活が気に入っている場合でも、将来について考え始めることをおすすめします。

社会的信用度が低くライフイベントに対応できなくなる

ニートや非正規雇用のフリーターは収入が安定しないため、社会的信用度は正社員より低めです。社会的信用度が低いままでいると、クレジットカードやローン、賃貸契約の審査がなかなか通らないこともあります。27歳の若さなら、それほど問題に感じないかもしれませんが、将来的に結婚や子育てといったライフイベントに対応するためには、社会的信用を得ることが大切です。自分の将来を考えるなら、今のうちに正社員就職を目指して社会的信用度に関する課題を解決をするのが望ましいでしょう。

アルバイト・正社員両方に採用されづらくなる

27歳を含めた20代のうちは、若さやポテンシャルを評価されるため、アルバイトや正社員の求人の選択肢が豊富です。しかし、年齢を重ねると、扱いづらさを理由にアルバイト・正社員の両方で採用されづらくなります。体力的な懸念からも、生涯フリーターを続けるのは難しいのが現実です。また、30代から職歴なしで正社員を目指す場合は、経験やスキルを重視される年齢になるため、就職に一定の厳しさを感じるでしょう。

結婚が遠のく可能性がある

27歳を過ぎてニートやフリーターのままでいると、経済力や社会的信用が低いため、結婚を希望している場合は実現が遠のく可能性があります。本人同士が望んでも、相手の両親から将来を不安視され、反対されてしまう場合もあるようです。また、結婚できたとしても、出産や子育てには多くのお金が必要になるため、経済的に不安定なままでは生活が立ち行かなくなる恐れがあります。将来的に結婚を望むなら、27歳のうちに経済的に安定した正社員就職を目指すのがおすすめです。
フリーターの結婚に関する情報は、「フリーター男女は結婚できないって本当?その理由と対処法」にも記載しているのでご一読ください。

27歳から正社員就職するメリット

27歳から正社員就職するメリットの画像

27歳から正社員就職すると、若手として扱ってもらえたりキャリアアップのチャンスを得られたりするメリットがあります。27歳で正社員になるメリットを把握し、現在の状況からどのように物事が変化するのかイメージしてみましょう。

27歳は職場で若手人材として扱ってもらえる

27歳は、新卒で入社していれば入社5年目の立ち位置になります。5年も経てば、社会人未経験の自分と大きな差があると思うかもしれませんが、企業から見ればまだまだどちらも若手人材という扱いです。企業は、若手人材に対して体力や将来性があり、これからの成長が見込める人材であると考えます。27歳のうちなら、職場で新卒や20代前半の人と同じように扱ってもらえる可能性があるので、就職チャンスは多いでしょう

30代になり就職が厳しくなる前に正社員になれる

30代になると、20代に比べて職歴なし未経験での就職は非常に厳しくなります。27歳で選べた求人も、30代になると経験やスキルが重視され、採用ハードルが上がる場合があるからです。年齢を重ねると、次第に仕事の選択肢が狭まるうえ、会社から求められる能力が上がります。「あと2~3年したら就職しよう」のように考えているとあっという間に30代になってしまうので、就職が厳しくなる前に正社員を目指しましょう。

少しでも早くキャリアアップのチャンスを得られる

27歳で就職した場合、30歳になるころには3年のキャリアを積める計算になります。3年間仕事を継続すると、職場で徐々に新人教育や主力事業への参加を求められるようになり、キャリアアップが叶う可能性も出てくるでしょう。また、中途採用市場では3年間の就業経験を一つのキャリアとして見る傾向にあるので、経験を活かして転職が叶う場合もあります。転職の場合でも年齢は重視されるので、現在27歳なら少しでも早く就職するのがポイントです。

経済的基盤ができて結婚に前向きになれる

27歳で就職すると、ニートやフリーターでいるよりも雇用や収入が安定します。経済的基盤ができると、結婚は無理だと消極的だった人も前向きに検討できるようになるでしょう。現在フリーターで結婚を考えているパートナーがいる人は、自分の正社員就職が結婚のきっかけになることもあります。出産や子育て、家の購入など、費用のかかりやすい課題の解決に向き合い、無理のないライフプランが立てやすくなるのも27歳で就職するメリットです。

職歴なしの27歳が就職活動する際の6つのポイント

職歴なしの27歳が就職活動する際の6つのポイントの画像

職歴なしの27歳が就活で失敗しないためにも、早めの行動や前向きな姿勢が必要です。以下のポイントを押さえ、自信をもって就職活動に取り組みましょう。

1.なぜ27歳で正社員になろうとしたのかを整理する

なぜ27歳まで正社員にならずにフリーターやニートをしていたのかを振り返りましょう。「いきなり正社員は無理だと思った」「何となく気が向かなかった」というように、就職しない理由は人それぞれです。就職活動の際は正社員にならなかった理由を質問される可能性があるので、経緯を説明できるようにしておかなければなりません。「そろそろ正社員になってやりがいのある仕事がしたくなった」「将来を見据えて安定した仕事に就きたいと思った」というように、正社員になる理由を自分なりに考えてみてください。

2.できるだけすぐに行動を起こす

27歳まで正社員経験のない方は、あれこれ考えるよりもすぐに就職活動を始めましょう。現在の不安や悩みを解決せずに行動を先延ばしにすると、どんどん時間が過ぎていきます。時間が経てばそれだけ就職が不利になるうえ、モチベーションの低下につながり、フリーターやニートから抜け出せなくなることも。就職活動をすると決めたら、仕事探しや就職相談といった具体的な方法を検討しましょう。

3.求人は絞り過ぎずに幅広く探す

27歳・職歴なしからの就職活動では、最初から求人を絞り込み過ぎないようにしましょう。就職先に対する希望条件をある程度挙げておくことは大切ですが、あまりに条件が多過ぎると、該当する求人が少なくなってしまいます。就職活動では複数の求人へ応募する場合が多いので、どうしても譲れない条件のみを残し、ある程度妥協することも大切です。

4.27歳という年齢をマイナスに考えない

27歳という年齢や職歴なしの経歴で「就職は無理だ」とマイナスに捉えないようにしましょう。27歳で初めての就職を目指す場合、自分の年齢や経歴を負い目に感じてしまうかもしれませんが、就活は前向きな気持ちで進めることが大切です。悩みを抱えたまま就活をすると、ネガティブな思考に囚われてしまいます。うまくいかないときに挫折しやすくなったり、面接で自分の元気や熱意が伝わりづらくなったりと、就職活動に悪影響を及ぼす可能性があるので注意しましょう

5.基本的なビジネスマナーを身につけておく

採用面接に臨む前に、基本的なビジネスマナーを身につけておきましょう。採用担当者は、服装や髪型といった見た目、姿勢、話し方から、職場で活躍できる人材かどうかをチェックしています。27歳・職歴なしでも、社会人としての最低限のマナーが身についていることをアピールできれば、好印象を与えられるでしょう。

6.自己分析や企業研究を念入りに行う

27歳から初めて就職活動を行う場合は、自己分析や企業研究を念入りに行いましょう。自身の強みや企業に関する情報を理解していないと、就活をスムーズに進められません。企業側がどのようなポイントを見て自分を採用したいと思うか、どのような魅力を感じて企業に志望したかを明確にしましょう

自己分析とは?

自己分析とは、経験や思考を分析して自身の強みを把握する作業です。就活においては、将来のビジョンや就職する動機を明らかにするために求められます。自己分析を通じて「仕事で成し遂げたいこと」を明確にすると、説得力のある志望動機を作成可能です。
自己分析の詳しいやり方については、「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」のコラムでまとめています。

企業研究とは?

企業研究は、応募先企業の社風や求める人物像を明らかにする作業です。企業研究が不十分なまま就職すると、自分が思いもよらなかった不満が生じて早期離職につながる恐れもあります。就職を目指す27歳は、自分と相性の良い職場を選ぶためにも、企業研究は丁寧に進めましょう。
企業研究のやり方は、「企業研究によって転職を成功させる方法を解説!情報の集め方も詳しく紹介」をご覧ください。
自己分析が苦手な人は適職診断を活用しよう!
27歳からの就職活動に自己分析や企業研究は欠かせませんが、苦手なら適職診断チェックツールを活用するのも一つの方法です。ハタラクティブの「適職診断」なら、選択方式の質問に答えるだけで適職を簡単に診断できます。

27歳から正社員就職を目指す人におすすめの求人

27歳から正社員就職を目指す人におすすめの求人の画像

ここでは、27歳で正社員就職を目指す人におすすめの求人の特徴をご紹介します。就職活動中は仕事選びに苦戦する人が多いので、ここで解決の糸口を見つけておきましょう。

アルバイト経験を活かせる求人

27歳までフリーターとしてアルバイトをしていた人は、自分が働いていた業界や職種に関連する求人を選ぶのがおすすめです。就職活動において、アルバイト経験は職歴とみなされないため、履歴書の職歴欄への記入は基本的に必要ありません。とはいえ、アルバイトでの業務経験が応募先企業で活かせる場合、採用で評価される可能性があります。応募先企業に関連する業界や職種で働いた経験は採用担当者に響く効果的なアピール材料になるため、履歴書や面接でしっかり伝えましょう。
接客業のアルバイト経験があれば、コミュニケーション能力の高さを示せるでしょう。工場で検品をした経験がある場合は、1つの業務を着実にこなす力やスケジュール管理能力をアピールできます。当たり前にできていたことが就活時に評価される場合もあるので、自身のアルバイト経験を振り返ってみましょう。

未経験者歓迎・未経験者OKの求人

27歳で初めて就職活動する場合は、「未経験者歓迎」や「未経験者OK」と記載された求人を選びましょう。中途採用の場合、業務経験を積んだ即戦力になる人材を想定して求人を出す会社もあります。一定のスキルを保有した人材を求める求人に27歳・職歴なしで挑んでも、能力不足と判断される場合が多く、就職成功につながりません。一方、未経験者を歓迎している求人の場合、人柄やポテンシャルを評価する傾向があるため、27歳・職歴なしで挑んでも就職できる可能性が高いでしょう。

中小企業の求人

27歳・職歴なしから正社員を目指す場合、大手企業よりも中小企業の求人をチェックするのをおすすめします。中小企業のなかには、大手企業のように人材採用に予算を費やせず、若い人材を思うように集められないところもあるようです。若い人材を採用して育成したいと考える中小企業にとっては、就業意欲を持った27歳のフリーターは魅力的な人材として求められる傾向があります

需要に対して人手不足の傾向がある業界の求人

需要に対して人手不足の傾向がある業界の求人も、27歳・職歴なしから挑戦しやすいためおすすめです。人手不足の業界には、介護業界やIT業界、飲食業界、運送・流通業界などがあります

介護業界

日本の高齢化により介護業界の需要が高まっているのに対し、介護職の人材は不足しているのが現状です。介護職は27歳・資格なしでも就職しやすく、入社後の資格取得をサポートしてくれる職場もあります。着実に実務経験を積めば、ケアマネージャーや管理職へステップアップすることも可能です。

IT業界

IT業界では、技術発展のスピードに人材の育成が追いついていません。業務を行うためには専門的な知識が必要ですが、就職のハードルはそれほど高くないため、27歳・未経験者も採用されやすいでしょう。プログラミング言語に関する知識や趣味でアプリケーションの作成経験がある場合は、就活時にアピールできます。

飲食業界

飲食業界は業界の需要の多さに比例して仕事量が多いため、人材の確保が間に合っていない職場が多いようです。職場の正社員登用制度により、アルバイトから正社員就職するチャンスも多い業界なので、27歳フリーターはアルバイト先の制度を確認してみることをおすすめします。正社員として店舗で活躍を続ければ、運営側を目指す機会も狙えるでしょう。

運送・流通業界

運送、流通業界は、Webショッピングの普及により需要が拡大しています。今後ますます需要が高まことが予想されているため、仕事がなくなることはないでしょう。年齢的にまだまだ若く、体力のある27歳はニーズが高いので、就職できる可能性は十分にあります。

27歳で就職を目指すときに資格は必要?

27歳の就職活動を目指すときに、資格があれば必ず成功するとは限りません。資格取得には時間がかかるうえ、業務に必須の資格でない限り、応募者の人柄やこれまでの経験が重視される傾向にあるためです。資格取得の労力に対してそれほど大きな評価が得られない場合もあるので、27歳から就職を目指すなら、無理をして資格取得するより少しでも早く行動に移したほうが良いでしょう。
27歳の今、資格を取得すべきか見極めたい方は、「フリーターにおすすめの資格を職種別に解説!取得時の注意点や勉強法も紹介」をご覧ください。

27歳の就職に有利な資格とは?

業務に関連する資格があれば、就活時に採用担当者から評価される可能性もあります。IT業界ならITパスポート、介護業界なら介護職員初任者研修というように、初心者でも取得しやすい資格がおすすめです。27歳職歴なしでも、資格取得の過程でスキルが身につくうえ、就業意欲の証明になります。職場によって身につけるべきスキルは異なるので、志望企業の傾向をチェックしてから資格取得を考えましょう。

27歳の就職活動がうまくいかない?失敗例と解決策

27歳の就職活動がうまくいかない?失敗例と解決策の画像

27歳の就職活動でうまくいかないときは、求人内容をよく見ていなかったり面接対策ができていなかったりする場合があります。下記では、就活の失敗例とそれぞれの解決策をご紹介するので、自身が該当していないか確認してみましょう。

1.自己分析や企業研究ができていない

自己分析や企業研究を行うのは、就職活動の基本です。基本を疎かにすれば、面接で思うような結果が出せなくなる場合もあります。自分のこれまでの行動を振り返り、どのような企業が適しているかを冷静に判断しましょう。
自己分析や企業研究をするのが難しいと感じるなら、就職・転職支援サービスへ相談するのも手です。27歳の就活に役立つ就職支援サービスについては、「フリーター・ニートは就職支援を活用しよう!おすすめのサービスを紹介」をご覧ください。

2.応募書類の見直しや面接の練習をしていない

応募書類の見直しや面接の練習をせずにぶっつけ本番で選考に挑んでも、就職に成功する可能性は低いといえます。就職活動は、準備なしでただ選考を受けるだけで成功するものではありません。応募書類を丁寧に作成したり面接マナーを学んだりと、事前準備をしっかり行うことが大切です。時間をかけて行動すれば、自然と結果がついてきます。

3.数社落ちただけで無理と諦めている

27歳からの就職活動は複数の企業へ応募するのが基本です。1~2社の求人へ応募しただけでは採用が決まらないこともあるので、「自分には無理」と諦めずに挑戦し続けましょう。不採用通知が続いたとしても、落ち込む必要はありません。「不採用の企業とは縁がなかっただけ」と気持ちを切り替え、次のステップへ進むようにしましょう
気持ちの切り替えがうまくいかないときは?
就活時に気持ちの切り替えがうまくいかない場合は、休息を取ったり周囲に相談したりすることが大切です。根を詰め過ぎると気持ちに余裕が持てなくなるので、散歩や趣味の時間を確保してリラックしましょう。また、家族や友人といった親しい人に話すだけでも、気持ちが和らいだり視野が広がったりすることもあります。

4.大手や高待遇の求人ばかりを見ている

27歳の就活で高いレベルの企業ばかりを見ていては、正社員就職を実現するのが難しくなってしまいます。大手や高待遇の求人は応募者数が多く、経験を積んだ人や専門的なスキルの高い人が採用される傾向にあるからです。就職活動を始めるまで知らなかった中小企業でも、条件によって理想の働き方を実現できる可能性はあります。27歳で正社員就職するなら、大手や高待遇以外の求人にも目を向けることが大切です。

5.募集内容をよく見ずに片っ端から応募している

募集要項をよく見ずに応募したり、闇雲に選考を受けたりするのは避けるのが無難です。企業の想定する人材と合わなければ、就職活動がうまくいかないのは当然といえます。27歳・職歴なしの場合、一般の転職者向けの求人ではなく、未経験者向けの求人を探すのがポイントです。「27歳から正社員就職を目指す人におすすめの求人」を参考にしながら、自分が無理なく応募できる仕事かどうかを見極めましょう。

27歳職歴なしからでも大丈夫!就職成功のヒント

27歳職歴なしからでも大丈夫!就職成功のヒントの画像

27歳・職歴なしからの就職を成功させるには、空白期間に対する説得力のある理由やよくある質問への回答を用意することが大切です。就職がうまくいかない人や、これから就活を始める方は、下記にまとめたヒントを参考にしてみてください。

1.空白期間は面接官が納得できる理由を考える

空白期間とは、就職していない期間のことです。27歳まで就職せず何をしていたかを確認するため、選考では空白期間について質問されることがあります。空白期間に関する質問をされた場合は、「特に何もしていません」「何となくアルバイトをしていました」と答えるだけではイメージダウンにつながる恐れも。ただ事実を伝えるのではなく、「経験を振り返ってどのような考えを持つに至ったか」を前向きに説明すると、採用担当者が納得できます。理由を述べたうえで、「就職して何を成し遂げたいか」といったビジョンを伝えると、志望動機にも説得力を持たせることが可能です。

2.よくある質問の回答を用意する

面接でよくある質問の回答は、あらかじめ準備しておきましょう。ぶっつけ本番で面接に臨んだばかりに、「緊張してうまく答えられなかった」というのはよくある失敗です。採用担当者に自分の強みをアピールするためにも、事前の準備はしっかり行いましょう。
27歳・職歴なしの求職者が最低限押さえておきたい質問は、以下の5つです。

・質問1「志望動機を教えてください」
・質問2「自己PRをお願いします」
・質問3「これまでの経験で入社後に活かせそうなことはありますか」
・質問4「27歳の今、正社員になろうと思ったのはなぜですか」
・質問5「学校を卒業してからどんなことをしていましたか」

志望動機や自己PRといった定番の質問はもちろん、先述した「空白期間」に関する質問も想定されます。自己分析で振り返ったエピソードをもとに、説得力のある回答を考えましょう。
面接で定番の「逆質問」に注意しよう
面接の最後に、採用担当者から「何か質問はありますか?」と聞かれる場合があります。これは「逆質問」といい、候補者の就職意欲や理解度をチェックするのが目的です。質問されたときに、「特にありません」と答えるのはふさわしくありません。「自社への志望度が低いのでは?」と捉えられる可能性があるので、しっかり答えられるようにしましょう。逆質問の答え方については、「逆質問の仕方とは?質問がない場合の回答例や好印象を与えるポイントを解説」のコラムをご参照ください。

3.「職歴なし」が不利になりにくい仕事を選ぶ

27歳の就職活動では、職歴なしが不利になりにくい仕事を選ぶことが重要です。経歴が不利になりにくい仕事を探すときは、募集要項に以下のような文言が記載されている求人に注目してみましょう。

・未経験者歓迎
・未経験OK
・社会人経験不問
・学歴不問
・ポテンシャル採用

このような文言のある求人はスキルや資格を必要としないうえ、人材を一から育てる方針の企業が多いため、27歳の就職が成功しやすいといえます。また、転職者と同じ土俵立ったときにも、比較的不利になりにくいのでおすすめです。

4.一人で就職活動するより第三者の力を借りる

27歳で初めての就活に難しさを感じる場合には、第三者に相談するのがおすすめです。相談によってアドバイスが受けられたり、自分では気づかなかった適性を見つけられたりするので、一人よりも無理なく就活を進められる可能性があります。相談先としておすすめなのは、ハローワークや就職エージェントといった就職支援サービスです。それぞれの特徴については、次項で確認しましょう。

27歳のニート・フリーターにおすすめの就職支援

27歳のニート・フリーターにおすすめの就職支援の画像

27歳から初めて就職活動する方は、ハローワークや就職エージェントといった就職支援サービスの利用がおすすめです。一人での就職活動は迷うことも多いので、正社員を目指す27歳は積極的に活用しましょう。

ハローワーク

ハローワークとは、国が運営する就職支援機関です。ハローワークは全国各地にあり、管轄地域の求人を多く取り扱っています。27歳なら、「わかものハローワーク」「わかもの支援コーナー」「わかもの支援窓口」といった若年層向けの支援を活用するのがおすすめです。応募書類の書き方や面接のコツといった無料セミナーも受けられるので、選考対策が不安な方は参加してみると良いでしょう。ハローワークの所在地は、「全国ハローワークの所在案内」で確認できます。

就職エージェント

就職エージェントとは、民間企業が運営する就職支援サービスです。エージェントには,、若年層向けや転職者向け、専門職向けなどの幅広い種類があります。27歳なら、若年層向けのエージェントを選べば効果的な就職活動ができるでしょう。就職エージェントに登録すると、担当の就活アドバイザーがマンツーマンで就職相談に乗ってくれたり、企業との橋渡しをしてくれたりします。就職エージェントにしかない「非公開求人」を扱っているのも大きなポイントといえるでしょう。

27歳が最短で正社員就職するなら?

27歳からの就職を最短で叶えたいなら、エージェントの利用がおすすめです。ハローワークは公的サービスのため利用者が多く、職員がすべての求職者に手厚く対応するのが難しくなるでしょう。就職・転職エージェントでは、専任のアドバイザーがカウンセリングから内定までトータルサポートしてくれます。優良企業のなかから求職者の適性に合った求人を紹介してくれるので、自分で仕事探しをするのが苦手な人もすぐに応募先企業を見つけられるでしょう。

「27歳になり、この先正社員になれるのか不安…」とお悩みの方や、「そろそろフリーターから正社員を目指したい!」とお考えの方は、若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブの扱う求人はポテンシャルや人柄を重視する企業が多く、スキルや経歴に自信のない方も安心です。最初に、担当の就活アドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行い、あなたの悩みや希望を丁寧にヒアリング。そのうえで、適性に合った求人紹介や企業とのやり取り、選考対策などの就活を全面的にサポートします。サービスの利用はすべて無料なので、ぜひお気軽にご相談ください。

疑問を解決!27歳の就職に関するQ&A

ここでは、27歳から就職活動をする方に向けて、よくある疑問をまとめました。27歳からの就活に関する疑問を解決するヒントを探してみましょう。

27歳のニートは就職できますか?

可能です。27歳はまだまだ企業側からポテンシャルを評価される年齢といえます。「ニートだから無理」と決めつけず、27歳からでも早めに就職へ向けた行動をすることが大切です。ニートから正社員就職を実現するなら、「ニートの仕事の探し方とは?おすすめの職種や就活のポイントも紹介!」のコラムも合わせてご確認ください。

27歳から未経験で目指せる仕事は?

27歳・未経験で就職するなら、人手不足の業界や未経験可の職業に注目しましょう。具体的には、営業職や介護職、ITエンジニア、販売職などの仕事が挙げられます。「未経験でも就職できる仕事の特徴は?求人の見極め方やおすすめ業種を紹介」では、未経験でも就職を目指せる仕事についてまとめています。自分にはどのような仕事が合っているのか知りたい方は、就職エージェントに相談するのも一つの手です。

27歳を過ぎたら就職できないのでしょうか?

27歳を過ぎても就職は目指せます。ただし、年齢を重ねると徐々に採用ハードルが上がり、応募できる求人の選択肢が狭まるので注意が必要です。正社員になりたいという気持ちがあるなら、できるだけ早く就職活動を始めたほうが良いでしょう。就職可能な年齢に関する疑問を解決したい方は、「正社員になれるのは何歳まで?フリーターの最終期限やメリット・デメリット」をチェックしてください。

27歳ですが、就職がうまくいきません

就職がうまくいかない場合は、就活の心構えや準備が足りていない可能性があります。効率的に就活を進めたい方は、就職支援サービスのハタラクティブへご相談ください。サービスの一環として、アドバイザーが応募書類の添削や模擬面接を行っています。ハタラクティブを活用して内定を得る方法を一緒に探っていきましょう。

関連タグ

  • arrow