新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 博士課程に進むと就職は難しい?大学院修了後の主な就職先をご紹介

博士課程に進むと就職は難しい?大学院修了後の主な就職先をご紹介

公開日:

最終更新日:

博士課程に進むと就職は難しい?大学院修了後の主な就職先をご紹介の画像

 
   
   
   

【このページのまとめ】

   
  • ・平成30年度の博士課程修了者の就職率は67.7%
  • ・博士課程修了者は採用で不利になる場合もあるが、就職できないわけではない
  • ・博士課程修了後の主な就職先は研究職や技術職、大学教員などがある

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

博士課程に進もうと考えている人のなかには、「就職が難しいのでは…?」と思っている人もいるでしょう。しかし、不利になることはあっても、博士課程修了者が就職できないわけではありません。
このコラムでは、博士課程修了者の就職率や主な就職先をご紹介します。また、博士課程に進んだ場合のメリット・デメリットも解説。博士課程への進学を考えている方は、参考にしてください。
 

 

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

博士課程とは

博士課程とは、大学院に設定されている課程のことを指します。博士後期課程とも呼ばれ、修士課程を修了してから、さらに原則3年間の研究を行い、論文の審査と試験に合格することで得られる学位です。なお、少数ではあるものの、5年間の一貫制博士課程を設定している大学も存在します。

博士課程と修士課程の違い

修士課程は「博士前期課程」とも呼ばれ、原則、大学院に2年間在学して修士論文を提出し、最終試験に合格した人が得られる学位です。大学と同じく単位を取ることがメインで、授業を受けながら専門分野や研究においてさらなる経験を積みます。なかには、海外留学をする人や社会人として働きながら在学する人もいるので、2年以上かけて取得するケースも珍しくありません。
一方で、博士課程は評価対象のメインが論文となっているので、大学や学会に提出する論文を作成するために研究を行います。在院年数にとらわれずに研究に打ち込み、研究分野によっては休学して海外留学する人も多く、30代を過ぎて修了する場合も。また、難易度は修士課程よりも博士課程のほうが高く、博士号は国際的に認められる研究者の条件に数えられています。

単位取得満期退学を選択する人も

博士号を取らないまま、必要な単位だけを取得して博士課程を修了する「単位取得満期退学」を選ぶ人もいるようです。博士号には論文博士と課程博士があります。一般的に、理系は課程修了後に博士号の取得が可能です。一方で、文系は論文を提出しないと博士号を取得できません。そのため、文系の博士号の取得は理系よりも難易度が高いといわれています。課程を修了しても博士号がもらえないことから、文系の人の中には単位取得満期退学を選ぶ人もいるようです。

博士課程に進むと就職は厳しい?

博士課程を修了してから就職活動を始めると、最短で卒業したとしても20代後半となってしまうため、専門職や大学以外の一般企業への就職は難しくなる可能性があるでしょう。企業によっては「専門的な知識を持った人材」よりも「自社の研究に柔軟に対応できる人材」のほうがニーズが高い場合があります。なかには、「自社に在籍している研究者を育てたほうが効率的」「即戦力として採用するには不安がある」という理由から、博士課程修了者を敬遠するケースもあるようです。

博士課程修了者の就職率

文部科学省の「博士後期課程修了者の進路の確保とキャリアパスの多様化」によると、平成30年度における博士課程修了者の就職率は、67.7%です。平成28年度は67.4%、平成26年度は66.0%という数字から、例年全体の3分の2程度の博士課程修了者が就職していることが分かります。
博士課程の所属分野別にみると、「保健」が81.3%と一番就職率が高く、次に高いのが「工学」の69.5%です。「理学」は62.9%、「農学」は62.4%と近い割合に。また、「社会科学」は52.2%、一番就職率が低いのは「人文科学」の36.0%です。「社会科学」と「人文科学」の就職率は、ほかの分野と比べ、例年低い傾向があります。

参照元
文部科学省
博士後期課程修了者の進路の確保とキャリアパスの多様化

ポスドクとして研究を続ける人もいる

ポスドクとは「ポストドクター」の略語で、博士課程修了後に任期付きで働いている博士研究員を指します。本来ならば、任期終了後に正規の研究員として働くのが理想的ですが、日本では実際にそのようなルートを辿れる人はごく一部。これは「ポスドク問題」と呼ばれ、博士課程の就職について語るうえでよく取り沙汰される話題です。研究職や大学教授のポストには限りがあります。そのため、雇用の不安定なポスドクから抜け出せないまま年齢を重ねていく人が出てきてしまい、深刻な問題となっているのが現状です。

博士課程修了者であっても就職できる

博士課程修了者であっても、就職できる可能性は十分にあります。博士号は大学や研究所にとって、一人前の研究者の証といっても過言ではありません。さらに、海外では博士号を持っていないと、研究者としての対等な意見交換すらできないことも。特に、アメリカでは博士号の有無が給与面にも大きく反映されており、その影響を受けて一部の日本企業でも博士課程修了者の採用ニーズが高まっています。そのため、博士課程で学んだことをきちんとアピールできれば、就職できる可能性は高まるでしょう。
大学の新卒と比べると不利な面もありますが、博士課程修了者が就職できないわけではありません。「どうしても研究したいことがある」「絶対に大学で研究を続けていきたい」という強い気持ちがあるなら、博士課程への進学を検討するのも良いでしょう。

就職をせず博士課程に進むメリット

博士課程では多くの時間とお金を研究に費やすことになります。そのため、進学を決める前にどのようなメリット・デメリットがあるのかを知っておくと良いでしょう。まずは、博士課程に進むメリットからご紹介します。

興味のある分野を深く追究できる

博士課程に進むと、興味のある分野を深く追究できます。学士や修士課程の修了後でも企業の研究職に就くことは可能ですが、利益を求められるため、研究テーマや費やせる時間、予算などさまざまな制約があることも。一方、大学院の博士課程には比較的制限がなく、個人個人の裁量による研究が可能です。そのため、「興味のある分野を納得するまで研究したい」「どうしても追究したいテーマがある」という人には、博士課程への進学が向いているでしょう。

博士の肩書きを得られる

肩書きを得られるのも、博士課程に進むメリットの1つ。基本的に、一度博士号を取得すれば、その学位は一生ものです。簡単に取れるものではないため、これまでの努力や知識、研究を成し遂げるだけの能力があるという証明になるでしょう。
また、公認会計士を目指している場合、関係する分野の博士号を取得していれば一部の試験項目が免除になることもあります。

新たな発見をすることでやりがいを感じられる

研究をしていくなかで出会う新たな発見に、やりがいを強く感じる人もいるでしょう。博士課程に身を置いていると、一般企業で働いていたら得られないであろう驚きや達成感が生まれることもあります。
また、自分が書いた論文が認められ、多くの人の目に触れる機会ができた場合にも、大きなやりがいとなるでしょう。これらは研究をしている人にとって喜ばしいことであり、充実感を得る人も多いと考えられます。

博士号を武器に活躍の場を海外まで広げられる

博士号を持っていれば、就職先を決める際に海外でも活躍できる可能性があります。実際のところ、海外で研究職を目指す場合には、博士号を持っていなければ選考を受けることすら厳しいようです。特に、アメリカなどでは博士号を持っている人材は重宝される傾向にあるため、肩書きの有無が就職を左右するといっても過言ではないでしょう。また、博士号を取得することにより、就職に有利になるだけでなく、給与アップが見込めるといったメリットも。そのため、博士号を取得することはグローバルに活躍するチャンスに繋がります。

就職せずに博士課程に進むデメリット

博士課程に進むと、時間やお金がかかったり、コミュニケーション能力が育ちにくかったりする可能性があります。就職せずに博士課程に進んだ場合のデメリットを見てみましょう。

必ず就職できるとは限らない

博士課程を修了したからといって、必ず就職できるという保証はありません。日本は博士号を持つ人材を受け入れる体制がまだ整っていない企業が多く、年齢や社会経験がないことから「扱いづらそう…」と思われてしまう恐れもあります。
しかし、近年は博士課程修了者を積極的に採用する企業も少しずつですが増えてきているようです。そのような企業は博士課程修了者に多めの人件費をかけていることもあるため、選考のハードルは上がりますが、就職が不可能なわけではありません。特定の業界や企業、職種ばかりにこだわらず、視野を広く持って仕事を探すことが、採用に繋がる近道といえるでしょう。

博士課程修了までに時間がかかる

大学を卒業してから博士課程修了までに最低でも5年かかるため、大学の新卒で就職した同年代と、キャリアに大きな差が開いてしまいます。企業側からすると、年齢を重ねた人材にはある程度のキャリアを求めたいもの。そういった面では、博士課程修了が遅れるほど就職に不利になる可能性も否めません。そのため、修了後のビジョンが明確に定まっていない場合は、博士課程に進むかどうかをよく考えると良いでしょう。

博士課程に進むとお金がかかる

博士課程に進むと、入学費や授業料、研究のための諸費用など、何かとお金がかかります。入学費や授業料に関しては奨学金や免除制度がありますが、厳しい条件が設けられていることが多く、誰もが利用できるものではありません。自分の金銭的な事情や支援制度の条件を満たせるかどうかも、検討の材料に含めることをおすすめします。

コミュニケーション能力が育ちにくい

博士課程に進んだ場合、基本的に個人個人が自分の研究を進めていくスタイルであり、同年代で就職した社会人と比べると人間関係が狭くなることも。そのため、場合によっては社会生活に必要なコミュニケーション能力が育ちにくくなる恐れがあります。
「疑問点は教授に積極的に質問する」「同年代と情報交換をする」「アルバイトをする」など、意識して人と接する機会を日頃から作っていくと良いでしょう。

博士課程修了後の主な就職先は?

博士課程修了後の主な就職先は研究職や技術職、大学教員などです。ここでは、博士課程に進んだ人はどのようなところに就職しているのかを具体的にご紹介します。

研究職や技術職

公的研究機関や大学、民間企業に研究職や技術職として就職するパターンです。特に「理学」「工学」「農学」「保健」など、理系分野の博士課程修了者は、研究職や技術職へ進む人が多い傾向にあります。大学の研究職や技術職として働く場合は、のちに教員になるためにポスドクとして所属していることが多いようです。

大学教員

大学教員は、博士課程を修了した人の主な就職先の1つです。基本的なキャリアパスとしては最初にポスドクとして入職し、助教、講師、准教授というステップを経て教授になります。ただし、教授になるまでに10年以上かかるうえ、実際になれる人はほんの一握りという狭き門のため、見切りをつけて転職したり、ポスドクのまま大学に残ったりする人もいるようです。

医療関係

「保健」の博士号を取得した人は、歯科医師や薬剤師など、医療関係の仕事に就く人が多いようです。近年では、製薬業界で博士号を持っている人材の需要が高まっており、知識を活かして製品開発をサポートする職種に就く場合もあります。

また、サービス業や販売業、大学以外の教職などに就く人も少数ですがいるようです。これまで博士課程で培ってきた経験を活かせる場所は多数あるため、視野を広く持つと良いでしょう。

博士課程に進むのは就職してからでも遅くはない

場合によっては、就職してから博士課程に進む手段もあります。博士課程へ進むことを考えている人のなかには、「博士課程に進んだら就職できないのでは…?」と不安になる人もいるでしょう。しかし、企業によっては、社員の博士号取得を推奨している場合も。そのため、将来への不安と博士課程に進みたい気持ちで板挟みになっているなら、修士課程修了後に就職してから博士課程を取るという方法がおすすめです。
会社側が積極的に博士号取得を後押ししている場合は、金銭面の支援を受けられたり、就業時間内に大学院に行けたりします。ただし、支援を受ける以上、博士号取得後は原則としてその会社に長く留まらなければいけません。また、仕事と大学院での研究を両立する覚悟も必要になります。そのため、仕事探しの際は企業研究を徹底的に行い、「ここなら長く働けそう」と思えるような企業を選ぶようにしましょう。
そのほか、金銭的な支援はないものの、申請すれば会社に籍を置いたまま大学院に入学することを許可してくれる場合も。就職してからであれば、経済面の心配をすることなく博士号の取得を目指せます。

働きながら博士課程の研究を進めていきたいと考えている方は、就職エージェントに相談すれば希望の就職先を見つけやすくなるでしょう。就職エージェントのハタラクティブなら、企業選びから面接対策まで、幅広い就活サポートが充実。「本当に研究職が向いているのかわからない」「就活がうまくいかず、進むべき道がわからなくなってしまった」といったお悩みがある方も、就活のプロなら客観的にアドバイスしてくれます。
専任の就活アドバイザーがカウンセリングを通して、豊富な求人情報の中から希望条件に合った求人をご紹介。未経験者が応募可能な求人も多数保有しているため、社会人経験のない方でも安心です。書類作成や面接など、就活でつまずきやすい部分もマンツーマンで丁寧に指導します。自分にピッタリの仕事を見つけたい方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ