大学院を辞めたい…そんなときはどうしたらいい?

2018/06/21

【このページのまとめ】

  • ・大学院を辞めたいと感じたら、理由を整理してみると良い 
    ・中退したことをマイナスに捉えられないよう、面接ではポジティブな中退理由を答えよう 
    ・大学院を中退して就活を行う際は、広い視野を持つことが重要 
    ・大学院を辞めるかどうかは、先を見据えて冷静に判断する必要がある

大学院を辞めたいと感じるのには、どのような理由があるのでしょうか。理由を整理して向き合い、将来どうしたいのかを具体的に考えることで、進むべき道が見えてくるかもしれません。今回は辞めたいと感じたときの対処法や、中退してから就活を行う場合に気をつけたい点などについてご紹介します。

◆大学院を辞めたいときは、理由を整理してみよう

研究をしたくて大学院に進んだものの、次第に辛くなり中退したいと考えるようになる人は少なくないようです。しかし衝動的に辞めてしまっては、すぐに就職先が決まらなかったりやりたいことが見つからなかったりする可能性があります。そのため、じっくり考えてみることが大切です。
大学院を辞めたいと感じたときの対処法として、辞める理由を整理するといったことが挙げられます。なぜ辞めたいのか、辞めてどうしたいのかを自分なりに整理してみましょう。
以下に、大学院を辞めたい主な理由をご紹介します。

【大学院を辞めたいと感じる主な理由】

・研究への興味がなくなった
・研究が大変でついていけない
・研究を続けるより就職した方が良いと感じるようになった
・新卒で就職した友人との差が開くという不安がある
・教授との折り合いが悪い
・学費が負担になっている
・研究室での人間関係に悩んでいる

辞めたい理由を整理しているうちに、将来のことが見えてくるかもしれません。実際に辞めてしまう前に、研究をしたいと思っていた初心を貫くのか、または別のやりたいことの方へ進むのかをしっかり検討してみることが重要です。

◆大学院を辞めて就活を行うときのポイント

大学院を辞めて就職しようと決断した際に気になるのが、中退したことで就活に不利にならないかということでしょう。大学院を中退しても、大学は卒業しているため大きな問題にはならないと考えられます。
しかし修了するに越したことはなく、面接で中退の理由を尋ねられた際にどのように答えるかによっては、採用担当者に良くない印象を与えてしまうかもしれません。
前項で挙げた大学院を辞めたい理由は、会社に就職してからも起こりうることです。そのような理由を面接で答えてしまっては、採用担当者に会社もすぐに辞めるのではないかと思われかねません。「改善のために前向きに努力したがどうしても解決しなかった」「日々研究を進めていく上でやりたいことが明確になった」など、ポジティブな理由を伝えるように意識しましょう。

また、現実と向き合いながら活動を進めていくことも大切です。中退であれば既卒扱いになるため、新卒と比較すると求人数が少ない傾向にあります。
そのような現状を踏まえて、しっかり業界・企業研究を行いながら就職先を決めていくと良いでしょう。諦めずにやりたいことを目指す意欲は必要だと言えますが、志望分野を絞りすぎず視野を広げてみることで内定を獲得しやすくなるかもしれません。

◆大学院を辞めるか迷ったときは

精神面、体力面、金銭面のいずれか1つでも欠けてしまえば、大学院に居続けることは難しいでしょう。自分がおかれている状況に対して向き合い、冷静に判断する必要があります。熟慮を重ねても答えを出せないのであれば、親しい友人や家族などに相談してみると良いかもしれません。

就職活動を行うことを決断したら、ぜひハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、経験豊富なアドバイザーによる綿密なカウンセリングを実施。業界・企業研究の仕方、応募書類の添削、面接対策など、就職に関するさまざまな悩みや疑問に対応し、効率良く活動を進められるようしっかりサポートいたします。



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ