大学院を辞めたい…中退すると就職やキャリアに影響は出る?

大学院を辞めたい…中退すると就職やキャリアに影響は出る?の画像

この記事のまとめ

  • 大学院を辞めたいときは、客観的に理由を整理してみよう
  • 大学院を中退すると、就職活動では既卒扱いになる
  • 大学院を辞めたい人は、会社も辞めたくなる可能性が高い
  • 大学院を辞めたいと思ったら周りに相談してみよう

大学院に進学したものの辛くなり、辞めたいと考える院生は少なくありません。漠然とした不安を感じたとき、まずは理由を整理して考えてみることが大切です。このコラムでは、大学院を辞めたいと思った時の対処法や、同じ悩みを抱える方の主な理由をご紹介。中退した場合の就職活動への影響についてもまとめているので、お悩みの方は参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

大学院を辞めたい理由を整理してみる

まずは、なぜ大学院を辞めたいのか整理してみましょう。
大学院は高等教育のトップといえます。さまざまな研究や勉強ができる場所であり、修士や博士といった上級学位が取得できる教育機関です。辞めるときは後悔がないようにしっかりと考えて決断することをおすすめします。自分を客観視して、将来のことを含めて考えることで、進むべき道も見えてくるでしょう。「大学院を中退したい!就職活動はどうなる?メリットとデメリットを解説」のコラムでも、大学院の中退理由や中退率についてまとめています。

辞めたいと感じる主な理由

今は漠然と「辞めたい」と考えている方も、悩みを紐解いていけば明確な理由があるでしょう。実際に、以下のような理由で大学院を辞めたいと悩む人は多いようです。

なんとなくで進学してしまった

「学歴に箔をつけたい」「就職しやすそう」という抽象的な考えで進学した結果、周囲との意識の差や研究発表で無力さを感じ、辞めたくなってしまうことがあります。特に学習意欲がなく、研究したい分野もないとやる気も出にくいでしょう。

理想と現実の差

進学前は好きな分野の研究ができると喜んでいても、教授からダメ出しが多いうえ、支え合える友だちもいない…というように現実とのギャップに悩むことも。思い描いていた生活と異なり、なかなか成果を出せないと辛くなってしまうことがあります。

金銭面に不安がある

大学院は研究がメインになるため、学費が高額なところが多いです。奨学金を借りて進学している場合、莫大な借金に不安を覚える人もいます。そうでなくても、親に学費を負担してもらうことに気を病んだり、アルバイトを掛け持ちして学費を払うことに疲れたりと、費用の工面の難しさから中退を考える人もいるようです。

教授との関係が良くない

大学院は教授の研究室に所属して、研究や論文作成を行います。そのため、教授との相性が悪いと居心地が悪くなったり、研究を続けにくくなったりすることも。人間関係は解決が難しいうえに、どこでも起こりうる問題といえます。

研究に興味が持てない

入学当初は興味があった分野でも、時間が経って熱が冷めてしまうことがあります。一度興味がなくなってしまうと研究を苦痛に感じてしまい、辞めたいと考える院生もいるようです。

就職した友人との違いに焦りを感じる

一般的に、大学卒業後は就職する人の割合が多いため、大学院に進学した人は「本当にこの進路で良かったのか?」と悩むことも少なくありません。就職した友だちの話を聞いて、将来のことを考えたときに大学院を辞めた方が良いと考えることもあるようです。

大学院を辞めたら今後に影響する?

大学院を辞めたいと思っても、就職や今後の人生に影響しないか不安な方もいるでしょう。結論からいえば、大学院を辞める影響は、大学院で何を学び、研究しているかによって異なります。

文理選択や課程によっても異なる

文系の場合は特定の職業にこだわらなければ、中退による影響は大きくありません。ただし、大学院に進学した理由が資格取得の人は要注意。臨床心理士や弁護士、検察官といった国家資格は、大学院を中退すると受験資格が得られなくなります。また、教授や研究職を目指して大学院に進学した人も、中退すると進路に影響があるでしょう。
理系の場合は研究内容が仕事に直結することも多いため、中退すると就職で不利になってしまうことが考えられます。文系は研究内容が仕事に活かされることは多くありませんが、理系の場合は最重要ポイントといっても過言ではありません。教授や大学院からの推薦で就職が決まることもあるため、安易に中退すると就活の難易度が上がる可能性も。
また、博士課程を履修している場合、修士課程より中退の影響が大きくなります。修士課程が2年間なのに対して、博士課程は5年。中退後の進路を考えると、年齢的に不利な部分があるでしょう。

就職への影響

大学院中退後でも新卒扱いになる?就活を成功させるポイントとは」のコラムでも説明しているように、大学院を中退すると就活では学部の既卒扱いになるため、新卒に比べて求人数が少なくなります。大学は卒業しているため、学歴は大きな問題にはならないといえますが、大学院を中退した理由はほぼ確実に聞かれるでしょう。また、大手企業の開発・研究職は、大学院卒でないと採用されにくいところもあります。大学院を中退すると、厳しい環境で就活するかもしれないことを念頭に置きましょう。
また、大学院を辞めたい理由と向き合って根本的な解決策を探さなければ、仕事やその後の課題に対しても辞め癖がついてしまう可能性があります。
人間関係や物事を継続する苦労など、大学院で辛いと感じたことのほとんどは、社会人になっても襲ってくるでしょう。無理をしてまで我慢する必要はありませんが、学生の研究よりも社会人の仕事は大きな責任を伴います。そのため、辛いことでもやり通す忍耐力が必要です。社会に出て、大学院と同じ悩みを繰り返さないように対策を講じましょう。

大学院を卒業することで得られるメリット

大学院を卒業すれば、最終学歴が「修士課程修了」もしくは「博士課程修了」となります。また、研究職など高い専門性を必要とする仕事に就くことも可能に。研究を通して身につけた知識を活かせるのが、大学院を卒業するメリットでしょう。詳しく解説していきます。

学歴が手に入る

大学院を卒業すれば、最も高い最終学歴が手に入ります。厳密には「博士課程修了」が最高学歴で、次が「修士課程修了」。いずれも大卒より高い学歴であり、企業によっては給与設定も異なります。具体的な給与額については「大学院卒と学部卒の違いは?就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!」でご確認ください。

研究職に就きやすくなる

特に理系の場合、大学院を卒業することで研究職への道が広がります。一般的に、民間企業の研究職では修士号、教育機関では博士号が必要。民間企業の場合は大卒で就職も可能ですが、専門性や研究実績などから大学院卒が圧倒的に有利になるといわれています。将来のキャリアの選択肢が増えるのはメリットになるでしょう。

仕事に活かせるスキルが身につく

専門的な知識以外にも、スケジュール管理や論理的思考力、プレゼン能力といった仕事に活かせるスキルが身につきます。
大学院は研究が忙しく、合間に課題や学会に参加することも珍しくありません。自然と、忙しい状態でタスクをこなしていくスケジュール管理能力が身につくでしょう。また、特に理系の大学院を卒業すれば、物事を論理的に捉えて考える論理的思考力、研究結果を多くの人に伝えるプレゼン能力が身につきます。これらの能力は職種を問わずに必要となるスキル。社会人としてスムーズに働き始めることができるでしょう。

大学院を卒業することにデメリットはある?

大学院を卒業するデメリットは、周囲の新入社員に比べて年齢が高くなってしまうこと。また、同年代の社会人に比べると社会経験が少なく、視野も狭くなりがちです。大学院への進学や中退を検討している方は、卒業することのデメリットにも目を向けましょう。

学部卒との年齢差が生じる

大学院課程を修了し、大学院新卒として就職した場合、周囲の学部新卒生との間に年齢差が生まれます。大学院修了時の年齢は、人によりますが20代半ば~30代近くになることも。学部新卒生はおおむね22歳なので、同期であっても年齢や学歴差が生じます。

社会経験

大学院卒は学部新卒として就職した人と比べると、2~7年ほどの社会経験の差が生まれます。5年前後働いていれば、人によっては仕事で大きな成果を残していたり、役職に付いていたりすることもあるでしょう。また、社会人経験や実績を生かしてキャリアアップや転職を考える人も。大学院卒者のなかには、年齢に見合った社会経験がない、と感じる方もいるようです。

視野が狭くなる可能性が高まる

大学院では、特定の研究室に所属して研究を続けるのが基本。人間関係や勉強内容、行動範囲などが特定的になりやすいといわれています。さらに研究や学会で忙しくなることも珍しくないため、視野が狭くなってしまうでしょう。偏った考え方や思考を持ってしまうと、就職にも影響を及ぼします。

大学院を辞めるか迷ったら

精神的に疲れてしまったり、体調を崩してしまったりすると、大学院に通い続けるのは難しくなるでしょう。現実としっかり向き合って、自分の状況を整理しながら今後のことを考えることが大切です。

周りに相談してみる

一人で悶々と考え込んでも良い結果は出にくいもの。客観的な判断をするために、親や友人など周りの人に相談してみると良いでしょう。人に話すことで自分が悩んでいたことや辛かったことが把握しやすくなり、客観的な視点からアドバイスをもらえれば選択肢の幅を広げられます。

休学や就職を考えてみる

大学院に通い続けるのが難しい場合、主な選択肢は休学か就職の2択でしょう。「研究は続けたいけど余裕がない…」というときは、休学を申請してゆっくりする時間をつくることをおすすめします。また、「大学院を続けるより、就職した方が自分のためになる」と考えるのであれば、中退して就職活動に励むのも一つの方法です。

大学院を中退して就活するときの注意点

就活を始めるときは、中退理由が不利にならないように注意しましょう。
先述したように、面接において中退理由は必ずといっていいほど聞かれます。ネガティブな理由をそのまま伝えてしまうと、採用担当者からの印象は悪くなってしまうでしょう。「研究を進めるうちにやりたいことがはっきりした」「前向きに改善の努力をしてみたが、解決に至らなかった」など、努力した姿勢や自分の考えをポジティブに話すことで、印象を良くすることができます。ポジティブな表現や志望動機のコツは、「大学院中退の理由と就職活動のポイント」のコラムを参考にしてください。
また、志望分野での就職が難しく、なかなか内定が出ないこともあるでしょう。諦めずに努力することは大切ですが、視野を広げてさまざまな分野にチャレンジしてみるのもおすすめです。

就職活動を行うことを決めたら、ぜひハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、若年層向けの就職支援サービスです。プロの就活アドバイザーがあなたの話をお聞きして、希望の条件に沿った求人をご紹介します。応募書類の添削や面接対策など、正社員就職までの道のりをマンツーマンでサポート。
サービスのご利用はすべて無料なので、お気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ