大学院を中退したい!就活のポイントとは

2018/06/21

【このページのまとめ】

  • ・中退したいと思った理由や原因について、堀り下げて考えてみよう 
    ・キャリアプランを考えてみると、本当に今中退すべきかどうかが分かる 
    ・中退に対するネガティブなイメージを捨て、キャリアプランに合わせて行動しよう

大学の教授や司法試験などを目指して大学院に進学した人の中には、中退したいと考えている人もいるでしょう。中退して就活を始めるべきか、中退せずに卒業を目指すべきか、悩む人もいるのではないでしょうか。 
誰でも中退してから後悔したくないもの。中退したい原因を掘り下げ、自分のキャリアプランについて考えてみることで、今どのように行動すべきか見えてきます。 
ここでは、大学院を中退したいと思う理由や、後悔しない方法についてまとめました。 

◆大学院を中退したい…その理由は?

大学で身についた知識や経験を更に深めたいと思い、大学院に進学する人は多くいます。しかし、苦労して進学した大学院で、中退や休学を考える人も少なくありません。
大学院を辞めたいと考えるとき、主に以下のような理由が挙げられます。

・研究対象に興味がなくなった
・教授との相性が悪い
・研究室に馴染めない
・論文の作成や発表がつらい
・そろそろ就活を始めたほうが良い気がする

大学院を中退して就活すると、面接で中退理由について質問されることが多くあります。そのとき「研究に興味がなくなったから」と答えると、「自社でも仕事に興味がなくなったらすぐ退職してしまうのでは」と思われてしまう可能性があるでしょう。
しかし、中退理由を事前に分析しておくことで、「研究を進めるうちに別の分野に興味が移ったため、大学院を中退して御社で働いたほうが良いと思った」など、前向きな理由が述べられます。

もし後ろ向きな理由で中退しようとしているなら、その理由を深堀りして前向きな理由にならないか考えてみましょう。
「辞めたい」と思った理由や原因を考えることで、就活時にアピールできるポイントが見つかるかもしれません。

◆中退後に後悔しないためには

大学院を辞めたいと思っても、中退後に後悔するような辞め方は避けたいものです。
中退するタイミングや、中退しても問題ないかどうかは自分のキャリアプラン次第。

例えば、大学院を卒業しなければ就職できない仕事や、専門の知識・技術が求められる仕事に就きたい場合は、大学院で研究を重ねたほうが良いでしょう。
しかし、大学院で学んでいることと全く違う業界や職種に興味がある場合や、職場で身につけたキャリアが重視される仕事に就きたい場合は、中退して就活を始めるべきかもしれません。

自分のキャリアプランを考え、5年後や10年後にどのような働き方をしていたいか想像してみると、後悔しない道が見えてくるでしょう。


◆中退への気持ちが強い場合は就活を考えてみよう

あまりにも中退への気持ちが強い場合は、思い切って行動してみるのも1つの方法です。自分のキャリアや将来について考えたとき、中退すべきだと思うのであれば、就活を考えてみても良いでしょう。
「中退」という言葉はマイナスのイメージを持たれがちですが、「中退」=悪いこととは限りません。キャリアプランによっては中退という道を選ぶことで、キャリアアップに繋がるでしょう。

就活中に中退理由を聞かれた場合、自分の非を認めないような言い方にならないように注意します。
自分の悪い部分を認めた上で、前向きな理由が答えられると面接官にも良い印象を与えられるでしょう。
また、大学院を中退したことに対して「無計画に進学した」「遊びたくて進学したのでは」と思われないためには、「中退してでも就職したい」という意欲や熱意を伝えられるように心がけましょう。

中退での就活が不安な場合は、就職支援サービスを活用するのがおすすめです。
ハタラクティブでは、応募する企業に合わせた面接対策や書類対策を実施しています。
また、アドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行い、あなたにぴったりの求人を提案。やりたいことが定まっていない方でも、キャリアプランについてアドバイザーと一緒に考えられます。
大学院を中退して就職したいと考えている方は、まずはハタラクティブにご相談ください。



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

関連記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ