大学院中退後では就職できない?就活のコツを掴んで内定を獲得しよう

大学院中退後では就職できない?就活のコツを掴んで内定を獲得しようの画像

この記事のまとめ

  • 大学院を中退した人は、既卒として就職活動を行う
  • 大学院を中退すると、就職先から内定を取り消される可能性が高い
  • 大学院を中退したことは、履歴書に必ず明記する
  • 大学院を中退した理由は、明確に答えられるようにしておく
  • 大学院中退の経歴に囚われ過ぎず、広い視野で就職活動することが大切

「大学院を中退したら就職活動は不利になる?内定は取り消し?」と不安に思う方もいるでしょう。大学院を中退した場合は、「既卒」として就職活動を行うことになります。中退したからといって必ずしも就職活動が不利になるとは限りません。このコラムでは、大学院を中退した理由の考え方や、内定獲得のコツを解説。大学院を中退するメリット・デメリットもまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

大学院を中退すると就職活動は不利になる?

大学院を中退すると就職活動は不利になる?の画像

大学院を中退したからといって、必ずしも就職が不利になるとは限りません。ただし、大学院中退の理由によってはマイナスのイメージを持たれる可能性があります。以下で詳しく説明するので、大学院中退を考えている人は参考にしてください。

大学院を中退してもそれほど不利にならない

大学院を中退した場合、業種や職種を絞り過ぎなければ、それほど就職は不利になりません。また、大学院中退後すぐに就活を行えば、企業から「働くことへの熱意がない」と思われる可能性は低くなるでしょう。

大学院修士課程修了者が応募条件の場合は不利になる

企業によっては、「大学院修士課程修了者」を応募条件にしているところがあります。志望する業界や業種で、このような条件を掲げている企業が多い場合は、就職先の選択肢が狭まる恐れもあります。

大学院中退後の就職活動は「既卒」扱いになる

大学院中退後の就職活動は、新卒ではなく「既卒」として行います。既卒とは、教育機関を卒業してからおよそ3年以内で、正社員としての就職経験がない人のことです。既卒者は本来、新卒者向けの求人には応募できません。
しかし、2010年に厚生労働省が発表した「青少年雇用機会確保指針」では、卒業後3年以内の既卒者も、新卒枠の求人に応募できるようにすることを推奨しています。そのため、既卒が新卒と同じように就職試験を受けられる企業は、徐々に増えているようです。

参照元
厚生労働省
青少年雇用機会確保指針

大学院中退者は「第二新卒」で採用される可能性もある

大学院中退者は、選ぶ企業によっては第二新卒として扱ってもらえる場合があります。そのため、第二新卒の枠で気になる求人を見つけたら、既卒の枠に囚われ過ぎず、まずは応募してみましょう。
ただし、なかには、社会人経験があることを前提に第二新卒を採用したいと考える企業もあるので、基本的には既卒として就職活動するのが無難です。

既卒者の入社は「中途採用」扱いになるのが一般的

既卒者は、就職試験に合格した場合「中途採用」として入社します。なお、既卒者を新卒者として扱う企業に入社する場合は、研修や教育もほかの新卒者と同じように受けられる可能性が高いでしょう。

「修了見込み」で内定をもらっている場合は注意が必要

内定の条件に「大学院修了見込み」が含まれている場合は、中退により条件を満たせなくなるため、内定を取り消される可能性が高いでしょう。これから大学院を中退しようか迷っている人は、そのまま在籍し、修士課程を修了するのが無難です。
ただし、大学院修了見込みを「大卒」として扱っている企業の場合は、内定を取り消されないこともあるため、まずは企業が内定を出した条件を確認しましょう。

内定をもらっているなら親や教授に相談しておこう

大学院修了見込みで内定をもらっている場合は、親や教授に相談しておきましょう。内定をもらっているうえで、大学院中退を考えているなら、一度第三者の意見を取り入れてみてください。

理系の大学院を中退すると就職活動は厳しい?

理系の大学院を中退しても、業種・職種に拘らなければ就職はできます。大学院中退者が院卒と同等の仕事に就くのは厳しいですが、研究に関係ない業種・職種への就職なら、院卒でなくても問題ありません。
世の中には多くの仕事があるので、これまで勉強してきた分野に囚われ過ぎずに就活しましょう。大学院中退者と院卒者の就活の違いを知りたい方は、「大学院を辞めると就職に影響する?中退したい理由や対処法を解説!」をご覧ください。

大手への就職を狙うなら大学院中退は不利になる

自分の研究分野を活かせる大手企業に就職したい場合は、大学院を中退することで就職が不利になる可能性が考えられます。大学院を中退すると、就職活動する際に大学推薦や教授推薦をもらえなくなるからです。「理系の大学院中退から就職への道を目指す方法」では、理系大学院を中退した際の影響や中退したくなったときの対処法をご紹介していますので、ご覧ください。

大学院を中退してまで就職活動をする主な4つの理由

大学院を中退してまで就職活動をする主な4つの理由の画像

この項では、大学院を中退して就職活動する人の主な中退理由を紹介します。大学院を中退したいと考えている人は、これから紹介する理由をもとに、自身の中退理由を明確にすると良いでしょう。

1.研究が忙しく就職活動との両立が厳しい

大学院生は、研究を進めながら就職活動をしなければいけません。その忙しさに、研究よりも就職活動を優先したいと考える人もいるはず。もちろん、就職したい業種や職種が大学院で行っている研究と関係がなければ、中退という経歴はそれほど不利になりません。ただし、少しでも大学院の研究に関わりのある仕事に就きたい人は、中退せずに、卒業してから就職することをおすすめします

2.経済的に大学院に通えなくなった

親が働けなくなったり自分がアルバイトできなくなったりするなど、経済的な理由で大学院を中退して就職する人もいます。経済的な問題による中退は仕方のないことなので、面接ではそれほどマイナスな印象を持たれることはないでしょう。ただし、志望動機では「経済的に苦しく収入が必要だから」という説明だけにならないよう注意してください。

3.研究内容に興味がなくなった

大学院に進んでも、研究しているうちに興味がなくなることもあるようです。希望する就職先が、大学院での研究と関係ない業種や職種であれば、中退したことが志望動機の裏付けになることもあります。就職活動で、大学院の中退理由をどう伝えれば良いか分からない方は「大学院中退の理由と就職活動のポイント」をご覧ください。

仕事への熱意が分かる中退理由につなげよう

面接では「なぜ大学院を中退して、この業界・職種をしたいのか」を明確に伝えましょう。ここが曖昧だと、「本当に仕事をする気はある?」「研究を辞めたいだけでは?」と思われる恐れも。企業が納得できる具体的な志望動機を伝えれば、大学院中退の経歴が大きなマイナス要素になることを避けられます。

4.人間関係が悪く研究が続けられない

人間関係の問題により研究が続けられず、大学院を中退したいという理由もあります。大学院の研究は、閉鎖的な環境のため、人間関係の問題も起こりやすいでしょう。初めは些細な問題でも、悪化すれば心身に悪影響を及ぼすことも。そのため、中退の決断に至る人がいるようです。

人間関係や研究内容が中退理由の場合は注意が必要

人間関係や研究内容が理由で大学院を中退する場合、企業から「人間関係に問題があったり、業務に興味がなくなったりしたらすぐに辞めてしまうかも」と思われる可能性があります。もし人間関係で思い詰めるようなら、休学したり研究室の外で友人を作ったりするなど、中退以外の選択も検討してみましょう。

大学院中退の推移やその後の進路について

大学院中退の推移やその後の進路についての画像

この項では、大学院の中退率と、その後の進路について解説します。大学院中退者はどれくらいいるのか、進路の参考として知りたい人もいるでしょう。ぜひ参考にしてください。

大学院の中退率

大学院の中退率は、公立・私立、修士課程・博士課程など、状況によって異なります。以下は、2016年に文部科学省が行った「経済的理由による学生等の中途退学の状況に関する実態把握・分析等及び学生等に対する経済的支援の在り方に関する調査研究」で発表された、大学院の中退率をまとめたものです。

  修士課程 専門職大学院 博士課程
国立大学 2.5% 4.4% 5.6%
公立大学 2.9% 2.0% 6.4%
私立大学 2.8% 4.4% 4.5%

引用:文部科学省「第4章 大学における授業料滞納・中途退学・休学の状況(196p)

上記から、修士課程よりも博士課程の方が中退率が高いことが分かります。主な理由は、前項で紹介したように経済的理由や学業不振などです。

大学(大学院を含む)中退後の進路

大学院中退後の進路は、働いたり休養したりするなど人によってさまざまです。大学院も含む、大学全体の中退後の状況を調査した「新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けた学生等の学生生活に関する調査等の結果について」では、中退理由の内訳が発表されています。以下は、高い割合の理由を抜粋したものです。

令和2年 大学(大学院を含む)中退者の内訳
中退理由 経済的困窮 転学 就職・起業
割合 16.7% 16.1% 13.9%

引用:文部科学省「新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けた学生等の学生生活に関する調査等の結果について(2-1p)

最も多い理由は経済的な困窮ですが、中には転学や就職などの理由で中退する人もいます。進路に悩んでいる人は、「大変だから大学院は中退したい」と即決するのではなく、中退後はどうするか周囲に相談したり自身で目安をつけたりしてから決断した方が、悔いのない選択になるでしょう。

参照元
文部科学省
経済的理由による学生等の中途退学の状況に関する実態把握・分析等及び学生等に対する経済的支援の在り方に関する調査研究
学校に関する状況調査、取組事例等

大学院を中退して就職するメリット・デメリット

ここでは、大学院を中退して就職することのメリットとデメリットをご紹介します。以下で確認していきましょう。

大学院を中退して就職するメリット

大学院を中退することは、就職活動でメリットになる場合もあります。主には、時間を有効に使えることや、専攻分野を超えた就職活動がしやすくなることです。

大学院中退後の時間を有意義に使える

大学院を中退することにより、時間を有意義に使えます。将来やりたいことが大学院を修了しなくてもできる場合は、中退してすぐに就職した方が時間を無駄にせずに済むでしょう。なお、大学院での研究経験が必要な仕事に将来就きたいのであれば、中退せずに続けるのが賢明です。

ほかの分野での就職活動がしやすくなる

大学院を中退すると、研究していた分野以外の企業への就職活動がしやすくなります。「大学院を中退してまでほかの分野に進みたい」という強い意思が伝わりやすいからです。なお、大学院で修士・博士の学位を取得した場合、研究分野に関連する企業へ就職したほうがスムーズでしょう。ほかの分野で就職先を探そうとすると「大学院を修了したのにどうして?」と疑問を持たれる可能性があります。
大学院修了者の就職活動については「博士課程に進むと就職は難しい?メリット・デメリットや仕事の例を解説」のコラムも参考してください。

大学院を中退して就職するデメリット

大学院を中退すると、前述したようなメリットだけではなく、デメリットもあります。これから大学院を中退しようか迷っている人は、あらかじめデメリットも確認しておきましょう。

大学院中退者は「新卒」として就職できない

大学院を中退した場合、「新卒」として就職できないことがデメリットの一つです。新卒は、大企業や中小企業など、多くの会社が一斉に採用を開始します。そのため、新卒であれば、募集人数や求人数が多く、幅広い選択肢から就職先を選ぶことが可能です。
中途採用は新卒採用より求人数が少ないうえ、転職者も応募するため、採用ハードルが高くなります。大学院中退者が新卒として就職活動できないことはデメリットといえるでしょう。

教授や先輩の人脈を頼った就職活動ができなくなる

大学院生は、関わりのある教授から推薦を得て企業に就職する人も多くいるのが現状です。また、大学院のOB・OGからの紹介で研究職や技術職に就く人もいるでしょう。しかし、大学院中退者は、教授や先輩といったコネクションを頼った就職活動ができなくなります。人脈を頼れないことは就職活動をするうえで大きなデメリットになるでしょう。

大学院を修了した人と比べ給与が下がる可能性がある

大学院を中退すると、大学院を修了した人と比べて給与が下がる可能性があります。厚生労働省が発表した「令和2年 賃金構造基本統計調査」によると、大学新規学卒者の所定内給与額は22万6,000円であるのに対し、大学院新規学卒者の所定内給与額は25万5,600円と約3万円の差がありました。

大学新規学卒者の所定内給与額(男女計) 大学院新規学卒者の所定内給与額(男女計)
22万6,000円 25万5,600円

引用:厚生労働省「令和2年 賃金構造基本統計調査『新規学卒者の学歴別にみた賃金』

勤続年数を重ねるにつれ、さらに給料の差が開いていく可能性もあるでしょう。給料の差は、大学院中退者が大卒扱いになることが関係しています。さらに、学歴順で給料を定めている企業が多いことも、差が開く理由の一つです。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況

大学院修了見込みの人を募集する求人に応募できない

大学院を修士課程で中退した人は、応募の条件に「大学院修了見込みの人」とある求人には応募できません。大学院に入学したという事実は残るものの、応募できるのは大卒枠の求人のみになります。もし、興味のある仕事が「大学院修了見込みの人」を条件にしている場合、大学中退という経歴が大きなデメリットになります。大学院中退後の就活方法は、「大学院中退後でも新卒扱いになる?就活を成功させるポイントとは」でも解説しているのであわせてご覧ください。

大学院中退でも大丈夫!就職活動の5つのコツ

大学院中退でも大丈夫!就職活動の5つのコツの画像

大学院の中退を後悔しないための、就職活動のコツをご紹介します。将来的なプランを明確にし、中退理由もスムーズに答えられるように準備しておきましょう。

1.大学院中退後は空白期間をできるだけ短くする

大学中退後は、なるべく早く就活を始めて、空白期間を短くしましょう。空白期間が長いと、企業から「この期間は何をしていたのか」と質問されます。一般的な就活期間は3~6ヶ月のため、空白期間が半年未満であれば、問われる可能性は少ないでしょう。ただし、1年以上経過すると、企業に納得してもらえるような空白期間への理由が必要になるため注意してください。

就活を続けていて空白期間が長引いてしまったときは?

就活によって空白期間が長引いている場合は、それを素直に伝えましょう。「自分が本当に興味のある業界が○○だと途中で気づき、現在も就職活動中です」というような形で、就活が長引いた原因を説明すると、企業からの理解を得られるはずです。

2.大学院中退後の将来的なプランを明確にしておく

大学院中退後の就職活動では、将来どうなりたいかを明確にしておきましょう。選考の際にキャリアプランが的確に答えられれば、「無計画に大学院を中退した訳ではない」ことが面接官に伝わります。また、将来の目標が定まっていると、何をすべきかが分かり就職活動を進めやすくなるでしょう。

就職スケジュールや期間を決めておくことも大切

将来的なプランだけでなく、「いつから就活を始めるか」「いつまでに就職したいか」というスケジュールも決めておきましょう。就職期間の目安は3ヶ月です。人によって就職期間は異なりますが、事前にスケジュールを決めておくことでメリハリをつけて就活できます。

3.大学院を中退した理由を前向きに答えられるようにする

大学院を中退した理由は、前向きに答えられるよう準備しておくことが大切です。たとえば、「研究に興味がなくなった」というように、後ろ向きな大学院中退理由をそのまま伝えると、印象が悪くなる恐れがあります
虚偽の内容を伝えてはいけませんが、表現を工夫すると面接官に与える印象も変わってくるでしょう。「興味がなくなった」ではなく、「ほかの分野に興味が湧いてきた」といったように、前向きな答え方を意識してください。

大学院中退の理由は履歴書にも書く

大学院を中退した理由は、履歴書に明記するようにしましょう。卒業はできていなくても、企業が大学院での研究を評価し、選考を有利に運べる可能性があります。また、中退したのは修士課程か博士課程かも忘れずに書きましょう。なお、中退したことを知られたくないからといって大学院の在籍をなかったことにすると、経歴詐称になってしまうので気をつけてください。

4.大学院中退の経歴に囚われ過ぎず視野を広く持つ

大学院中退後の就職活動では、企業や業界選びの視野を広く持ちましょう。研究していた分野とは、関係のない業界や企業も含めて就職活動を行うことで、内定が得やすくなります。
大学院中退後に今まで研究していた分野への就職を目指す人も多くいますが、大学院を修了した人と比べて就職が不利になりやすいことを念頭に置いておいてください。「大学院中退後は、まず何からすれば良い?」という方は「大学院を辞めると就職活動はどうなるの?就活への影響を解説します!」を参考に、就活の準備を始めましょう。

5.大学院での経験を自己PRに活かす

自己PRでは、大学院での経験を就職先で活かす方法をアピールすると良いでしょう。大学院を中退した場合でも、それまでに多くの時間を費やして研究してきたことで、知識や経験が身についています。研究の内容が直接アピールに繋がらなかったとしても、「どのように研究を進めたのか」「何を心掛けたのか」「大変だったことをどう乗り切ったか」といった経験は、業界問わず良いアピールになります。自己PRがなかなか書けない…という方は、「自己PRの書き方で就活が変わる!ポイントと例文を紹介」をご覧ください。

「中退しても大学院での経験を活かしたい!」「大学院中退の経歴があって就活が不安…」という方は、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、就職活動の経験が少ない若年層に向け、求人の紹介から内定獲得までサポートしています。求人は就職のプロがカウンセリングし、一人ひとりに合ったものをご紹介。サービスはすべて無料なので、お気軽にお問い合わせください。

大学院中退後の就職に関するお悩みQ&A

ここでは、大学院中退後に就職を考えている人が抱えがちな疑問をQ&A方式で解決していきます。

大学院中退後は新卒扱いで就職できますか?

このコラムの「大学院を中退すると就職活動は不利になる?」でも触れているように、大学院中退者は大学卒業(学部卒)の既卒扱いとなります。新卒者向けの求人には応募できないので、基本的には中途採用枠で転職組と競うことになるでしょう。しかし、企業によっては卒業をしてから数年以内であれば、新卒枠で採用しているところもあるようです。就職活動の際には応募条件をしっかりと確認しましょう。

大学院中退という学歴は就職に不利ですか?

就職活動のコツさえつかめば、大学院を中退していても就職は可能です。採用面接では「大学院中退の理由」について聞かれることが多いので、明確に答えられるよう準備しておく必要があります。「大学院中退者の就活ポイント」や「大学院を中退したその後の進路と就職活動について」を参考にしながら、ポイントを押さえて就活準備を進めましょう。

中退後に空白期間があると就職は難しい?

志望動機や自己PRで熱意を伝えられれば、マイナスイメージの払拭は可能です。空白期間中に積んだ経験や習得したスキルをアピールするのもおすすめ。ただし、空白期間を偽るのは経歴詐称にあたる可能性があるため、嘘をつくのは避けましょう。詳しくは「職歴の空白期間を上手に伝える5つのコツ!履歴書の書き方の例も紹介」をご覧ください。

経歴が不安で、就活がスタートできません。

大学院中退後は、できるだけ早く行動しましょう。中退後の空白期間が長くなるほど、年齢やスキルの面で就職のハードルは上がります。このコラムの「大学院中退でも大丈夫!就職活動の5つのコツ」では、中退後の就活で気をつけるポイントをまとめています。参考にしてみてください。

大学院中退後はどんな仕事に就けますか?

大学院で得た専門知識やスキルがあれば、その専門性を活かせる仕事に就ける可能性があります。「自分の強みがわからない」「どんな求人があるか知りたい」という人は、若年層に特化した就職支援サービス「ハタラクティブ」にご相談ください。専門の就活アドバイザーが一人ひとりに丁寧なカウンセリングをして、あなたにピッタリの求人をご紹介します。

関連タグ