大学院中退後では就職できない?就活のコツを掴んで内定を獲得しよう

大学院中退後では就職できない?就活のコツを掴んで内定を獲得しようの画像

【このページのまとめ】

  • ・大学院を中退したら、既卒として就職活動を行う
  • ・大学院を中退しても、就職先から内定を取り消されるとは限らない
  • ・大学院を中退したことは、履歴書に必ず明記する
  • ・大学院を中退した理由は、明確に答えられるようにしておく
  • ・大学院中退の経歴に囚われ過ぎず、広い視野で就職活動することが大切

「大学院を中退したら就職活動は不利になる?」「内定は取り消し??」と不安に思う方もいるでしょう。大学院を中退した場合は、「既卒」として就職活動を行うことになります。中退したからといって必ずしも就職活動が不利になるとは限りません。このコラムでは、大学院を中退した場合の内定取り消しの有無や、内定を得るコツを解説。大学院を中退するメリット・デメリットもまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

大学院を中退すると就職活動はどうなる?

大学院を中退したからといって、必ずしも就職が不利になるとは限りません。ただし、大学院中退の理由によってはマイナスのイメージを持たれる可能性があります。以下で詳しく説明するので、大学院中退を考えている人は参考にしてください。

大学院中退後の就職活動は「既卒」として行う

大学院中退後の就職活動は、「既卒」として行います。既卒とは、教育機関を卒業してからおよそ3年以内で、正社員としての就職経験がない人を指す言葉です。既卒者は本来、新卒者向けの求人には応募できません。しかし、2010年に厚生労働省が発表した「青少年雇用機会確保指針」では、卒業後3年以内の既卒者も、新卒枠の求人に応募できるようにすることを推奨しています。そのため、既卒も新卒と同じように就職試験を受けられる企業が徐々に増えているようです。

参照元
厚生労働省
青少年雇用機会確保指針

大学院中退者は「第二新卒」で採用される可能性もある

大学院中退者は、既卒として就職活動すると前述しましたが、場合によっては第二新卒として就職活動することもできます。第二新卒の枠で、気になる求人を見つけたら、既卒の枠に囚われ過ぎず、まずは応募してみましょう。
ただし、企業によっては、社会人経験があることを前提に第二新卒を採用したいと考えるところもあります。基本的には既卒として就職活動した方が間違いないでしょう。

既卒者の入社は「中途採用」扱いになる

既卒者は、就職試験に合格した場合「中途採用」枠での入社になります。なお、既卒者を新卒者として扱う企業に入社する場合は、研修や教育もほかの新卒者と同じように受けられる可能性が高いでしょう。

大学院を中退しても内定取り消しになるとは限らない

大学院を中退したら、必ず内定取り消しになるかというと、そうとは限りません。まずは、企業が内定を出した条件を確認しましょう。大学院修了見込みを「大卒」として扱っている企業の場合は、内定を取り消されない可能性があります。
ただし、企業が内定を出した条件に「大学院修了見込み」が含まれている場合は、中退により条件を満たせなくなるため、内定が取り消される可能性が高くなるでしょう。

大学院を中退して就職活動する主な3つの理由

この項では、大学院を中退して就職活動する主な理由を紹介します。大学院を中退したいと考えている人は、これから紹介する理由をもとに、自身の中退理由を明確にすると良いでしょう。

1.研究が忙しく就職活動との両立が厳しい

大学院生は、研究を進めながら就職活動をしなければいけません。その忙しさに、研究よりも就職活動を優先したいと考える人もいるはず。特に、就職したい業種や職種が、大学院で行っている研究と関係がなければ、中退という経歴がそれほど不利にならずに就職できるでしょう。
ただし、少しでも大学院の研究に関わりのある仕事に就きたいと考えている人は、中退せずに、卒業してから就職することをおすすめします。

2.経済的に大学院に通えなくなった

親が働けなくなったり自分がアルバイトできなくなったりすることで、経済的に苦しくなり、大学院を中退して就職する人もいます。経済的な問題での中退は仕方のないことなので、面接ではそれほどマイナスな印象を持たれることはないでしょう。
ただし、志望動機では「経済的に苦しく収入が必要だから」という説明だけにならないよう注意してください。

3.研究内容に興味がなくなった

大学院に進んでも、研究しているうちに興味がなくなることもあるようです。希望する就職先が、大学院での研究と関係ない業種や職種であれば、中退したことが志望動機の裏付けになることもあります。就職活動で、大学院の中退理由をどう伝えれば良いか分からない方は「大学院中退の理由と就職活動のポイント」をご覧ください。

大学院中退の推移やその後の進路について

大学院中退者はどれくらいいるのか、進路の参考として知りたい人もいるでしょう。この項では、大学院の中退率と、その後の進路について解説します。ぜひ参考にしてください。

大学院の中退率

大学院の中退率は、公立・私立、修士課程・博士課程など、状況によって異なります。以下は、2016年の文部科学省が行った「経済的理由による学生等の中途退学の状況に関する実態把握・分析等及び学生等に対する経済的支援の在り方に関する調査研究(p.196)」で発表された大学院の中退率をまとめたものです。

  修士課程 専門職大学院 博士課程
国立大学 2.5% 4.4% 5.6%
公立大学 2.9% 2.0% 6.4%
私立大学 2.8% 4.4% 4.5%

引用:「第4章 大学における授業料滞納・中途退学・休学の状況(p.196)」

上記から修士課程よりも博士課程の方が中退率が高いことが分かります。主な理由は、前項で紹介したように経済的理由や学業不振などです。

大学(大学院を含む)中退後の進路

大学院中退後は、働いたり休養したりするなど人によってさまざまです。大学院も含む、大学全体の中退後の状況を調査した「新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けた学生等の学生生活に関する調査等の結果について」では、大学(大学院を含む)中退理由の内訳が発表されています。以下はその割合です。

令和2年 大学(大学院を含む)中退者の内訳
中退理由 経済的困窮 転学 就職・起業
割合 16.7% 16.1% 13.9%

引用:「新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けた学生等の学生生活に関する調査等の結果について

やはり、最も多い理由は、経済的な困窮ですが、中には転学や就職などの理由で大学(大学院)を中退する人もいます。進路に悩んでいる人は、「大変だから大学院は中退したい」と即決するのではなく、中退後はどうするか周囲に相談したり自身で目安をつけてから決断した方が、悔いのない選択になるでしょう。

参照元
文部科学省
経済的理由による学生等の中途退学の状況に関する実態把握・分析等及び学生等に対する経済的支援の在り方に関する調査研究
新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けた学生等の学生生活に関する調査等の結果について

大学院を中退して就職するメリット

大学院を中退することは、就職活動においてメリットになる場合もあります。主に時間を有効に使えることや、専攻分野を超えた就職活動がしやすくなることが挙げられるでしょう。

大学院中退後の時間を有意義に使える

大学院を中退することにより、時間を有意義に使えます。将来やりたいことが大学院を修了しなくてもできる場合は、中退してすぐに就職へと行動に移った方が時間を無駄にせずに済むでしょう。なお、大学院での研究経験が必要な仕事に将来就きたいのであれば、中退せずに続けるのが賢明です。

ほかの分野での就職活動がしやすくなる

大学院を中退すると、研究していた分野以外の企業への就職活動がしやすくなります。大学院で修士・博士の学位を取得した場合、研究分野に関連する企業へ就職したほうがスムーズです。ほかの分野で就職先を探そうとすると「大学院を修了したのにどうして?」と疑問を持たれる可能性も。大学院を中退することで、ほかの分野に進みたいという強い意思が伝わり、就職活動がしやすくなるでしょう。大学院修了者の就職活動については「博士課程に進むと就職は難しい?大学院修了後の主な就職先をご紹介」のコラムも参考してください。

大学院を中退して就職するデメリット

大学院を中退すると、前述したようなメリットだけではなく、デメリットもあります。これから大学院を中退しようか迷っている人は、あらかじめデメリットも確認しておきましょう。

大学院中退者は「新卒」として就職できない

大学院を中退した場合、「新卒」として就職できないことがデメリットの一つです。新卒は、大企業や中小企業など、多くの会社が一斉に採用を開始します。そのため、募集人数や求人数が多く、幅広い選択肢から、就職先を選ぶことが可能です。
中途採用は、新卒採用より求人数が少ないうえ、転職者も応募するため、採用ハードルが高くなります。大学院中退者が新卒として就職活動できないことはデメリットといえるでしょう。

教授や先輩の人脈を頼った就職活動ができなくなる

大学院中退者は、教授や先輩といったコネクションを頼った就職活動がしづらくなります。大学院生は、関わりのある教授から推薦を得て企業に就職する人も多くいるのです。また、大学院のOBからの紹介で、研究職や技術職に就く人もいるでしょう。人脈を頼れないことは就職活動をするうえで大きなデメリットになります。

大学院を修了した人と比べ給与が下がる可能性がある

大学院を中退すると、大学院を修了した人と比べて給与が下がる可能性があります。厚生労働省が発表した「賃金構造基本統計調査」によると、大学新規学卒者の所定内給与額は22.6万円であるのに対し、大学院新規学卒者の所定内給与額は25.56万円と差がありました。

大学新規学卒者の所定内給与額(男女計) 大学院新規学卒者の所定内給与額(男女計)
226.0(千円) 255.6(千円)

引用:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査・新規学卒者の所定内給与額(新規学卒者第1表)

勤続年数を重ねるにつれ、さらに差が開いていく可能性もあるでしょう。給料の差は、大学院中退者が大卒扱いになることが関係しています。さらに、学歴順で給料を定めている企業が多いことも影響しているでしょう。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査・新規学卒者の所定内給与額(新規学卒者第1表)

大学院修了見込みの人を募集する求人に応募できない

大学院を修士課程で中退した人は、応募の条件に「大学院修了見込みの人」とある求人には応募できません。大学院に入学したという事実は残るものの、応募できるのは大卒枠の求人のみになります。大学院中退者は「既卒」として就職活動するようにしましょう。詳しくは、このコラムの冒頭にある「大学院を中退すると就職活動はどうなる?」をご覧ください。

大学院中退を後悔しないために!就職活動の4つのコツ

大学院の中退を後悔しないための、就職活動のコツを解説します。将来的なプランを明確にし、中退理由もスムーズに答えられるように準備しておきましょう。また、専門分野にこだわらず、広い視野を持って企業を選ぶことが就職活動を成功させる秘訣です。

1.大学院中退後の将来的なプランを明確にしておく

大学院中退後の就職活動では、将来どうなりたいかを明確にしておきましょう。選考の際にキャリアプランが的確に答えられれば、「無計画に大学院を中退した訳ではない」ことが面接官に伝わります。また、将来の目標が定まっていると、行うべき行動が分かり就職活動を進めやすくなるでしょう。

2.大学院を中退した理由を前向きに答えられるようにする

大学院を中退した理由は、前向きに答えられるよう準備しておくことが大切です。たとえば、大学院を中退した理由が「研究に興味がなくなった」などの後ろ向きな理由を、そのまま伝えると印象が悪くなる恐れがあります。
虚偽の内容を伝えてはいけませんが、表現を工夫すると面接官に与える印象も変わってくるでしょう。「興味がなくなった」ではなく、「ほかの分野に興味が湧いてきた」といったように、前向きな答え方を意識します。

大学院中退の理由は履歴書にも書く
大学院を中退したら、履歴書には、その理由を明記するようにしましょう。卒業はできていなくても、企業が大学院での研究を評価し、選考が有利に運ぶ可能性があります。なお、修士課程で中退したのか、博士課程で中退したのかも詳しく書くようにしましょう。中退したことを知られたくないからといって、大学院の在籍をなかったことにするのは経歴詐称になってしまいます。

3.大学院中退の経歴に囚われ過ぎず視野を広く持つ

大学院中退後の就職活動では、企業や業界選びの視野を広く持つと良いでしょう。大学院を中退したうえで、今まで研究していた分野への就職を目指す人も多くいます。
しかし、研究経験が必要な職種だと、大学院を修了した人と比べて就職が不利になる可能性も。そのため、研究していた分野とは関係のない業界や企業まで就職活動を行うことで、内定が得やすくなります。
また、一見関係のなさそうな業界でも、実は大学院で得た知識や経験が活かせることもあるでしょう。広い視野で、自分が活躍できそうな企業を探すことが就職を成功させるコツです。

4.大学院での経験を自己PRに活かす

自己PRでは、大学院での経験を活かした内容が良いでしょう。大学院を中退した場合でも、それまでに多くの時間を費やして研究してきたことで、知識や経験が身についています。研究の内容がそのままアピールに繋がらなかったとしても、「どのように研究を進めたのか」「何を心掛けたのか」など、自己PRに活かせることは積極的に伝えましょう。自己PRがなかなか書けない…という方は、「自己PRの書き方で就活が変わる!ポイントと例文を紹介」をご覧ください。

大学院中退後の就職事情に関するお悩みQ&A

ここでは、大学院中退後に就職を考えている人が抱えがちな疑問をQ&A方式で解決していきます。

大学院中退後は新卒扱いで就職できますか?

このコラムの「大学院を中退すると就職活動はどうなる?」でも触れているように、大学院中退者は大学卒業(学部卒)の既卒扱いとなります。新卒者向けの求人には応募できないので、基本的には中途採用枠で転職組と競うことになるでしょう。しかし、企業によっては卒業をしてから数年以内であれば、新卒枠で採用しているところもあるようです。就職活動の際には応募条件をしっかりと確認しましょう。
 

大学院中退という学歴は就職に不利ですか?

就職活動のコツさえつかめば、大学院を中退していても就職は可能です。採用面接では「大学院中退の理由」について聞かれることが多いので、明確に答えられるよう準備しておく必要があります。「大学院中退者の就活ポイント」や「大学院を中退したその後の進路と就職活動について」を参考にしながら、ポイントを押さえて就活準備を進めましょう。
 

中退後に空白期間があると就職は難しい?

志望動機や自己PRで熱意を伝えられれば、マイナスイメージの払拭は可能です。空白期間中に積んだ経験や習得したスキルをアピールするのもおすすめ。ただし、空白期間を偽るのは経歴詐称にあたる可能性があるため、嘘をつくのは避けましょう。詳しくは「履歴書にブランクがある場合は?書き方や志望動機の例をご紹介!」をご覧ください。
 

経歴が不安で、就活がスタートできません。

大学院中退後は、できるだけ早く行動しましょう。中退後の空白期間が長くなるほど、年齢やスキルの面で就職のハードルは上がります。「大学院を中退したその後の進路と就職活動について」では、中退後の就活で気をつけるポイントをまとめています。参考にしてみてください。
 

大学院中退後はどんな仕事に就けますか?

大学院で得た専門知識やスキルがあれば、その専門性を活かせる仕事に就ける可能性があります。「自分の強みがわからない」「どんな求人があるか知りたい」という人は、若年層に特化した就職支援サービス「ハタラクティブ」にご相談ください。専門の就活アドバイザーが一人ひとりに丁寧なカウンセリングをして、あなたにピッタリの求人をご紹介します。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION