退学したらどうなる?大学院を中退する理由と就職事情

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 大学院中退フリーターからの就職
  4. >
  5. 大学院中退した後の進路

2018/06/21

【このページのまとめ】

  • ・大学院の中退理由の多くは「就職のため」「経済的要因」「学業不振」に分類される
    ・割合は少ないが健康トラブルや転学なども理由に挙げられる
    ・退学はマイナスイメージを抱きやすいが、若いうちのほうが就職しやすいので1つの経験として捉えよう
    ・就職を検討するなら、自分の研究分野以外にも視野を広げるとチャンスは増える

大学卒業後に大学院への進学を選んだ人のなかには、事情があって退学を検討している人もいると思います。
せっかく進んだ大学院を中退する理由にはどのようなものが挙げられるのでしょうか。
当コラムでは代表的な退学理由や、中退後の就職について解説しています。
大学院に進学するか悩んでいる人や、中退を検討している人は参考にしてみてください。

◆大学院を退学する理由

学部の卒業生や、それに相当する学力を持っている人が進学できる大学院。
修士課程(博士課程前期)と博士課程(博士課程後期)に分かれており、修士・博士課程はトータルで最短5年、長いと10年ほど在籍することができます。
大学院は、やむを得ない事情があるとき中退することが可能ですが、代表的な退学理由は以下の通りです。

・就職のため

新卒時に就職がうまくいかなくて進学した、院に進んだけど研究が合わないと感じた、研究職以外の仕事をしたいと思ったなど、就職する理由はさまざまですが、就職が決まったので大学院を中退するという人は多いようです。

・経済的な理由

大学院は学部と違ってプライベートな時間が確保しにくい傾向にあるため、満足にアルバイトができない…という学生が多いようです。
学費が払えない、生活が厳しいなどの経済的な理由でやむを得ず中退する人もいるでしょう。

・学業不振のため

特に院に進学してすぐの修士課程において、学業不振による中退者が多いと言われています。
4年間を過ごした学部とは研究の仕方などが違う、内容が専門的すぎてついていけないなども退学の理由の1つです。



◆そのほかの退学理由

前項では代表的な中退理由を挙げましたが、ほかの退学理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

【怪我や病気】

怪我や病気をして通学できなくなるケースがあるほか、研究室の人間関係や研究を中心とした生活などで精神的に辛くなって辞めてしまうことも。
大学院の研究室は独特な雰囲気を持っていることが多く、馴染めないと研究自体に支障が出ることもあるようです。

【転学のため】

割合としては少ないですが、研究内容を変更したい、教授と合わないなどが原因で転学し、それに伴って退学するというのも理由に挙がります。

【休みがない】

学部と同様に講義があり、研究室で自身の研究や論文の執筆を行う大学院生。
土日休みの研究室でも、学会があったり論文発表が頻繁に行われたりするなど、実際には休めない…と感じる学生が多いようです。



◆中退後の就職が不安なときは

一般的にマイナスイメージを抱きやすい中退。
中退したという事実を否定的に捉える人もいますが、1つの経験として前向きに受け止めることが大切です。

中退後に就職を考えている場合は、自分の研究分野に固執せずに広い視野で仕事を探すのもポイント。
学んだ内容に関係する業界や職種に限定するのではなく、あえて違う分野に挑戦してみるのも良いでしょう。

知らない分野にチャレンジするのはエネルギーが必要ですが、年齢が若ければポテンシャル採用の可能性もあります。
未経験歓迎の会社のなかには、独自の研修制度を整えている企業も。働きながらスキルを身につけることができるので積極的に探してみてはいかがでしょうか。

学部生のときに就活をしていないからやり方が分からない、研究してきた内容はアピールに使えるか知りたいなど、就職に関するお悩みは就職エージェントまでご相談ください。

若年層に向けて就職・転職支援を行っているハタラクティブには、未経験歓迎の求人が多数!
スタッフが実際に足を運んだ信頼できる企業のみを掲載しているので、初めての就職でも安心して利用することができます。
書類添削や面接練習などの対策もばっちり。受かるコツをお伝えしています。
「中退という経歴が気になる」「年齢的に就職は難しいかも…」とお悩みの方はお気軽にお問い合わせください!



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ