大学院を中退したら公務員採用に不利?内定をもらう方法をご紹介!

大学院を中退したら公務員採用に不利?内定をもらう方法をご紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 大学院を中退したからといって、公務員への就職が不利になるとは限らない
  • 公務員試験は応募条件が新卒者に限られていないため、大学院中退者でも受験が可能
  • 大学院を中退して公務員を目指すことには、強みを活かせるメリットがある
  • 大学院中退者が公務員へ就職するには、中退理由をプラスに考えることが大事

「大学院を中退したら公務員採用は不利?」とお悩みの方は多いでしょう。
公務員は学生に人気の就職先の一つ。大学院中退から公務員へ就職するには、事前に中退の前向きな理由を用意しておき、試験対策を行いましょう。
このコラムでは、大学院中退から公務員への就職を検討している方に向けて、内定獲得に近づくポイントをまとめました。公務員への就職を考えている大学院中退者は、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

大学院を中退したら公務員採用に不利?

大学院を中退したからといって公務員採用が不利になるとは言い切れません。公務員として働くには公務員試験に合格する必要がありますが、試験は条件を満たせば一部の職種を除いて学歴の制限なく誰でも受験可能。つまり、大学院を中退している経歴は問われないのです。
ただし、受験する自治体や区分によっては年齢制限があるところも。大学や大学院進学にともなって留年・浪人している人は年齢制限に注意しましょう。「大学中退者でも公務員になれる?面接の突破方法や給料事情をご紹介!」では、大学中退から目指せる公務員の種類や受験可能な試験についてご紹介しています。

公務員と大学院生は相性が良い?

公務員は、大学院生にとって非常に条件の良い就職先です。
公務員試験の受験資格として問われるのは、前述したとおり基本的に年齢のみ。専門職の公務員を目指す場合は相応の資格取得が必須となりますが、一般企業のように応募条件が新卒者に限られたり、職務経験を問われたりすることが少ないようです。
公務員試験ではペーパー試験が中心となり学力が重視されるため、公務員と大学院は相性の良い関係にあるといえるでしょう。

大学院を卒業してから公務員試験の対策をする人もいますが、なかには中退してフリーターとして働きながら試験対策をする人も。研究に身を捧げる大学院生は、就職活動に多くの時間を割くことが難しい場合があります。そのため、あえて大学院を中退して就職活動を始める人もいるようです。

大学院生が中退して公務員を目指すメリット

大学院生が中退して公務員を目指すメリットは、自分の学力を強みとして活かせること。また、先述のとおり就職活動に時間を割けるというメリットもあります。以下で詳しく解説していくので、確認してみましょう。

試験の難易度が高くない

公務員試験に必要となるのは大学受験ほどの学力。。そのため、大学院での勉強を行っていた人間からすると、公務員試験は難しいものではないといえます。

強みを活かせる

大学院を中退して公務員を目指す場合、高い学力を強みとして活かせるでしょう。中退しているとはいえ、大学院に進学して学んでいたことは事実。専門分野だけでなく、一般教養などの知識も高まっているはずです。大学院で培ってきた経験や知識を、公務員試験で発揮できるでしょう。

就職活動に時間を割ける

大学院を中退すると、研究よりも就職活動に時間を割くことができます。大学在学中から公務員を目指す方は日々の授業の合間に対策を行う必要がありますが、大学院を中退していれば公務員試験に注力することも可能。また、これまでの経験から効率の良い勉強方法を実践できれば、より入念に対策が行えるでしょう。

大学院生が中退して公務員を目指すことのデメリット

大学院生が中退して公務員を目指すことのデメリットは、学位が取得できず、一部企業への就職が難しくなる点です。以下で詳しく解説していきます。

学位を取得できない

大学院を中退することで、学位を取得できなくなります。学位は修了することで取得できるため、中退した場合は取得できません。せっかく大学院に進学したにも関わらず、学位を取得できないのは大きなデメリットとなるでしょう。

大学院卒の求人に応募できなくなる

大学院を中退すると最終学歴は大卒になるため、応募条件に「大学院卒」とある求人には応募できなくなります。特に研究開発といった職種では大学院卒を求める傾向があるため、公務員以外を検討している人は中退するかどうかをよく考える必要があります。

一部企業への就職が難しくなる

大学院を中退すると、一部企業への就職が難しくなる可能性があります。多くの企業は、新卒採用を前提として募集をするのが一般的です。大学院を中退すると既卒扱いとなるため、就職するにあたって新卒と既卒を同等に扱う企業に限られます。

公務員としての出世に影響が出る可能性がある

公務員試験を受ける際は学歴に制限はありませんが、働き始めると学歴の差を感じる可能性があります。勤務先にもよりますが、勤務年数の長い高卒の公務員よりも、勤務年数の短い大学院卒の公務員のほうが出世スピードが早い、ということも考えられるでしょう。最終学歴によって評価やキャリアが変わることもあるようです。
公務員としての活躍や出世を考えているという人にとっては、大きなデメリットになる可能性があります。

「大学院を中退すると就活に影響するのでは?」と不安を感じる人もいるでしょう。しかし、会社側は大学院中退の経歴よりも、仕事に対する姿勢や熱意に興味を持っている場合が多いといえます。そのため、自分がどのような仕事をしたいかを考えて行動を起こすことが大事です。「大学院を辞めると就職に影響する?中退したい理由や対処法を解説!」では、大学院中退者に向けて就職を成功させるポイントをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

大学院中退から公務員試験で内定を獲得するには?

大学院中退から公務員試験で内定を獲得するためには、中退理由をプラスに捉え、試験対策を行うことが重要です。以下で詳しく解説していきます。

中退理由をプラスに変える

大学院を中退した場合、その理由をプラスに変えることが大事です。大学院中退はマイナスイメージを持つ人もいると思いますが、プラスイメージに変えることで有利に就職を進められます。中退理由を前向きな言葉に変えて面接官へ伝えることで、会社側に与える印象も変わり、内定を獲得できる可能性も高まるでしょう。

公務員試験のスケジュールを綿密に立てる

大学院を中退して、公務員を目指すのであれば、受験をする公務員の試験日程や受験要件を確認しましょう。公務員試験は、民間企業への転職とは異なり試験日程が決められています。受験日から逆算してスケジューリングを行い、コツコツ勉強を進めていきましょう。

どの公務員試験を受けるのか決める

公務員試験と一括りにいっても非常に多くの種類が存在しているので、どれを受けるかを定める必要があります。試験によって科目や内容が異なるので、公務員試験を受ける段階で受験する公務員は定めておきましょう。

国際公務員

国連事務局や世界保健機関といった国際機関に勤務する公務員のこと。原則として大卒以上の学歴と、修士号以上の学位が受験条件となります。さらに英語やフランス語といった語学にも精通している必要があるため、非常に難易度の高い公務員試験といえるでしょう。

国家公務員

国の機関で働く公務員のこと。各省庁のほか自衛隊や検察官、刑務官、裁判官なども国家公務員です。それぞれ「総合職」「一般職」「専門職」「特別職」に分けられ、総合職には「院卒者試験」が設けられています。

地方公務員

地方自治体に勤務する公務員のこと。主な勤務先は役所や公共施設などで地域密着型のサービスや事業を行います。役所の職員を筆頭に、消防官や警察官、学校教員、公立病院の医師や看護師が該当。特別職や公安職は、業務を行える資格の保有が必須です。

試験対策を行う

大学院を中退した場合、しっかりと試験対策を行いましょう。公務員試験はペーパー試験が中心となります。ある程度の学力が必要となるので、十分に対策を行うことで試験合格に近づけるはずです。
また、筆記試験が終わった後は公務員試験も面接が行われます。面接対策もしっかり行いましょう。

大学院中退の理由を伝える方法

大学院中退の理由を伝えるときは、ネガティブなイメージを払拭することが大切です。中退というだけでマイナスイメージを持ってしまう人は多いもの。大学院中退の理由を聞かれた際には、できるだけ前向きな理由にするよう意識してください。以下のポイントを押さえて、大学院中退の理由を伝えましょう。

大学院を中退したことの意味を明確にする

大学院を中退した理由をポジティブに伝えるには、中退したことの意味を明確にしましょう。たとえば、「大学院を中退したことで、社会人経験を積んでステップアップできた」「◯◯という目標ができ、大学院を中退した」などが挙げられます。前向きな理由での中退であることが伝えられれば、相手にポジティブな印象を与えられるはずです。

失敗した経験を交える

大学院を中退したことを伝えるときは、自身の失敗した経験を交えましょう。大学院を中退した理由には、勉強についていけなくなってしまったり、思っていた雰囲気と違ったりと人によってさまざまでしょう。会社側は、失敗した経験を今後どう活かすかに注目している傾向にあります。失敗から学んだことや反省点を踏まえて、今後どうしていくのかを前向きに伝えましょう。

公務員以外の選択肢も考えて将来への道を決めよう

大学院を中退した場合、民間企業への就職や公務員の試験対策を行いながら就活をするなど、公務員になることだけに焦点を当てず、別の選択肢も用意しておきましょう
大学院を中退して公務員の試験対策を行うことは、対策をいち早く取れるメリットがあります。ただし、公務員試験も簡単に合格できるものではありません。特に、最終学歴が大卒の人が受けるような公務員試験は、難易度も高く合格するのは狭き門となっています。
大学院を中退して試験対策を行う場合は、お金も必要になり、フリーターとして働きながら勉強を進める必要があるでしょう。そのことも踏まえて、公務員を目指す前には、一般企業への就職や公務員試験と並行して就活を行うなど、さまざまな選択肢の中から自分の道を探ることが大切です。
大学院中退後すぐであれば、年齢が若いこともあり、大学院を修了した場合と比較して就活を有利に進められる可能性もあります。就活をより有利に進めるためには、前向きな中退理由を考え、対策をしっかりと行いましょう。前向きな大学院中退の理由を考える際には「大学院中退の理由と就職活動のポイント」も合わせてチェックしてみてください。

このコラムでご紹介したように、大学院を中退して公務員を目指す場合の、メリットやデメリットはいくつもあります。また、大学院を中退したいけれど、「自分の目指したい道が分からない」「就職できるか不安…」という方は、就職エージェントの活用がおすすめ。就職エージェントのハタラクティブでは、20代の若年層を中心に就職活動をサポートしています。プロの就活アドバイザーが、マンツーマンでカウンセリングを行うので、就活に不安がある方も安心です。履歴書作成や面接対策、スケジュール調整など、すべて無料でアドバイスを行います。公務員への就職を考えながら、別の選択肢も模索したい大学院中退者は、ぜひハタラクティブをご利用ください。

大学院中退の就職に関するお悩みQ&A

「大学院を中退したら就職できないのでは?」と悩む方もいるでしょう。ここでは、想定される大学院中退後の就活に関する疑問をQ&A方式で解決していきます。

大学院の中退は就職に影響しますか?

大学院を中退すること自体は、就活に大きなダメージを受けるわけではありません。大学院中退者は、「大卒」として就活を行います。企業によっては新卒採用を中心に募集をかけている場合もありますが、卒業後2~3年であれば新卒枠として応募できる可能性も。詳しくはこのコラムの「大学院生が中退して公務員を目指すメリット」をご覧ください。

就職しやすい業界はありますか?

専門知識を必要としない業界であれば、新卒と同様に未経験から挑戦しやすい傾向にあります。専門的なスキルが必要な仕事は、経験者が有利になりやすいからです。また、難易度は上がりますが、公務員を目指すというのも一つの方法。受験可能な試験は、「大卒フリーターだけど公務員になりたい!実現は可能?」に記載があります。

大学院中退から公務員になるコツを知りたいです。

中退後、なるべく期間を空けずに試験対策を行いましょう。試験対策は、公務員試験の対策本やスクールやセミナーを活用できます。また、面接での中退理由を聞かれた際の回答を考えておきましょう。「大学院中退の理由と就職活動のポイント」でも触れていますが、「勉強が嫌になった」「通学することが億劫」などのネガティブ理由は避け、「社会人として働きたい」という前向きな姿勢をアピールしてください。

どこにも就職が決まらなかったらどうなる?

一般企業や公務員試験にも落ちてしまった場合、「フリーターになる」「派遣社員として働く」といった選択肢があります。しかし、正規雇用を目指す場合は、ブランクがあるほど就職が難しくなるもの。もう一度自身のやりたいことや適性などを見つめ直すことが重要です。ハタラクティブでは、就活アドバイザーが求人紹介だけでなく、自己分析のフォローや応募書類の添削なども行います。就活の進め方にお悩みの方はご相談ください。

この記事に関連するタグ