副業をする会社員が注意したいこと

副業をする会社員が注意したいことの画像

この記事のまとめ

  • 副業のメリットは、収入を増やせることや新たなスキルを身につけられることなど
  • 副業をする際は、会社の就業規則を守り、目的を持った上で取り組むことが大切
  • 「勤めている会社では副業ができない」「今の収入に不満がある」という場合、転職するのも一つの方法

「収入を増やしたいけれど、副業をして良いかわからない」という会社員の方はいませんか?
このコラムでは、副業のメリットや始める際の注意点、副業が会社に見つかる理由をご紹介します。副業を考えている方は参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

副業のメリット

副業のメリットとして、以下のようなものが挙げられます。

メリット

・収入を増やせる
・気分転換を図れる
・新たなスキルを身につけられる
・副業で身につけた知識・技術を本業に活かせる など

個々の状況にもよりますが、収入が増えれば、その分を貯蓄や趣味、交際費にあてることができるでしょう。

メリットはさまざまあるため、副業に興味のある人は多いかもしれません。
ただし、会社員として働いている場合は確認すべき点がいくつかあるため、注意が必要です。
副業する際の注意点は、次の項目で詳しくご紹介します。

会社員が副業をする際の注意点

この項目では、会社員が副業をする際の注意点を3つご紹介します。

会社の就業規則を確認する

副業をしたい場合、まずは会社の就業規則を確認することが大切です。また、届け出や許可が必要であるかも必ずチェックしましょう。

本業に支障の出ないよう、健康管理に気を付ける

休養の時間を十分にとることなく長時間働いた場合、集中力の低下や体調不良を起こすことも。会社に迷惑をかけることのないよう、体調管理に気を付けることが必要です。

明確な目的を持った上で始める

副業は、収入を増やすためにチャレンジする人もいれば、趣味の延長として始める人もいるでしょう。
勤務している会社との信頼関係を損なうことのないよう、副業にかける時間や目標となる収入金額などを明確にした上で取り組むことが大切です。

一般的な副業の種類

この項目では、一般的な副業の種類をご紹介します。

・ネット副業系(クラウドソーシングやアフィリエイトなど)
特徴:時間に縛られず取り組めるのがメリット。専門的な知識や初期投資が必要な場合も。
時間:時間帯に縛られず作業できる。作業時間自体は1時間~。
収入:個人差はあるが、クラウドソーシングの場合は1案件によって数百円~数十万円まで幅広い。

・アルバイト系(キッチンスタッフやコンビニ店員など)
特徴:接客業の場合、土・日は繁忙期のため仕事が見つかりやすい。
時間:副業は深夜時間帯が歓迎されやすい。勤務自体は大体3、4時間~。
収入:勤務時間や時間帯によって異なる。深夜時間帯は時給が高い傾向。

・スキルを活かす系(イラストレーターやデータ入力、プログラマーなど)
特徴:業務経験や専門的な知識などが必要とされる。
時間:作業時間は1時間~。
収入:スキルが求められるため、他の副業よりも単価は高い傾向。

上記のように副業にはさまざまあるため、活かしたいスキルや目標とする収入などをはっきりさせてから選ぶようにしましょう。

副業が会社に見つかる理由

副業を禁止している事業所で周りに隠して副業を始めた際、以下のような理由で発覚し懲戒処分を受けるというケースがあります。

住民税が高い

住民税の額は所得によって変わるため、住民税が明らかに高い場合は副業をしていることが発覚しやすいようです。

同僚に副業の事実を知られる

たとえばインターネットを使った副業をし、実名が公開されている場合は知られる可能性が高くなります。副業を知った同僚が、副業の事実を会社に伝える場合もあるということを覚えておきましょう。

副業は会社で許可されていることを確認し、規則を守った上で始めること、本業へ悪影響を与えないように取り組むことが大切になります。
もし「勤めている会社では副業ができない」「今の収入に不満がある」という場合、転職するのも一つの方法です。

ハタラクティブは、第二新卒や高卒、既卒などの若年層に特化した就職・転職支援サービス。

経験豊富なアドバイザーが、マンツーマン体制で履歴書・職務経歴書の添削や面接対策などを行うのが特徴です。当サービスは、2013年から厚生労働省の有料職業紹介事業者として認定されています。
サービスはすべて無料のため、「転職活動は初めて」という方も気軽にご利用ください!

関連タグ