就職したくない!そう思う理由と就活しない時の選択肢

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 就職したくない!そう思う理由と就活しない時の選択肢

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・就職したくない理由には、「就活に疲れた」「働きたいと思えない」「やりたいことが分からない」などが挙げられる
    ・就職しないで卒業すると、フリーターや派遣社員など非正規雇用で働くか、ニートになる人もいる
    ・既卒として就活をする選択もあるが、新卒の就活より難しくなる
    ・就職することのメリットとデメリットを比べ、自分の将来にとって悔いのない道を選ぼう

大学生、特に就活生の多くが一度は「会社に就職したくない」「働きたくない」「就活もしたくない」などと思ったことがあるのではないでしょうか。

こちらのコラムでは、なぜ就職したくないと感じるのか、新卒で就職しなかった場合の選択肢、就職したくない人はどうすれば良いのかなどを解説します。

◆就職したくない…なぜそう思うの?

なぜ「就職したくない」と思うのでしょうか?
就職したくないと感じる理由は人それぞれですが、以下のような例が挙げられます。

・就活に疲れた

説明会や書類の作成、SPI対策、面接など、就活はやることが多く忙しいものです。
そんな中、選考がなかなか進まない、内定が出ない、という状況になるとストレスや疲れが溜まり、就活を辞めたいと思ってしまうこともあるでしょう。

・働きたいという気持ちがない

ブラック企業や長時間労働の話題を耳にしたり、周囲の社会人の忙しそうな様子を見たりして、仕事に対してポジティブな印象を持ちにくい昨今。
その影響で、なかなか働きたいと思えない人もいるようです。

・やりたい仕事がわからない

就活をしたくないというより、自分のやりたいことやキャリアプランが分からない、将来どうなりたいのか決まらない、という人もいるでしょう。
やりたいことが無い、分からないため就活に前向きに取り組めない人も多いようです。



◆新卒で就職しないとどうなる?

では、新卒で就職しなかった場合はどのような選択肢があるのでしょうか。

最も一般的なのは、フリーターとしてアルバイトをしたり、派遣社員として働いたりして、非正規雇用で収入を得る選択肢でしょう。自分では働かずに、ニートになって家族の収入で生活する人もいます。
進学や起業という手段もありますが、目的がないままでは失敗や挫折の可能性が高いでしょう。

また、就職しないまま卒業しても、既卒として就職活動をすることは可能です。
新卒では就活をしないが、将来的には正社員として就職したいと考えている場合は、選択肢として既卒での就活が考えられます。
ただし、既卒で就活をすると、ポテンシャルがありビジネスマナーも身につけた「第二新卒」や、経験やスキルのある「中途」と同じ募集枠です。既卒になると、新卒の就職活動より就職が難しくなりやすいことは覚えておきましょう。

正社員として就職しなかった場合、フリーターや派遣、ニートなどの状態では社会的な信用を得にくく、銀行のローンなどに通りづらかったり、年齢を重ねるごとに収入の格差が大きくなったり、応募できる仕事が減ったりといったデメリットがあります。



◆「就職したい」という気持ちになるためには

就職したくないと思っていても、時期が来れば就活は始まります。
その時に焦ったり、悩んだりしてしまわないように、前向きに考えるためにはどうしたら良いのでしょうか。

まずは、就職することのメリットとデメリットを冷静に比べてみましょう。
新卒で就職活動をする時期は、自分の人生と向き合う時間と言えます。そのため、自分の将来を考えて、後悔のない道を選んだほうが良いでしょう。

やりたいことや叶えたい夢があり、そのために就職をしない選択が必要なら就職しなくても構いません。ただし、「働きたくないから就活をやめる」といった短絡的な選択は、今後正社員として働きたいと思った時や周囲の友人などと比べた時、後悔する可能性が高いでしょう。

自分一人ではどうしていいか分からず悩んでしまうという場合、就職活動のプロに相談してみてはいかがでしょうか?
キャリアチケットなら、プロの就活アドバイザーが就活をサポート。
あなたの強みや性格、企業ごとの社風なども考慮して、お仕事をご紹介します。
就職したくない、自分に合っている業界や仕事が分からない、という方もまずはお気軽にご相談ください。

 

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ