就職したくない大学生の言い分と既卒の現状

2018/06/22

【このページのまとめ】

  • ・大学生で就職したくないと考えている人は割と多い
    ・就職を拒む理由は、目標が希薄なことに由来しているケースが多い
    ・既卒は新卒に比べて就職活動で不利
    ・新卒時に就職しなかった理由を面接で尋ねられやすい
    ・年齢が若い方が採用されやすいので、すぐにでも就活を始めた方が良い

大学3年生の夏頃から、周囲が就活へ向かいソワソワし始めるのを感じられるでしょう。希望の企業へむけての意気込みや期待が持続できる間は、インターンシップも楽しいかもしれません。
しかし、4年生になり本格的に就活へ突入すると、モチベーションが急降下する人が出てきます。挙句の果てには、「就職したくない」と言い出す人も。
就職したくない大学生の心情を読み解きつつ、将来への道を探っていきましょう。

◆大学生が就職したくない理由

「就職したくない」と思っている大学生は、少なくありません。また、実際に就職しないまま大学を卒業してしまった人も多くいます。
どうして彼らは、就職したくないと考えたのでしょうか。その理由を探っていきましょう。

・やりたいことが見つからないから

この理由は、文系学部の学生に多いようです。理系学部は、進学した時点である程度、学業から就職への道筋が描かれています。
しかし、文系学部は、コアな技術や知識を習得するわけではないので、就職へのビジョンが描きづらいのでしょう。学業が仕事に結びつく発想が、意図せず希薄になりがちなのかもしれません。

・希望に合う企業が見つからないから

就職後の給与、休暇、福利厚生、勤務エリアなどが、自分の理想とする希望条件に合わない。または、合ったとしても、肝心の業務内容に興味が持てないなどの理由が挙げられます。
一見、ワガママなようですが、自身の気持ちに素直とも言えるでしょう。納得するまで就活するのか、妥協点を見出すか迷うところです。

・就活に疲れたから

就活は、エントリー入力や履歴書記入、面接対策など多くのことに手間と時間を要します。その分、結果が伴えば達成感を感じ、さらにやる気が出るでしょう。
しかし、内定に結びつかないと、モチベーション低下に繋がりやすいと危惧されます。周到に準備したにも関わらず、不合格が続くと就活に疲れを抱くことでしょう。

・働く意欲がわかないから

なかには、そもそも働くことに対して、後ろ向きな人もいます。キツイことが嫌い、人付き合いが苦手、ラクしたい、という気持ちが強い人に多いようです。就職が全てではありませんが、今後の生活が困窮しないよう真摯に考えることが必要かもしれません。




◆新卒で就職しない場合の進路

新卒で就職しなかった方は、4月からどのような生活を送るのでしょう。考えられる道を挙げてみます。

・フリーター

アルバイトで生計を立てていくことになりますが、金銭的に余裕はないでしょう。
フルタイムで働くと、正規雇用の新入社員並の月収入は期待できます。しかし、賞与や昇給がないことが多いので、20代後半には大きな格差が生じるでしょう。

・進学

大学院修士課程へ進み、研究を極める人もいます。修士課程を修めた後は、企業の研究部門に就職したり、高等学校の教諭になったり…専門性を活かして活躍する人が多いようです。

・既卒として就活

最近では、既卒も新卒と大きな差無く就活できる傾向にあります。しかしながら、大学の就職相談窓口の利用ができないため、情報量は圧倒的に少ないのが難点です。



◆新卒で就職しないデメリット

企業により若干の差はありますが、既卒よりも新卒のほうが就職に有利です。若いゆえの柔軟性と順応性が期待できるからです、
では、既卒にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。下記にあげていきます。

・年齢を重ねるほど、採用されづらくなる
・面接で、なぜ新卒で就職しなかったのかを尋ねられる
・出身大学の就職支援が受けづらくなり、就職情報を得るのが難しくなる

「就活を1人で進めるのが不安」「自分に合う仕事がわからない」という人は、就職エージェントを利用してはいかがでしょう?
ハタラクティブでは、就職市場に精通したアドバイザーが、あなたの適性を見極め、安心して働けるような企業をご紹介します。
圧倒的な情報量に驚きを覚えると共に、安心感も得られることでしょう。まずは、お気軽にご相談ください。





職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

関連記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ