大手子会社はやめとけと言われる理由は?メリット・デメリットを紹介

大手子会社はやめとけと言われる理由は?メリット・デメリットを紹介の画像

この記事のまとめ

  • 大手子会社とは、事業部の法人化や資本関係をもって新たに設立した企業のこと
  • 大手子会社はネームバリューがあるため社会的信用が得やすい
  • 大手子会社は親会社の経営基盤があるため倒産しづらい傾向にある
  • 大手子会社は親会社よりも就職しやすい反面、昇進が頭打ちになる可能性もある

大手子会社への就職を目指したときに、周りから「やめとけ」と言われたことがある人もいるでしょう。なぜ周りから悪い評判を聞くのか、大手子会社への就職にはどのようなメリット・デメリットがあるのか気になるところです。このコラムでは大手子会社への就職・転職を目指している方に向けてメリットやデメリット、エージェントの利用などを紹介します。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

大手子会社とは?

大手企業の子会社とは、次の2つのいずれかにより設立されたものを指すことが多いようです。

・会社の事業部を法人化して作った会社
・資本関係をもって新たに設立した会社

さらに、株式の持分や資金の配分などにも基準が設けられています。たとえば、A社の株式50%をB社が所有していると、A社はB社の子会社です。いっぽう、B社はA社の株式を40%しか保有していないが、資金や決裁の面でBに裁量権がある場合は、A社はB社の子会社となります。

つまり、議決権のある株式の保有割合や実質的な経営権の掌握によって、親会社と子会社の立ち位置が決まるといえるでしょう。

親会社である大手企業について詳しく知りたい方は「大手企業とは?基準や定義はある?大企業や中小企業との違いも解説」を、中小企業と大手子会社への就職で悩んでいる方は、「中小企業に就職するメリットは?後悔しない優良企業の探し方をご紹介」を参考にしてください。

未経験OK多数!求人を見てみる

大手子会社に就職するメリット

大手子会社は親会社との関係性から、企業規模に関わらず知名度が高いと考えられます。信頼や信用を得やすいといえるでしょう。また、親会社に比べると就職しやすいともいわれています。ここでは、大手子会社に就職するメリットをまとめました。

企業規模に関わらず知名度は高め

子会社は親会社との関係性が強いため、企業規模に関わらず親会社の影響で知名度は高いといえます。親会社名が企業名に入るケースも多いため、信頼や信用を得やすいと考えられるでしょう

親会社の知名度を利用できるため、ローン審査など社会的信用を得やすくなったり、家族や友人に仕事内容をイメージしてもらいやすくなったりする効果が期待できます。

親会社に比べると就職しやすいことが多い

大手子会社は知名度が高いですが、親会社に比べると求人への応募者数が少ない傾向にあります。親会社では激しい競争となる場合でも、子会社では倍率が下がる可能性もあるでしょう。

倒産する可能性が低い

大手子会社の大きなメリットとして倒産の可能性が低い点が挙げられます。大手企業の子会社は親会社の支援やバックアップを受けて運営されていることもあるでしょう。そのため、比較的安定した経営基盤のもとで事業展開ができていると考えられます

多くの親会社は長期的なビジョンを持ち綿密な経営戦略を立てており、子会社も親会社の方針に沿った事業展開を行っていくため、安定した運営が期待できます。

親会社と同等の福利厚生が期待できる

大手企業の場合、親会社と子会社の間で福利厚生制度を共有する傾向があります。そのため大手子会社に入社すれば親会社と同じ福利厚生が受けられる可能性があるでしょう。

また、大手企業の親会社では従業員のキャリア育成やスキル向上を目的とした教育研修プログラムを用意していることもあります。この研修制度やキャリア支援が子会社まで展開されているケースもあり、充実した教育支援を受けられることもメリットの一つです。

平均年収が高めの傾向がある

大手子会社は、一般的な中小企業よりも平均年収が高い傾向にあります。理由としては、企業自体の経営が安定しているため。親会社が顧客であり取引が継続的なので安定した収入を得られる場合が多いことや、親会社の社会的信用の高さから親会社以外の顧客と安定した取引が行えることなどが挙げられるでしょう。

なお、中小企業の収入については「中小企業の年収はどのくらい?大企業との差や収入アップ方法もご紹介!」のコラムでご確認ください。

大手子会社への就職はやめとけといわれる理由

「大手子会社はやめとけ」といわれるのは、昇進に限度があったり親会社の指示に左右されたりするため。大手子会社への就職を検討しているなら、デメリットにも目を向ける必要があります。

昇進に限度があることが多い

大手子会社に就職するデメリットとして、一定のポジションまで昇進した後はそれ以上の昇進が難しくなることが挙げられます。

そもそも役員のポジションは席が少ないため競争率が激しくなることも理由の一つですが、もう一つの理由として、親会社から出向された人が役員ポジションにつく傾向があることも挙げられるでしょう。役員以上のポジションに必ず親会社から出向された人がつくわけではありませんが、可能性はゼロではないため子会社勤務から昇進を目指す人の席が少なくなるといえます。

親会社の経営方針に左右されやすい

大手子会社は親会社の経営方針に左右されやすいデメリットがあります。大手子会社は一般的に親会社の方針や戦略に沿って事業を展開し、親会社からの指示や方針変更があればそれに従い事業を進めて行く傾向が多いでしょう。そのため、自主性を好む人にとっては物足りないと感じる場合があります。

親会社に比べると給与が少ない

一般的な同規模の企業に比べたら高い年収でも、親会社と比較すると少ないと感じる場合があるでしょう。大手企業は事業規模や業績が大きく、市場での知名度や競争力が高いことから、親会社の給与水準は高い傾向にあります。仕事をするなかで待遇の差を感じてしまうこともあるでしょう。

事業撤退による売却や切り離しのリスクがある

大手子会社は安定した経営が魅力の一つですが、絶対的なものではありません。親会社が子会社の行っている事業から撤退する場合、切り離しが行われる可能性があります

切り離し後、子会社はなくなるわけではなく、通常の独立した企業として事業を展開していきますが、大手子会社としての恩恵が受けられなくなってしまうでしょう。

これらのデメリットが全ての子会社に当てはまるとは限りません。しかし、懸念点として頭の片隅に置いて就職すると、ミスマッチを感じずに済むでしょう。転職や就職を考えたとき、デメリットも認識すると視野が広がり、ミスマッチによる早期退職を避ける効果も期待できます。

大手子会社への転職なら転職エージェントがおすすめ

大手子会社への転職を検討している方は転職エージェントを利用しましょう。エージェントには非公開求人が集まり、その中には大手や大手子会社のものが含まれるケースも。個人で転職活動をしていては見つからない求人を紹介してもらえることも多いため、なかなか希望の求人が見つからないと悩んでいるなら利用を検討するのがおすすめです。

転職エージェントのデメリットは?いらないといわれる理由やメリットも解説」のコラムでは、非公開求人をはじめとするエージェント利用のメリット、デメリットをそれぞれ解説しています。利用前に確認し、自分に合ったサービスかチェックしてみましょう。

ハタラクティブは、転職希望者・既卒・第二新卒・フリーターを対象にした就活支援エージェントです。サービス内容は、求人情報の提供のみならず、履歴書の書き方や面接対策、服装のアドバイスなども行っています。また、利用者に代わり、就職希望先へのアポイントの取り付けにも対応。何かと不安な転職就職活動を、細やかなサポートで後押しします。まずは、お気軽にお問い合わせください。

大手子会社への就職に関するFAQ

ここでは、大手子会社への就職を考えている方の疑問や不安にQ&A方式で答えていきます。

大手子会社への転職はメリットがありますか?

大手子会社にはメリット・デメリットどちらも存在します。
自分が転職したいと思ったきっかけや目的が大手子会社に入社することで達成できるようであれば転職にメリットがあるといえるでしょう。子会社のメリットは「子会社にはどんなメリットがある?働くときのデメリットは?」でも紹介しているため、あわせてご覧ください。

大手子会社でもリストラはありますか?

大手子会社でもリストラの可能性はゼロではありません。
例えば、子会社が赤字となり親会社に吸収される際、吸収される側の子会社社員がリストラされる可能性はあります。リストラのリスクに備えるためにも転職に関する知識を身に付けておくことが大切です。転職を成功させるコツを知りたい方は「転職のコツとは?就職との違いと効率よく内定獲得するためのポイント」の記事を参考にしてみてください。

大手子会社と大手グループ企業に違いはありますか?

子会社とは、親会社が株式の50%以上を保有しており実質的な支配を親会社がしている形式です。グループ会社は株式の50%以上を保有する会社がなく、親会社に決定権がありませんが一定の影響を与えている形式を指します。

この記事に関連するタグ