就活でやりたいことがないときはどうする?自分に合った仕事の見つけ方

テストパターン

やりたいことがありません。どうやって就活したら良い?

正社員での就職を考えていますが、やりたいことがありません。 そもそも自分に自信がないこともあり、就活を始められずにいます。 やりたいことは何をしたら見つかりますか?自信をもって就活するにはどうしたら良いでしょうか。
 

実は、就職支援サービスを利用している方には「やりたいことがない」方が多くいます。それでも、多くの利用者さまが正社員への就職を実現しています。 やりたいことがない方は、無理に探す必要はありません。 後悔しない仕事探しのコツをお伝えするので、就活に役立ててください。

就活アドバイザーに聞いてみました!

就活でやりたいことがないときはどうする?自分に合った仕事の見つけ方

やりたいことがない状態で就活をしている人は多いのではないでしょうか。就活の面接では、やりたいことを問われる機会が多くあるため、回答を準備しておかなければなりません。ただし、社会人でもやりたいことが分からない人はたくさんいるので、やりたいことが明確でなくても就職は可能です。
やりたいことがない人が就活を進めるコツを就活アドバイザーに聞いたので、参考にしてください。

就活でやりたいことがないのは珍しくない

就活をするとき、自分のやりたいことが明確になっている人は少ないでしょう。求職者はもちろん、社会に出て働いている人のなかにも、自分のやりたいことが分からない人はいます。就活では志望動機や自己PRが求められるため、「やりたいことがないと難しいのでは?」と考える人もいますが、やりたいことがない自分を心配する必要はありません

就活でやりたいことがないとダメと考えるのはやめよう

就活中は、「やりたいことがないとダメ」と思い込むのはやめましょう。もちろん、やりたいことがある人は応募企業を探しやすく、志望動機もはっきりと伝えられる可能性が高いといえます。しかし、やりたいことがない人でも、就職や転職ができないわけではありません。「まずやりたいことを決めてから就活しなくてはいけない」と考えている人は、「やりたいことを見つけるのは必須事項ではない」と、肩の力を抜いて就活を進めてみてください。無理にやりたいことを見つけて就活を進めると、ミスマッチが生じる場合もあるので注意しましょう。

やりたいことがないほうが就活の自由度が高い場合も

やりたいことがない人は、やりたいことが見つかっている人よりも就活の自由度が高いといえます。やりたいことが見つかっている人は、その道を一直線にたどっていくため、異なる分野のチャンスが舞い込んできても、ものにできない場合があるからです。一方で、やりたいことがない人は、これからどのような分野にも挑戦できるポテンシャルを持っているといえます。特定の職種や業界にとらわれず、幅広い選択肢から仕事を探せるのは、就活でやりたいことがない人のメリットです。

それって本当にやりたいこと?見極めが肝心

就活をしている方のなかには、やりたいことがある程度見えている人もいるでしょう。しかし、自己分析や企業研究をしたり、多くの就活ノウハウを見聞きしたりするなかで、なんとなく自分のやりたいことが分かった気になっているだけの可能性もあります。そのため、「自分はやりたいことが分かっている」という人も今一度見直しをして、本当にやりたいことなのか見極めてみてください。

志望動機や自己PRに説得力がないと就活が難航する?
やりたいことがなくても就活はできますが、やはり簡単ではありません。やりたいことがないまま志望動機や自己PRを書いても、内容は薄くありふれたものになってしまうからです。当然、選考突破は難しくなるでしょう。
応募する企業を探すきっかけは些細なもので構いませんが、選考では自分にしか言えない志望動機を作るのがポイント。「志望動機の考え方と作り方が知りたい!面接での効果的な答え方も紹介します」も参考に、志望動機を作成してみてください。

やりたいことがない人が就活を進める6つのコツ

やりたいことがない人は、志望動機が明確になりにくく、就活を進めることが難しくなるでしょう。そこで、やりたいことがなくても就活をスムーズに進める6つのコツを紹介します。このコツを意識して就活を進めれば、やりたいことがない人も比較的スムーズに就活を進められるでしょう。

1.業界と職種の範囲を広げて情報収集する

やりたいことがないなら、業界や職種の範囲を広げて情報収集するのも一つの手です。やりたいことがない人のなかには、よく知らない職種や業界を選択肢から除外して就活している人もいるでしょう。しかし、どのような仕事なのか理解しないことには、やりたいことかどうかの判断はつきません。意外なところで興味を持てる仕事が見つかることもあるので、まずは好き嫌いせず、幅広い職種・業界の情報を取り入れ、知る努力をしてみてください。

インターンシップやOB・OG訪問で現場の様子を知ろう

企業の情報収集をする際は、公式Webサイトや求人サイトを閲覧するだけでなく、インターンシップやOB・OG訪問で実際に企業に足を運んでみましょう。
インターンシップは、その企業で働いている社員の指導を受けながら実際に業務を体験できます。そのため、仕事や企業の雰囲気が自分に合っているかの判断材料になるでしょう。
OB・OG訪問は、その企業で実際に働いている先輩の生の声を聞けます。働いているからこその意見を聞けるチャンスなので、職場や仕事の良い点や大変な点など、知りたいことを積極的に質問してみると良いでしょう。

2.やりたいことより「できること」から仕事を探す

やりたいことがない人が就活をする場合は、できることから探すのもおすすめです。できることや得意なことを仕事にすれば、やる気がなくてもある程度の結果を出せるでしょう。また、仕事をやっていくうちに好きになることもあります。

興味のあるキーワードで求人検索するのも効果的

やりたいことがない人が就活するときは、自分が興味のあることに関連するキーワードで求人検索するのも効果的な方法です
たとえば、アウトドアが好きな場合は「アウトドア」で求人情報を検索してみましょう。ショップ販売店員や営業、アウトドア関連メディアの編集など、さまざまな職種や企業を見つけられます。また、直接仕事に関係していなくても、アウトドアサークルがある企業が見つかる可能性もあるでしょう。興味が持てる企業に出会えたら、会社説明会に参加したり、OB・OG訪問をしたりして、社員の人柄や仕事内容など、企業の雰囲気をつかむのがおすすめです。

3.やりたくないことから消去していく

やりたいことがない人が就活するときは、やりたくないことや嫌なことを除外して応募先を探してみるのも良いでしょう
仕事は、1日のうちの多くの時間を費やすものです。苦手なことや不得意なこと、嫌いなことを仕事にするのは辛いでしょう。リストアップしたやりたくないことを求人情報から除外すれば、残った仕事は、「好きではないけれど苦にならない」仕事である可能性が高いといえます。

4.自分のライフスタイルで考えてみる

就活でやりたいことがない人は、自分が理想とするライフスタイルを基に仕事を探してみるのも一つの方法です。たとえば、旅行が好きな人は長期休暇を取りやすい職場、自分の時間を大切にしたい人は残業や休日出勤がない職場など、余暇をどのように過ごしたいかを基準に条件を絞ってみると良いでしょう。ただし、条件が良くても職場や仕事との相性が合うかは別問題なので、注意が必要です。その点も踏まえたうえで就活を進めましょう。

5.実現したい働き方から仕事を探す

やりたいことがない人は、自分が理想とする働き方のイメージから就活を進めてみてください。たとえば、下記のように対立する2つの働き方のうち、どちらが自分の理想に近いかを考えてみましょう。
 

項目    
扱う商材の種類 商品(有形商材) サービス(無形商材)
商材への関わり方 商材を作る仕事 商材を売る仕事
働く場所 オフィス 店舗や取引先
企業の規模 大企業 中小企業
企業の歴史 老舗企業 ベンチャー企業

このように、理想とする働き方や労働環境を絞り込んでいくことで、自分の希望に合う働き方が見つけられます。OBOG訪問や会社見学をとおして、理想の社会人を見つけることもおすすめです。

就活では社会への影響を考えてみるのもおすすめ やりたいことがない人は、自分の仕事によって社会にどのような影響をもたらしたいかという視点で就活を進めてみても良いでしょう。どの企業も、仕事によって何かしらを社会に還元しています。たとえば、「今よりご高齢者に優しい社会になってほしい」と考えている場合、ご高齢者の暮らしに役立つ商品やサービスを提供している会社を選ぶのも手です。老人ホームや介護施設だけでなく、杖や車椅子などのアイテムを作る会社や、ご高齢者向けの習いごとや旅行を提供する会社などもあるでしょう。自分が仕事をすることによって、誰にどのような価値を提供したいのかを考えると、自ずとやりがいを感じる仕事を見つけられる可能性があります。

6.やりたいことを決めず柔軟に方向転換する

やりたいことがない人は、就活のために無理に決める必要はありません。与えられた環境の中で成長し、会社に貢献していく姿勢も社会人として大切な要素です。成長意欲をアピールし、社会人になってからやりたいことを探していっても遅くはないでしょう。教育や研修が充実している会社なら、成長意欲を買ってくれる可能性があります。

就活の選考で「やりたいこと」を聞かれたら?

就活の選考でやりたいことを聞かれたら、応募先企業の方針に合わせて答えると良いでしょう。そもそも、企業が求職者に「やりたいこと」を質問するのは、自社との相性を図る意図があるためです。面接官は、応募者の「やりたいこと」が何なのかだけでなく、仕事に対する考え方や価値観も知り、評価材料にしたいと考えています。
どれほど立派なやりたいことや志望動機を掲げても、応募先企業の考え方や事業内容と一致していなければ、選考を通過する可能性は低くなるでしょう。就活や面接では、相手がどのような意図をもっているのかを考え、求められている回答をするのが大切です。

自己分析や企業研究などの面接対策をしよう
就活の面接で適切な回答をするには、企業研究や自己分析などの対策が大事です。企業研究で応募先の情報収集を徹底することで、その企業が持っている価値観や、求められている人物像が見えてきます。また、自己分析は自分が仕事に何を求めているかを知る手がかりになるので、やりたいことがないと考えている人は実行してみましょう。これまでの経験から嬉しかったことややりがいを感じたことを洗い出してみることで、新たな自分を発見できる可能性があります。企業研究と自己分析の結果を踏まえ、企業への回答を準備しておきましょう。

面接対策に役立つ自己分析と企業研究について詳しく知りたい方は、「企業研究によって転職を成功させる方法を解説!情報の集め方も詳しく紹介」や「自己分析のポイントを解説!気をつけることは?」もあわせて参考にしてください。

やりたいことがない人は就活のプロに相談するのも手

やりたいことがない人は、就活のプロである就職支援サービスを利用するのもおすすめです。冒頭で回答したとおり、就職支援サービスの利用者さまの多くは、やりたいことが決まっていない人といわれています。やりたいことがない求職者を多く見てきた就活アドバイザーは、あなたの未知の可能性を引き出してくれる可能性があります。いくら自己分析をしてもやりたいことが分からない人は、プロに意見を聞いてみてください。これまで知らなかった仕事を紹介してもらえることもあるでしょう。

就職支援サービスの利用をご検討なら、ぜひハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブは、若年層やフリーター・ニート向けの就活エージェントです。これまで、やりたいことがない人の就職も、数多くサポートしてきました。専任のアドバイザーが経歴や希望をヒアリングして、一人ひとりに合った求人をご紹介します。応募書類の添削や模擬面接といった選考対策、悩み相談なども行っているので、やりたいことがない人でも安心です。無料のサービスなので、ぜひお気軽にご利用ください。

関連タグ

  • arrow