良い就職先ってなに?満足できる働き方を探そう!

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 良い就職先ってなに?満足できる働き方を探そう!

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・良い仕事、良い就職先は個人の判断基準によって異なる
  • ・ベストな職場を探すためには、自己分析をしっかり行い自分自身と向き合う必要がある
  • ・仕事探しに迷ったら、ハタラクティブに相談しよう

せっかく就職するなら、できるだけ良い就職先を見つけたい…そう考える人は少なくでしょう。
入社してから後悔しても、もう1度就活をするのはなかなか骨が折れますし、短期間で仕事を変えることに抵抗がある人もいるかもしれません。
自分の理想を叶えるためには、どんな仕事探しをするべきなのでしょうか。

◆良い就職先って、どんなところ?

良い就職先とは、そもそもどのような場所なのでしょうか。

福利厚生が充実していて、しっかり休みを取ることができて、残業がなくて…と待遇面を気にかける人は少なくないでしょう。

いわゆる“ブラック”といわれる職場では仕事に忙殺されて自由な時間もなく、「精神的に追い詰められてしまうのでは」と考える人がいてもおかしくはありません。

しかし待遇面ばかりを気にしていては、自分のやりたいことや夢が徐々にぼやけていってしまうと考えられます。
待遇面も重要な要素でしょうが、「働くこと」の全体を考えれば一要素にしか過ぎません。

「どんな働き方をするか」だけでなく、「どんな仕事をするか」も同じように考えるべきではないでしょうか。

睡眠時間を除けば、私たちは1日のうち大半の時間を仕事に費やします。
かけがえのない自分の時間を使うのですから、自分の意向とは異なる働き方をしていては、日々の満足感や充実感は遠のいていってしまうかもしれません。

もちろん、違法な労働は許されないため、そこは切り離して考える必要がありますが、他人から見たらつらそうに見える仕事でも、本人が満足しているのならそれは“良い仕事”といえるのではないでしょうか。

◆自分を知り、企業を知ろう

良い仕事、良い就職先というのは個々人で判断基準があり、人によって違います。

そのため自分にとってベストな職場を探すためには、自己分析をしっかり行い自分自身と向き合う必要があるでしょう。

自己分析とは、過去の経験や現在の状況を分析し、自分について深く知っていく作業です。
さまざまな角度から自分を見つめ直すことで、自分の性格や志向、好きなことや嫌いなことを知り、自分は何がしたいのかを探っていきます。

また得手不得手を知ることで、どんな仕事に向いているのかも見えてくるかもしれません。その中で将来への具体的なビジョンを固めていきます。

それと同時に、企業や職種に関する情報収集も進めておいた方がいいでしょう。

自分の意向が決まっても、それを叶えられる場所がわからないままでは納得のいく就活はなかなか難しくなります。
自分のことだけでなく企業のことも知り、自己実現を目指せる場所を探しておきましょう。その際には、あまり条件を絞りすぎないことがポイントです。

最初から「アレはだめ、コレもだめ」と決め付けては自分で自分の可能性を潰してしまいます。先入観は持たずにいろいろな業界や職種を見てみることで、意外な場所に良い就職先を見つけることがあるかもしれません。

◆仕事探しならハタラクティブにお任せ!

自分に合った就職先を見つけるためには、事前の準備をしっかりしておくことが重要です。
しかし初めての就活で、必要なステップはわかっていてもうまくいくのかと不安になる人もいるでしょう。

そんな人はハタラクティブのような就職エージェントを利用するのも1つの手段です。

ハタラクティブは、若年層に特化した就職支援を行っており、仕事探しをする人をさまざまな面からサポート。
プロの就活アドバイザーがマンツーマンで丁寧にカウンセリングを行い、あなたの不安や悩みを聞いていきます。

履歴書作成や面接対策など、具体的なアドバイスも行いますので、納得のいく仕事探しをしやすくなるでしょう。
さまざまな業界・職種への就職実績がありますので、仕事探しに迷ったらぜひハタラクティブにご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ