「良い仕事」とはどんなもの?価値観や条件から自分に合う仕事を見つけよう

「良い仕事」とはどんなもの?価値観や条件から自分に合う仕事を見つけようの画像

この記事のまとめ

  • 「良い仕事」の定義は人によって異なるので、自分なりの条件を明確にすべき
  • 一般的に「良い仕事」とされるのは、給与が高かったり残業が少なかったりする仕事
  • 良い仕事を見つけるためには自己分析や企業分析を行い、条件に優先順位を付けよう

多くの人が「良い仕事」に就きたいと考えるでしょう。しかし、「良い仕事」の基準は人によって異なります。自分にとっての「良い仕事」を見つけるにはどうしたら良いのでしょうか。
コラムでは、「良い仕事」の概念や見つけ方を紹介します。また、一般的に「良い仕事」といわれる特徴もまとめました。満足できる仕事を探すには、自分が仕事に対してなにを求めているかを明らかにすることが重要です。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

「良い仕事」とは

「良い仕事」とは、「その人にとって満足できる仕事」と表すことができます。そもそも、なにが「良い」かは個人の価値観や捉え方によって異なる主観的な感情。つまり、「良い仕事」に対して特定の職種や業種を挙げることはできないのです。

「良い仕事」の判断は人によって異なる

前述したように、「良い」の捉え方が人によって異なるため、「良い仕事」の判断も個人で変わります。賃金が高い仕事を「良い仕事」とする人もいれば、「休みが多い仕事」や「社会貢献度が強い仕事」を挙げる人もいるでしょう。

「良い仕事」を見つけるには?

「良い仕事」を見つけるには、自分が仕事に何を求めるかを明らかにすることが大切。自己分析を行い、自分が大切にしている価値観や仕事に求めるものを確認しましょう。自己分析のやり方は「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」でご確認ください。

「良い仕事」の条件とは

冒頭で、「良い仕事」の概念は人によって異なること、特定の仕事が「良い仕事」とはいえないことを解説しました。しかし、「良い仕事」と一般認識されている仕事が存在するのも事実です。
一般的に「良い仕事」と認識されやすい条件は、「給与が高い」「勤務環境が整っている」「安定している」でしょう。それぞれ、なぜ「良い仕事」とされているのか、下記に理由をまとめました。

給与が高い

給与が高い仕事を「良い仕事」と捉える方は多いようです。仕事そのものに満足していても、見合った給与がもらえないと不満を覚えるもの。また、給与が高い仕事は「成功している」イメージも強いため、良い仕事とする方が多いようです。

給与が高い仕事の例

国税庁の「民間給与実態統計調査」の結果から、平均給与額が最も高かったのは電気・ガス・熱供給・水道業の824万円でした。次いで金融・保険業の627万円、情報通信業の599万円となっています。
ちなみに、平均給与は436.4万円(男女計)でした。

参照元
国税庁
令和元年分 民間給与実態統計調査(18p)

勤務環境が整っている

休日休暇が充実していたり、残業が少なかったりと勤務環境が整っている仕事も、「良い仕事」と認識されやすいでしょう。勤務環境については、業種よりも会社の運営に左右される部分が大きいですが、シフト勤務を採用するサービス業などは、時間で交代となるので残業は少ないようです。コールセンターも、稼働時間が決まっているため残業は少なめ。事務や経理といった仕事も、比較的定時で帰れるでしょう。「残業が少ない仕事はある?」も、参考にしてください。

安定している

経営が安定していると倒産やリストラの可能性が低くなるため、仕事の安定性を「良い仕事」の基準にすることも。安定している仕事なら、公務員が筆頭です。また、利用者が継続的に見込める医療系や教育系の仕事も、安定性は高め。「安定した仕事に就きたい!おすすめの資格や職種選びのコツをご紹介」では、安定している仕事だけでなく資格についても触れています。

やりがいが大きい

仕事のやりがいを「良い仕事」とすることも珍しくありません。どれだけ給与が良くても、仕事に対して熱意ややりがいを感じないと、仕事を続けるのが辛くなることも。どんな点にやりがいを感じるかは人それぞれですが、社会的意義の大きな仕事や人助けにつながる仕事などに、やりがいを感じる方は多いようです。また、立ち上げすぐのベンチャー企業や実力主義、個人の裁量権が大きな仕事も、やりがいを感じられるでしょう。

「良い仕事」がラクな仕事とは限らない
「良い仕事」の条件に、業務がラクというのを挙げる方もいますが、ラクな仕事が良い仕事とは限りません。例えば、事務職は「座って作業できて定時で帰れる」とイメージする人が多いようですが、実際は一日中パソコンを使用するため肩や目が疲れたり、ルーティンワークのため成長が感じられなかったりすることも。「楽な仕事はこの世の中には存在しないの?上手な転職の仕方を紹介!」でも述べているように、「ラクな仕事」の概念も人によって異なります。

良い仕事を見つける3ステップ

良い仕事を探して就職するためには、まず自分にとってなにが「良い仕事」なのかを見極めることが大切。さらに、企業研究を行って業務内容だけでなく、社風やキャリアについても確認しましょう。

1.自己分析

繰り返しになりますが、自分にとって「良い仕事」を見つけるには、自分が仕事に何を求めるのか、何を重視するのかを明確にすることがスタートになります。自己分析を行って、自分の価値観や仕事で叶えたいことなどを書き出しましょう。

2.優先順位の確認

仕事へ求めることを書き出したら、仕事において一番大切とするものから妥協できる点まで、その中で優先順位を付けます。人によって、残業は多くても給与が高ければ良い、給与よりも働きやすさを重視する、将来のキャリアアップが最優先なので若いうちは条件は問わないなど、優先順位はさまざまでしょう。

3.企業研究

優先順位が決まったら、それを基に仕事探しを行います。ただし、条件だけで判断せずに企業研究も必ず行うこと。実際に働かないと分からないことも多いですが、事前に企業研究を行えば入社後のミスマッチを減らすことは可能です。求人の給与額に手当などは含まれるのか、キャリアアップ制度や研修は整っているのか、休暇などの制度はあっても実用されているのかなど、事前に調べておきましょう。企業研究については「企業研究によって転職を成功させる方法を解説!情報の集め方も詳しく紹介」を参考にしてください。

すべての条件を満たす「良い仕事」は見つけにくい

自分にとっての「良い仕事」の条件が分かっても、すべてを満たす仕事は見つけにくいもの。給与が高くて休みも多く、残業も少ない仕事はなかなかありません。ときには、優先順位や条件を見直すことも必要でしょう。また、最優先の条件を満たすなら下位の条件は目をつぶるなど、自分のなかで妥協点を見つけることも大切です。

なにを優先すべきか分からない、なかなか自分の挙げる条件の求人が見つからないなど、「良い仕事」に就職・転職したいお悩みをお持ちの方はハタラクティブをご利用ください。
ハタラクティブは、仕事探しから内定までをサポートする就職・転職エージェント。専任担当者制を採用しており、ご利用者のご希望やスキル、人柄に合った求人を提案できるのが強みです。
カウンセリングで、あなたにとって「良い仕事」の条件を見つけましょう。お気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ