給料が高い仕事が知りたい!特徴はある?文系や資格なしでも目指せる?

給料が高い仕事が知りたい!特徴はある?文系や資格なしでも目指せる?の画像

【このページのまとめ】

  • ・給料が高い仕事は航空操縦士や医師、大学教授などがある
  • ・給料が高い仕事は専門的な資格や知識が求められる傾向にある
  • ・一般的に給料が高いといわれている仕事は、コンサルタントや総合商社などがある
  • ・理系だけでなく、文系にも給料が高い仕事に就くチャンスはある
  • ・給料が高いだけでなく、自分に合うかどうかで仕事を選ぼう

転職や就活の際に、「給料の高い仕事を目指したい」と考えている方もいるのではないでしょうか。給料の高い仕事の代表として、医師や大学教授など、専門知識を必要とする仕事が挙げられます。給料が高いという漠然としたイメージだけでなく、どのような仕事か、自分に合うかどうかをきちんと見極めましょう。このコラムでは、給料が高い仕事や具体的な収入額について解説していきます。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

給料が高い仕事とは

転職活動や就職活動において、「給料が高い仕事に就きたい」と考える方もいるでしょう。
厚生労働省の「賃金構造基本統計調」の結果をもとに、給料が高い仕事を挙げていきます。

1位:航空機操縦士 / 122万8,000円
2位:医師 / 110万2,300円
3位:大学教授 / 65万4,400円
4位:法務従事者 / 64万8,400円
5位:歯科医師 / 59万4,800円
6位:公認会計士、税理士 / 57万200円
7位:大学准教授 / 54万4,400円
8位:管理的職業従事者 / 54万2,200円

上記では、航空操縦士が最も給料が高い仕事となっています。また、挙がっている仕事はどれも専門的な資格や知識を必要とする仕事であることが分かるでしょう。給料が高い仕事はその分、専門性が求められる仕事といえます。

日本の平均給料

国税庁の「令和元年分 民間給与実態統計調査」によると、日本の平均的な給料は、年収436万円です。月収に換算すると、およそ20万~22万円ほどになります。給料が高い仕事を探している方は、日本の平均給料を基準にするのも良いでしょう。
ただし、給料ばかりを見るのでなく、本当に自分に合っている仕事がどうかをきちんと精査することが大切です。

給料が高い仕事については、「たくさん稼ぎたいあなたに送る、世の中の儲かる仕事」もあわせてご覧ください。

参考元
国税庁
令和元年分 民間給与実態統計調査

給料が高いといわれる仕事は?

一般的に給料が高いというイメージを持たれている仕事は、総合商社やコンサルタントなどです。それぞれの仕事内容や、給料が高いといわれる理由を解説していきます。

総合商社

総合商社は、幅広い商品に関する取引を世界各国で行う仕事のことです。具体的には、メーカーと販売業者の間に入り、仲介や投資などの取引を行います。
総合商社は海外出張の機会も多く、手当もつくため給料が高くなりやすいでしょう。その分仕事はハードですが、海外での仕事に興味がある方や、キャリアを積みたい方には最適です。

コンサルタント

コンサルタントは、主に企業をクライアントとして、抱えている課題の解決を支援する仕事です。経営上の戦略や財務関連、人事関連など、対応する課題はさまざま。
クライアントの悩みを本質的に理解し、適切なプランを提案する必要があるため、ヒアリング力やコミュニケーション能力が必要です。担う業務によってはクライアントから多くの報酬を貰えるため、高収入を期待できますが、相応の量と質を求められます。

医師

医師も給料が高いといわれている仕事の一つです。患者の診察や治療、手術などを行います。専門的な資格に加えて、体力や精神力、患者の不安に寄り添うホスピタリティなどが必要です。
また、医師と一口にいっても病院やクリニックによって収入は異なります。

士業

士業とは、弁護士や税理士、司法書士など、専門的な資格を必要とする「◯◯士」の職業の総称です。
国家資格を必要とする仕事もあり、全体的な給料は高め。また、将来的に独立する方も多い傾向にあるようです。

通信系

通信系は、インターネットに必要な通信回線の構築や整備を行う仕事です。インターネットが普及し、IT化が進んでいる昨今、通信系は人々の生活に欠かせないインフラの一つとなっています。
収入は役職にもよりますが、全体的に高めであり、企業によっては成果次第でインセンティブを貰えることもあるようです。

手取り50万を目指せる仕事とは?年収や家賃目安もご紹介!」では、手取り50万以上稼げる仕事のほかに、どのような生活が送れるかについて解説しています。

給料が高い仕事【理系編】

理系の方が活躍できる給料の高い仕事で代表的なものは、以下のとおりです。

・ITアーキテクト
・アナリスト
・データサイエンティスト
・1級建築士
・研究開発

理系の方は、IT関連や不動産系など、生活に関わる部分を担う分野が主な活躍の場です。ITアーキテクトやデータサイエンティストはIT系の仕事なので、これからも需要が高まってくるでしょう。
ただし、入社後からいきなりその職種に就けるわけではなく、ある程度経験を積んでから一定のポジションになるような仕事が多いです。

給料が高い仕事【文系編】

文系の方が活躍できる代表的な給料の高い仕事を、下記でご紹介します。

・弁護士
・コンサルタント
・公務員
・大学教授
・公認会計士

「文系は理系よりも給料が少ないのでは?」というイメージを持っている方もいるでしょうが、給料が高い仕事に就けるチャンスは十分にあります。士業やコンサルタント、大学教授など、人と向き合うような仕事で活躍できる可能性が高いでしょう。

給料が高い仕事【性別編】

「男女で給料が高い仕事は違うのでは?」と考えている方もいるのではないでしょうか?
この項では、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」の結果をもとに、給料が高い仕事を男女別に紹介します。

男性

男性の給料が高い仕事は、以下のとおりです。
1位:航空機操縦士 / 123万3,700円
2位:医師 / 116万5,300円
3位:法務従事者 / 75万5,100円
4位:大学教授 / 66万1,800円
5位:歯科医師 / 63万7,500円
6位:公認会計士、税理士 / 60万7,600円
7位:その他の経営、金融、保険専門職業従事者     / 56万4,200円
8位:大学准教授(高専含む) / 55万2,800円

男性の最も給料が高い仕事は、月収123万3,700円の航空機操縦士で、時点が月収116万5,300円の医師という結果になっています。

参考元
厚生労働省
賃金構造基本統計調査

女性

女性の給料が高い仕事は、以下のとおりです。

1位:医師 / 90万9,100円
2位:大学教授 / 62万6,400円
3位:大学准教授 / 52万3,600円
4位:歯科医師 / 48万6,500円
5位:管理的職業従事者 / 47万8,500円
6位:公認会計士、税理士 / 45万9,300円
7位:大学講師、助教 / 42万8,200円
8位:小、中学校教員 / 42万4,700円

女性で最も年収が高い仕事は、月収90万9,100円の医師です。男性と比べて収入差はあるものの、上位に入っている職種に大きな違いは見られません。

参考元
厚生労働省
賃金構造基本統計調査
職種は異なるが専門的なスキルが必要な仕事が上位
男性と女性で収入の差はありますが、医師や大学教授など、上位に入っている職種に大方共通しています。
また、男女ともに上位に入っているのはいずれも専門的な資格や技術を要する仕事であることが分かるでしょう。

文系と理系に適した仕事や資格が知りたい方は、「儲かる資格はどれ?理系・文系…適性別にご紹介!」もご一読ください。

給料が高いだけで仕事を選ばない

日々の生活を送るにはどうしてもお金が必要なので、給料が高いかどうかも仕事選びの判断基準になり得るでしょう。
しかし、給料だけで仕事を選ぶのはおすすめしません。自分の適性や相性、仕事の傾向などをきちんと把握したうえで判断しないと、ミスマッチによる早期退職になる恐れもあります。
先述したように、高給の仕事はその分激務である可能性が高いです。それでも自分に合っていればやりがいを感じられることもありますが、見極めるためにはワンクッション置いてじっくり考える必要があります。
まずは自己分析や業界研究、企業研究などを行い、自分にとってのベストバランスを見つけるのがおすすめです。
自分にどのような仕事が合っているか分からず、不安があるという方は、エージェントの利用を検討してみましょう。専任のアドバイザーが丁寧にヒアリングを行ってくれるため、自分にマッチする仕事を見つけやすくなります。
若年層に向けた就職、転職エージェントなら、ハタラクティブがおすすめです。ハタラクティブでは、プロによるマンツーマンの支援が受けられます。一人ひとりに寄り添ったカウンセリングを行い、あなたにぴったりの求人をご紹介。ほかにも、応募書類の添削や面接対策など、就職に必要なサポートも実施しています。就職、転職で迷っている方は、ハタラクティブまでご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION