高い?安い?年収500万の手取り額や生活レベルを解説

高い?安い?年収500万の手取り額や生活レベルを解説の画像

この記事のまとめ

  • 給与所得者全体から見ると、年収500万円は高いといえる
  • 額面の8割が手取りとなるため、年収500万円の場合は手取り約400万円となる
  • 年収500万円は独身であれば余裕のある暮らしができる
  • 今の年収に不満や不安を感じているなら、転職を視野に入れるのも1つの手

年収500万円は、世間的にどのように映るのでしょう。年収が500万円を超えるとどのような生活ができるのか、コラムで解説しています。手取り額や生活イメージを知りたい方は、ぜひ参考にしてください。また、年収500万円を目指す方に向けて、年収アップの方法についてもまとめました。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

年収500万円は高い?それとも安い?

国税庁の「民間給与実態統計調査結果」によると、令和2年の給与所得者全体の平均給与額は約433万円です。このことを踏まえると、年収500万円は高いといえるでしょう。
ただし、平均給与額は、雇用形態によって大きく異なります。
433万円は、働くすべての人の平均給与額。正規雇用に限定すると約496万円なので、年収500万円は平均といえます。なお、非正規雇用の場合は約176万円。大きく差が開いているのがわかります。

雇用形態 平均給与 男性 女性
正規雇用 496万円 550万円 384万円
非正規雇用 176万円 228万円 153万円
全体 433万円 540万円 296万円

引用:国税庁「令和2年民間給与実態統計調査(p13)

また、性別によっても大きく差があるのが特徴です。同じ正規雇用でも男女間では160万円ほどの差が生じています。

参照元
国税庁
民間給与実態統計調査

年収500万円の手取り額と生活の目安

年収500万円でも、額面から税金や社会保険料などが引かれるため、実際の手取り額は8割程度。年収500万円の場合、想定される手取り額は約400万円です
さらに、400万円の手取り額を、夏と年末にボーナスが2か月分ずつ支給される場合で考えると「月収25万円+夏賞与50万円+年末賞与50万円」という計算になります。つまり、年収500万円で年に4ヶ月分のボーナスが支給される場合は、毎月の手取りは25万円ほどでしょう。

年収500万円の家賃目安

一般的に、家賃は手取りの3割程度といわれています。手取りが25万円の場合は、7~8万円が目安でしょう。ただし、多くの場合は家賃だけでなく管理費や共益費がかかります。それも含めて8万円に抑えるのが理想でしょう。会社によっては家賃手当が支給されることも。「家賃補助は会社からいくら支払われるの?支給条件やメリットを解説!」を参考に、自分が対象か確認してみてもいいでしょう。

年収500万円の食費目安

総務省が行った調査によると年収ごとの1ヶ月あたりの食費支出は以下の通りでした。

年収 食費
233万円未満 36,879円
233~354万円未満 52,167円
354~506万円未満 63,075円
506~740万円未満 70,903円
740万円以上 89,632円
平均 62,531円

引用:総務省「家計調査/<用途分類>1世帯当たり1か月間の収入と支出

ここでいう年収は税込年収のため、年収500万円の場合は1ヶ月あたり6万円ほどを食費に使用していることがわかります。

年収500万円だとなにができる?

ここでは、年収500万円でできることをまとめています。人によってお金に対する価値観や使い方は様々なので、必ずできるとは限りません。しかし、年収が500万円あれば実行可能なものが多いでしょう。

貯金

国税庁の家計調査を参考にすると、単身世帯の月平均支出額はおよそ15万円でした。
このデータでは居住費が2.2万円となっているため、前述した8万円と仮定しても、平均支出額は約21万円。年収500万円の月の手取りは25万円前後なので、毎月4~5万円は貯金できる可能性があります。

参照元
国税庁
家計調査

自宅

年収500万だと、家賃の目安は前述したとおり8万円前後。一人暮らしなら都心で家を借りることもできる金額です。また、住宅ローンの目安は年収の5~7倍といわれているため、年収500万円があると2,500~3,500万円の借り入れが叶う可能性があります。ただし、借入額と返済可能額は異なるため、ローンを組む際はしっかり試算しましょう。

結婚

結婚と収入は関係ないという意見も多いですが、生活を送るにあたってお金が必要なのも事実。総務省の家計調査によると、二人以上の世帯における月平均消費支出は279,024円。各項目の細かな支出平均額は下記のとおりです。

項目 月平均額(円)
食費 79,401
住居 18,338
光熱・水道 21,531
家具・家事用品 12,101
被服 9,063
健康医療 14,314
交通・通信 39,778
教育 11,905
教養娯楽 25,252
その他 47,342

引用:総務省「家計調査報告(家計収支編)2021年(令和3年)平均結果の概要(5p)

平均額なので偏りはあるものの、やはり夫婦で生活を送るとなると毎月30万円弱の支出が必要になるでしょう。住む地域や生活スタイルによりますが、年収が500万円ほどあれば結婚生活に困ることは少ないと考えられます。

参照元
総務省
家計調査

車の購入

車を購入する場合、車体だけでなく燃料費や保険料、必要に応じて駐車場代といった維持費が発生します。前出の調査によると、二人以上の世帯における自動車等関係費は、月平均で約2.3万円。この金額も含めて毎月の平均支出額となっているため、年収500万円なら車を維持することは可能です。
ただし、都市部で駐車場を借りる必要がある場合はもっと高くなる可能性も。また、車両の購入費用なども必要となります。

年収500万円で効率よくお金を貯める方法

この項目では、年収500万円で効率よくお金を貯める方法について紹介していきます。無理のない範囲で、できることからはじめてみましょう。

実家暮らし

実家で暮らせば、家賃や光熱費、食費は必要ないでしょう。家族に支払う必要があっても、一人暮らしより低い金額で済むことがほとんど。通勤に支障がなければ検討すべき方法です。

自炊をする

自炊は外食より費用を抑えられるので、積極的に取り組みたい節約方法のひとつ。ただし、1人暮らしの場合は食材の量が多く無駄にしてしまうこともあるので注意が必要です。料理の習慣がなければ、最初はお米だけは炊いて惣菜を購入するなど、できる範囲からはじめてみましょう。

通信契約の見直し

自宅のインターネット回線や携帯電話のプラン、契約会社を見直すことで、毎月の出費を大幅に減らすことができます。近年は安価に利用できる格安SIMも増えているので、検討してみましょう。

年収500万円以上を目指しやすい業界

年収500万円以上を目指しやすい業界を紹介します。一般的に給与が高く設定されているといわれる業界です。

IT・通信業界

IT・通信業界は技術の進歩が著しくなっており、需要が伸び続けています。そのため、経験とスキルをつければ、そのぶん自分の評価も高められる可能性があるでしょう。また、今後もIT化や通信の進歩は続くことが予想できるため、専門的な知識やスキルがあれば、より活躍できる可能性があります。

コンサルティング業界

コンサルティング業界の給料が高い理由としては、クライアントの経営課題を解決するという非常に高いスキルが必要となるからです。顧客の経営課題を解決するためには、深い知識と高度なスキル、多くの時間が必要に。その労働量や仕事への責任感から、コンサルタントは高収入になりやすいようです。詳しくは「コンサルタントの仕事」をご覧ください。

このほか、「高収入の仕事に就くにはどうしたら良い?稼げる職業の共通点も紹介!」のコラムでも高収入を狙える仕事についてまとめています。

収入を上げて年収500万円以上を目指す方法

ここでは、年収500万を目指す方に向けて収入をアップさせる方法についてまとめています。自分に合った方法を見つけてみましょう。

昇進する

昇進をすれば役職手当などが発生するので、確実な年収アップになるでしょう。そのためには、仕事をきっちりと行って実績を作ることが大切。そして、社内での評価を高めて、昇進を目指すことを意識して働くようにしてください。

副業をする

年収をあげる方法として、収入を増やすのも選択肢のひとつ。副業を始めれば、昇進や手当より大きな額を得ることができます。ただし、副業禁止の会社もあるため、全員ができるわけではありません。会社員の副業については「正社員でも副業してOK?会社にバレる理由や働く際の注意点について解説」のコラムで解説しています。

転職をする

年収をあげる方法として、転職というものも手段の一つです。これまで身につけてきた経験やスキルを活かしてステップアップすれば、収入アップの転職が叶うでしょう。ただし、「転職をすると給料は下がる?収入アップを目指すための交渉術」でも述べているように、短期間で繰り返される転職やキャリアチェンジの場合は年収が下がる可能性が高め。転職すれば収入がアップする、と決めつけずに転職先を選びましょう。

「今の仕事では昇給に限界がある」「もっと給与条件の良い会社で働きたい」そんな風に考えていませんか?今の仕事の年収や待遇に不満がある方、将来に不安を感じている方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブを活用して転職活動をすれば、アドバイザーが希望する条件に沿った求人の紹介や、条件交渉の代行などを行ってくれます。直接企業に取材を行った求人情報のみを紹介しているので、入社後の不安も軽減されます。
また、応募書類の添削や面接対策なども行っているため、転職活動が初めての方も安心です。
将来を考えて転職したい、今よりも条件の良い職場で働きたいと考えている方は、ぜひハタラクティブまでお問い合わせください!

この記事に関連するタグ