女性の年収、30代前後の平均はどれぐらい?500万以上を狙える職業とは

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 女性の年収、30代前後の平均はどれぐらい?500万以上を狙える職業とは

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・女性の年収の平均は20代で250~300万円、30代で300~350万程度
    ・女性の年収が高い地域は「東京都」「神奈川県」「大阪府」「愛知県」
    ・年収500万円以上を稼ぐ女性は全体の1~2割程度
    ・年収450~500万以上を狙えるのは高度な知識や技術を必要とする専門職

女性の年収、30代前後の平均はどれぐらい?500万以上を狙える職業とはの画像

このコラムでは女性の年収について、年代別・地域別の平均、500万以上の割合を紹介しています。
女性の場合、結婚・妊娠・出産などによるライフステージの変化が、仕事に影響を及ぼすこともあるでしょう。記事には高収入を狙いやすい職種や、稼ぐ女性の特徴なども掲載しています。
自分の年収が平均と比べてどの程度なのか知りたい人、キャリアアップに悩んでいる人は、ぜひご一読ください。

年代別に見る女性の平均年収

まずは年代別に女性の平均年収をチェックしていきましょう。以下は厚生労働省のデータをもとに算出した年収(※1)です。
(※1)平均月給×12ヶ月分と、それに賞与分(平均月給×3)を足した金額。なお、千円以下は切り捨てています


20代の平均年収

20~24歳:(平均月給/20万円)→約250~312万円
25~29歳:(平均月給/23万円)→約279~349万円


30代の平均年収

30~34歳:(平均月給/24万円)→約296~371万円
35~39歳:(平均月給/25万円)→約307~384万円


40代の平均年収

40~44歳:(平均月給/26万円)→約322~402万円
45~49歳:(平均月給/27万円)→約325~407万円


上記で分かるとおり、20代の女性の年収はおよそ300万円。30代に入ると350万以上を稼げるようになり、40代で400万以上に到達するようです。
とはいえ、学歴や企業規模によって収入の差は生じます。大卒で大企業に勤めている25~29歳の月給平均は約26万円なので、人によっては20代から400万近い年収を得られる場合もあるでしょう。


参照元
厚生労働省
令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況
内閣府男女共同参画局 Gender Equality Bureau Cabinet Office
「共同参画」2020年3・4月号(p.11)

都道府県別に見る女性の平均年収

厚生労働省の調べによると、全国平均(男女計)の30万7千円よりも平均賃金が高かった地域は、以下のとおりです。


・東京都:約37万円
・神奈川県:約34万円
・大阪府:約33万円
・愛知県:約31万円


この結果をもとに、それぞれの地域における20~30代の女性の平均年収(※2)をチェックしていきましょう。
(※2)平均月給×12ヶ月分に賞与額を足した数字


東京

20~24歳:(平均月給/24万円、賞与/36万円)→約335万円
25~29歳:(平均月給/28万円、賞与/73万円)→約418万円
30~34歳:(平均月給/31万円、賞与/86万円)→約467万円
35~39歳:(平均月給/33万円、賞与/95万円)→約500万円


神奈川

20~24歳:(平均月給/23万円、賞与/36万円)→約324万円
25~29歳:(平均月給/27万円、賞与/65万円)→約397万円
30~34歳:(平均月給/29万円、賞与/80万円)→約437万円
35~39歳:(平均月給/31万円、賞与/72万円)→約450万円


大阪

20~24歳:(平均月給/23万円、賞与/35万円)→約323万円
25~29歳:(平均月給/26万円、賞与/65万円)→約380万円
30~34歳:(平均月給/28万円、賞与/74万円)→約420万円
35~39歳:(平均月給/30万円、賞与/84万円)→約445万円


愛知

20~24歳:(平均月給/22万円、賞与/35万円)→約310万円
25~29歳:(平均月給/26万円、賞与/67万円)→約380万円
30~34歳:(平均月給/27万円、賞与/69万円)→約395万円
35~39歳:(平均月給/27万円、賞与/75万円)→約410万円


このコラムの「年代別に見る女性の平均年収」で紹介した結果と比較して分かるとおり、東京はどの年代においても平均よりも高い年収が見込めます。20代前半まではそこまで大きく開いていませんが、30代後半になると100万近い差が生じるようです。
神奈川・大阪は東京に比べると下がるものの、全体的に各年代ごと平均よりも10~50万前後高いことが分かります。東京と同じく、年齢を重ねるにつれ平均との開きが大きくなります。愛知は年代別の平均をやや上回る程度で、どの年代もそこまで大きな開きはありません。
「年収が高い地域」としては東京が圧倒的です。ただし、東京は家賃や物価も高いため、ほかの地域に比べて生活費がかかります。収入とのバランスを見ると、「割りに合わない」と感じる人も多いようです。


参照元
厚生労働省
令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況 - 都道府県別にみた賃金
e-Stat 政府統計の総合窓口
賃金構造基本統計調査

年収500万以上の女性の割合は?

年収500万円以上を稼ぐ女性は全体の1~2割り程度です。国税庁が発表した民間給与実態統計調査(平成29年分)の結果をもとに、詳しくチェックしていきましょう。


女性の給与階級別分布の結果

給与所得者4,945万人を対象にした調査によると、女性の給与階級別分布の結果は以下のとおりです。


(単位は千人)
・100万円以下:3,204(15.9%)
・100~200万円:4,734(23.6%)
・200~300万円:4,353(21.7%)
・300~400万円:3,435(17.1%)
・400~500万円:2,099(10.4%)
・500~600万円:1,078(5.4%)
・600~700万円:500(2.5%)
・700~800万円:276(1.4%)
・800~900万円:143(0.7%)
・900~1,000万円:81(0.4%)


もっとも割合が多いのは年収100~200万円以下(473万人、23.6%)の人たち。次いで200~300万円(435万人、21.7%)となっており、働く女性の6割以上が年収300万を超えていないと分かります。給与階級が上がるに連れて割合は減っていき、900万以上を稼ぐ人は0.4%とごくわずかです。女性が500万円以上の年収を得るのは容易ではないといえるでしょう。


女性の給与階級が低いのはなぜ?

女性の給与階級が低い原因として、非正規社員の多さが挙げられます。平成30年の女性の給与取得者は2,081千人。このうち、正規は10,770千人、非正規は8,132千人です。全体の約4割が正社員ではないと分かります。
一方、男性は給与取得者29,457千人のうち、非正規は3,540千人と、全体の1割程度。男性に比べ、正社員として働く女性が少ないことが、平均年収の低さに影響していると考えられます。


参照元
国税庁
民間給与実態統計調査(平成29年分)
平成30年分民間給与実態統計調査結果について

450~500万以上の年収を期待できる職業

ここでは、高い年収を目指したい人に向けて女性におすすめの職業をご紹介します。以下、政府の賃金構造基本統計調査の結果をもとに、30~40代で年収450~500万以上を狙える職種をピックアップしました。


年収450万以上を狙える職種

・歯科医師(平均月給:37万円、賞与:24万円)
・獣医師(平均月給:35万円、賞与:41万円)
・看護師(平均月給:33万円、賞与:81万円)
・診療放射線/診療エックス線技師(平均月給:31万円、賞与:81万円)
・臨床検査技師(平均月給:29万円、賞与:86万円)
・社会保険労務士(平均月給:28万円、賞与:90万円)
・各種学校/専修学校教員(平均月給:34万円、賞与:73万円)


年収500万以上を狙える職種

・自然科学系研究者(平均月給:37万円、賞与:146万円)
・技術士(平均月給:38万円、賞与:110万円)
・一級建築士(平均月給/39万円、賞与:137万円)
・システムエンジニア(平均月給/33万円、賞与:97万円)
・医師(平均月給:79万円、賞与:68万円)
・薬剤師(平均月給:37万円、賞与:79万円)
・弁護士(平均月給:45万円、賞与:175万円)
・公認会計士/税理士(平均月給:36万円、賞与:77万円)
・高等学校教員(平均月給:40万円、賞与:152万円)
・大学教授(平均月給:62万円、賞与:274万円)
・大学准教授(平均月給:51万円、賞与:198万円)
・大学講師(平均月給:44万円、賞与:131万円)
・記者(平均月給:44万円、賞与:141万円)
・電車運転士(平均月給:35万円、賞与:151万円)
・電車車掌(平均月給:31万円、賞与:132万円)
・航空機操縦士(平均月給:89万円、賞与:135万円)


この結果から、年収が高い職業には「専門性が高い」という共通点があることが分かります。医師や弁護士、電車や航空機の操縦者など、業務にあたって高度なスキル・知識・資格が必要な職種はおしなべて高収入です。
このような専門的な職種は、景気に左右されにくく、将来に渡って技術を活かせるのが魅力。また、妊娠、出産といったライフイベントの影響で一時的に仕事から離れても、再就職しやすい傾向にあります。


参照元
e-Stat 政府統計の総合窓口
賃金構造基本統計調査 / 令和元年賃金構造基本統計調査(順次掲載予定) 一般労働者 職種


「このままでは年収が上がりそうもない…」と悩んでいるなら、この機会にキャリアを見直してみませんか?今よりも高い年収を望むなら、転職を検討してみるもの1つの手段です。


就職・転職エージェントのハタラクティブでは、利用者一人ひとりに専任のアドバイザーがつき、悩みや要望を丁寧にカウンセリングいたします。これまでの経験、スキル、適性を踏まえたうえで、あなたの希望に合ったお仕事をご紹介。企業との条件交渉はアドバイザーの担当なので、安心して希望を伝えられます。給与面を始めとして入社後のミスマッチを防げるのは大きなメリット。ぜひこの機会にご利用ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ