コンサルタントの仕事職種図鑑

コンサルタントの仕事内容

コンサルタントとは、企業・官公庁をはじめとするクライアントを対象に、専門知識や経験、技術を活用し、クライアントが抱える課題を解決へと導く職種のことを指します。

クライアント毎に異なる課題や戦略。コンサルタントの業務には、どのようなものがあるでしょうか。

【主なコンサルタントの種類とその業務内容】

・ITコンサルタント

IT技術を駆使した現状の分析や対策の提案、課題解決のためのネットワーク構築及びシステム開発など

・経営コンサルタント

経営状態の調査・分析をはじめ、経営戦略立案や賃金の見直しといったクライアントの経営上の課題全般に関する助言・支援など

・人材コンサルタント

クライアントが求める人物像にマッチした人材のヘッドハンティング及び採用支援など

上記以外にも、労務コンサルタントや選挙コンサルタント、建築コンサルタント、ファイナンシャルコンサルタントなど、各分野にコンサルタントが存在しているようです。

中には、クライアントとの業務に留まらず、専門知識を活かした勉強会やセミナーを開催するコンサルタントも少なくありません。

【コンサルタントのやりがいは?】

コンサルタントの最大のミッションは、クライアントが抱えている課題を解決へと導くこと。

課題が解決し、業績アップやコスト削減といった成果を達成した時に、やりがいを感じる人が多いようです。

また、クライアントと一緒になって喜びを分かち合えるのもコンサルタントの醍醐味ではないでしょうか。

クライアント全てが同じ課題を抱えているわけではありません。依頼されるプロジェクトが毎回異なるため、常にチャレンジングな環境の中で業務を遂行できることに魅力を感じている人もいるようです。

【コンサルタントとして働くうえで大変なところは?】

どの業種にも当てはまる『仕事の期限』。

コンサルタントの場合、“課題解決までの期限”として明示されるようです。数ヶ月単位の短期的なプロジェクトから数年に及ぶ長期的なプロジェクトまでさまざま。

クライアントはお金をかけてコンサルタントへ依頼するわけですから、クライアントが納得するような答えを導き出さなければなりません。また、信頼を損なわないためにも、課題分析やリサーチを徹底して行う必要があります。

毎回これらのことを業務とするコンサルタント。課題解決へのプレッシャーやクライアント毎に異なる業務知識の習得など、精神的にも身体的にも大変と感じる人は少なくないようです。

コンサルタントの給与年収待遇

一般的に「エリート」「業界の知識と分析力に長けたスペシャリスト」などのイメージを持たれているコンサルタント。収入面ではどうでしょうか。

コンサルタントの年収は、500~1,000万円ほどとなっており、実際に一般的なサラリーマンの年収よりも高い傾向にあるようです。

中でも、収入が高いとされている外資系コンサルタント企業は、20代社員で年収1,000万円、役職者であれば数千万円となるケースもあります。

企業によっては、社会人1年目の年収が500万円以上ということも。

しかしながら、これらはあくまでも収入の目安とするもので、コンサルタント業界では、年齢や肩書、勤務年数に関わらず、成果を重視する企業が多い傾向にあります。

実力主義・成果主義を導入することで、収入アップだけでなく、仕事へのモチベーション向上や仕事効率化のためのスキルアップなど、自分の成長にも繋がるでしょう。

コンサルタントになるには

他の職業と比較すると年収が高く、クライアント毎の専門知識を必要とするコンサルタント。

「いろいろな資格を取得しないといけないのでは?」「高学歴でないと働けないのでは?」と思う人がいるのではないでしょうか。

実際は、コンサルタントとして働くにあたって、特定の国家資格や学歴は必要ないとされています。

しかしながら、幅広い知識を求められる職業であるため、四年制大学や大学院を卒業してからコンサルタントして働くのが一般的です。

中には、コンサルタントとして個人で活動する人がいますが、まずは実績を作りたいもの。多くの人は、はじめにコンサルタント企業に就職し、経験を積むという傾向にあるようです。

コンサルタントの将来性

【コンサルタントのニーズ】

これまで、経営戦略や企画立案といった会社にとって重要な事案を外部の人間に委ねるという概念がなく、社内で発生する問題や課題は社内で解決するのが基本とされていました。

しかしながら、「なかなか商品が売れない」「会社の業績が上がらない」という流れからか、近年コンサルタント業界へのニーズが高まっている傾向にあります。

長く会社にいると、状況をわかっているつもりが実は見えていないことも。

コンサルタントに依頼する企業の中には、「社内で発生する問題や課題について、第三者の視点からコンサルティングをしてほしい」という理由もあるようです。

【キャリアアップのための重要なポイント】

コンサルタント業界でキャリアアップをするためには、より多く経験や実績を積むことではないでしょうか。

課題解決スキルを磨くための勉強も大切ですが、クライアントのニーズや市場動向は常に変化し続けています。

それと同時に、グローバル化が進む近年、課題が山積みになっている企業も少なくありません。

プロジェクトはクライアント毎に異なるため、経験を積むことでたくさんの専門知識が身に付くでしょう。

コンサルタントの志望動機例

「コンサルタントの仕事をしたい」という方は、ぜひこちらも参考にしてみてください。

コンサルティング業界でコンサルタントとして活躍するには、どのようなスキルや資格が必要なのか。また、経験の有無で分かれる面接時のアピール方法についてご紹介しています。

自分のスキルを最大限に引き出せる分野で、専門知識を活かして活躍しませんか?

コンサルタントに必要な資格

コンサルタントの仕事にはどのような資格が活かせるかご存知ですか?

こちらのページでは、コンサルタントの仕事に役立つ公認会計士や中小企業診断士、税理士の資格の特徴や取得までの流れ、受験資格をそれぞれご紹介します。

公認会計士や中小企業診断士、税理士の資格に興味のある方や取得を考えている方は参考にしてみてください。

コンサルタントの仕事

コンサルタントと一言でいっても、その種類や仕事内容はさまざまです。

こちらのページではコンサルタントをより具体的にイメージできるよう、「ITコンサルタント」「経営コンサルタント」「人材コンサルタント」についてその役割と仕事内容をご紹介しています。

コンサルタント業務に興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

コンサルタントは激務?

華やかな職種という印象がある一方、激務であると言われているコンサルタントの仕事。

このページでは、実際に労働時間は長いのか、コンサルタントが多忙とされている理由、長期休暇は期待できるのかなど、コンサルタントの労働状況について詳しくご紹介しています。コンサルタントの仕事が気になっている方、ぜひ参考にしてみてください。

コンサルタントの種類

同じコンサルタントという職業であっても、働き方や専門分野によって呼ばれ方や仕事の内容が異なることをご存知ですか?このページでは「ITコンサルタント」「経営コンサルタント」など、主要なコンサルタントの種類を紹介する他、それぞれの働き方や必要な資格などについて解説しています。コンサルタントの仕事に興味がある方はぜひご覧ください。

コンサルタントに就職

お堅いイメージのあるコンサルタント。こちらのページでは、新卒採用のプロセスについてや、コンサルタントに求められる大切な4つの素養についてご紹介しています。その他、面接でのアピールポイントについてもまとめてみました。コンサルタントの職業に関心をお持ちの方や、コンサルタントのお仕事をお探しの方、ぜひこちらのページをチェックしてみてください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ