年収を上げる方法を紹介!資格取得や副業は有効?スキルアップの効果は

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 年収を上げる方法を紹介!資格取得や副業は有効?スキルアップの効果は

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・年収を上げるには「成果を残す」「スキルアップする」「副業する」などの手段がある
    ・年収を上げるためには、給与の判断基準や自分の実績を正しく把握することも大切
    ・年収が上がる人は、実績や明確なキャリアビジョンがある傾向
    ・年収が下がる人は、転職回数が多かったり経験を活かせない職種についていたりする
    ・年収を上げるために、同年代の平均年収を参考にするのも良い

年収を上げる方法を紹介!資格取得や副業は有効?スキルアップの効果はの画像


年収を上げる方法があるか知りたい方は多いようです。年収を上げる単純な方法としては、スキルアップや資格取得、副業などが挙げられるでしょう。しかし、これらは結論としては単純な方法でも、その実、努力が欠かせない手段であるといえます。そのほかにも、年収が上がる人には共通するポイントもあるようです。
このコラムでは、どのようなことをすれば年収が上がるのかを解説していますので、ぜひチェックしてください。


年収を上げる単純な方法はある?

年収を上げるには「実績を残す」「資格取得をする」「副業をする」など、いくつかの方法があります。それぞれの詳しい内容を紹介していますので、まずは年収を上げる単純な方法を知りたい、という方はこちらを参考にしてみてください。給与は社員の実績や将来性が反映されることを踏まえることが大切です。


成果を残す

仕事で成果を残せば収入がアップする可能性は高まります。たとえ小さな成果でも、積み重ねていけば評価してもらえることもあるでしょう。逆に1度きりの結果であっても、大きな功績であれば高く評価してもらえます。
ただし、年功序列制度が根付いている、評価制度が正当に機能していないなどの理由があると難しいのがこの方法のデメリットです。


資格を取得してスキルアップする

特定の資格を取得している社員に対して手当を支給する会社では、資格取得手当により年収アップが見込めます。資格取得手当がない会社でも、取得したことで「スキルアップした」「任せられる業務内容が増えた」などの理由から給与に反映することがあるようです。


副業する

副業をすれば、その分の収入は増えます。しかし、正社員の場合は副業は不可とされていることもあるので、事前に就業規則をチェックしてから行いましょう。
なお、副業を禁止している多くの理由は、副業を行うことで疲労が溜まり、本職である業務に支障が出ることを懸念しているため。「副業で得たスキルや経験は本業でも活かせる/活かしてほしい」と考える会社では副業を可としていたり、特に規定を定めていなかったりするようです。もし副業して良いのか分からない場合は、上司に相談してみましょう。


転職する

今の職場よりも高い給与の会社に転職しましょう。とはいえ、「転職をすると年収が下がる」という場合もあります。「年収を上げるため」の転職なのであれば、確実に収入アップが見込めるのかしっかり確かめてから動いたほうが良いでしょう。


年収アップのために今すぐできること

自分がどの方法で年収を上げていくか悩む方は、「給与基準を知る」「成果を数値化する」「成長のための努力を続ける」ことを意識してください。


給与の判断基準を知る

まずは給与の基準を知ることが大切です。
自分では「本来ならもっと高い給与になるはず」と思っていても、その会社の判断基準によっては成果として認められないため。たとえば、先ほど挙げたような年功序列制度の会社では、どれだけ結果を残しても重要視されるのは年齢や勤続年数である、という具合です。


<基本的な給与の判断基準>
・基本給
・年齢または勤続年数
・実績
・勤務態度
・役職


自分の仕事の成果を数値化する

自分が部署や会社にどのように貢献できているかを確かめるため、仕事の成果を数値化してみましょう。1日やひと月あたりの達成目標に対して、自分はどれだけ貢献しているかを見ます。
可能であれば、同じ業務を行っている人の成果と見比べてみると良いでしょう。
たとえば、10名1チームの月の達成目標が30件だった場合。そのうち自分は7件成果を挙げているため、「十分チームに貢献できている」と考えるでしょう。しかし、なかには「1人で10件成果を挙げている人がいる」というように、自分より多く実績を立てている人がいることも。一般的には個々の成果を見て評価をするものの、職場環境によってはより実績を残している人がいると「その功績を残した人」が評価基準となることもあります。このように正しく評価制度が機能しなくなることもあるようです。


成長する努力をする

評価の対象になるかどうかに関わらず、どのような状態であっても成長が止まってしまえば、年収アップは期待できないでしょう。常にスキルアップを目指すことが大切です。業務に関連する資格を積極的に取得したり、参考書などで学んだりしておくと良いでしょう。
常時同じような業務を行っている部署・会社もありますが、社会のニーズに応じて事業やサービス・商品を変えるのは基本的な社会の在り方。変化のときが来たとき、学んだことを活かせるようにしておくと収入アップにつながります。


転職をして年収が上がる人の傾向

転職をして年収が上がる人には、「キャリアビジョンが明確」「成果型の会社に転職した」など共通する傾向があるようです。具体的な内容は下記をご覧ください。


実績がある

実績がある方、特に志望企業・業種に関連する分野での成果がある方はその功績を認められ、入社時の給与が高く設定される傾向にあります。先述したように、それが一般的には些細なものでも、積み重ねた結果、高い評価を得られていたのであれば正当な評価対象となるでしょう。


キャリアビジョンが明確にある

キャリアビジョンが明確な人は、これまでの経緯に軸があり、努力を惜しまない信頼に足る人材と判断される傾向があります。また、キャリアアップ・キャリアチェンジにも意欲的なことから、「成果を見据えた行動をしてくれる」という期待値が給与に反映されるようです。


成果型の会社に就職した

成果を見て給与に反映する会社では、活躍するほど年収を上げられるでしょう。インセンティブ制度を導入している会社でも、収入が増える仕組みを作り上げています。成果が報酬に反映されることから社員のモチベーションも上がりやすいようです。


転職をして年収が下がる人の傾向

年収が上がる人に共通項があるように、転職で年収が下がってしまう人にも「転職回数が多い」「経験を活かせていない」「企業研究が足りない」というような共通するポイントがあります。


転職回数が多い

転職回数が多いと、必然的に1つの会社での経験は少ないということになります。成果をあげる機会にも限度があり、アピールできるような実績がある人は少ないと考えられるでしょう。年齢に対するキャリア・実績不足と考えられ、給与設定は低めになるようです。


キャリア・経験が活かせない転職をしている

異業種のように、これまでの経験を活かせない未経験の分野へ転職する場合も、給与は低めになります。これは、多くの企業が求める人物像が「即戦力となる人材」であるため。1からの教育が必要な場合は、年齢や別の分野でのキャリアが評価の対象とならない会社が多いからです。


企業研究が足りない

志望企業の給与水準やキャリアプランがどのようになっているか知らないまま転職すると、年収が下がることも。
たとえば、「有名企業で求人に書かれている給与も高く、自分も年齢とキャリアに応じた収入を得られるはず」と思っていても、実際には「成果型の会社で、実績をあげていかないと年齢に応じた収入が得づらい」という具合です。転職活動時には求人を見るだけでなく、会社のWebサイトもよく確認して応募しましょう。


性別ごとの20代平均年収

年収を上げたい方は、自分の年代の平均年収を参考にした上で、今後をどうするか決めるのも良いでしょう。ここでは、20代の平均年収についてご紹介します。


20代男性の平均年収

・20~24歳…284万円
・25~29歳…404万円


20代女性の平均年収

・20~24歳…249万円
・25~29歳…326万円


男女合計の20代の平均年収

・20~24歳…267万円
・25~29歳…370万円


参照元:
国税庁「平成30年分 民間給与実態統計調査-調査結果報告」


このように、同じ20代でも前半と後半では大きな収入の差があります。今、「年収が低いかも…」と不安に思っている方も、今後のキャリアプランによっては、大幅な年収アップが期待できるとも考えられるでしょう。


年収が上がる転職を成功させるコツ

ここでは、求人を選ぶ際のポイントや転職活動時のアピール方法の2つ観点から、年収が上がる転職のコツをご紹介します。


求人の選び方

給与規定

会社は各々で給与規定を定めており、同じ業界や職種でも、もととなる給与設定が大きく違います。大手の会社でも、年齢やスキルごとに定められた規定に基づいて給与を設定するのが基本。必ずしも大手・有名会社に入社できたからといって年収が上がるわけではないことを理解しておきましょう。


年功序列型か成果型か

繰り返しになりますが、年功序列制度と成果型の会社では自分の努力次第で大きく収入に影響が出ます。インセンティブ制度があるかも反映されるでしょう。


福利厚生や手当の充実度合い

住宅手当や家族手当などの金額も、実は収入に影響が出るチェックポイント。これらも会社ごとに金額が違うので、人によっては「家賃代4万円が丸々浮いて、日常に使えるお金にゆとりがある」という状況になりえます。保養所・テーマパーク・ジムなどを格安で利用できる福利厚生がある場合も、実際の年収には関係なくてもゆとりある生活につながるでしょう。


転職活動時のアピールポイント

採用するメリットを伝える

どれだけキャリアや実績があっても、アピールに具体性がなかったり志望業種と関係がなかったりすれば評価対象に見られません。キャリアや実績があれば具体的に、できればイメージしやすいよう数字を使ってアピールしましょう。もし異業種への挑戦であれば、なぜ興味を持ったのか、いま夢に向かってどんな努力をしているのか、どれほどの意欲があるのかなどをアピールするのがおすすめです。


希望年収がある場合は履歴書に記載する

基本的に年収を上げたい転職であっても、最終面接までは給与面の話をするのは避けたほうが良いとされています。
しかし、「どうしても希望年収での転職がしたい」「希望年収に見合った成果を残す自信がある」という場合は、履歴書にひと言添えておくと良いでしょう。内定に至ったのち、給与面での不一致で契約できなくなれば、お互いに時間と労力を無駄にしてしまうことになるからです。


転職で年収アップを目指すなら、ハタラクティブをご利用ください。
ハタラクティブは第二新卒など若年層に特化した転職支援を行っています。ヒアリングによる求人紹介をはじめ、書類添削、面接対策、面接日のスケジュール調整などすべて専任のアドバイザーが担当。扱っている求人は、アドバイザーが実際に会社に赴いて情報を得たものだけなので、安心です。
お悩みがあればチャットツールで解決することもできますので、ぜひお気軽にご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ