年収を上げる方法を紹介!収入が増えやすい人の特徴を解説

年収を上げる方法を紹介!収入が増えやすい人の特徴を解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・年収を上げる方法には昇進や副業、転職などいろいろな手段がある
  • ・年収が上がりやすい人は、努力を怠らずプラスアルファの仕事をしていることが多い
  • ・転職で年収を上げるには、賃金が高い業界を狙うと効果的

年収を上げる方法について知りたい方に向けて、より高収入になるための7つの方法をご紹介します。年収を上げる方法に加え、収入が上がる人の特徴についても解説するので、どうすれば自分がより高収入になるのか気になる方はチェックしてみましょう。
年収を上げる方法を実践する際の注意点もまとめたので、今より高収入になりたい方はぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

年収を上げる7つの方法

年収を上げる方法にはいくつかあり、自分が置かれた状況によってどの方法が適しているのかを見極める必要があります。年収を上げる方法自体はそれほど難しいものではありませんが、アプローチの仕方やタイミングを間違えると成功しません。
年収を上げる方法を探している方のために、今から実践できる7つの方法をご紹介します。

1.昇進や出世をする

年収を上げる方法でもっとも単純なものは、昇進や出世をすることです。
会社の中で昇進したり出世したりすれば年収は上がります。特に、管理職に就けば基本給がアップするでしょう。
厚生労働省 の「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況」によると、非役職者の月収と、係長や課長、部長との間には大きな格差があることが明らかになっています。

昇進や出世をするの表

引用元:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況

令和2年における非役職者の賃金は298,300円、係長級は381,700円、課長級は499,000円、部長級は601,700円でした。非役職者の平均月収を100とした場合、係長級の月収は128.0、課長級は167.3、部長級にいたっては201.7と2倍以上の開きがあることが分かります。
女性の場合この格差がさらに顕著です。非役職者の女性の賃金は248,100円、係長級は337,300円、課長級は443,100円、部長級は520,500円。非役職者の女性の月収を100とした場合、係長級の月収は136.0、課長級は178.6、部長級は209.8と大きな差が生じています。

ボーナスや残業代の単価を考慮すると非役職者と管理職の年収の差はさらに広がっていると考えられるでしょう。また、昇給や昇進の基準は年齢や経験、勤続年数などに企業によってスピードも評価方法も異なります。日本の企業ではいまだに年功序列の傾向が強く、出世するのに時間がかかる場合もあります。加えて、会社の雰囲気や上司の性格によっては、自分の能力が正しく評価されないこともあることを覚えておきましょう。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況

2.上司に交渉してみる

年収を上げる別の方法は、上司への交渉です。特に、自分の能力や上げている成果が年収と釣り合っていないように感じるのであれば、交渉してみると良いかもしれません。誰が見ても明らかに大きな成果を上げている場合には、上司に交渉することで年収がアップする可能性があります。
ただし、上司への交渉にはいくつかの注意点があります。
ただ単純に年収を上げてほしいとお願いするのではなく、自分がどの程度成果を上げているのか、どのように会社に貢献しているのか具体的な数字とともに説得しましょう。給与アップにつながる自分の功績を分かりやすくまとめ、準備をしておきましょう。

交渉が成立した場合も、百万単位で上がることはほとんどないといえます。大幅な年収アップには期待しない方が良いでしょう。

3.副業を始める

年収を上げる方法を探している方は、副業を始めるのもおすすめです。会社員として働いている場合、出世して月収を数万円上げるには働きぶりを認められるまで、ある程度の期間が必要です。しかし、本職と兼業できる副業があれば月に数万円程度稼ぐのはそれほど難しくありません。場合によっては、副業の収入が本業の収入を上回ることもあります。

休みの日や帰宅後の時間にゆとりのある方は検討してみても良いでしょう。
副業にはいろいろな種類があるため、自分に合ったものを探せるのも大きなメリットとなります。
たとえば、本業としている仕事が始まる前や終わった後にアルバイトをするのも一つの方法です。また、ウェブライターやプログラマー、システムエンジニアなど、在宅でできる仕事を試してみるのもおすすめ。多くの在宅ワークはパソコンとインターネット環境が整っていれば行え、外出する必要もないので取り組みやすい副業です。
そのほか、アフェリエイターやブロガーなどで広告収入を得て副業とする方もいます。

本業の会社が副業を認めているか就業規則を見て確認しましょう。もし会社が副業を禁止しているのに副業を始めると、戒告や減給などの処分が下される恐れがあります。
加えて、年収を上げる方法として副業を選んだ場合、確定申告が必要となるかもしれません。副業による収入が年間20万円以下の場合には確定申告は必要ありませんが、住民税の申告は必要となるので注意しましょう。

4.スキルを磨く

自分のスキルを磨いたり資格を取得したりするのも年収を上げる方法として効果的です。仕事に役立つ資格を取得すると、資格手当が支給される場合もあります。努めている会社に資格取得手当があるかどうか、ある場合はどういった資格が対象になっているかを調べてみましょう。
また、営業力やコミュニケーション能力、情報管理能力、行動力などをスキルアップしていくことにより、会社や上司から信頼されれば、年収が上がる可能性は十分にあります。
たとえ今の会社で年収が上がらなかったとしても、評価されやすいスキルは転職に有利に働く可能性もあるので、仕事に役立つスキルを磨いておくようにしましょう。

5.起業する

起業して運営側に回ることで、年収を大幅に上げられる可能性もあります。ただし、起業には人脈や営業力、提供する商品力が必要となります。ただやみくもに起業しても成功するとは限りません。事業が軌道に乗れば年収を上げることもできますが、うまくいかなかった場合には、逆に下がってしまう恐れもあります。起業はリスクもともなうので、慎重に検討すべき方法です。

6.投資する

年収を上げる方法としては、投資も有効です。副業の一環として投資している方もいますが、労働以外の方法で年収を上げられるのが大きな魅力。

スマートフォンから行える少額投資やリターンは少ないもののリスクも低い確実性の高い投資も人気があります。大幅に年収を上げる方法というわけではありませんが、検討する価値があるでしょう。

7.転職する

今の会社で年収を上げる方法が見つからないのであれば、転職も一つの手です。
転職することで、自分の能力やスキルを正しく評価してくれる会社に出会える場合もあります。
大手企業への転職にこだわる必要はなく、中小企業やベンチャー企業などでも大幅な年収アップが提示されることもあります。。どのような資格を持っているか、どのようなキャリアを積んできたかによって異なりますが、面接の段階でしっかりと能力をアピールできれば、年収の交渉がしやすくなるでしょう。。転職で年収を上げる方法についてさらに知りたい方は、詳しく書かれたコラム「転職をすると給料は下がる?収入アップを目指すための交渉術」もご覧ください。

年収が上がりやすい人の3つの特徴

年収を上げる方法はいくつもありますが、年収が上がりやすい人の特徴についても知っておくことは重要です。
同じように仕事をしていても、年収が上がりやすい人とそうでない人には大きな違いがあります。年収が上がりやすい人の3つの特徴を見ていきましょう。

1.努力を怠らない

年収が上がりやすい人の大きな特徴の一つは、「努力を怠らない」ことです。

新たな資格を取るために通信講座を受講したり、他の社員よりも早く出社して仕事をしたりして、常に努力を怠らない人は、いずれ評価に繋がり徐々に年収が上がっていく可能性が高まるでしょう。

2.コミュニケーション能力が高い

年収が上がりやすい人は、コミュニケーション能力が高いです。
コミュニケーションをきちんと取っていると上司や同僚から信頼され、評価につながる可能性がありす。特に、上司に対しては報告や連絡、相談をこまめに行って、信頼を得るようにしましょう。
コミュニケーション能力は、仕事以外の部分でも発揮できます。就業時間以外に飲み会に誘われたり、社内でのレクリエーションがあったりする場合には、積極的に参加して一緒に楽しむようにすると、評価されやすくなるでしょう。

3.プラスアルファの仕事をする

年収が上がりやすい人は、任された仕事だけでなくプラスアルファの仕事をしていることが多いです。任された仕事に加えて、業務をスムーズにするために役立つ仕事に取り組めると、評価につながります。たとえば、まだ誰も取り掛かっていない仕事に気づいて作業を進めてみたり、空いた時間を使って他の人の書類や領収書の整理をしたりするなどが挙げられるでしょう。
プラスアルファの仕事をこなすことで、会社への貢献度がより高いと見なされ、年収が上がる可能性があるのです。

もしかしたら自分は年収が上がらない人なのかもしれないと思った方は、給料が上がらない人の特徴について詳しく書かれたコラム「給料が上がらない場合の原因とその対処の仕方」もご覧ください。

転職で年収を効果的に上げる方法

先述した通り年収を上げる方法の一つは転職です。今の年収に不満があり、努力したものの給与が上がらないように思える場合には、転職を検討してみしょう。以下より転職する際に押さえるべき3つのポイントを紹介します。

1.平均年収が高い業界に転職する

転職する際に給与の高い業界を選ぶと効率よく年収を上げることができます。
厚生労働省 の「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況」の結果を参考に、賃金の高い業界をチェックしていきましょう。
男性の場合、産業別の賃金がもっとも高いのは「金融業・保険業」です。続いて教育や学習支援業、65歳以上になるとほかの産業が下がっていくのに比べ、医療や福祉業界上がっています。
一方、女性の場合には、情報通信業の賃金がもっとも高く、教育、学習支援業が続きます。逆に、もっとも賃金が低いのは男女ともに宿泊業、飲食サービス業です。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況

2.特定のスキルが求められる業界に転職する

転職によって年収を上げるための別のポイントは、特定のスキルが求められる業界を選ぶことです。
他の人があまり取得していない、もしくは難易度が高くて取得できないスキルを持って転職すれば、年収を大幅に上げることができるかもしれません。
たとえば、行政書士や司法書士、弁護士などの士業、データベーススペシャリスト試験やネットワークスペシャリスト試験などIT関連の資格、不動産鑑定士や一級建築士など土木関連の資格などが例として挙げられます。
こうした特別なスキルを身に着けて転職する場合には、その資格が高く評価されて大幅に年収がアップする可能性があるのです。

3.給与テーブルが高い企業に転職する

転職を成功させて年収を上げる方法として、給与テーブルが高い企業に転職することもできます。
給与テーブルとは、社員のランクに応じた給与が定められている表のようなものです。社員のランクや期待される役割と給与額が記載されています。
給与テーブルが低ければ、努力して昇進してもそれほど年収が上がらないことになるでしょう。一方、給与テーブルの高い企業に転職できれば、成果を上げたり出世したりすることで年収を上げることができるのです。
勤続年数とともに給与が緩やかに上がっていく年功序列型の給与テーブルを作っている企業もあれば、上げた成果がすぐに反映される給与テーブルを持っている企業もあります。
給与テーブルが高く、年収上がりやすい企業に転職するかが成功のポイントとなるのです。
しかし、各企業の給与テーブルを求職者が知るのは非常に困難なので、よりくわしい会社の内部情報を持つエージェントなどの力を借りる必要があるでしょう。

転職で年収アップを目指すなら、ぜひハタラクティブをご利用ください。
ハタラクティブは第二新卒など若年層に特化した転職支援を行っています。ヒアリングによる求人紹介をはじめ、書類添削、面接対策、面接日のスケジュール調整などすべて専任のアドバイザーが担当します。
しかも、扱っている求人は、アドバイザーが実際に会社に赴いて情報を得たものだけなので、安心です。ぜひお気軽にご相談ください。

室谷彩依

監修者:室谷彩依

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A