転職の面接で年収の交渉はしていい?成功させるコツとは

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職の面接で年収の交渉はしていい?成功させるコツとは

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・給与交渉を成功させるポイントは、即戦力として企業に貢献できる経験やスキルをアピールすること
    ・未経験職種へ転職する場合は、年収は交渉しないのが無難
    ・年収の交渉は、面接の最後や給与の話題が出た際に切り出すのがポイント
    ・給与交渉するときは、応募先の企業で活かせるスキルや経験のほか、その金額を求める理由を述べよう
    ・給与交渉に不安がある場合は、エージェントを活用するのも1つの方法

「転職の面接で給与交渉はしていいの?」と疑問に思っている方はいませんか。
このコラムでは、転職活動で給与交渉をする際に心がけたいポイントや、年収交渉をするタイミングなどをご紹介。転職活動中の方や給与交渉に不安のある方は、参考にしてみてください。


◆面接で給与交渉はしても良い?

転職の際、現状よりも年収をアップさせたいと考えている方は多いかもしれません。

しかし、「面接で給与交渉すると合否に影響を与えそう」「自分のスキルで給与交渉して良いかわからない」と不安に思う方は多数いるようです。

給与交渉を成功させるポイントは、即戦力として企業に貢献できる経験・スキルをアピールすること。
そのため、応募職種の実務経験がない場合、企業にもよりますが給与交渉によって年収アップを目指すのは難しいといわれています。
未経験職種へ転職する場合は、年収は交渉しない方が無難であるということを覚えておきましょう。

次の項目では、給与交渉を考えている方に、話を切り出す適切なタイミングをご紹介します。


◆給与交渉のタイミング

給与交渉のタイミングによっては、それまで順調に進んでいた選考の評価が下がる恐れも。
たとえば、面接が始まってすぐに希望年収を話してしまうと、採用担当者に「お金のことしか考えていないのでは?」という印象を与えかねません。

面接の最後に「何か質問はありますか」と聞かれたときや、給与に関する話題になった際に「なぜ給与にこだわるのか」を説明した上で切り出すと良いでしょう。

給与交渉が原因で採用担当者に悪印象を与えることのないよう、話をするタイミングは十分に気を付けるのが大切です。


◆給与交渉するときの注意点

この項目では、年収を交渉するときの注意点を2つご紹介します。

【その金額を必要とする明確な理由を述べる】

給与交渉する際は、採用担当者が納得できる内容を用意しましょう。
たとえば結婚していて子供がいるのであれば、「子供の養育費が必要なため、年収を下げられない」など具体的な理由を述べることが大切です。

【会社への貢献度を具体的に話す】

年収の交渉をする際は、応募先の企業で活かせるスキル・経験を明確に述べることが大切です。
希望年収をもらうことができるよう、どのように貢献できるか具体的に話しましょう。

上記が給与交渉をする際に心がけたいポイントです。発言するタイミングや伝え方によっては採用担当者に悪印象を与える恐れがあるため、十分に注意した上で給与交渉をするようにしましょう。


◆給与交渉に不安があるなら

年収の交渉を考えている人の中には、「適切に給与交渉できるか不安」「採用に悪影響を与えそう」と思っている方がいるかもしれません。その場合、エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

エージェントに登録することにより、給与交渉の代行や面接日時の調整、面接対策といったサービスを利用できます。

ハタラクティブは、高卒や第二新卒、既卒、フリーターなどの若年層を対象とする就職・転職支援サービス。経験豊富なアドバイザーが、マンツーマン体制で応募書類の添削や面接対策、給与交渉、入社日時の調整といったサポートを行います。

当サービスはカウンセリングで適性を把握し、厳選した1,500件以上の求人からあなたに合うお仕事をご紹介。未経験OKの求人も多数ご用意しています。

サービスのご利用はすべて無料のため、「希望に合う求人が見つかるか不安」という方は気軽にご相談ください。


職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ