新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職したことないのはリスクになる?今すぐ求職活動を始めるべき?

転職したことないのはリスクになる?今すぐ求職活動を始めるべき?

公開日:

最終更新日:

転職したことないのはリスクになる?今すぐ求職活動を始めるべき?の画像

【このページのまとめ】

  • ・転職したことないのは将来的なリスクになり得る
  • ・キャリアアップできない職場に留まると市場価値が上がらないリスクがある
  • ・転職したことない人は転職にリスクがあると考えがち
  • ・転職したことない人が低リスクで求職活動するには、求める条件を明確にしよう

監修者:吉田早江

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

「転職したことない」という方に向けて、「転職をしないことによるリスク」を解説します。今の職場でキャリアアップやスキルアップが望めない場合、転職を選ばないことは将来のリスクになる可能性が。転職市場での価値が上がらず、今後会社を変えたいと思っても条件の良い職場に転職できない恐れがあります。
転職を迷っている方は結論を先延ばしにせず、コラムを参考に自分にとってベストな転職時期を考えてみましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

転職したことないのはリスクになる?

今の環境を手放したり、年収が下がることを懸念したりと、転職のリスクを考える人は多いです。しかし、今後のキャリアや会社の将来性、現在の年齢を考えたとき、転職しない選択がリスクになることもあり得ます。
ここでは、転職しなかったときのリスクを紹介するので、「まだ転職したことない」という方はぜひご覧ください。

転職したことないとキャリアアップ・スキルアップの幅が限定される

キャリアパスが限定されている会社では、ある程度の経験を積むとそれ以上のキャリアアップが望めません。
転職したことないと、業務経験も少ないと予測できます。限定された仕事を行っている場合、社内だけで通用するようなスキルしか身につかない問題も生じるでしょう。スキルが限定的だと、長年の経験があっても転職市場で評価されないのはよくある話です。特に、大企業は業務を細分化して社員に割り振る傾向があるので注意が必要。転職を迷う方は、今の仕事を続けることで自分の市場価値が上がっていくのか、冷静に判断してみましょう。

パワハラや人間関係の悩みはなかなか解消しない

もし、勤務先で人間関係の悩みを抱えているなら、転職したことないと解決は難しいでしょう。パワハラや人間関係の悩みは、残念ながら自分だけの力では改善しないことが多いため、解決を望むなら転職は選択肢の一つになります。労働環境が悪い職場で働いていると、業務のモチベーションが下がり、スキルアップやキャリアアップにも結びつきません。また、職場環境は心身の健康にも関係する可能性があり、仕事だけでなくプライベートにマイナスの影響が出ることも考えられます。

年齢を重ねると転職先を見つけるのが難しくなる

年齢が上がると転職市場で求められるスキルや経験のハードルが上がり、未経験の仕事に転職しづらくなります。たとえば、20代の応募者にはマネジメント経験を求めない企業でも、30代以降の応募者にはマネジメント経験を求める場合があるでしょう。
同じ企業に応募するのであっても、25歳だったら採用されたのに、30歳では採用されなかった、ということは起こりえます。転職を先延ばしにしていると、「気づかないうちに選択肢が狭まってしまうことになりかねません。
年齢が若いほど、スキル以外の人柄やポテンシャルを評価してもらえます。20代後半よりは20代前半、30代後半よりは30代前半というように、転職活動はできるだけ早い時期にスタートするのが良いでしょう。
年齢と転職の関係性については、「転職を難しいと感じるのはなぜ?年齢ごとの難易度と成功させるコツ」の内容も参考にしてください。

転職したことない人が新しい会社を探すリスクは?

転職したことない人が転職する際は、転職しないリスクとともに、転職によって生じるリスクにも目を向けましょう。転職のリスクを理解しておけば、問題を回避する行動をとれます。加えて、マイナス面を頭に入れておくことで、転職後の思わぬ後悔を防げるはずです。

ローン審査が通りにくくなる可能性がある

転職することで、住宅や車などのローン審査が通りにくくなるリスクがあります。なぜなら、ローンの審査項目には勤続年数も入っているからです。
国土交通省の「令和元年度 民間住宅ローンの実態に関する調査」でも、95.6%の金融機関が勤続年数を重視し、多くの企業が最低でも1年以上を目安としているという結果が出ています。

融資を行う際に考慮する項目のグラフ

引用:国土交通省「令和元年度 民間住宅ローンの実態に関する調査(19p)

転職から1~2年間は大きな買い物ができない可能性があると考えておいたほうが良いでしょう。

参照元
国土交通省
令和元年度 民間住宅ローンの実態に関する調査

転職したことない人は収入が下がる可能性がある

給料アップを目的に転職を考えている方は、かえって収入が下がってしまうリスクがあることにも留意しましょう。
もちろん、転職すれば給料アップできる可能性はあります。しかし、「転職活動を行う際に手取り額を把握していなかった」「募集要項に記載されていた給与額より少なかった」などの原因で、前職よりも給料が下がってしまう場合もあるようです。

「求人票の募集要項をよくチェックする」「面接時や内定通知をもらったときに改めて確認する」などの対策を取り、認識の甘さによる収入ダウンを防ぎまましょう。
また、転職先によっては一時的に収入が下がったとしても、将来的に収入が上がる可能性があります。たとえば、キャリアアップのチャンスがある転職先は将来の昇給が見込めるので、チャレンジの価値があるでしょう。

転職したことない人は新しい職場に馴染めない可能性がある

今の職場に居心地の良さを感じている場合、転職先の社風が合わない、人間関係が上手くいかないなど、新しい職場に馴染めないリスクもあるでしょう。企業について念入りにリサーチしても、実際の雰囲気は入社してみなければ分からない部分があります。

入社前にすべてを把握するのは難しいですが、アポイントを取って職場を見学させてもらう、面接の際に周囲の様子を観察してみるといった対策をとり、ある程度の雰囲気をつかみましょう。また、転職エージェントは保有する求人に関して多くの情報を持っているため、詳しい職場環境や社風を教えてもらえる場合があります。

仕事内容がイメージと違えば早期離職の可能性がある

実際に入社してみたら、仕事内容がイメージと違っていたというリスクもあります。転職を検討する理由の一つに、希望の職種に就きたいという思いがあるでしょう。しかし、いざ入社したら求人と全く違う部署に配属された、実際に働いてみたら仕事が自分に合っていなかったなど、ミスマッチを起こしてしまう場合もあるようです。

転職するか迷うならやめたほうがいい?決断するためのポイントを紹介」では、転職を迷う方に向けたアドバイスをしています。

転職したことないリスクより転職のメリットを考えよう

転職したことない方は、転職によるリスクを心配し、転職に対して不安を抱いている場合が多いでしょう。しかし、「今の環境を変えた方が良い」という気持ちがあるなら、やはり早い段階で転職活動を始めるのがおすすめです。
ここでは、転職がもたらすメリットをご紹介するので、転職したことなくて迷う方はぜひ参考にしてください。

やりがいのある仕事に就ける

今の職務に不満がある場合、転職によってやりがいのある仕事に就けます。やりがいのない仕事でモチベーションを保つのは難しいですが、自分に合った仕事が見つかれば、業務に対して前向きに取り組めるようになるはずです。その結果が、スキルアップや収入アップにもつながっていくでしょう。

職場に不満がある場合は解消できる

転職によって、自分の力ではどうにもならなかった職場の不満を解消できます。職場の雰囲気や評価制度、事業の方向性など、自分一人で努力しても改善が難しい場合は、転職で環境を変えるのがおすすめ。転職によって、今よりも自分に合った環境で働けるようになります。

スキルアップや収入アップが叶う

今の仕事で身につくスキルや得られる収入に限界がある場合でも、転職すればスキルアップや収入アップを叶えられます。任される仕事の幅が狭かったり、給与水準が低い企業に勤めていたりして不満がある場合は、転職を通して納得のいく条件の職場を見つけるのが良いでしょう。

転職してよかったことや後悔したことは?成功を掴むためのヒントをご紹介」では、転職した人の感想を紹介しています。転職に対する具体的なイメージを持ちたい方は、こちらも参考にしてください。

転職したことない人が求職活動を低リスクで行うには?

転職に伴うリスクは、事前の確認や準備をきちんとしておくことで回避できるものも少なくありません。転職で後悔しないために、下記でご紹介する対策を心がけましょう。

現在抱えている問題ときちんと向き合う

転職活動を始める前に、現在抱えている問題と向き合いましょう。現職の不満の原因が曖昧だと、転職しても似たような理由で早期退職する恐れがあります。
不満を明確にすることは、転職先に求める条件を定めることにつながります。たとえば、「年功序列の体制が不満」という人は、「成果主義で実力を評価してくれる職場」が転職の条件となるでしょう。

転職活動をする時期を見極める

働きながら転職活動した方が良いのか、退職後に転職活動した方が良いのかは、人によって異なります。自分に合った時期に転職活動を行うことで、よりスムーズに仕事を探せるでしょう。

働きながらの転職活動には、「収入が途切れない」「今の職場で働き続ける選択肢を残しておける」「経歴にブランクが生じない」といったメリットがあります。一方で、「面接日程の調整に苦労する」という点はデメリットになるでしょう。
退職後の転職活動には、「時間を自由に使える」というメリットがありますが、「経済的に不安定になる」「転職活動が長引くとブランクが伸びる」といった点はデメリットです。
転職したことない人が転職活動を行う際は、現職と転職活動を両立できそうか、転職活動にかかりそうな期間はどれくらいか、といった点を考慮して決めましょう。

希望条件の優先順位を決める

転職後のミスマッチを防ぐには、転職先に希望する条件に優先順位をつけることが重要です。給与や職場の雰囲気、業務内容、プライベートとの両立のしやすさなど、人によって仕事に求める条件はさまざま。どの条件を重視しても構いませんが、特に転職したことない人は、目についた待遇やそのときの感覚で求人に応募すると、入社後のミスマッチにつながる可能性があります。
希望条件が複数ある場合は、「絶対に譲れない条件」「妥協しても良い条件」というように優先順位を決め、譲れない条件を満たす求人を選びましょう。

将来を見据えて転職先を決める

転職先を決める際は、短期的な条件だけではなく、将来を見据えた選択をすることも大切です。たとえば、目指す職種や役割がある場合は、社内にそのポジションに辿り着けるキャリアパスがあるのか確認しなければなりません。また、これから家庭を持ちたいと考えているなら、ワークライフバランスがとれる職場かどうかも気にしたいポイント。今後自分がどのような働き方をしたいのか、3年後、5年後を見据えて転職先を決定しましょう。

転職エージェントを利用する

「転職したことない」という方は、転職エージェントでプロのアドバイスを受けると転職のリスクを低くできます。エージェントは保有する求人の詳しい情報を持っているため、応募前に詳かな仕事内容や社内の雰囲気といった情報を教えてもらえるでしょう。手に入る情報が多い分、入社後のミスマッチが起こる確率が下がります。

転職したことない方がリスクを回避して新しい仕事を見つけたいときは、転職支援のハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、経験豊富なアドバイザーが転職が初めての方のお話をお聞きし、経験やて適性に合った求人をご提案いたします。
応募する求人が決まった後は、応募書類の添削や面接対策のサポートも実施。転職に不安がある方は、アドバイザーと一緒に次の仕事を考えていきませんか?

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ