転職をしたことがないのはリスクになる?今すぐ求職活動を始めるべき?

転職をしたことがないのはリスクになる?今すぐ求職活動を始めるべき?の画像

この記事のまとめ

  • 転職をしたことがない場合、企業により市場価値を高めにくいリスクがある
  • 転職するリスクが不安な方は、目的を定め責任のある行動を心がけると良い
  • 転職をするメリットには、スキルや収入のアップを期待できることが挙げられる
  • 求人内容や企業、業務内容の詳細をよく確認することで転職リスクは抑えられる

転職をしない状態が続いた場合、どういったリスクが生じるのか気になる方は多いでしょう。今の職場でキャリアアップやスキルアップが望めない場合、転職を選ばないことは将来のリスクになる可能性があります。市場での価値が上がらず、今後会社を変えたいと思っても条件の良い職場に転職できない恐れがあるからです。転職をするか検討中の方は、ぜひご一読ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職をしたことがないのはリスクになる?

転職をするか迷っている方は、「転職をしない選択をし続ける」のにはどのようなリスクがあるのかも把握したうえで考えると良いでしょう。

市場価値を高めにくいことがある

キャリアパスが限定されている会社では、ある程度の経験を積むとそれ以上のキャリアアップが望めません。限定された仕事を行っている場合、社内だけで通用するようなスキルしか身につかないリスクもあるでしょう。スキルが限定的だと、長年の経験があっても転職市場での高評価は期待しにくい傾向にあります。特に、大企業は業務を細分化して社員に割り振る傾向があるので注意が必要。転職を迷う方は、今の仕事を続けることで自分の市場価値が上がっていくのか、冷静に判断してみましょう。

人間関係の悩みは解決しにくい可能性がある

勤務先での人間関係の悩みは、個人の力では改善しにくいのが実情です。特に配属先が固定されていたり、人員の異動や増員・減員などがなかったりする職場では、年単位で悩みを抱えることにもなりかねません。解決を望むなら、転職は選択肢の一つになるでしょう。

年齢を重ねると転職先を見つけにくくなる

年齢が上がると転職市場で求められるスキルや経験のハードルが上がり、未経験の仕事に転職しにくくなります。たとえば、20代の応募者にはマネジメント経験を求めない企業でも、30代以降の応募者には「必須・歓迎」とする場合があるでしょう。
転職を先延ばしにしていると、気づかないうちに選択肢が狭まってしまうことになりかねません。年齢が若いほど、ポテンシャルを評価してもらえます。20代後半よりは20代前半、30代後半よりは30代前半というように、転職活動はできるだけ早い時期にスタートするのが良いでしょう。
年齢と転職の関係性については、「転職が難しい原因とは?有利な時期は20代だけ?成功させるコツを解説」も参考にしてください。

転職経験なしでも内定を得ることは可能

転職をしたことがなくても、人柄やスキル、経験、ポテンシャルなどが評価され内定につながることは多いようです。重要なのは、自分の強みを必要とする企業に、十分にアピールできるかどうか。自己分析と企業研究を入念に行い選考に臨みましょう。

考え方次第で転職リスクは抑えられる

転職に対する不安を抱えている方は、以下のような心構えで臨むことで、リスクを抑えられることを覚えておくと良いでしょう。

自分で責任を持って行動する

転職理由を職場環境のせいだけにしており、自分で改善や実現するための努力をしていなかった場合、転職を繰り返してしまうリスクがあるでしょう。自分一人の力では改善・実現できない内容は多いものですが、積極的に行動することで環境を変えられるチャンスはゼロではありません。このようなチャンスがありながら努力をすることなく転職してしまった場合、簡単に諦めてしまう恐れもあります。自分の理想を叶えるにはどうしたら良いのか具体的なビジョンまで考え、責任を持ってそれを実現するために行動することで、早期退職をするリスクは減らせるでしょう

他人の状況と比べない

同じ業界や職種で活躍していても、人によって収入や労働環境は異なります。同じ会社に同期として入社したにも関わらず、いつの間にか収入の差が開いたり立場に違いが生じたりしていることもあるでしょう。
このとき、「他人の状況に追いつきたい」というだけで転職活動を行うのは避けたほうが無難です。たとえば、同期入社なのに差が開いた理由として考えられるのは、求められる成果が挙げられていない、役職に就くための経験が少ないなど、スキル・経験・実績が足りないことが考えられます。転職先で同等の収入を得たり役職に付いたりするにも、これらは必要とされるはずなので、理想的な転職は叶えにくいと予測できるでしょう。
まずは自己研鑽を通して成長していくことを目標とし、努力を続けるのが転職を成功させるポイントです

転職の目的を定める

転職理由としてキャリアパスや待遇面、人間環境など「理想的な環境ではないから」とするものの、具体的にどういった職場であれば理想が叶うのか明確に説明できない方は多いようです。このような場合、転職の軸が定まっておらず、就職先でも漠然とした不満を抱えてしまうことがあるでしょう。転職を決断する前に、目的を明確にしておくと早期退職や悩みを抱えるリスクを避けやすくなります

待遇面以外でも転職の目的を見出す

転職の目的が給与や福利厚生などの待遇面のみであるという方は、それら以外の軸もいくつかピックアップしましょう。待遇面のみで転職するということは、現職・前職の仕事や人間関係にはそれほどの不満は持っていなかったと想定されます。「昇給制度がない・条件が厳しい」という企業でなければ、活躍次第で収入アップが期待できますが、仕事や人間関係の不満は改善しにくく、これらを理由に転職したことを後悔する恐れがあるためです。

「やりたいこと」以外にも目を向ける

転職において「やりたいこと」は重要な軸となりますが、これに加えて「企業ではどういった活躍を求めているか」「業務内容は多岐にわたる可能性がある」といったことにも目を向けておく必要があります。
たとえば、「IT業界でエンジニアとして活躍したい」というのは比較的明確なやりたいことに感じますが、「どのようなサービスづくりに携わりたいのか」「どういった環境で開発をしたいのか」「開発以外にマネジメント業務を求める企業もあるが対応可能か」といったことも踏まえておかないと、志望企業を見つけにくかったり入社後のミスマッチが起こりやすかったりします。

仕事内容や人間関係で悩んでいる方は「仕事ができるようになるには意識改革が必要!できない人との違い5選」も参考にしてみてください。

転職をするメリット

転職によるリスクへの不安と、今の環境を変えたいという気持ちを抱えて悩んでいる方は、メリットについても目を向けてみましょう。

転職することでやりがいのある仕事に就ける

転職によって、今よりもやりがいのある仕事に就ける可能性が高まります。やりがいのない仕事でモチベーションを保つのは難しいもの。より自分に合った仕事が見つかれば、業務に対して前向きに取り組めるようになるはずです。

個人では改善できない問題を転職で解消できる

転職によって、個人の力ではどうにもならない職場の問題を解消できます。職場の雰囲気や評価制度、事業の方向性など、自分一人で努力しても改善が難しい問題で悩んでいる方は、転職によるメリットを感じやすいといえるでしょう。

転職先の環境によってスキルや収入のアップが叶う

今の仕事で身につくスキルや得られる収入に限界がある場合でも、転職すればスキルアップや収入アップを叶えられます。任される仕事の幅が狭い、給与が見合っていないといった不満がある場合は、転職を通して納得のいく条件の職場を見つけるのが良いでしょう。転職先によっては一時的に収入が下がったとしても、将来的に収入が上がる可能性があります。たとえば、キャリアアップのチャンスがある転職先は将来の昇給が見込めるので、チャレンジの価値があるでしょう。

転職してよかったことは?満足度の高い仕事を見つけるポイントを解説!」では、転職した人の感想を紹介しています。転職に対する具体的なイメージを持ちたい方は、こちらも参考にしてください。

転職をするデメリット

転職は、選び方を間違えるとデメリットが生じるリスクもあります。

給与をよく確認しないと収入ダウンのリスクがある

転職すれば給料アップできる可能性はありますが、「手取り額を把握していなかった」「昇給に関する詳細を確認しなかった」などの原因で、前職よりも給料が下がってしまう場合もあるようです。「求人票の賃金項目をよくチェックする」「面接時や内定通知をもらったときに改めて確認する」などの対策を取り、収入ダウンのリスクを防ぎましょう。

職場に馴染めない可能性がある

今の環境に居心地の良さを感じている場合、転職先の社風が合わない、人間関係が上手くいかないなど、新しい職場に馴染めないリスクもあるでしょう。企業について念入りにリサーチしても、実際の雰囲気は入社してみなければ分からない部分があります。

入社前にすべてを把握するのは難しいですが、アポイントを取って職場を見学させてもらう、面接の際に周囲の様子を観察してみるといった対策をとり、ある程度の雰囲気をつかみましょう。また、転職エージェントは保有する求人・企業に関して多くの情報を持っているため、詳しい職場環境や社風を教えてもらえる場合があります。

イメージ先行だとミスマッチを起こすリスクがある

実際に入社してみたら、仕事内容がイメージと違っていたというリスクもあります。転職理由として「希望の職種に就きたい」ことを挙げる方もいますが、実際に働いたら自分に合っていないというミスマッチを起こす場合もあるようです。

転職に迷うときにやるべきことを解説!やめたほうがいい人の特徴も紹介」では、転職を迷う方に向けたアドバイスをしています。このコラムでご紹介したメリット・デメリットとともに参考にしてください。

転職後はローン審査に通りにくい可能性がある

ローンの審査項目には勤続年数も入っているため、転職により住宅や車などのローン審査が通りにくくなるリスクがあります。転職から数年間は大きな買い物ができない可能性があると考えておいたほうが良いでしょう。

転職をしたことがない人が求職活動を成功させるには

ここでは、転職をしたことがない人が求職活動を成功させるポイントをご紹介します。

転職を決意する前に現在抱えている問題と向き合う

転職活動を始める前に、現在抱えている問題と向き合いましょう。現職で抱えている問題の原因が曖昧だと、転職しても似たような理由で早期退職につながるリスクがあります。原因を明確にすれば、転職先に求める条件の軸にもなるため、志望企業を選びやすくもなるでしょう。たとえば、「年功序列の体制が不満」という人は、「成果主義で実力を評価してくれる職場」を転職の条件にして志望企業を探していきます。

転職活動をする時期を見極める

働きながら転職活動するべきか、退職後にした方が良いのかは、人によって異なります。自分に合った時期に転職活動を行うことで、よりスムーズに仕事を探せるでしょう。

在職中に転職活動をするメリットとデメリット

働きながらの転職活動には、「収入が途切れない」「今の職場で働き続ける選択肢を残しておける」「経歴にブランクが生じない」といったメリットがあります。一方で、「面接日程の調整に苦労する」という点はデメリットになるでしょう。

退職後に転職活動をするメリットとデメリット

退職後の転職活動には、「時間を自由に使える」というメリットがあります。一方、「経済的に不安定になる」「転職活動が長引くとブランクが伸びる」といった点はデメリットです。

転職時の希望条件の優先順位を決める

転職後のミスマッチを防ぐには、転職先に希望する条件に優先順位をつけることが重要です。給与や職場の雰囲気、業務内容、プライベートとの両立のしやすさなど、人によって仕事に求める条件はさまざま。どの条件を重視しても構いませんが、目についた好待遇で求人に応募すると、入社後のミスマッチにつながる可能性があります。希望条件が複数ある場合は、「譲れない条件」「妥協しても良い条件」というように優先順位を決め、譲れない条件を満たす求人を選びましょう

将来を見据えて転職先を決める

転職先を決める際は、短期的な条件だけではなく、将来を見据えた選択をすることも大切です。たとえば、目指す職種や役割がある場合は、社内にそのポジションに辿り着けるキャリアパスがあるのか確認します。また、これから家庭を持ちたいと考えているなら、ワークライフバランスがとれる職場かどうかも気にしたいポイント。今後自分がどのような働き方をしたいのか、3年後、5年後を見据えて転職先を決定しましょう

転職エージェントを利用する

「転職をしたことがない」という方は、転職エージェントでプロのアドバイスを受けると転職のリスクを抑えられる可能性があります。エージェントは保有する求人の詳しい情報を持っているため、応募前に詳細な仕事内容や社内の雰囲気といった情報を教えてもらえるためです

人に教えたくない!転職成功のポイントとは?」でも転職活動を成功させるコツをご紹介していますので、ぜひチェックしてください。

転職をしたことがなく不安…という方は、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、経験豊富なアドバイザーが丁寧なヒアリングを行い、経験や適性に合った求人をご提案しています。
応募する求人が決まった後は、応募書類の添削や面接対策のサポートも実施。転職に不安がある方は、アドバイザーと一緒に次の仕事を考えましょう。サービスはすべて無料なので、まずはお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ