転職が決断できない方へ!退職のきっかけとなるポイント・理由を徹底解説

転職が決断できない方へ!退職のきっかけとなるポイント・理由を徹底解説の画像

この記事のまとめ

  • 転職を決断する理由は給与や人間関係など、自分では変えられないことが大半である。
  • 転職すべきか迷いが生じたら、一度自分と向き合って転職する理由などを見つめ直す。
  • 次の内定先を獲得することで、転職活動の迷いを減らすことが出来る。

転職を検討しているものの、なかなか決断できない方もいるでしょう。転職は今後のキャリアを左右するため、迷いが生じたり悩んだりするのは当たり前。決断するには、転職を希望する理由を明らかにすることが大切です。コラムでは、どんなきっかけで転職を決意したのか、転職で悩んだらどう解決するのかをまとめています。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職を決断するのはどんなとき?きっかけとなる事柄

転職を決断するタイミングや理由は人によって異なるものの、「仕事に対する不満を感じたとき」が多いようです。大きく「会社の経営や方向性に対する不満」「事業や仕事内容に対する不満」「対人に関する不満」「待遇に関する不満」の4つに分けられます。下記に、転職を決断するきっかけとなる事柄をまとめました。

会社の経営や方向性に対する不満

社風や企業理念といった経営の基礎につながる部分に対して不満や疑問を感じたときに、転職を決断するのは珍しくありません。企業理念に共感できなければ、会社が求める人材に即していないということ。また、社内の文化や雰囲気を表す社風も、合わないと働きづらさを感じるものです。

事業や仕事内容に対する不満

仕事内容が自分に合わない、やりがいを感じられないと思ったときを転職のきっかけとする方もいるでしょう。「営業として入社したのに業務内容が営業事務」「事業縮小で担当業務がなくなった」など、会社起点の問題も考えられます。

対人に関する不満

社内の人間関係や上司との相性は、転職を決断する大きな理由になります。仕事だから、と割り切ることも大切ですが、業務に支障が出るほど人間関係に問題があるなら転職もひとつの解決策。相手の考え方を変えるのは難しいため、転職したほうが早いと考える方は多いようです。
社内の人間関係については、「会社の人間関係に疲れたときには?3つのコツで心を楽にしよう」のコラムで詳しく解説しています。良好な人間関係を築くことは円満退職にもつながるので、ぜひご確認ください。

待遇に関する不満

給与や勤務条件、評価といった待遇に不満を持つ方は多いようです。
お金が全てというわけではありませんが、仕事内容がいくら楽しくても給与が低ければ、労働量と割に合わずなかなか納得ができないでしょう。給与額に不満はなくても、休日の少なさや評価制度に対して不満を持つ方もいます。処遇改善については、「仕事が割に合わないことへの対策は?辞めるのは有効?転職で給料アップを!」のコラムが参考になるでしょう。

転職を決断できないときにするべきこと

転職の決断がなかなかできないときは、「なぜ転職したいのか」を改めて考えてみましょう。また、「転職したらどうなるのか」「転職しないと叶わないのか」なども併せて確認しておくと、転職の軸が定まり効率の良い転職活動が叶います。

転職の理由を明らかにする

転職を決断できないときはまず、なぜ転職をしたいのか理由を改めて考え直してみてはどうでしょうか。たとえば、嫌なことをきっかけに転職を考えているなら、それが感情的・一過性である可能性も。突発的な転職はうまくいかないことも多いので、冷静に転職理由を考えてみてください。
転職を考えたきっかけを改めて見つめ直し、転職が最善策と思うのであれば転職を決断しても良いでしょう。
しかし、転職せずに改善することができるような理由あれば、転職せずに現職でもう一度頑張ることも視野に入れてください。

転職することが現実逃避になっていないか考える
「今の状況が嫌だから」「なにか新しく始めたいから」など、現実逃避として転職を検討しているなら立ち止まるべき。たとえ現状を変えることができても、また同じことの繰り返しになってしまいます。

転職のその後を考える

転職活動に意識が向きがちですが、転職は「新しい会社に入って終わり」ではありません。転職をすれば仕事をこなす必要があります。転職が成功したとして、その後はどうなりたいのか、考えてみましょう。

転職すべきか考える

転職の目的や転職後について考えたら、そもそも転職すべきかどうかを改めて検討してみてください。転職をしなくても、異動や配置換えで目的が達成できる可能性はないでしょうか。
例えば、スキルアップを理由に転職を検討しているなら、社内の研修制度や資格取得支援制度を調べてみてください。キャリアアップや新しい挑戦を望むなら、社内公募制度を確認しましょう。
社内でのキャリアアップ・スキルアップについては「キャリアアップとは?成功させるためのポイントなどを詳しく解説!」が参考になります。

「転職」と「転職活動」は違う

転職と転職活動を同一化している方も多くいますが、転職は「内定をもらって今の会社を退職して、新しい会社に入社する」こと。転職活動は、「転職に向けて求人検索や書類作成などの準備をする」ことです。
つまり、転職するかどうか決断ができていない状態でも、転職活動は行なえます。転職したいと考えているものの、決断に至らない場合は転職活動から初めてみるのもおすすめです。
自己分析や業界・企業研究を通して「自分はなにがしたいのか」「転職で何を叶えたいのか」「今の仕事で叶うのか」などを確認してみてください。自己分析については「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」、企業研究については「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」で詳しく解説しています。

転職を決断するのは内定をもらってから

転職するかどうかの決断を下すのは、内定が出てから。内定が出ると嬉しさや緊張の緩みから承諾してしまいがちですが、転職の目的は「内定をもらうこと」「新しい会社に入ること」ではありません
内定が出ても、改めて「この会社で自分の実現したいことが叶うのか」「気分や雰囲気に流されていないか」を冷静に判断しましょう。

転職の目的がいまいちはっきりしない、転職はしたいけど新しい会社で何がしたいか分からないなど、転職は希望していても決断ができないときは、転職のプロが在籍するハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、就活エージェントとして、あなたの転職活動をプロの視点からしっかりサポートいたします。働きながら転職先を決めたいという方にピッタリです。
あなたのニーズや適性に合わせた企業のご紹介や、面接対策、面接の日程調整などのサービスを行っています。不安なく転職活動を始めたい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連タグ