転職活動に疲れたときの対処法!うまくいかない場合はどうすれば良い?

転職活動に疲れたときの対処法!うまくいかない場合はどうすれば良い?の画像

この記事のまとめ

  • 日々のストレスに転職活動が重なると「疲れた」と感じやすい
  • 転職活動がうまく進まないと、「疲れた」と感じる傾向にある
  • 転職活動に疲れた場合には、休むことも必要
  • 転職活動に疲れたら、第三者の意見を聞くのもおすすめ

転職活動をしているときに、「疲れた」と感じてしまう人も多いのではないでしょうか。そのような場合は、無理をせずに転職活動を休み、気持ちを切り替えましょう。転職活動に対する気持ちが変わったら、転職活動を再開します。転職活動に疲れを感じず、成功させるための対策を練ることもおすすめです。このコラムでは、転職活動に疲れたときにやることと、転職活動を成功に導くポイントを解説しているので、参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職活動中は「疲れた…」と感じやすい

転職活動中は疲れを感じやすいと言われています。なぜなら、日常生活でのストレスに加えて、転職活動でのストレスもプラスされるからです。転職活動中にストレスを溜め込み過ぎると、それが心身の疲れに転じることもあるでしょう。

転職活動に疲れたときにする3つの行動

転職活動に疲れたと感じたら、心身が疲弊してしまう前に対処を行いましょう。万全のコンディションで転職活動を進めるためにも、疲れにはしっかりと対処してください。

1.疲れたら「とりあえず休む」

転職活動で疲れを感じた場合には、転職活動のペースを落とすか、休むなどして、まずは疲労の回復を優先するようにしましょう。「転職活動に疲れた」と感じたまま転職活動を行うと、冷静な判断ができなくなってしまいます。面接時に、疲れが言動に表れてしまうこともあるでしょう。疲れたと思いながら転職活動を継続しても、良い結果は得られない可能性があります。

2.疲れたら「自分を労わる」

「転職活動に疲れた」と感じた場合は、無理をせず、自分を労わって休むようにしましょう。先述のとおり、疲れを感じたままでは、転職活動で良い結果を得ることはできません。趣味に時間を割いたり、十分な休息をとったりして、リラックスしましょう。疲労ではなくストレスが溜まっている場合には、ストレスも発散することも大切です。転職活動にまつわるストレスと解消法については、「ストレスを制し、転職活動を制する術!」を参考にしてください。

3.疲れたら「気分転換をする」

「転職活動に疲れた」と感じたら、転職活動以外のことに時間を使い、気分転換をしましょう。映画を見たり運動をしたりして、気分のバランスをとることも大切です。美味しいものを食べることも良いでしょう。ほんのちょっとしたことでも気分転換ができれば、「次も頑張ろう」という気持ちになれるはずです。

転職活動で疲れたと感じる6つの原因

転職活動をしていて疲れたと感じてしまうのには、理由があります。今後も転職活動を続けていくためには、その理由を解明し、改善すると良いでしょう。転職活動の疲れや辛さの対策をできるよう、まずは自分が疲れや辛さを感じる原因を把握してください。

1.転職活動の不採用結果に落ち込んでいるとき

転職活動で不採用の通知が届くと、ガッカリしてしまうでしょう。また、不採用が続くと、自分が誰からも必要とされていないような気になってしまい、落ち込んでしまう人もいます。
いつまでも思うような結果が得られないことで、辛いと感じるようになる可能性があるでしょう。転職活動をすること自体にも、疲れを感じてしまう状況に陥りやすくなります。人によっては、「疲れたくない」という理由で、徐々に転職活動に後ろ向きになってしまうこともあるでしょう。

2.転職活動に費やす時間がないとき

仕事をしながらの転職活動は、疲れたと感じやすくなります。仕事の忙しさや疲れから、選考対策に時間を割けないことも多いでしょう。選考の日が迫ってくると、「準備不足なのではないか」と不安になり、疲れてしまう場合も。単純に、仕事をしながらの転職活動はスケジュールがハードになり、「体力的に疲れた」と感じることもあるでしょう。思うように面接の予定を組めず、スムーズに転職活動を進められないと、余計に疲労を感じやすくなります。

3.転職活動に出費がかさみ金銭的余裕がないとき

「転職に疲れた」と感じてしまう理由として、経済的な不安が挙げられます。特に、すでに仕事を退職して転職活動をしている人は、収入がないため、金銭面で追い詰められやすいでしょう。
なかなか転職先が決まらないことで、金銭の余裕がなくなってしまえば、転職活動に対してネガティブな気持ちになる可能性も。心の余裕を保てず心配な要素が多くなると、余計に疲れたと感じやすくなります。

4.転職活動が周囲にばれないよう気を遣うとき

在職中に転職活動をしている方は、現在の職場への気遣いで「疲れた」と感じることもあるでしょう。特に、忙しい職場の場合、転職活動のために休みをとったり、早く帰ったりしにくい環境といえます。周囲に対して申し訳無さを感じたり、転職活動をしていることがバレないかと不安に感じたりすることで、心が疲れてしまう場合があるでしょう。

5.転職活動の悩みを1人で抱え込んでいるとき

誰にもいわず1人で転職活動をしていることも、「疲れた」と感じさせる要因の一つです。転職がうまく行かないことや、悩んだりしたときに相談できる人がいないことは、孤独感につながる場合があります。辛い気持ちを解消できない状態が続くと、疲れが溜まりやすくなってしまうでしょう。

6.転職前の退職手続きに手間取っているとき

転職活動の準備段階に、「疲れた」と感じることもあります。退職してから転職活動に専念したいと思っていても、退職を認めてもらえなかったり、退職の手続きに時間が掛かってしまったりすることもあるでしょう。転職活動に集中できない焦りや、「今の職場をきちんと辞められるのか」と不安になることで、転職活動への意欲が薄れ、疲れてしまう場合があります。

疲れた気持ちが軽減したら転職のためにやるべきこと

「転職活動に疲れた」と感じたら、一旦転職活動から離れて、気持ちを切り替える必要があります。しかし、疲れが取れたからと、これまでと同じように転職活動を進めても、再び「疲れた」と感じてしまう可能性があるでしょう。転職活動を再開する際には、今までのやり方では「なぜ疲れたと感じてしまったのか」を考慮し、対策をする必要があります。

1.転職の活動計画を見直す

「疲れた」と感じていた原因が、転職活動が思うように進まないことであった場合は、転職活動のやり方や方向性を変えてみましょう。これまでのやり方が、間違っていた可能性があります。転職活動を再開させる際には、いきなり活動を始めるのではなく、まずはこれまでの転職活動の流れを振り返り、改善点がないか見直すようにしましょう。

自分の強みをもう一度洗い出す

転職活動を再開する際には、自己分析を行い、自分の強みやアピールポイントなどをもう一度洗い出してみましょう。
履歴書や面接などでアピールすべきことが間違っている場合や、企業が求めていないことをアピールした場合などは、企業から魅力的な人材と思ってもらうことはできません。改めて自己分析を行うことで、自分の強みやアピールポイントを再認識すれば、「疲れた」と感じない転職活動につながります。自己分析のやり方は、「転職活動のファーストステップ、自己分析の正しいやり方」も参考にしてください。

転職したい企業の分析をする

企業研究もこれまで以上に時間をかけて行うようにしましょう。企業から魅力的な人材と思ってもらうには、企業が求めている条件に合わせたアピールをする必要があるためです。応募する企業の情報を集めて、その企業がどのような人材を求めているのかを把握できれば、選考でどのようなことをアピールすれば良いか判断することができます。相手の求めるアピールをできるようになれば、面接で疲れたと感じることも少なくなるでしょう。

2.人に会って転職活動をするうえでの視野を広げる

「疲れた」と感じない転職活動をするためには、人に会って話を聞くことも有効です。全く違う業種や職種の人でも、転職に悩む気持ちは同じでしょう。もし、周りに転職経験者がいれば、今の自分の状況について話しアドバイスをもらうのも効果的です。自分1人で考えていると視野が狭まり、限られた選択肢になる可能性があります。複数の人に意見を聞くことで、多くの視点を持てるようになり、新しい道が拓けるでしょう。また、いろいろな立場の転職経験者から話を聞くことで、転職先自体の選択肢が広がる可能性もあります。
転職活動がうまくいかずお悩みの方は、「転職がうまくいかない原因を解説!要点を押さえて希望を叶えよう」もあわせてご覧ください。

親しい人に転職活動の悩みを相談する

「転職活動に疲れた」と感じる原因と解決策は、身近な人が解決してくれることもあるでしょう。転職活動がうまくいかない場合、自分だけの力では問題を解決できない可能性もあります。自分だけの力で無理に進めようとするのではなく、親しい友人や転職経験者、家族などに相談してみてください。自分以外の視点からのアドバイスをもらうことで、転職活動がうまくいかない原因を把握し、問題を解決できる場合があります。もし問題が解決しなくても、悩みや愚痴を誰かに話を聞いてもらうことで、疲れた気持ちが楽になる可能性もあるでしょう。

3.生活リズムを整えてみる

転職活動で「疲れた」と感じているなら、生活リズムを見直してみるのもおすすめです。転職活動におけるストレスが原因で、暴飲暴食をしてしまったり、睡眠不足になったりしている方もいるのではないでしょうか。このような生活が続いてしまうと、疲労が回復しづらい負のスパイラルに陥ってしまう場合があります。そのため、疲れを感じているときこそ、日々の食事や睡眠を見直してみると良いでしょう。

転職活動に疲れた気持ちを溜め込まない方法

疲れた気持ちをリフレッシュし、再度転職活動を始めるときは、転職活動での疲れを溜め込まないようにすることも大切です。気分や考え方を変えるだけでも、気持ちの負担は軽くなるでしょう。

短期間で転職活動に臨む

「転職活動に疲れた」と感じないようにするポイントは、期間を決めることです。まずは、「▲▲までに転職活動を終わらせる」と期間を決めましょう。企業の求人は日々追加されていくので、そのたびに「さらに良い会社があるのでは」と悩んでしまいがち。また、毎日の忙しさからなかなか活動が進まず、転職活動が長期化してしまうこともあるでしょう。自分で転職活動の期限を定めることが決断の後押しになり、気苦労が減ると期待できます。
なお、転職活動を続けているうちに、決めた期間を達成できなさそうでも、焦る必要はありません。あくまで転職活動を長期化させないための目安なので、期限が近づいて来たらこれまでの振り返りを行い、期限の見直しや再設定を行いましょう。

転職活動中の不採用は「自分と合わなかっただけ」

不採用通知は、転職活動を「疲れた」と感じさせてしまう要因になり得ます。そのため、不採用通知をネガティブに捉え過ぎないことが大切です。採用されなかったのは、「その企業にとって今来て欲しい人材ではなかった」という場合もあります。企業との相性が合わなかっただけの可能性を踏まえ、「自分を否定されたわけではない」とポジティブに考えることが大事です。
不採用が続けば、誰しも「必要とされていないのではないか」「自分には能力が足りていないのではないか」と自信を失いがち。その気持ちを受け入れつつも、前向きに気持ちを切り替えてみることで、不採用による疲労感を軽減できるでしょう。また、不採用になった理由が分かれば、今後の転職活動のヒントになることもあります。

世代別!「転職活動に疲れた…」を回避するコツ

転職事情は年代別で異なります。そのため、「転職活動に疲れた」と感じる理由や対処法もそれぞれです。ここでは、世代別の転職状況に触れながら、転職活動に関する悩みへの対処法について解説していきます。

20代の転職事情

20代は年齢的に若く、仕事のやり方も確立していないのが特徴です。
企業側にとっては育てやすく、将来的な戦力にもなってもらえそうな世代といえます。そのため、転職活動では企業からの積極的な採用が見込めるのがメリット。転職しやすく、新しい業種・職種への挑戦もしやすい世代です。
20代が「転職活動に疲れた」と感じる一つの要因として、転職への動機がぼんやりしたものになりがちなことが挙げられます。職歴が浅く社会人経験も少ない20代の場合、仕事への理想や漠然とした願望だけで転職活動を行えば、現実とのギャップに悩むこともあるでしょう。

【転職活動中の「疲れた」を防ぐコツ】

転職活動中の20代の方は、まず「現職にどのような不満があり、どんな目的を持って転職するのか」「転職を通じて将来どんなことを実現したいのか」を、現実的な視点で考えてみてください。漠然とした意識でなく、実際の行動に落とし込むことで、現実味を帯びた志望動機につながるでしょう。なんとなくの理想で転職活動をしていると、現実と合致せず、「疲れた」と感じてしまう可能性があります。

30代の転職事情

30代の転職では、業務における明確なスキルとマネジメント能力が求められます。
「業務で具体的にどう動けるのか」「自分はどのようなスキルがあるのか」ということと、効率良く全体の業務を進めるために、部下をどのように指揮するかの「管理能力」を明確にすることが、転職を叶えるカギです。マネジメント能力については、部下を管理する経験があったほうが望ましいのが実情でしょう。

【転職活動中の「疲れた」を防ぐコツ】

部下を持った経験がなくても、自分の仕事をどう効率化するか考え、いかに実行してきたかを説明すれば、採用選考でのアピールにつながります。「転職活動で疲れた」と感じたら、今一度30代に求められているスキルを確認してみてください。

40代の転職活動

40代は、「職歴が長く新しいやり方に馴染むのが難しい」「ほかの社員との年齢差やバランス」といった理由から、一般的に転職が難しいとされています。しかし、その豊富な経験やスキルから、新しい企業や戦力不足を解消したいという企業で、即戦力として歓迎されることもあるようです。

【転職活動の「疲れた」を防ぐコツ】

40代の転職活動で「疲れた」と感じないためには、自分の経験やスキルを活かせる仕事の求人を選んで応募することが大切です。
また、40代の転職では、応募先企業の社員とうまくやっていけるかという面も重要視される傾向があります。応募の際には、自分のこれまでのやり方やスキルを強くアピールするだけでなく、新しい環境に馴染もう、溶け込もうという前向きな姿勢も示しましょう。

転職活動がうまくいかず、疲れた場合には休むことも必要です。また、転職活動を再開する際には転職活動の計画を立て直しましょう。「1人で計画を立て直すのは不安」「これまでのやり方の何が間違っていたか分からない」という方は、ハタラクティブへご相談ください。
ハタラクティブは、若年層向けの転職エージェントサービスです。これまでの経歴やスキル、希望を丁寧にヒアリングし、今後の転職プランを一緒に考えます。「転職活動の方針が定まっていない」という方も、お気軽にご相談ください。希望に合う求人があればご紹介し、書類の添削や面接対策も行います。次こそ、「疲れたと感じる前に転職活動を成功させたい!」という方は、ぜひハタラクティブをご利用ください。

転職活動に疲れた人によくあるお悩みQ&A

ここでは、「転職活動に疲れた…」と感じる人によくあるお悩みをQ&A形式で解決していきます。

転職活動に疲れたときはどうすればいい?

「転職活動に疲れた…」と感じている方は、いったん休養を取りましょう。映画鑑賞や運動の時間を作り、気持ちのリフレッシュを図るのもおすすめです。転職活動からいったん離れることで、心身ともにリラックスできれば、新たな気持ちで転職活動と向き合える可能性があります。詳細は、このコラムの「転職活動に疲れたときにする3つの行動」をご参照ください。

なぜ「転職活動に疲れた」と感じてしまうの?

転職活動で「疲れた」と感じてしまう原因には、「不採用が続いている」「在職中で転職活動の時間が作れない」などが考えられます。自分が何に疲れを感じているのかを探り、転職活動における必要な対策を行いましょう。思うように転職活動ができず悩んでいる方には、「転職活動が辛い!仕事探しがうまくいかない…長期化する理由と解決策」のコラムもおすすめです。また、転職エージェントのハタラクティブでは、就活のプロがマンツーマンで転職活動をサポートしているので、ぜひご活用ください。

転職活動がうまくいかず自信を失いました…

不採用になったり、転職活動がうまくいかなかったりするのは、企業とマッチしなかっただけと気持ちを切り替えましょう。不採用後に自身の活動内容を振り返ることは大切ですが、必要以上に結果をネガティブに捉えるのは避けるべきです。このコラムの「転職活動に疲れた気持ちを溜め込まない方法」でも説明しているとおり、「自分の能力が低いから不採用になった」と強く思い込んでしまうと、転職活動での疲れを溜め込みがちになるので注意しましょう。

転職初日に疲れた…再度転職するべき?

転職初日に「疲れた」と感じても、もう少し頑張ってみることをおすすめします。転職初日は新たな環境に馴染むのに精一杯で、誰でも疲れを感じるものです。また、転職初日で退職して転職活動をすると、採用担当者に「この人は我慢や忍耐力がないのかな?」と懸念を抱かれるリスクも考えられるでしょう。転職先の仕事とのミスマッチを感じている方は、「仕事が合わないと感じる原因について紹介!辞めるのは甘え?」もぜひ参考にしてください。

関連タグ