転職活動に疲れたときの対処法!うまくいかない場合はどうすれば良い?

転職活動に疲れたときの対処法!うまくいかない場合はどうすれば良い?の画像

この記事のまとめ

  • 日々のストレスに転職活動が重なると「疲れた」と感じやすい
  • 転職活動に疲れたら、気分転換をして気持ちのバランスを取るのも大切
  • 疲れた気持ちが軽くなったら、自己分析や転職活動の計画を改めて見直してみよう
  • 転職活動で不採用が続いても、「企業と自分との相性が合わなかった」と割り切る
  • 転職活動に疲れたら、第三者の意見を聞くのもおすすめ

転職活動中に「疲れた」と感じてしまう人もいるのではないでしょうか。そのような場合は、気持ちを切り替えるためにも、無理をせずに転職活動を休みましょう。疲れた気持ちが軽減したら、新たな対策を練って、転職活動を再開するのがおすすめです。
このコラムでは、転職活動に疲れたときの乗り越え方や活動計画の見直し方、20代・30代など年代別に疲れを防ぐコツを解説します。転職活動に疲れた方はぜひご覧ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職活動中は「疲れた…」と感じやすい

転職活動中は「疲れた…」と感じやすいの画像

転職活動中は疲れを感じやすいといわれています。なぜなら、日常生活でのストレスに加えて、転職活動でのストレスもプラスされるからです。転職活動中にストレスを溜め込み過ぎると、それが心身の疲れに転じることも。また、書類選考が通らなかったり、面接へ進んでも内定が出なかったりと一進一退を繰り返していると、転職に対する疲れが増幅してしまうでしょう。そのため、前向きに転職活動を続けていくためには、十分な根気が必要です。
ただし、「疲れた」と感じているときに、やみくもに転職活動を続けても状況が好転しない恐れがあるため、少し休んで活動計画を見直すのも大切といえます。

転職活動に疲れたときの3つの乗り越え方

転職活動に疲れたと感じたら、心身が疲弊してしまう前に対処を行いましょう。万全のコンディションで転職活動を進めるためにも、疲れにはしっかりと対処してください。
ここでは、転職活動に疲れた辛い時期を乗り越える3つの方法について解説します。

1.疲れたら「とりあえず休む」

転職活動に疲れた場合は、転職活動のペースを落としたり休んだりして、疲労の回復を優先しましょう。疲れを感じたまま転職活動を行うと、冷静な判断ができなくなってしまいます。また、面接での態度や言葉に疲れが表れてしまうこともあるでしょう。疲れたと思いながら転職活動を継続しても、良い結果は得られない可能性があります。

「自分を労わる」のも大切

「転職活動に疲れた」と感じる場合は、無理せず自分を労わって休みましょう。趣味に時間を割いたり、十分な休息をとったりして、リラックスを心がけます。疲労ではなくストレスが溜まっている場合は、ストレス発散につながる行動をとることも大切です。転職活動にまつわるストレスと解消法については、「ストレスを制し、転職活動を制する術!」を参考にしてください。

2.親しい人に転職活動の悩みを相談する

「転職活動に疲れた」と感じる原因と解決策は、身近な人が解決してくれることもあります。転職活動がうまくいかない場合、自分だけの力で無理に進めようとせず、親しい友人や転職経験者、家族などに相談してみましょう。自分以外の視点からのアドバイスをもらうことで、転職活動がうまくいかない原因を把握し、問題を解決できる場合があります。自分の悩みを誰かに聞いてもらうだけでも、疲れた気持ちが楽になるでしょう。

転職エージェントに相談するのも良い

転職活動の悩みを相談する際は、年代や経験職種が異なる人を複数選ぶのがおすすめ。そのような相談相手がいない場合は、転職エージェントに相談してみるのも良い方法です。転職エージェントのアドバイザーは多種多様な人の相談を受けており、転職市場に精通しています。疲れた原因や解決方法について、ほかの人にはないアドバイスを受けられる可能性があるでしょう。

3.疲れたら「気分転換をする」

「転職活動に疲れた」と感じたら、転職活動以外のことに時間を使い、気分転換をしましょう。映画を観たり運動をしたりして、気持ちのバランスをとることも大切です。美味しいものを食べるのも良いでしょう。些細なことでも気分転換ができれば、「次も頑張ろう」という気持ちになりやすいです。「疲れた」「しんどい」が重なって限界を迎える前に、自分を労わるよう意識しましょう。
転職活動が辛いと感じるときの対処法は、「転職が辛い時期の乗り越え方は?辞めたい理由と対処法を紹介!」もあわせてチェックしてください。

転職活動で疲れたと感じる6つの原因

転職活動で疲れたと感じる6つの原因の画像

転職で疲れたと感じてしまうのには、不採用が続いたり、働きながらの活動が辛かったりするなどの理由があります。原因が分かれば改善しやすくなるので、なぜ疲れやつらさを感じるのかを把握しましょう。

1.転職活動の不採用結果ばかりで落ち込んでいる

転職活動で不採用の結果ばかりが続くと、自分が誰からも必要とされていないような気になってしまい、落ち込んでしまうでしょう。いつまでも内定が得られないのは辛いこと。転職活動をすること自体にも、疲れを感じてしまいます。人によっては「これ以上疲れたくない」という理由で、徐々に転職活動から遠ざかってしまうこともあるようです。

2.在職中の転職活動でしんどいと感じる

仕事をしながらの転職活動はスケジュールがハードになり、心身ともに疲れたと感じやすくなります。仕事の忙しさや疲れから、選考対策に時間を割けないことも多いでしょう。また、面接の日が迫ってくると「準備不足なのではないか」という不安から、気疲れしてしまう場合も。思うように面接の予定を組めず、スムーズに転職活動を進められないのがストレスで、余計に疲労を感じやすくなる場合もあります。
転職活動のタイミングは、在職中と退職後それぞれにメリット・デメリットがあります。転職活動が疲れたと感じないためにも、「転職活動は在職中と退職後のどちらですべき?伝えるタイミングはいつ?」を参考に、自分の状況に合った方法を選ぶのがおすすめです。

3.転職活動に出費がかさみ金銭的余裕がない

「転職に疲れた」と感じてしまう理由として、経済的な不安が挙げられます。すでに仕事を退職して転職活動をしている場合は収入がないため、金銭面で追い詰められやすいでしょう。
転職活動では、交通費や衣服費、移動に伴う飲食費など、さまざまな出費が発生します。応募先によっては、新幹線や飛行機を使ったり、宿泊したりすることも。それだけ費用をかけても内定が決まらなければ、「もう疲れた」と感じるのも無理はありません。
転職活動が長引くことで、金銭の余裕がなくなってしまえば、活動そのものに対してネガティブな気持ちになる恐れも。心配な要素が多くなると心の余裕を保てなくなるため、余計に疲れたと感じやすくなります。

経済的なことを考えると在職中の転職活動がおすすめ

転職活動が長引くことに不安を感じる人は、在職中に転職活動を始めるのがおすすめです。前述の通り、仕事と転職活動の両立はスケジュール調整が難しく、思うように活動が進まないこともあります。しかし、金銭的な余裕がなくなると、焦って自分には合わない企業に転職を決めてしまう恐れがあるため、経済的な余裕は大切です。特に、異業界・異職種への転職は時間がかかる場合があり、転職が決まるまでは収入を絶やさないのが無難といえます。

4.転職活動が在職中にバレないよう気を遣う

在職中に転職活動をしている方は、現在の職場への気遣いで「疲れた」と感じることもあるでしょう。職場が忙しいときに面接の予定が入り、有給休暇を取ったり、早退したりするのが申し訳なく感じることもあります。また、転職活動をしていることに後ろめたさを感じ、今の仕事を余計に頑張ってしまって疲れる人もいるようです。「転職活動をしていることがバレないだろうか」という不安を抱えながら仕事をするのは、心が疲れやすくなるといえるでしょう。

5.転職活動がうまくいかない悩みを相談できない

誰にもいわず1人で転職活動をしていることも、「疲れた」と感じさせる要因の一つです。転職がうまくいかないことや、悩んだときに相談できる人がいないことは、孤独感につながる場合があります。また、転職活動がバレた際の社内での人間関係を気にするあまり、公に相談しづらいことも。辛い気持ちを解消できない状態が続くと、疲れやストレスが溜まりやすくなってしまうでしょう。
転職を成功させるためには、「転職がうまくいくようにするには?企業選びのコツもあわせて紹介」で、転職活動がうまくいかない特徴や求人の探し方などを知りましょう。

6.転職前の退職手続きに手間取っている

転職前の退職準備で「疲れた」と感じることもあります。退職してから転職活動に専念したいと思っていても、退職を認めてもらえなかったり、手続きに時間が掛かってしまったりする場合もあるでしょう。転職活動に集中できない焦りや、「今の職場をきちんと辞められるのか」と不安になることで、転職活動への意欲が薄れ、疲れてしまう場合があります。
退職をスムーズに進めるためには、余裕をもったスケジュールで順序よく手続きを行うことが重要です。「退職手続きのチェックリスト!やるべきことを確認してミスを防ごう」では、退職日までに行う手続きのチェックリストを公開しているので、ぜひ参考にしてください。

転職エージェントでは円満退職のアドバイスもしてくれる

初めての退職では、上司への切り出し方や遺留されたときの対処法などのコツが分からない人もいるでしょう。転職エージェントのなかには、円満退職の方法を教えてくれるところもあります。退職手続きはマナーや手順を守れば、スムーズに進められるのが一般的です。退職手続きが難航して「疲れた」と感じている人は、転職エージェントへの相談も検討してみてください。「円満退職可能!転職エージェント活用法」でも退職の流れを詳しく紹介していますので、参考にしてみましょう。

疲れた気持ちが軽減したら転職のためにやるべきこと

疲労が改善されたからといって、これまでと同じように転職活動を進めても、再び「疲れた」と感じてしまう恐れがあります。転職活動を再開する際は、これまでのやり方を振り返り、新たな対策をとってみましょう。この項では、転職のためにやるべきことを3つ解説します。

1.転職の活動計画を見直す

「疲れた」と感じていた原因が、転職活動が思うようにうまくいかないことであった場合は、一旦リセットして活動のやり方や求人探しの方向性を変えてみましょう。なかなか内定が得られなかったのは、これまでのやり方が自分に合っていなかったり、間違っていたりした可能性があります。転職活動の再開時には、これまでの転職活動の流れを振り返り、改善点の見直しをすることが重要です。

自分の強みをもう一度洗い出す

転職活動を再開する際は改めて自己分析を行い、自分の強みやアピールポイントを洗い出してみましょう。これまでの転職活動がうまくいかなかった原因は、履歴書や面接で伝える内容が適切でない場合や、企業側が求めていることとマッチしていなかった可能性があります。改めて自己分析を行うことで、強みやアピールポイントを再認識し、応募先企業に何を求めるのかを明確にしましょう。
自己分析のやり方は、「転職活動のファーストステップ、自己分析の正しいやり方」を参考にしてください。

自分が転職したい企業の分析をする

企業研究を通じて情報収集をすれば、自分の強みと企業が求める人物像がマッチしているかを判断できます。また、自己PRでどこを強調すべきかが分かり、企業の採用担当者に響く志望動機や質問の回答を考えられるでしょう。企業研究をおろそかにして自分に合わない企業ばかりを選んでしまうと、転職活動が長引いて「疲れた」と感じる可能性が高いため、事前の情報収集が重要です。
企業研究によって転職を成功させるやり方を解説!情報の集め方も詳しく紹介」では、企業研究のやり方やポイントをご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

コロナ禍だと転職はうまくいかない?

新型コロナウイルス感染症により、「先が見えないので転職のタイミングを迷っている」「状況が良くなるのを待っているけど疲れた」とお悩みの方もいるでしょう。独立行政法人労働政策研究・研修機構の「職業紹介-都道府県別有効求人倍率」によると、2021年9月には1.15倍だった有効求人倍率は少しずつ回復し、2022年9月には1.34倍となっています。企業が提示する条件と、自分がこれまで培ってきた経験やスキルが一致すれば、時期を問わずに転職が成功するでしょう。もし転職するタイミングに迷っているなら、勇気を出して一歩踏み出すことも大切です。まずは転職サイトでどのような求人があるかをチェックしてみましょう。

参照元
独立行政法人労働政策研究・研修機構
職業紹介-都道府県別有効求人倍率

2.人に会って転職活動をするうえでの視野を広げる

「疲れた」と感じる気持ちが軽減したら、まったく違う業種や職種の人に会うのも状況を好転させるのに効果的です。自分1人で考えていると視野が狭まり、限られた選択肢になる恐れがあります。しかし、複数の人に意見を聞けば多くの視点を持てるようになり、新しい道が拓けるでしょう。いろいろな立場の意見から、求人や転職先の選択肢が広がることも期待できます。
もし、周りに転職経験者がいれば、今の自分の状況を話してアドバイスをもらうのもおすすめです。
転職活動がうまくいかない…とお悩みの方は、「転職がうまくいかない原因を解説!要点を押さえて希望を叶えよう」もあわせてご覧ください。

転職イベントに参加するのもアリ!

第三者の意見を聞くなら、転職フェアや企業の合同説明会といった転職者向けのイベントに参加するのも手です。転職イベントには、企業規模を問わず、求人を募集している多種多様な企業が集まります。ブースでは、各企業の採用担当者と話ができるので、転職活動に役立つアドバイスがもらえるでしょう。また、一度に複数の企業から話が聞けるため、求人探しの視野が広がるのも魅力です。企業によっては、会話の流れでそのまま面接の予定を取り付けられることもあります。転職サイトで良い求人が見つからない人は、転職イベントへ足を運んでみましょう。

3.生活リズムを整えてみる

転職活動で疲れたなら、生活リズムを見直してみるのもおすすめです。転職活動におけるストレスが原因で、暴飲暴食をしてしまったり、睡眠不足になったりしている方も少なくありません。このような生活が続いてしまうと、疲労が回復しづらい負のスパイラルに陥ってしまう恐れがあります。疲れを感じているときこそ、日々の食事や睡眠を見直してみましょう。

転職活動に疲れた気持ちを溜め込まない方法

転職活動での疲れを溜め込まないようにするには、取り組み方や考え方を変える必要があります。ここでは、気持ちの負担を軽くする方法をまとめました。

短期間で転職活動に臨む

「転職活動に疲れた」と感じないようにするポイントは、期間を決めることです。
企業の求人は日々更新されていくので、そのたびに「さらに良い企業があるのでは」と悩んでしまいがち。また、毎日の忙しさからなかなか活動が進まず、転職活動が長期化することも考えられるでしょう。「▲▲までに転職活動を終わらせる」というように、自分で期限を定めれば集中力を高められます。「疲れた」と感じても、「今だけは頑張ろう」と前向きになれる効果も期待できるでしょう。
転職活動を続けるうちに、決めた期間を達成できなさそうでも、焦る必要はありません。あくまで転職活動を長期化させないための目安なので、期限が近づいて来たらこれまでの振り返りを行い、期限の見直しや再設定を行いましょう。
転職活動に要する期間は約1〜3ヶ月といわれています。転職活動を長引かせたくない方は、「転職活動にはどれくらいかかる?長引く要因や短期間で終わらせるコツを解説」のコラムで、自分の状況に合わせた目処の立て方をチェックしてください。

長期化を回避するには、少しでも条件の良い求人に応募する

転職活動の長期化を避けるためには、自分にとって少しでも条件の良い求人に応募してみるのも一つの手です。将来の目的ややりたいことは理解しているものの、なかなか転職先が決まらない場合は、求人の応募に対して慎重になりすぎていることも。たとえば、前職よりも残業が少なかったり、有給休暇がとりやすかったりと、わずかでも改善が期待できるなら応募してみるのも良いでしょう。
また、転職サイトのスカウト機能により「面接に来ませんか」と誘いが来たら、一度は受けてみるのもおすすめです。

不採用は「自分と合わなかっただけ」と考える

企業から不採用通知をもらったら、企業との相性が合わなかっただけと考え、「自分を否定されたわけではない」とポジティブに捉えることが大切です。不採用通知は、転職活動を「疲れた」と感じさせてしまう要因の一つ。そのため、不採用通知をネガティブに捉え過ぎないことがポイントです。
採用においては、部署の予算や人事異動の都合など、さまざまな理由でどれだけ優秀な人でも「今来てほしい人材」でなければ不採用通知を出す場合があります。「タイミングが違っただけ」と前向きに気持ちを切り替えることで、疲れた気持ちを軽減できるでしょう。「今後の転職活動のヒントを得られた」と考え、次の選考に活かすのがおすすめです。

世代別!「転職活動に疲れた…」を回避するコツ

世代別!「転職活動に疲れた…」を回避するコツの画像

転職事情は年代別で異なります。そのため、「転職活動に疲れた」と感じる理由や対処法もそれぞれです。ここでは、世代別の転職状況に触れながら、転職活動に関する悩みへの対処法を解説します。

20代の転職事情

20代は年齢的に若く、仕事のやり方もまだ確立していない傾向にあります。
企業側にとっては育てやすく、将来的な戦力にもなってもらえる世代です。転職活動では企業からの積極的な採用が見込まれるのがメリットといえます。転職しやすく、新しい業種・職種への挑戦もしやすいでしょう。
20代が「転職活動に疲れた」と感じる一つの要因として、転職への動機がぼんやりしたものになりがちなことが挙げられます。職歴が浅く社会人経験も少ない20代の場合、仕事への理想や漠然とした願望だけで転職活動を行うと、現実とのギャップに悩むこともあるでしょう。

【転職活動中の「疲れた」を防ぐコツ】

転職活動中の20代の方は、「現職にどのような不満があり、どのような目的を持って転職するのか」「転職を通じて将来どのようなことを実現したいのか」を、現実的な視点で考えてみてください。漠然とした意識でなく、実際の行動に落とし込むことで、現実味を帯びた志望動機につながるでしょう。なんとなくの理想で転職活動をしていると、現実と合致せず、「疲れた」と感じてしまう可能性があります。

30代の転職事情

30代の転職では、即戦力になれるスキルとマネジメント能力が求められます。20代に比べてポテンシャルよりも経験が重視され、実務で身につけたスキルが問われるでしょう。また、30代後半になると、企業の中堅を担うことが期待されるため、マネジメントスキルも重要です。部下を管理する経験があったほうが望ましいのが実情といえます。

【転職活動中の「疲れた」を防ぐコツ】

部下を持った経験がなくても、チームを引っ張って成果を出した経験や、後輩にノウハウを教えてスキルアップに成功した例があれば、マネジメントスキルとしてアピールできます。企業が知りたいのは、マネージャーの肩書きよりも「経験」です。マネージャーとしての素質があることを伝えるためのエピソードを考えてみましょう。マネジメント経験がないことで不採用が続き、「転職活動で疲れた」と感じたら、30代の転職者に企業が何を求めているかを確認しましょう。

40代の転職活動

40代は、「職歴が長く新しいやり方に馴染むのが難しい」「ほかの社員との年齢差やバランス」といった理由から、一般的に転職が難しいとされています。しかし、その豊富な経験やスキルから、新しい企業や戦力不足を解消したいという企業で、即戦力として歓迎されることもあるようです。

【転職活動中の「疲れた」を防ぐコツ】

40代の転職活動で「疲れた」と感じないためには、自分の経験やスキルを活かせる仕事を選ぶのが大切です。
また、40代の転職では、応募先企業の社員とうまくやっていけるかという面も重要視される傾向があります。応募の際には、自分のこれまでのやり方やスキルを強くアピールするだけでなく、新しい環境に馴染もう、溶け込もうという前向きな姿勢も示しましょう。

「1人で計画を立て直すのは不安」「これまでのやり方の何が間違っていたかわからない」という方は、ハタラクティブへご相談ください。
ハタラクティブは、若年層向けの転職エージェントです。これまでの経歴やスキル、希望を丁寧にヒアリングし、今後の転職プランを一緒に考えます。スケジュール調整や企業側とのやり取りは代行しますので、今の仕事を続けながら転職活動を進めるのも可能です。希望に合う求人をご紹介し、書類の添削や面接対策も行っていますので、「転職活動の方針が定まっていない」という方も、お気軽にご相談ください。

転職活動に疲れた人によくあるお悩みQ&A

ここでは、「転職活動に疲れた…」と感じる人によくあるお悩みをQ&A形式で解決していきます。

転職活動に疲れたときはどうすればいい?

「転職活動に疲れた…」と感じている方は、いったん休養を取りましょう。映画鑑賞や運動の時間を作り、気持ちのリフレッシュを図るのもおすすめです。転職活動からいったん離れることで、心身ともにリラックスできれば、新たな気持ちで転職活動と向き合える可能性があります。詳細は、このコラムの「転職活動に疲れたときの3つの乗り越え方」をご参照ください。

なぜ「転職活動に疲れた」と感じてしまうの?

「不採用が続いている」「在職中で転職活動の時間が作れない」といった原因が考えられます。自分が何に疲れを感じているのかを探り、転職活動に必要な対策を行いましょう。思うように転職活動を進められない方には、「転職活動が辛い!仕事探しがうまくいかない…長期化する理由と解決策」のコラムもおすすめです。転職エージェントのハタラクティブでは、就活のプロがマンツーマンで転職活動をサポートしているので、ぜひご活用ください。

転職活動がうまくいかず自信を失いました…

不採用になったり、転職活動がうまくいかなかったりするのは、企業とマッチしなかっただけと気持ちを切り替えましょう。活動内容を振り返ることは大切ですが、必要以上に結果をネガティブに捉えるのは避けるべきです。このコラムの「転職活動に疲れた気持ちを溜め込まない方法」でも説明しているとおり、「自分の能力が低いから不採用になった」と思い込むと、転職活動での疲れやストレスを溜め込みがちになるので注意しましょう。

転職初日に疲れた…再度転職するべき?

もう少し頑張ることをおすすめします。転職初日は新たな環境に馴染むのに精一杯で、誰でも疲れを感じるものです。また、転職初日で退職して転職活動をすると、採用担当者に「この人は我慢や忍耐力がないのかな?」と懸念を抱かれるリスクも考えられるでしょう。転職先の仕事とのミスマッチを感じている方は、「仕事が合わないと感じる原因について紹介!辞めるのは甘え?」もぜひ参考にしてください。

この記事に関連するタグ