転職がうまくいかない原因を解説!要点を押さえて希望を叶えよう

転職がうまくいかない原因を解説!要点を押さえて希望を叶えようの画像

この記事のまとめ

  • 転職がうまくいかないのは対策が不十分だったり企業のニーズに合っていないため
  • 在籍会社が多かったり転職の目的が曖昧な人はうまくいかないことが多い
  • 転職がうまくいかないときは自己分析と企業研究を改めて行うことが大切
  • 視野を広げるためにも、転職がうまくいかないときは複数のサービスを利用しよう

転職活動がうまくいかずに悩んでいるなら、うまくいかない理由を考えてみましょう。このコラムでは、転職がうまくいかないと悩む方に向けて、その理由と対処法をまとめています。転職活動で躓くのは、無計画に進めたり企業研究が不十分だったりと必ず理由があるもの。コラムを参考に、自分の転職活動について振り返り、改善点を探してみましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職活動がうまくいかない原因とは?

転職活動がうまくいかない理由は複数考えられますが、「企業の求める人材に合わない」「面接対策が不十分」という理由が多いもの。下記でうまくいかない理由を確認し、自分の転職活動を振り返ってみましょう。

自分と企業の採用ニーズが合っていない

転職活動がうまくいかない理由として、自分の能力や価値観と合っていない企業へ応募している可能性が考えられます。企業のニーズに合わない人が応募しても、「ぜひうちの会社で働いてほしい」ということにはならないでしょう。
企業の採用ニーズを知るには「求める人物像」を把握することが大切。募集要項や企業Webサイトの採用ページに「○○の経験を持つ人が活躍中」「将来は○○を担当していただきます」などの記載がある場合は、しっかりチェックすることで働く社員像が見えてくるはずです。
応募する際は、企業が求める人物像と自身がマッチしているかどうかを確認するようにしましょう。

転職活動の方法が間違っている

積極的に求人へ応募している、前向きに行動しているという人で転職活動がうまくいかない場合は、選考対策に問題がある可能性も。たとえば、応募書類に誤字脱字がある、面接マナーを守れていないといった単純なミスでも、採用担当者へマイナス印象を与えます。
また、興味を持った企業に片っ端から応募していると、転職の軸(転職する目的や自分の価値観)が崩れ、方向性を見失う原因に。転職活動がうまくいかないと悩んでいる方は、まずは基本から見直すことをおすすめします。

面接対策が不十分

書類選考は通過するにも関わらず面接でうまくいかない人は、質問に対する回答に問題があると予測できます。企業は面接を通して、応募者が自社にふさわしい人材かどうかを判断。「自己PRをお願いします」と言われたときに「ゆくゆくは独立する夢を持っています」と抽象的かつ退職を前提とした内容を答えたのでは、良い評価にはつながらないでしょう。
面接での質問にはそれぞれ意図があるので、何を判断しているのか考えたうえで回答をすることが大切です。各質問の意図については、転職面接でよくある質問について紹介している記事「転職面接はどう乗り越える?質問例と回答のポイント」をチェックしてみてください。

転職がうまくいかない理由は20代も30代も同じ

転職がうまくいかない人のなかには「年齢が原因で落ちているのかもしれない…」と思っている方もいるようですが、募集や採用の際に年齢制限を設けることは禁止されています。原因は別のところにある可能性が高いでしょう。厚生労働省「募集・採用における年齢制限禁止について」によると、求人票で年齢不問としているにも関わらず、年齢を理由に応募を断ったり採否を決定したりした場合、法律違反となります。

年齢を問わず転職活動で大切なのは、「企業のニーズと自身のマッチ度を考慮すること」や「軸を決めること」。それらを意識して応募先を選び、さらに選考対策をしっかり行うことで「転職がうまくいかない…」と思い悩むことは避けやすくなるはずです。
とはいえ、年齢が高くなると教育の難しさから採用ニーズが低くなり、転職が難航しやすいという事実もあります。転職がうまくいかないと悩んでいる人は、転職と年齢の関係性について解説した記事「転職は何歳まで?気になる年齢の話」もチェックしてみてください。

参照元
厚生労働省
募集・採用における年齢制限禁止について

転職がうまくいかない人の12つの特徴

転職がうまくいかないと悩んでいる人には、「転職の目的が曖昧」「転職回数が多い」「企業研究や自己分析が不十分」といった共通点が見られます。転職で苦戦しやすい人の特徴を以下にまとめました。

1.転職の目的がぼんやりしている

転職の目的がはっきりしない人は、「不満があれば簡単に辞めてしまいそう」という印象を与え、企業から歓迎されません。企業に好印象を持たれなければ、転職活動はうまくいかないもの。また、転職活動を続けるうちに、給与や待遇、勤務地などの好条件に惹かれて、当初の目的を忘れてしまう人もいるようなので気をつけましょう。
まずは、「なぜ転職をするのか」「転職先で何を成し遂げたいのか」という転職の目的をはっきりさせることが大切です。

2.スケジュールを決めず転職活動をしている

スケジュール管理を怠って転職活動を進めると、明確な期限がないことから気が緩みがちになり、うまくいかない原因となり得ます。また、選考日を見据えた対策もできないため、転職活動がうまくいかない確率が上がってしまいます。在職中・前職の退職後、どちらであってもスケジュール管理が転職活動の要であることに変わりはありません。履歴書の応募期限や書類選考の結果通知日、面接予定日などは、分かった時点でスケジュール帳やカレンダーに書いておきましょう。

3.転職回数が多い

近年では転職する人が増えていますが、やはり多すぎる転職は「飽きやすい」「忍耐力がない」とマイナスイメージにつながります。「転職回数が多いと採用されない?」でも解説しているように、業界や企業側の考えによるものの、一般的には3回以上だと転職回数が多いと思われるようです。
転職回数が多い場合は、転職を重ねた理由やこれまでの企業で経験してきたこと、得たスキルなどを説明してポジティブなアピールにつなげましょう。

在籍期間が短い場合も注意

転職回数と同様に、入社から退職までの期間が短い場合も「忍耐力がない」とネガティブな印象につながりやすいので注意。特に数ヶ月で退職している場合は、「研修だけしか経験していない」と思われスキルが不十分と評価されることもあります。

4.自分の強みを把握できていない

自己分析が不十分で、自分のスキルや強みを把握していない人は、企業に効果的なアピールができないため転職活動がうまくいかない可能性が高まるでしょう。
転職活動は、企業に自分を売り込むこと。自分のアピールポイントが分からないと、企業側に「自分を採用するメリット」をうまく伝えられません。自己PRや志望動機、逆質問など、よくある質問ごとに自分の強みを効果的にアピールする回答を事前に用意しておくことをおすすめします。

5.企業分析や業界研究が不足している

企業分析や業界研究が不足するのも、転職活動がうまくいかない原因のひとつ。企業に対する理解が足りなければ、「なぜ競合他社ではなく当社なのか」という企業側の問いに答えられません。選考では「応募するのが、その企業でなくてはならない理由」を伝える必要があります。数多くある企業の中から応募先企業を選んだ理由を具体的に説明できるよう、企業分析・業界研究は徹底して行いましょう。やり方については、業界研究の手順について紹介している記事「企業研究によって転職を成功させる方法を解説!情報の集め方も詳しく紹介」もチェックしてみてください。

6.ビジネスマナーが身についていない

身だしなみや言葉遣いといったビジネスマナーは社会人の基本。社会人経験があるはずの転職者なのに身についていないと判断されればマイナス評価に繋がり、うまくいかないでしょう。仕事中に人と接する機会が少ないなどが原因で、ビジネスマナーを忘れてしまっている人は意外と多いものです。社会人経験があるから大丈夫と考えず、改めて基本的なマナーを復習してください。

7.理想の条件をすべて叶えようとしている

転職がうまくいかない人は、企業に求める条件が多すぎないか確認しましょう。理想をすべて叶えようとすると応募先がかなり絞られてしまい、転職の効率を下げてしまいます。また、誰が見ても魅力的な待遇の企業は応募者も増えるため、倍率も上がるのが現実。より転職のハードルが上がることになってしまうので、うまくいかない現状を打破するには、条件は多少の妥協も必要です。

大手思考や有名企業ばかりに応募している

知名度の高さや給与だけで応募先を選ぶのも、具体的な志望動機を答えられずに転職活動がうまくいかなくなりやすいです。名の知れている企業や給与が高い企業では、待遇に見合ったスキルレベルを求められることがほとんど。「ただなんとなく」「有名だから」といった理由で採用をもらえるような企業ではないため、待遇以外に明確な理由がない場合は、別の応募先を考えましょう。

8.企業の求める人物像とズレがある

企業側が求める人物像ではない場合も不採用になるので転職活動がうまくいかない原因です。企業が求めているのは業務に必要とされるスキルだけではありません。たとえば、協調性を強みとしていてチームワークを大切にできる人が、個人主義の企業に応募をしても採用される可能性は低くなるはず。応募先の企業がどのような人物を求めているのか、社風や理念についてもしっかり把握したうえで応募をしましょう。社内の具体的な雰囲気を知りたい場合は、企業へ実際に足を運んでいる転職エージェントに聞いてみるのもおすすめです。

9.落ちてしまった選考の反省が活かしきれていない

不採用通知を受け取った後、「なぜうまくいかないのか」といった振り返りができていない人も転職活動に苦戦する傾向があります。落ちてしまったら、その原因を振り返り、次の選考で活かすことが大切です。ついショックを受けて目をそむけてしまいがちですが、不採用通知の悔しさをバネにして転職活動を突破しましょう。

ネガティブな退職理由をそのまま伝えていない?

人間関係が原因で前職を辞めた場合、そのまま伝えると「自社でも同じ理由で辞めてしまうのではないか」「本人の努力不足なのではないか」と思われてしまう恐れがあります。嘘の退職理由を話すことは避けるべきですが、「転職をしたほうがスキルを伸ばせると思ったから」など、できるだけポジティブな理由に言い換えて伝えましょう。

転職がうまくいかないときに試すべき8つの対処法

転職がうまくいかないときは転職活動のやり方を変えてみましょう。視野を広げて選択肢を増やしたり、改めて自己分析を行って自分に合った企業を選び直したりするのがポイント。転職活動がうまくいかないと感じている人は以下の対処法を試してみてください。

1.疲れたら一旦転職活動を休む

転職活動がうまくいかないときは、思い切って1度転職活動をストップしてみるのも良いでしょう。不採用が続いたことによる疲れやストレスによって、視野が狭まってしまうと転職がより難航してしまう恐れもあります。焦って転職先を決めるとミスマッチも生じやすくなるため、転職活動は無理のない範囲で行いましょう。

2.自己分析・企業研究をやり直す

自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」を参考に、自己分析と企業研究をしっかりと行いましょう。転職がうまくいかない人の中には、いきなり応募をする人も多いようですが、自己分析や企業研究が不十分だとアピール内容に深みが出ないのでうまくいかない可能性が高まります。自己分析では自分の強みを考えるだけでなく、その強みをどのように活かしたいのかという部分を明確にしてください。そのうえで、自分の適性にマッチする企業を探してみましょう。

3.転職の軸を定める

自己分析や企業研究が済んだら転職の軸を決めましょう。転職活動がうまくいかない人の傾向として、軸が定まっていない・ぶれている例が見られます。転職の軸を定めることで、入社後のミスマッチが防ぎやすくなり転職成功率は高くなるでしょう。
転職の軸は、「△△が実現できる会社にいきたい」というように具体的に考えておくと、より効果的です。面接の際に志望動機を聞かれた際にも自信を持って対応できるようになります。「就活の軸とは?決め方と効果的な伝え方」で、軸の決め方を確認してみましょう。

4.視野を広げる

転職がうまくいかないなら、応募先の絶対数を増やしてください。特に応募企業が極端に少ない人は、やりたい仕事に関連する業界全体に応募範囲を広げるのがポイントです。転職のする際の応募数は、5〜10社程度が一般的とされています。もちろん、1~2社に絞って応募する人もいるようですが、あくまでもそれは少数派。できるだけ応募範囲は広げておいた方が内定獲得の可能性は高まるといえるでしょう。

5.応募書類の見直しを行う

転職活動がうまくいかないなら、履歴書や職務経歴書を見直し、応募書類のクオリティを上げましょう。誤字脱字があったり、アピール内容が企業とマッチしていなかったりすると、採用担当者はすぐに見抜きます。分かりやすい内容にするのはもちろん、手書きの場合は丁寧に書く、パソコンの場合は適度に改行するなどして、読む人に配慮した書類を提出しましょう。

6.面接の練習を繰り返し行う

面接対策も転職を成功させるために必要な工程です。質問されそうなことに対する回答を用意する、面接マナーを身につけるといった対策をしておくことで、落ち着いて面接に挑めるでしょう。
また、面接対策の一環として、繰り返し模擬面接を行うのも効果的。面接の一連の流れが把握できていれば、自信がつきます。緊張しやすい人も、練習を繰り返すことで面接の場に慣れてくるはずです。

7.身近な人に転職について相談する

転職活動に行き詰まっている人は、身近な人に話してみましょう。「うまくいかないことをわざわざ言いたくない」という人もいるかもしれませんが、客観的な視点からアドバイスをもらえる可能性があります。身近な人は意外と本人よりもその人の性格や特性を知っているもの。身近に転職経験者がいる人は、その方にアドバイスをもらうのも良いでしょう。

8.転職サービスを活用する

転職活動をする際は、複数の人材紹介サービスを利用するのもコツです。仕事を探す=ハローワークと考えてしまいがちですが、厚生労働省「令和2年転職者実態調査の概況」を見ると、事業規模が大きい事業所ほど民間の職業紹介機関や自社のWebサイトを利用して求人募集していることが分かります。

単位:%

事業所規模 ハローワーク等の公的機関 民間の職業紹介機関 求人サイト・求人情報誌など 自社のWebサイト スカウト 縁故 親会社・グループ会社 会社説明会
総数 57.3 24.8 43.2 26.6 7.2 27.6 7 4.6
1,00人以上 49.9 52.6 59.9 66.6 18 27.8 10.1 17.9
300~999人 61.1 45.0 53.4 58.5 6.7 26.6 8.6 15.1
100~299人 63.2 37.4 52.3 47.1 4.8 31.8 7.7 12.4
30~99人 65.1 27.3 43.6 28.8 5.2 29.4 4.8 7.8
5~29人 54.5 22.7 42.1 23.7 7.9 26.8 7.6 2.9

※複数回答
引用:厚生労働省「令和2年転職者実態調査の概況(転職者の募集方法)

事業規模が大きい会社は、そのぶん募集人数が多いことも。人材紹介サービスによって開示している情報やサポート体制も異なるので、1つのサービスにこだわらず、ほかのサービスを利用することも考えてみましょう。

参照元
厚生労働省
令和2年転職者実態調査の概況

転職がうまくいかなければプロに相談しよう

「転職活動がうまくいかない…」と1人で悩んでいる方は、民間の職業紹介機関である転職エージェントを利用するのがおすすめ。転職エージェントでは、就活のプロが求職者の適性を見極めたうえで企業の紹介をしてくれます。孤独な転職活動に不安を感じている方は1度相談してみましょう。

若年層を対象とした転職エージェント「ハタラクティブ」では、適性に合った企業の紹介だけでなく、求職者一人ひとりの強みが活かせるような対策も実施しています。「転職活動がうまくいかない」と悩んでいる方は、1度就活のプロに相談してみませんか?入社後のフォローも行っているので、初めて転職活動をする方も安心です。「とりあえず相談だけしてみたい」というお問い合わせも歓迎しておりますので、お気軽にご登録ください!