1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職がうまくいかないのはなぜ?不採用が続く原因と対処法をアドバイス

転職がうまくいかないのはなぜ?不採用が続く原因と対処法をアドバイス

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・転職がうまくいかないのは、求職活動の方法が間違っている可能性がある
    ・うまくいかない人の特徴は、「転職の軸が不明瞭」「視野が狭い」「自信がない」など
    ・転職で企業が重視するのは「業務に役立つ能力があり、会社に貢献してくれそうか」
    ・転職がうまくいかないときは、自己分析を見直して転職の軸を再設定しよう

不採用が続くと、「転職がうまくいかない」と感じることはあるのではないでしょうか?転職がうまくいかない理由は、自信がない、面接対策をしていないなど、さまざまなものがあります。不採用が続いているのなら、転職活動のやり方から見直す必要もあるでしょう。本コラムでは、転職がうまくいかない人向けに、原因と対処法をまとめました。転職に不安を感じている方は、ぜひご覧ください。


監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

転職がうまくいかない原因とは

転職がうまくいかないと感じるときは、以下のような原因が考えられます。
「何をしてもうまくいかない」と落ち込む前に、以下のような状況になっていないか確認してみましょう。

「不採用=企業に求められていない」と決めつけている

「自分を必要としている企業はない」というネガティブな思い込みは、モチベーション低下や自信喪失などに繋がり、転職活動に悪影響を及ぼします。
不採用が続くと、「自分は企業から求められていない」「社会から必要とされていない」などとネガティブになることはあるでしょう。
しかし、不採用になったからといって、できる仕事がないということにはなりません。能力や経験、学歴などによらず、未経験から採用する企業は探せばたくさん見つかります。転職活動をする際は、あせらず前向きな気持ちでいることが大切です。

転職活動の方法が間違っている

積極的に求人へ応募している、前向きに行動しているという人で転職活動がうまくいかない場合は、求職方法に問題がある可能性も。例えば、応募書類に誤字脱字がある、面接マナーを守れていないといった単純なミスでも、採用担当者へマイナス印象を与えます。
また、興味を持った企業に片っ端から応募していると、転職の軸(転職する目的や自分の価値観)がぶれ、方向性を見失うこともあるでしょう。
転職方法に違和感を感じる人は、転職活動の基本やマナーから見直すことをおすすめします。

自分と企業の採用ニーズが合っていない

前向きに転職活動と向き合っている、転職活動の基本やマナーは押さえている、それでもうまくいかない場合は、自分の能力や価値観と合っていない企業へ応募している可能性があります。
企業のニーズに合わない人が応募しても、「ぜひうちの会社で働いてほしい」ということにはならないでしょう。
企業の採用ニーズを知るには「求める人物像」をチェック。募集要項や企業Webサイトの採用ページなどから、「◯◯の経験を持つ人が活躍中」「将来は◯◯を担当していただきます」などの働く社員像が見えてくるはずです。
応募する際は、自分と企業が求める人物像がマッチしているかどうかを必ず確認してください。

転職がうまくいかない人の6つの特徴

転職がうまくいかない人には以下のような特徴があります。
自分に当てはまるものがあれば、見直してみましょう。

1.転職の目的がぼんやりしている

転職の目的がはっきりしない人は、「不満があれば簡単に辞めてしまいそう」という印象を与え、企業から歓迎されません。転職活動を続けるうちに、給与や待遇、勤務地などの好条件に惹かれて、当初の目的を忘れてしまう人もいるので気をつけてください。
まずは、「なぜ転職をするのか」「転職先で何を成し遂げたいのか」という転職の目的をはっきりさせることからはじめましょう。

2.うまくいかなくて自信をなくしている

転職活動中に不採用が続いても、「自分には価値がない」と落ち込む必要はありません。
転職活動には、一定の大変さはあるもの。一見、うまくいっているような人でも、職場環境を変える不安や悩みはあるでしょう。誰もが簡単に転職しているわけではないので、自信をなくさないようにしてください。
思うような結果が出ないときは、「面接の練習になった」「志望動機を上手くまとめられた」というように、成果を前向きに捉え、失敗は次に活かしましょう。
「自分に合った1社に入社できれば良い」という気持ちで、根気強く転職活動を続けることが大切です。

3.面接対策をさぼっている

面接対策に充分な時間を取っていない人は、本番で失敗しやすいでしょう。
仕事をしながら転職活動をする場合、面接対策の時間がなかなか取れないという人もいるようですが、場当たり的に採用面接を受けるのは避けた方が無難です。
コミュニケーションに自信がある人でも、面接の時間内にアピールしきれなかったという失敗はよくあります。
どんなに忙しくても、できるだけ面接対策は万全にしてから挑みましょう。

4.ビジネスマナーが身についていない

身だしなみや言葉づかいといったビジネスマナーは社会人の基本。身についていないと判断されればマイナス評価に繋がります。
仕事中に人と接する機会が少ないなどが原因で、ビジネスマナーを忘れてしまっている人は意外と多いもの。社会人経験があるから大丈夫と考えず、改めて基本的なマナーを復習してください。

5.自分の強みを把握できていない

自己分析が不十分で、自分のスキルや強みを把握していない人は、企業に効果的なアピールができません。
自分のアピールポイントが分からないと質問にうまく回答することができず、冗長表現が多くなります。そうなると、採用担当者は応募者に興味を失い、不採用のハンコを押すことになるでしょう。
自己PRや志望動機、逆質問など、よくある質問ごとに、自分の強みを効果的にアピールする回答を、事前に用意しておくことをおすすめします。

6.条件を絞りすぎて応募企業が少ない

「絶対この業界のこの仕事でなければダメ」というように厳しい条件を設定している人は、応募企業が極端に少ない傾向があります。
条件を絞りすぎるのは、自分の可能性を狭めるのと同じ。転職の軸として、ある程度の条件を設定することは必要ですが、条件を出しすぎないように気をつけてください。
適度な条件を定めたうえで、選択肢を広げておけば、自分が知らない業界や職種に興味を持つ可能性も。応募企業が増えれば、それだけ採用チャンスも広がるでしょう。

転職で重視される3つのポイント

この項では、企業が採用の場で重視するの3つのポイントをまとめました。
転職を成功させるには、企業の視点を理解することが大切。自分本位で企業のニーズに合わないアピールをしても、転職はうまくいきません。
企業の視点を知って、自分がアピールすべきポイントを考えてみましょう。

1.業務に役立つ能力があり、会社に貢献してくれそうか

企業が求めているのは、業務に役立つ能力があって会社に貢献してくれそうな人材です。優れた能力や前職の実績があっても、業務に関連しなければ、高評価は得られません。
企業のニーズを把握したうえで、「結論→根拠→ビジョン」の流れに沿って簡潔に述べましょう。

2.仕事に対する意欲があるか

仕事に対する意欲をチェックすることで、企業への志望度が分かります。採用担当者は、「採用したら入社してくれそうか」という視点で応募者を判断。能力が高くても、「競合企業へ行ってしまいそうだ」という印象を受ければ、次点の候補者を採用する可能性があります。
「応募先企業だからこそ入社したい」という強い気持ちが伝わる志望動機を考えてみてください。

3.将来のビジョンを明確に持っているか

将来のビジョンから分かるのは「会社との相性」。企業にとって、相性の悪い人材を採用するのは、早期離職のリスクに繋がります。応募者のビジョンが自社の価値観やキャリアパスと一致しているかどうかでマッチ度を図りたいというのが企業の本音です。
企業の方向性に注目して、自分がどのようなキャリアパスを辿って行きたいかを明確にしておきましょう。

転職がうまくいかないときに試したい5つの対処法

転職がうまくいっていないときに試してほしい対処法を5つまとめました。
5つとも大切なので、順番に試してみることをおすすめします。

1.自己分析・企業研究をやり直す

まずは自己分析と企業研究をしっかりと行いましょう。転職がうまくいかない人の中には、自己分析や企業研究を省いている人も多いようです。
自己分析で自分の強みや価値観を洗い出し、企業研究で自分の強みが活かせそうな業界・職種はどんなところなのかという適性を明確にさせてください。そのうえで、自分の適性にマッチする企業を探してみましょう。

2.転職の軸を定める

自己分析や企業研究が済んだら転職軸を決めてください。転職の軸を定めておくと、「いつの間にか転職の目的が変わっていた」という事態を防げます。
また、「今の会社を辞めたい」という気持ちだけで転職活動を進めていた人は、「転職して何を成し遂げたいのか」という視点で転職の軸を考えてみましょう。
転職の軸は、「〇〇が実現できる会社にいきたい」というように具体的に考えておくとなお効果的です。面接の際に、「転職先選びで重視していることは?」「離職理由は?」「なぜ当社を希望するの?」といった質問にも自信を持って対応できるようになります。

3.視野を広げ、応募企業を増やす

応募企業が極端に少ない人は、視野を広げて求人を見るようにしましょう。業界を絞って応募先企業を探していた場合は、やりたい仕事に関連する業界まで応募範囲を広げるのがポイントです。
転職のする際の応募数は、5~10社程度が一般的。もちろん、1~2社程度受けて転職先を決める人もいますが、それは少数派だと思ってください。多い人では、20社以上受けてようやく1社内定を獲得したという人も。できるだけ応募範囲は広げておいた方が内定獲得の可能性は高まるといえるでしょう。

4.応募書類を見直す

履歴書や職務経歴書を見直し、応募書類のクオリティを上げましょう。特に、在職中に転職活動をする場合は、応募書類が雑になっていないかチェックしてみてください。
誤字脱字があったり、アピール内容が企業とマッチしていなかったりすると、採用担当者はすぐに見抜きます。分かりやすい内容にするのはもちろん、手書きの字は丁寧に書く、パソコンの場合は適度に改行するなどして、採用担当者の目にとまる「見やすく分かりやすい書類」を完成させましょう。

5.面接の練習を繰り返し行う

面接対策も転職を成功させるために必要な工程です。質問されそうなことに対する回答を用意する、面接マナーを身につける、といった対策をしておくことで、慌てず、落ち着いて面接に挑むことが可能でしょう。
また、面接対策の一環として、繰り返し模擬面接を行うのも効果的。面接の一連の動作を頭に叩き込むことで、マナーや自信が身につきます。
人前はどうしても緊張してしまうという人も、練習を繰り返すことで面接の場に慣れることができるでしょう。

在職中の転職活動を効率よく進めるなら、転職エージェントを利用してみるのも1つの方法です。
ハタラクティブは、20代を中心とした若年層向けの就職・転職支援サービス。プロのアドバイザーが、丁寧なカウンセリングのうえ、適性や希望に沿った求人を紹介いたします。
さらに、サービスの一環として、履歴書や職務経歴書といった応募書類の添削、面接対策、企業とのスケジュール調整などを実施。在職中で転職活動の時間を十分に確保できない場合も、ハタラクティブが最後までフォローいたします。
転職活動がうまくいかなくて悩んでいる、プロの意見を聞いてみたいという人は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    転職がうまくいかない場合に考えられる原因と対策

  • image

    転職活動が辛い!仕事探しがうまくいかない…長期化する理由と解決策

  • image

    転職活動に疲れた…うまくいかないときの対応策まとめ

  • image

    転職できない人の特徴と改善策

  • image

    転職の失敗におけるよくあるパターンとその対策

  • image

    転職は難しい?理想の企業を見つけるためには

  • image

    転職できない悩みから抜け出そう!主な原因と解決法をご紹介

  • image

    仕事がうまくいかない時はどうすれば良い?よくある原因と対処法をチェック

  • image

    第二新卒の転職はうまくいかない?

  • image

    できる仕事がないと感じる原因とは?対処法とおすすめの仕事

  • image

    第二新卒が陥りやすい転職の失敗パターンをご紹介!

  • image

    転職活動で大変だったことは何?面接準備やコツといった対策もご紹介!

  • image

    仕事がうまくいかないのはなぜ?

  • image

    第二新卒の転職で成功する人・失敗する人の特徴をキャリアアドバイザーがまとめてみた

  • image

    転職にはリスクがある?後悔しないための回避方法を知っておこう

  • image

    転職に対する不安とその解消法

  • image

    休職後の転職を成功させるための秘訣と例文集

  • image

    転職したいけど怖い!入社初日はどうしたらいい?段階別の不安と対処法

  • image

    「第二新卒」の転職がうまくいく人とは?

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる