転職がうまくいかないのはなぜ?20代30代別の原因と成功させるコツ

転職がうまくいかないのはなぜ?20代30代別の原因と成功させるコツの画像

この記事のまとめ

  • 転職がうまくいかない原因は自分と企業が求めるニーズのミスマッチによるもの
  • 転職する目的や軸が定まっていないと転職がうまくいかない要因になる
  • 転職がうまくいかないときは自己分析と企業研究を深く行うことが必要

転職活動がうまくいかずに悩んでいるなら、うまくいかない理由を考えてみましょう。このコラムでは、転職がうまくいかないと悩む方に向けて、その理由と対処法をまとめています。転職活動で躓くのは、無計画に進めたり企業研究が不十分だったりと必ず理由があるもの。このコラムを参考に、自分の転職活動について振り返り、改善点を探してみましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 仕事を始めても続かない・・・
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • どうすれば見つけられるんだろう?
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

転職がうまくいかない原因は?

転職活動がうまくいかない理由は複数考えられますが、「企業の求める人材に合わない」「面接対策が不十分」という理由が多いもの。下記でうまくいかない理由を確認し、自分の転職活動を振り返ってみましょう。

自分と企業が求めるニーズがマッチしていない

自己分析と企業研究を怠り「転職がうまくいかない」と悩んでいる人によくあるのが、自分と企業のニーズがマッチしていないということです。希望する業界や企業研究が不足していると、求められる人材を理解できずアピールすべきスキルも伝えられません。業界や企業研究する際には、企業の概要や扱う製品、仕事内容まで深く理解し、同じ想いを持って仕事ができることを示しましょう。

企業が求める人物を把握しよう

企業の採用ニーズを知るには「求める人物像」を把握することが大切。募集要項や企業Webサイトの採用ページに「△△の経験を持つ人が活躍中」「将来は□□を担当していただきます」などの記載がある場合は、しっかりチェックすることで働く社員像が見えてくるはずです。応募する際は、企業が求める人物像と自身がマッチしているかどうかを確認するようにしましょう。

転職活動の方法に誤りがある

積極的に求人へ応募している、前向きに行動しているという人で転職活動がうまくいかない場合は、選考対策に問題がある可能性も。意欲ばかりが先行し、自己分析や企業研究も不十分のまま興味を持った企業に応募していると、転職の軸(転職する目的や自分の価値観)が崩れ、方向性を見失う原因に。転職活動がうまくいかないと悩んでいる方は、まずは基本から見直すことをおすすめします。
自己分析のやり方が分からない人は「自己分析のやり方が知りたい!ノートを使った簡単でおすすめの方法をご紹介」を参考にしてみてください。

大手企業ばかりに応募している

知名度の高さや給与だけで応募先を選ぶのも、具体的な志望動機を答えられずに転職活動がうまくいかなくなりやすいようです。名の知れている企業や給与が高い企業では、待遇に見合ったスキルレベルを求められることがほとんど。「ただなんとなく」「有名だから」といった理由で採用をもらえるような企業ではないため、待遇以外に明確な理由がない場合は、別の応募先を考えましょう。

応募する件数が少ない

転職がうまくいかない理由のひとつは、転職活動に慎重になりすぎてしまい応募する件数が少なくなることです。1社ずつ真剣に向き合うことは悪くはありませんが、その1社が不採用であればまた振り出しに戻ってしまい、疲弊してしまいます。希望する企業と同じ業界から視野を広げてみて、活かせるスキルが他の業界でも求められるなら、数社を平行して転職活動を進めましょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

転職がうまくいかない人の特徴は?

転職がうまくいかないと悩んでいる人には、「転職の目的が曖昧」「転職回数が多い」「企業研究や自己分析が不十分」といった共通点が見られます。転職で苦戦しやすい人の特徴を以下にまとめました。

転職する理由が明確ではない

転職の目的がはっきりしない人は、「不満があれば簡単に辞めてしまいそう」という印象を与え、企業から歓迎されません。企業に好印象を持たれなければ、転職活動はうまくいかないもの。また、転職活動を続けるうちに、給与や待遇、勤務地などの好条件に惹かれて、当初の目的を忘れてしまう人もいるようなので気をつけましょう。まずは、「なぜ転職をするのか」「転職先で何を成し遂げたいのか」という転職の目的をはっきりさせることが大切です

在籍期間が短く転職回数が多い

企業側は転職回数が多いことで「忍耐力がないのではないか」「すぐに辞めてしまうのではないか」といった懸念を持たれる可能性は高いです。どの企業でも成果を出すまでには数年の経験が必要となるため、在籍期間が短く転職回数が多いと浅いスキルしか持っていないと判断されるでしょう。「転職回数が多いと不利?評価される人・されない人の違い」でも解説しているように、業界や企業側の考えによるものの、一般的には3回以上だと転職回数が多いと思われるようです。転職回数が多い場合は、転職を重ねた理由やこれまでの企業で経験してきたこと、得たスキルなどを説明してポジティブなアピールにつなげましょう。

書類選考や面接の対策ができていない

書類に誤字脱字や不備がある、俺や汚れのある状態で提出している、面接での立ち居振る舞いに意識が行ってないなど、転職の目的がはっきりしていても書類や面接に問題があるケースも見受けられます。書類や面接は、応募者の働きぶりを表すもの。誤字脱字が多ければ「大切な書類でもミスをしそう」、書類の扱いが雑だったり立ち居振る舞い・身だしなみが整っていなかったりすれば「取引先にも失礼を働きそう」などネガティブな印象に直結します。

不採用だったときの反省が活かせていない

転職がうまくいかないのは、不採用だったときの反省が活かせていないから。落ちてしまったら、その原因を振り返り、次の選考で活かすことが大切です。ついショックを受けて目をそむけてしまいがちですが、不採用通知の悔しさをバネにして転職活動を突破しましょう。

転職する期限を定めていない

転職がうまくいかない人は、転職する期限を定めましょう。厚生労働省の「令和2年転職者実態調査の概況(p20)」によると、転職者が転職活動を始めてから直前の勤務先を退職するまでの期間は「1ヶ月以上3ヶ月未満」が28.8%、「転職活動期間なし」が23.6%、「1ヶ月未満」が18.3%となっており、転職活動期間は3ヶ月が一つの目安になるようです。スケジュールを決めずに転職活動してしまうと、ダラダラと行ってしまい、仕事と平行しての転職活動の場合は気力も体力も続きにくくなります。転職活動を始めたら、自分の中で「3ヶ月以内には決める」など目標をたてて、集中して取り組むようにしましょう。

参照元
厚生労働省
令和2年転職者実態調査の概況(p20)

年齢別の転職がうまくいかない原因

年齢を問わず転職活動で大切なのは、「企業のニーズと自身のマッチ度を考慮すること」や「軸を決めること」。それらを意識して応募先を選び、さらに選考対策をしっかり行うことで「転職がうまくいかない…」と思い悩むことは避けやすくなるはずです。とはいえ、年齢が高くなると教育の難しさから採用ニーズが低くなり、転職が難航しやすいという事実もあります。転職がうまくいかないと悩んでいる人は、転職と年齢の関係性について解説した「転職は何歳まで?気になる年齢の話」もチェックしてみてください。

20代の転職がうまくいかない原因

20代の転職活動は、基本的な準備不足やコミュニケーション不足が要因で転職がうまくいかない人が見受けられます。
20代は転職が初めての人も多く、どんな対策をすればいいか分からないまま転職活動を進めることも。また、新卒と同じような対策を行う方もいるようですが、新卒の就活と転職活動では企業の採用ニーズや求めるものが異なるため、対策も変えなければいけません。
20代の転職で失敗しない!年齢別の対策ポイントを教えます」では、20代が転職を成功させるコツを紹介しています。

30代の転職がうまくいかない原因

30代になると前職で培ったスキルを発揮することが求められることもあり、20代と比べて転職のハードルは上がります。年齢に即した経験やスキルがある、即戦力になると評価を受けることが成功のポイント。未経験の業界や職種への転職でも、これまでの経験から活かせる部分はあるはずです。「30代から未経験分野に転職するのは厳しい?おすすめの業界と成功のコツ」のコラムを参考に、企業が30代に対して何を求めているのかを確認しましょう。

「転職がうまくいかない」から成功するための7つの対策

転職がうまくいかないときは、つまづいているポイントを理解して対策を実践するのが重要です。書類選考や面接本番のテクニックも大切ですが、準備にどれだけ時間をかけるかで結果は変わってくるでしょう。今回紹介するポイントのどれか一つでも欠けると、転職がうまくいかなくなることに繋がる場合があるため、ひとつずつ確認していきましょう。

1.転職活動に疲れたら一度立ち止まって考える

転職活動がうまくいかないことで疲れを感じたら、一度立ち止まり転職活動を辞めるのも方法のひとつです。疲れを感じたまま転職活動してしまうと、転職の軸が不安定になり「採用してくれるならどこでもいい」と投げやりになり、後悔することになりかねません。その場合、また転職活動することになりかねないため、妥協はせずに息抜きをしながら気持ちに余裕を持って進めていきましょう。

2.自己分析と企業研究をやり直す

転職がうまくいかない人は、自己分析と企業研究に時間をかけない人もいるようですが、転職活動を成功させるためには、自分と企業がマッチするところを見つけられるかが大切です。自己分析することで「どんな仕事が合うのか分からない」ということも防げますし、「自分がしたいこと」と「自分ができること」にギャップがあれば、応募する業界を変更する必要が出てきます。企業研究のやり方が分からない人は「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」を参考にしてみてください。

3.転職の軸と優先順位を定める

自己分析や企業研究が済んだら転職の軸を決めましょう。転職活動がうまくいかない人の傾向として、軸が定まっていない・ぶれている例が見られます。転職の軸を定めることで、入社後のミスマッチが防ぎやすくなり転職成功率は高くなるでしょう
転職の軸は、「△△が実現できる会社にいきたい」というように具体的に考えておくと、より効果的です。面接の際に志望動機を聞かれた際にも自信を持って対応できるようになります。「就活の軸の決め方を解説!考え方や答え方の例文を確認しよう」で、軸の決め方を確認してみましょう。

4.応募件数を増やす

転職がうまくいかないなら、応募先の絶対数を増やしてください。特に応募企業が極端に少ない人は、やりたい仕事に関連する業界全体に応募範囲を広げるのがポイントです。転職をする際の応募数は、5〜10社程度が一般的とされています。もちろん、1~2社に絞って応募する人もいるようですが、あくまでもそれは少数派。できるだけ応募範囲は広げておいた方が内定獲得の可能性は高まるといえるでしょう。

5.選考書類を見直す

転職活動がうまくいかないなら、履歴書や職務経歴書を見直し、応募書類のクオリティを上げましょう。誤字脱字があったり、アピール内容が企業とマッチしていなかったりすると、採用担当者はすぐに見抜きます。分かりやすい内容にするのはもちろん、手書きの場合は丁寧に書く、パソコンの場合は適度に改行するなどして、読む人に配慮した書類を提出しましょう。

企業に合わせた志望動機と自己PR

どの企業に対しても言い回しを変えずに志望動機や自己PRを記入していては転職は成功しません。企業によってビジョンや事業計画、求める人物像が異なるため、アピールすべき強みも異なります。企業に合わせた志望動機を書くためには、業界や企業研究が不可欠です。企業が求める人物像が見えれば面接にも活きるため、まずは確実に書類選考を通過していきましょう。

6.面接の反省を活かす

人間関係が原因で前職を辞めた場合、そのまま伝えると「自社でも同じ理由で辞めてしまうのではないか」「本人の努力不足なのではないか」と思われてしまう恐れがあります。このように、結果に繋がらなかった面接を振り返り、改善を試みることが大切。
特に見落としがちなのがビジネスマナー。身だしなみや言葉遣いといったビジネスマナーは社会人の基本です。社会人経験があるはずの転職者なのに身についていないと判断されればマイナス評価につながり、うまくいかないでしょう。仕事中に人と接する機会が少ないなどが原因で、ビジネスマナーを忘れてしまっている人は意外と多いものです。社会人経験があるから大丈夫と考えず、改めて基本的なマナーを復習してください。

7.身近な人に相談してアドバイスをもらう

転職活動がうまくいかないなら、家族や友人などに相談してみましょう。自分よりも深く理解してくれていて、自分では気が付かなかった強みなどを教えてくれる可能性もあります。また、家族や友人に模擬面接してもらい素直なアドバイスをもらえれば、次回の面接に活かせるでしょう。

模擬面接を行おう

面接対策も転職を成功させるために必要な工程です。質問されそうなことに対する回答を用意する、面接マナーを身につけるといった対策をしておくことで、落ち着いて面接に挑めるでしょう。また、面接対策の一環として、繰り返し模擬面接を行うのも効果的。面接の一連の流れが把握できていれば、自信がつきます。緊張しやすい人も、練習を繰り返すことで面接の場に慣れてくるはずです。

転職がうまくいかないときはプロに相談しよう

転職がうまくいかない際には、複数の転職サービスを利用しましょう。利用できる転職サービスは複数あり、まずハローワークを思い浮かべる人もいるでしょう。厚生労働省の「令和2年転職者実態調査の概況(p9)」によると、事業所規模が1,000以上の場合には、自社のWebサイトや求人サイト・求人情報誌などを活用して募集していることが分かります。活用する転職サービスに偏りが出てしまうと、得られる情報も狭まってしまうため、情報は広く取り入れるようにしましょう。

参照元
厚生労働省
雇用の構造に関する実態調査(転職者実態調査)

自分だけで転職活動を進めると、改善点が分からず行き詰まってしまうなど効率が下がるため、転職エージェントを活用しましょう。無料で利用できるサービスがほとんどで、志望動機の添削や模擬面接など手厚くサポートしてくれることもあり、自分では気づけない改善点が見つかり、転職成功への近道になります。
若年層を対象とした「ハタラクティブ」であれば、一人ひとりの強みや適性を活かした求人を紹介してくれるなど、入社後のサポートも充実していて「転職がうまくいかない」と悩んでいる人にとって心強い味方となります。「転職の相談だけしたい」という希望でも歓迎しているため、お気軽に登録してみてください。

転職がうまくいかないときによくある質問

転職がうまくいかないときによくある悩みを解消していきます。

20代の転職がうまくいかない原因は?

自己分析や企業研究、面接の対策などの準備不足の可能性があります。20代は企業にとって積極的に採用したい年代です。ただし若さに甘えて転職の準備を怠れば、いつまでもうまくいきません。選考書類の見直しや面接の対策など、準備は入念に行いましょう。

未経験の業界や業種への転職がうまくいきません

未経験の業界や業種で、自分の発揮できるスキルや考え方をアピールしましょう。転職は即戦力が求められ、経験者が優先される可能性があります。想いだけではなく、企業研究で企業が求めるスキルを調べ、貢献できる具体的な行動を伝えてみてください。

転職がうまくいかず疲れました

転職は体力も精神力も削られるため、転職に疲れを感じたら一度休みましょう。気持ちの余裕も転職を成功させるには欠かせません。気持ちに余裕ができたら、このコラムの「転職がうまくいかない人が成功するための7つの対策」を参考にしてみてください。

この記事に関連するタグ