転職は何歳まで?気になる年齢の話

転職は何歳まで?気になる年齢の話の画像

この記事のまとめ

  • 転職は28歳、32歳、35歳を節目に難しくなる傾向がある
  • 求人の年齢制限は禁止されているが、長期的なキャリア形成の場合など、例外に認められるケースも
  • 第二新卒は転職市場で需要が高い

転職と年齢にはどんな関係があるのでしょうか。
当コラムでは、年齢制限がある求人の理由、何歳までが第二新卒なのかなどの疑問にお答えしています。
年齢を重ねるごとに転職が難しくなる理由を知り、第二新卒の強みを活かした転職をしましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職と年齢は関係している?

転職には「28歳の壁」「32歳の壁」「35歳の壁」と言われるものがあります。
「28歳の壁」は、採用ニーズの高い20代を超えてしまうと転職が難しいという意味で使われています。
転職市場では、ある程度職務経験を積んでいるうえに、今後の将来性を期待できる20代後半までに転職を検討した方がよいとされているからです。

「32歳の壁」は、求職者が指導する側よりも上の年齢になってしまうことが懸念され、採用に繋がりにくいケースがあるというもの。

「35歳の壁」は、30代後半になると仕事の実績を重視する求人が増加し、即戦力としての働きが期待されハードルが高くなることを意味しています。

それに加え、新しいことに対する柔軟性などがないイメージもあるため、採用状況は厳しくなり「壁」と表現されているようです。
未経験の業界に転職するなら早いほうがいいと言われる理由には、こうした事情があるのです。

求人の年齢制限

雇用対策法第10条により、募集や採用で年齢制限を設けることは禁止されています。ただし、長期的な勤続でキャリア形成を図るという意図から、期間の定めのない労働契約として採用する場合、年齢が例外で認められるケースもあります。

キャリア形成を必要とする求人は、30代後半から減り始めるため、早めに採用試験を受ける必要があります。

第二新卒と転職にベストな年齢の関係

第二新卒とは、学校を卒業してから一度就職した後、短期間(1年未満~3年ほど)で離職し転職を目指す若年層の求職者を指しています。
厳密に何歳までと決まっているわけではなく、年齢には幅があります。
一般的に、第二新卒枠を25歳程度までに設定している企業が多いようですが、中には20代までを対象にしている企業もあるので、転職をする際には、十分に情報収集することが大切です。

現在では、第二新卒を採用する企業は増加傾向にあり、求人数も増えています。
ビジネススキルを身に付けていることや、仕事への馴染みやすさなどの強みがその理由と言えるでしょう。

何歳までに転職をしなければと気にし過ぎるのは良くありませんが、第二新卒や若手の強みを活かせるうちに転職するのも一つの手。
自分の将来のキャリアプランを長期的な視野で考えた時に、転職が必要であれば行動に移しましょう。

ハタラクティブでは、若年層に特化した就活サポートを行っています。
第二新卒からの転職だけでなく、既卒やフリーター、社会人未経験の方の就職活動もマンツーマンでサポート。
ぜひ、お気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ