20歳での転職がおすすめな理由は?高卒が就職しやすい職種も解説

20歳での転職がおすすめな理由は?高卒が就職しやすい職種も解説の画像

この記事のまとめ

  • 20歳の転職は、経験やスキルよりもポテンシャルが重視される
  • 20歳の転職は、未経験の業界にもチャレンジしやすいというメリットがある
  • 高卒で20歳から転職しやすい業種や業界には、サービス業や介護業界などがある
  • 20歳で転職する場合は、将来のビジョンを明確にすることが大切

「20歳で転職するのは早い?」と悩んでいる方はいるでしょう。20歳はポテンシャルを評価してもらえ、未経験の分野に挑戦しやすいのが特徴。ある程度はたrスキルを身につけるのも手ですが、自分に合わない環境で働き続けると、ストレスを溜めてしまうことも。
このコラムでは、20歳での転職がおすすめな理由やチャレンジしやすい仕事について解説します。20歳で転職を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

20歳での転職がおすすめな理由

20歳での転職がおすすめな理由の画像

20歳という若さでの転職には、未経験の業界にチャレンジしやすかったり、「第二新卒歓迎」の求人に応募できたりするメリットがあります。
「20歳で転職をするのは早過ぎる」という意見もあり、転職するべきか否か迷っている方もいるでしょう。転職したい気持ちがある方は、ぜひ以下を参考にしてみてください。

経験よりもポテンシャルが重視される

20歳の転職活動では、経験やスキルよりもポテンシャルが重視される傾向にあります。
多くの中途採用枠では、これまでの経験やスキルを踏まえて即戦力となる人材が求められるため、「実績や能力が不足している」と判断されると選考に通らないことも。
しかし、20歳は正社員としての社会経験が少ないことから、入社後の成長と活躍を期待して採用が行われます。ほかの会社の文化や働き方に染まり切っていないことも、採用する企業側としては教育をしやすいというメリットになるでしょう。
このように、経験やスキルよりもポテンシャルを重視しての採用が行われるため、20歳での転職はおすすめといえます。

未経験の業界でもチャレンジしやすい

先述したように、20歳の転職活動ではポテンシャルが重視されます。そのため、未経験の業界にもチャレンジしやすいといえるでしょう。
特に、人手不足の福祉業界やIT業界では、未経験者を積極的に採用する傾向があります。福祉やITに関わる仕事をしたいと考えている場合は、積極的にチャレンジしてみると良いでしょう。

第二新卒の求人に応募できる

第二新卒として就職活動ができるのは、一般的に新卒入社から3年以内とされています。高校卒業時は18歳なので、卒業後すぐに働き始めたとしても、20歳時点では第二新卒の求人に応募が可能です。

また、第二新卒は前職の会社で基本的なビジネスマナーを学び、身につけていると考えられています。よって、新卒に行うような教育・研修は不要。教育コストの削減は企業にとってメリットであるため、第二新卒の需要は高いといわれています。
第二新卒枠での正社員就職について詳しく知りたい方は、「新卒1年目で転職したい!成功させるコツや転職した人の体験談を紹介」のコラムもぜひご覧ください。

未経験OK多数!求人を見てみる

まずは3年働いてみるべき?

転職について、「入社後3年は働いてみるべき」という意見があります。一方で、「転職に勤務年数は関係ない」という意見も。
ここでは、「3年働いたほうが良い理由」と「転職に勤務年数は関係ない理由」の2つの観点をそれぞれまとめました。20歳で転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

「3年働いたほうが良い」という意見

3年間続けることで、仕事のやりがいや楽しさが見つかったり、視野が広がったりといったメリットが得られるでしょう。また、業務の流れもひととおり身につきます。

一般的に、社会人としてのマナーや業務の進め方を覚えるのが1年目で、2年目では自分一人で仕事ができるようになり、3年目は後輩に指導できるようになるという流れです。これら一連の経験をすることで、さまざまな視点から物事を考えられるようになるでしょう。
最初は「苦手だ」「向いていない」と思っていても、仕事をこなすにつれて苦手を克服できるようになることも。3年働くことで、自分にどのような仕事が向いているか分かるようになるといわれています。

3年勤務すると、社会人としてのマナーや働き方の基礎が身につくため、転職でも有利になるという意見も。新卒の場合、入社後に研修や教育を通して社会人としてのマナーや働き方を教えることを前提に企業は採用活動を行います。
一方で、中途採用では即戦力を求めている場合が多く、教育や研修にコストを割く企業は少ないのが現状。そのため、3年程働いて社会人の基礎を身につけたほうが転職に有利になることがあるでしょう。

3年以内に仕事を辞めていると「短期間で離職するかもしれない」「継続力が低い」と思われ採用を見送られる可能性もあります。長く活躍してくれる人材を採用したいと思っている企業は、短期間で仕事を辞めている人材に良いイメージを抱かない可能性があるでしょう。

「転職に勤務年数は関係ない」という意見

実際に働いてみて「合わない」「向いていない」「楽しさを見出だせない」と感じるような仕事は、続ける必要はないという意見です。前向きに取り組めない仕事は自分の身になりにくく、転職活動で同じ業務内容を選ぶ可能性は低いでしょう。自分の成長に繋がらない仕事を続けるよりは、転職して前向きに仕事に取り組むほうが有意義といえます。

「仕事に行くことが苦痛でストレスに繋がる場合も、無理して働かなくて良い」という意見も。たとえば、長時間労働を強いられたり、休日が極端に少なかったりする場合は、身体を壊してしまう可能性があります。
また、セクハラやパワハラが横行している会社では、精神的に参ってしまう場合も。心身ともに疲弊し、体調を崩してしまうような職場であれば、無理をせず転職した方が良いでしょう。

いずれ転職しようと考えているのであれば、早めに転職したほうが経験を積める年数が増えて将来的に有利になる場合もあります。現職が自分に合わない場合や、将来的にやりたい仕事がある場合は、早めに転職をするほうが多くの経験を積めて、自分にとってプラスとなることもあるでしょう。

転職活動に踏み切るタイミングや理由は人によってさまざま。自分が納得のいく進路を選ぶためにも、転職するかどうか決めかねている場合は、「転職の決断ができない…迷いの理由は?企業選びのポイントと決め手」のコラムもぜひご覧ください。

高卒の20歳が転職しやすい業界・業種

高卒の20歳が転職しやすい業界・業種の画像

高卒の20歳が転職しやすい業界・業種には、「サービス業」「介護業界」「IT業界」「建設業」などがあり、いずれも人材不足であることが特徴です。ここでは、各業界の職種や特徴について解説します。

サービス業

サービス業とは、顧客にサービスを提供する仕事のこと。一般的に、学歴よりもコミュニケーション能力が重視される仕事が多いでしょう。そのため、20歳で転職を考えている方も、未経験からチャレンジしやすいといえます。
サービス業における主な職種は、以下のとおりです。

・レストランやカフェ、居酒屋などの飲食店スタッフ
・スーパーやコンビニエンスストアのスタッフ
・ホテルや旅館など宿泊施設のスタッフ
・遊園地やレジャー施設のスタッフ
・衣服やバッグ、アクセサリーなどの販売スタッフ
・美容院やエステサロン、ネイルサロンのスタッフ

これらの職種に共通しているのは、個人の顧客相手に行う販売やサービスがほとんどという点。そのため、土日祝休みを掲げる企業は少なく、シフト制の勤務形態が多い傾向です。
なお、コミュニケーション能力があるだけでなく、顧客が求めているものに気づける気配りと気遣いができたり、臨機応変な対応ができたりする方が向いているといえるでしょう。

介護業界

介護業界には、主に高齢者や要介護者の身の回りのお世話をする介護職の仕事があります。
介護の仕事を行うには、段階に応じて、介護職員初任者研修や介護福祉士、サービス提供責任者といったさまざまな資格が必要ですが、、これらの資格は働きながら取得可能です。
そのため、以下のような介護職の仕事は、20歳で転職を考えている方も未経験から目指しやすいといえます。

・介護職
・ホームヘルパー
・看護助手や介護助手
・生活相談員や支援相談員
・サービス提供責任者
・ケアマネージャー

介護業界は、高齢化に伴い、人手不足に陥っているのが特徴です。日本の高齢者人口は年々増えており、内閣府の「令和5年版高齢社会白書」によると、令和4年10月の65歳以上人口は約3,624万人で高齢化率は29.0%です。同サイトの「令和元年版高齢社会白書」では、平成30年10月の65歳以上人口は約3,558万人で高齢化率は28.1%だったため、増加傾向であることが分かります。

高齢者の人口が年々増えることで、介護職の需要は今後も拡大していくでしょう。そのため、高卒で経験や資格を問われずにチャレンジしやすい業界といえます。勤務しながら資格を取ることでスキルアップやキャリアアップも望めるでしょう。

参照元
内閣府
トップページ

IT業界

IT業界における主な仕事は、ハード・ソフトウェアの開発やマネジメント、マーケティング、コンサルタントです。
IT業界では日々技術が進歩しているため、サービスを発展させたり、質を担保したりするためにも多大な人材が必要とされています。その分、未経験者を積極的に採用して自社で育成するという企業も多いようです。20歳で転職する場合も、働きながらスキルを身につけることが可能でしょう。
また、中小企業やベンチャー企業は、実力主義を掲げていることも多いため、キャリアアップを目指す方におすすめといえます。
IT業界における主な職種は、以下のとおりです。

・システムエンジニア(SE)
・プログラマー
・ネットワークエンジニア
・カスタマーエンジニア
・セールスエンジニア
・セキュリティエンジニア
・テクニカルサポート

開発やエンジニアの仕事では、プログラミングの知識や技術だけが必要とされるわけではありません。基本的に仕事はチームで行うため、コミュニケーション能力はもちろん、顧客の要望を満たすための気配りや提案力も必要とされます。
ただし、プログラミングの基礎知識を学んでおくと、より有利になりやすいでしょう。

建設業

建設業とは、建物や道路、橋、ダムなどを作る仕事のことです。建設業では労働者の高齢化が進んでいるため、多くの現場で若い人材が必要とされています。なお、現場では技術が必要とされますが、未経験から働いてスキルを身につけることが可能です。学歴よりも技術が重要視されるため、20歳の方も転職後にスキルアップやキャリアアップを目指せるでしょう。
建設業における主な職種は、以下のとおりです。

・施工管理
・現場監督
・CADオペレーター
・職人(土木・大工・とび・鉄筋工・左官・塗装工・配管工・庭師 など)
・営業

ひとえに建設業といっても、働き方は建設を行う職人になることだけではありません。施行の計画や予算、安全管理などを行う施工管理や製図を行うCADオペレーター、建設の受注をする営業など、活躍の幅はさまざまです。
施工管理やCADオペレーターは資格がなくても行えるため、未経験からチャレンジしやすいといえるでしょう。

20歳の転職はワークライフバランスに注目

20歳で転職をするときは、ワークライフバランスを充実させられる企業に注目してみましょう。次の職場では長く働くことを目指すとなると、結婚や出産をするタイミングで働き方が変わる可能性を考慮して就職するのがおすすめだからです。

出産後に育児をしながら働きたい方は、女性・男性関係なく出産・育児休暇を取得しやすい企業を選ぶと良いでしょう。また、すでに育児をしている方は、時短勤務制度やフレックスタイム制がある会社であれば仕事と家庭の両立がしやすく働きやすいといえます。

なお、働きながら資格を取得できるネイリストやエステティシャン、介護職などは、結婚・出産を機に仕事を辞めたとしても、手に職があるため社会復帰しやすいといえるでしょう。

20歳で転職する場合に注意すること

20歳で転職する場合には、履歴書の作成や面接での身だしなみといった就職活動のマナーに注意するのが大切です。以下で詳しく解説しますので、ぜひチェックしてみてください。

就職活動のマナーを身につけておく

20歳はポテンシャルが重視される傾向にあるものの、社会人として最低限のマナーは身につけておく必要があるでしょう。
たとえば、履歴書は黒のボールペンで書き、誤字脱字は修正液や修正テープを使わずに書き直します。年号は書類全体で西暦か和暦かを統一。証明写真はスーツを着用し、過度な化粧やアクセサリーは避けましょう。
また、面接では、特別な指示がない限りはスーツの着用が基本で、前髪は目にかからないようにし、髪の長い方は結んでまとめてください。面接時間の5~10分前には、余裕をもって到着するようにしましょう。

このように、転職活動では、履歴書の書き方や面接時の身だしなみなど、さまざまなマナーがあります。これらができていないとマイナス評価に繋がる場合もあるので、基本的なマナーは身につけておくようにしましょう。
面接時のマナーは、「転職活動における面接の流れは?基本的なマナーやよくある質問について解説」のコラムでも詳しく解説しています。ぜひご一読ください。

転職を繰り返さない

若いうちに転職を繰り返すと、「持続力がない」「中途半端」といった評価になる可能性があります。
なかなかやりたいことが見つからなかったり、働くうちにやりたいことが変わったりすることもあるでしょう。しかし、将来いざスキルアップやキャリアアップを目指して転職をしたいときに、過去の経歴から転職活動が難しくなる恐れも。
転職を繰り返さないためにも、自分に合う働き方や転職の目的・軸を明確にするようにしましょう。

目先の転職ではなく将来を見据える

転職は目先のことだけでなく、将来を見据えることが大切です。
たとえば、「月給や賞与があまり良くない」という理由ですぐに転職しても大幅な月給アップに繋がることは少なく、場合によっては給料が下がってしまう場合もあります。日本は、多くの企業で年功序列の人事制度を取り入れており、経験を積んでスキルアップすることで給料が上がることが多いからです。20歳の時点では知識やスキルが未熟な場合が多く、月給や賞与のアップは難しいでしょう。

また、目先の問題だけに気を取られて転職をすると、転職先でも新たな不満が生まれてしまう可能性が考えられます。そのため、転職を考える時は目先の問題だけでなく、「将来的に自分がどうなりたいのか」「どういったキャリアプランを目指しているのか」を考えることが大切です。

20歳での転職を成功させるには?

20歳で転職を成功させるには、「働きながら転職活動を行う」「転職の目的や軸を明確にする」「将来のビジョンを明確にする」「転職エージェントを利用する」といったコツがあります。以下を参考に転職対策を行い、20歳での転職を有利に進めましょう。

働きながら転職活動を行う

20歳で転職活動をする場合は、働きながら行うのが良いでしょう。退職後すぐに転職先が決まれば問題ないですが、不採用が続くと収入が途絶えるため、経済的・精神的な不安が生まれます。そして、焦るあまり転職先を妥協してしまうことも。その結果、せっかく転職しても不満がでてきて、再び転職するという事態に陥りかねません。
現職と転職活動の両立は大変なこともありますが、経済的・精神的に余裕をもてるので、焦らずに納得がいくまで転職活動が行えます。

転職の目的や軸を明確にする

転職活動では、転職の目的を明確にしてキャリアの棚卸しをすることが大切です。「なぜ転職をしたいのか」「自分の強みや得意なことは何なのか」を改めて明確にすることで、仕事選びに役立てられます。

また、希望する業界や職種の情報を集め、転職の軸も決めましょう。自分にとって譲れない条件を明確にすることで、選考を受ける業界や職種を判断しやすくなり、志望動機や自己PRを考えるのにも役立ちます。
志望動機や自己PRは「志望する企業にとって自分がどういった点で貢献できるか」という点をアピールするのがポイント。そのためにも、業界研究や企業研究は念入りに行いましょう。業界研究や企業研究は、入社後のミスマッチを防ぐことにも繋がります。

将来のビジョンを明確にする

20歳で転職をする場合、将来どういったキャリアを築きたいかを具体的に伝えるのが重要です。面接では、「入社後の将来の夢は何か?」「10年後はどうなっていたいか?」といったことをよく聞かれます。その際、「10年後は、顧客の潜在ニーズに応えられる企画営業になりたいです」というように、キャリアプランを意識した回答をしましょう。
キャリアプランを具体的に説明することで、計画性や前向きな転職であると採用担当者に評価してもらえる効果があるでしょう。

将来のビジョンの回答例

「10年後は、顧客の潜在ニーズに応えられる企画営業になりたいです。顧客の期待以上の提案をするには、プレゼンテーション力だけでなく傾聴力や企画力が重要だと考えています。そのため、まずは入社をしたら、営業職として営業の基礎を身に付け、入社後5年が経つころには商品企画を経験したいです。そして、最終的には営業と企画のそれぞれの視点を持ち、顧客のニーズに沿った提案ができるようになりたいと考えています。」

転職エージェントを利用する

20歳で転職を成功させるために、転職エージェントを利用するのも一つの手です。転職エージェントでは、企業と求職者をマッチングさせるだけでなく、履歴書や職務経歴書といった応募書類作成のアドバイスや面接対策など、専門スタッフによるサービスを個別で受けられます。また、カウンセリングを通して自分に希望や適正に合った企業を紹介してもらえるので、入社後のミスマッチが少ないのもメリットです。

「転職を考えているが自分に自信がない」「20歳という若さで転職先が見つかるか不安」という方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、若年層に特化した就職・転職支援エージェントです。一人ひとりの希望や現状を丁寧に把握し、適正に応じた仕事をご紹介。応募書類の添削や面接対策、入社後のフォローまで一貫したサービスを提供します。
サービスの利用は無料なうえ、適職診断を受けることも可能です。自分の性格をもとに1分程度で行えるため、自分に向いている職種を知りたい方は行ってみると良いでしょう。未経験者歓迎の求人も多く取り揃えているので、学歴やスキルに自信がない場合も、まずはお気軽にお問い合わせください。

20歳の転職に関するQ&A

ここでは、20歳の方が転職をするときによくある疑問をまとめています。資格なしから行う転職活動や年齢ごとの転職対策についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

資格なしから転職をするのは厳しいですか?

資格なしから転職をすることは可能です。「未経験者OK」の求人を中心に探したり、職歴がある場合はこれまでに培ったスキルや経験をアピールしたりすると良いでしょう。
資格なしから就ける仕事については、「資格なしからできる仕事はある?おすすめの職種を11種ご紹介!」のコラムもぜひご覧ください。

フリーターを何歳まで続けようか迷っています。

フリーターから正社員就職を目指しやすいのは、20代から30代前半といえるでしょう。しかし、20代のうちから早めに職探しを進めるのがおすすめ。年齢を重ねて30歳以上になると、ポテンシャルよりも正社員としてのスキルや経験を評価されるようになるからです。
詳しく知りたい方は、「正社員になれるのは何歳まで?フリーターの最終期限やメリット・デメリット」のコラムもご覧ください。

20代前半と20代後半で転職活動の注意点は異なりますか?

20代のうちはポテンシャル採用してもらいやすいですが、30代に近づくほど社会人としてのマナーや知識、経歴も求められやすくなるでしょう。転職対策を行うには、「20代の転職で失敗しない!年齢別の対策ポイントを教えます」のコラムも参考にしてみてください。

高卒の20歳で転職先が見つからないのはやばいですか?

20歳という若さを活かして再び正社員就職できる可能性があるため、焦らずに対策を見直してみると良いでしょう。もしくは、転職エージェントに頼るのも一つの手です。転職エージェントのハタラクティブでは、キャリアアドバイザーがマンツーマンで転職をサポートします。自分に合った求人紹介を受けたい方は、ぜひご相談ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ

目次