24歳で転職するメリット・デメリットとは?成功のポイントを解説

24歳で転職するメリット・デメリットとは?成功のポイントを解説の画像

この記事のまとめ

  • 24歳で転職するメリットは社会人経験を評価してもらえること
  • 24歳で転職するデメリットは早期退職の可能性を心配されること
  • 24歳で転職に失敗する人は、一つの条件に注目し過ぎている
  • 24歳で転職する高卒や専門卒の人は、社会人経験の長さが武器になる
  • 24歳で転職を成功させるためには、理由を明確にして前職の経験をアピールする

24歳になり、転職を検討する人も少なくないでしょう。さらなるキャリアアップを目指す人や、今の仕事が合わないと思う人も、24歳での転職は良いタイミングといえます。このコラムでは、24歳で仕事を変えるメリット・デメリットや転職を成功させるためのポイントを解説。転職しようか悩んでいる人も、このコラムを参考に、今後のキャリアプランについて考えてみましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

24歳は転職のチャンス

24歳の転職は、求人も豊富で、仕事を変えるのに適したタイミングといえます。
24歳はまだまだ若手と呼ばれる人材です。多くの企業が将来性のある若手を欲しがっているため、求人も見つけやすいでしょう。
また、大卒で入社した24歳の場合、会社に2年ほど勤めているので、仕事を経験し社会人としての常識やマナーが身についています。その分、仕事をするうえでの育成にかかる時間やコストを削減できるため、需要の高い人材といえるでしょう。

入社2年目の転職は吉か凶か?転職前に考えたいこと」でも、転職のタイミングやメリット・デメリットについて解説しています。「今転職するべき?」と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

24歳は第二新卒として転職活動する

新卒で入社して3年以内に転職する人は第二新卒に該当します。第二新卒の採用枠を用意している企業もあるので、有利に就職活動を進められるでしょう。
企業が第二新卒を採用する理由は、若手の応募が減少しているからです。有名企業や大企業に新卒が殺到し、中小企業には応募自体が少なくなっていることも影響しているでしょう。それにより、若手である第二新卒を積極的に採用しているといえます。

24歳は新卒や25歳の転職者がライバル

24歳の第二新卒のライバルは、新卒や25歳の転職者です。
新卒は1度に大量の人材を確保でき、教育も一から一斉に行えるので効率が良く、人材として人気があります。卒業後3年以内は新卒として扱う企業もありますが、本来の新卒ではないため、新卒枠で応募すると不利になる可能性も。また、25歳の転職者は同じ第二新卒でありながら、24歳より1年長く仕事の経験を積んでいます。大卒であれば、3年間働いているので、仕事で実績を残している可能性も。比較した際、実績のある人のほうが採用される可能性が高いでしょう。
24歳は、新卒や25歳の転職者に負けないためにも、自身のスキルや仕事の実績をアピールすることが大切です。

第二新卒のための転職成功の秘訣とは?大手に就職できる?」でも、第二新卒の転職について解説しているので、参考にしてください。

24歳で転職する4つのメリット

24歳の転職には、主に社会人経験への評価やポテンシャル採用の可能性、万が一の場合の対応しやすさといったメリットがあります。詳しくは、下記を参考にしてください。

1.社会人経験を評価してもらえる

社会人経験を評価してもらえる可能性があるのは、24歳で転職するメリットの一つです。一般的に24歳は第二新卒とされており、社会人経験と伸びしろを兼ね備えた人材として重宝している企業もあります。

2.24歳はポテンシャル採用の可能性がある

転職における24歳は、一般的に若手とされているため、ポテンシャル採用のチャンスがあります。社会人経験が少なくても、自己PRをしっかりすれば「将来成長し、自社に貢献してくれそう」と期待してもらえる可能性も。24歳は、アピール次第で転職市場で有利になれる年齢といえるでしょう。

3.24歳は転職に失敗してもやり直せる

24歳は、万が一転職に失敗してもやり直しがしやすい年齢です。転職先が合わなかった場合も、比較的すぐに次の転職がしやすいでしょう。あまり回数が多いと不利になる可能性はありますが、24歳なら1~2回程度の転職であれば悪い印象にはつながりません。どうしても転職先が合わないと思ったら、無理せず再び転職を検討しましょう。

4.24歳は未経験の仕事にも転職しやすい

24歳は未経験の仕事にも挑戦しやすい年齢といえます。「未経験可能」の求人も多いので、新しいことに挑戦するには良いタイミングです。また、24歳はまだ前の仕事のやり方に染まっていないので、新しいやり方を素直に吸収できます。企業からは、柔軟な発想でその業界の人では思いつかないようなアイデアも期待されるでしょう。

24歳で転職するデメリット

24歳での転職は、メリットだけでなくデメリットもあります。以下で紹介するデメリットも踏まえたうえで、転職を検討しましょう。

早期退職を不安視される可能性がある

24歳は大卒だと2年程度の社会人経験となるため、早期退職を懸念される可能性もあります。企業によっては「最低でも3年は1つの会社で働いてほしい」と考えている場合もあり、3年未満で退職していると悪印象を与えてしまう可能性も。そのため、選考の際は退職理由を明確にしておきましょう。

キャリアが不足している

大卒の場合は24歳で重要なポジションを経験していることは少ないため、企業側に「キャリアが不足している」と思われてしまう恐れがあります。24歳は若手なので「伸びしろがある」とポジティブに捉えられることもありますが、場合によっては「まだ未成熟」と思われる可能性もあることを考慮しましょう。

24歳で新しい仕事に転職するか悩む場合は?

24歳は仕事に慣れてきて、業務の不満や新しくやりたいことが見つかることもあるでしょう。
「仕事を変えたい」と思っても、よく言われている「3年以上は働く」という言葉に囚われて転職する踏ん切りがつかない人もいます。経験の面では3年働いてからのほうが転職で有利になりますが、24歳で転職することは悪いことではありません。働き続けることがデメリットになるようであれば、転職しましょう。

新しい分野への転職は早めにしたほうが良い

現職とは違う、新しい業界に挑戦したいと考えている場合は、早めに仕事を変えたほうが良いでしょう。新しい業界では、現職の知識や経験が活かせないので、一から学ぶ必要があります。24歳であれば、早めに行動を起こしたほうが多くのことを学べるでしょう。

仕事を続けることで問題がある場合は転職する

時間外労働、ハラスメントなど働き続けることで、精神的・肉体的に問題があるようであれば、早急に仕事を変えたほうが良いでしょう。体を壊してしまってブランクができるほうが、転職で不利になります。体を壊さないうちに転職するのが得策です。

24歳の転職で失敗しないための注意点

24歳の転職で失敗しないために、以下のポイントを心掛けましょう。

1つの条件や待遇だけに注目し過ぎない

転職先を探す際は、1つの条件や待遇だけに注目し過ぎないようにしましょう。たとえば、「年収が高い」という条件だけを重視し、職場環境や仕事内容などの確認が疎かになってしまうと、入社後にミスマッチを起こす恐れがあります。自分が転職先に何を求めているかを明確にし、多角的な視点で探していくと良いでしょう。

企業研究を徹底的に行う

転職の際は企業研究を徹底的に行い、応募先企業の強みや社風、特徴などをきちんと把握しておきましょう。応募先企業について理解を深めておけば、説得力のある自己PRや志望動機を作成できます。面接の際も、企業や仕事に対する本気度を伝えられるでしょう。

学歴別に見る24歳の転職のポイント

同じ24歳でも、学歴によって転職のポイントが異なります。以下の情報を自分の学歴と照らし合わせ、対策を立てていきましょう。

高卒・専門卒の24歳の転職

高卒・専門卒の24歳が転職する場合は、若さと社会人経験の長さを武器にすることが可能です。高卒・専門卒は大卒や院卒よりも2~3年長いキャリアを積んでいるため、転職活動を有利に進められる可能性があります。

大卒の24歳の転職

早期退職を不安視される可能性がある」でも述べたように、大卒の24歳は2年程度の経験しか積めません。企業側が早期退職を不安視して退職理由を質問してくる可能性があるため、きちんと面接対策をし、適切な回答を用意しておきましょう。

院卒の24歳の転職

24歳の院卒が転職する場合、前職の経験は1年未満になります。ただし、企業によっては「前職に染まりきっておらず、自社で教育しやすい」とポジティブに考えてくれる可能性も。退職理由や志望動機をきちんと伝えられれば、ネガティブな印象は避けられるでしょう。

転職と学歴の関係については、「転職は学歴よりも実績?中途採用で重視される点とは」でも解説しているので、あわせてご一読ください。

24歳の転職を成功させるための6つのポイント

24歳の転職を成功させるには、自身の強みを十分に理解し、適性に合った企業を探すことです。以下では、24歳で転職するメリット・デメリットを理解したうえで「仕事を変えたい」という方に向けて、転職のポイントを解説します。

1.転職の理由を明確にする

転職した理由は、面接でも必ず聞かれます。ここで理由があやふやだと、「転職してでもここで働きたい」という熱意が伝わりません。
どうして仕事を変えようと思ったのかをしっかり考え、明確にしましょう。自分の言葉で説明できるようにしておくと、面接でも慌てずに伝えられます。

2.自身の強みを洗い出す

転職するうえで重要なことは、自分を知ることです。自己分析をして、自身の強みや長所を洗い出しましょう。ほかにも、スキルや経験を洗い出しておくことで、企業探しだけではなく、魅力的な志望動機の作成につながります。

3.仕事選びの軸を明確にする

24歳で転職をする際は、仕事選びの軸を明確にすることが大切です。仕事をするうえで何を求めるのかリストアップして、優先順位を決めると良いでしょう。給与や勤務時間、福利厚生、やりがいなど、仕事に求めることを理解することが、会社選びのコツです。

4.自身の特徴に合った企業を探す

自己分析で見つけた自身の特徴や強みに合った企業を探しましょう。そのためにも、企業がどのような人材を欲しているのか調べることが重要です。たとえば、一般的に接客業ならコミュニケーション能力が高い人材、事務ならコツコツと真面目に取り組める人材を求めています。業界や職種だけではなく、応募先の企業の求める人材について調べることが、内定獲得につながるでしょう。

5.前職の経験をアピールする

24歳で転職を成功させるためには、前職の経験をアピールすることが効果的です。
どんな仕事をしていたのか、仕事をするうえで大切にしていたこと、仕事で活かせる経験やスキルなどをアピールすると良いでしょう。

6.転職エージェントを活用する

24歳で転職を考えている人は、転職エージェントを活用しましょう。
転職エージェントは専門的な視点から転職をサポートしてくれるので、効率的に就職活動を進められます。1人で転職活動をすることに不安がある人は、積極的に利用すると良いでしょう。

就職・転職エージェントのハタラクティブでは、第二新卒や既卒などの若手層を中心に、就職・転職のサポートを行っています。
プロのキャリアアドバイザーが転職の相談に乗り、自己分析や面接対策、書類選考対策を実施。面接日程の調整や、企業とのやり取りもお任せください。相談から入職後のフォローまで万全です。サービスはすべて無料ですので、ぜひお気軽にご活用ください!

24歳の転職に関するお悩みQ&A

24歳の転職についてのお悩みに、Q&A方式でお答えします。

24歳での転職は遅いですか?

24歳での転職は、決して遅くありません。一般的に24歳は転職しやすい年齢とされているため、「新しい仕事に挑戦したい」「職場環境に問題がある」といった理由がある場合は、検討してみても良いでしょう。転職を本気で考えているのであれば、時間を有効に使えるよう、早めの行動を心がけることが大切です。24歳での転職に悩んでいる方は、「転職を考える20代の悩みと強みとは?」もあわせてご覧ください。

女性も24歳で転職できますか?

女性の方も24歳で転職することは可能です。24歳は性別や学歴問わず転職に適した年齢といえます。転職活動に移る前に、今後のキャリアについてきちんと考えておくと良いでしょう。結婚や出産に伴うライフステージの変化が不安な場合は、女性が働きやすい環境の職場を探す、女性に特化した就職支援サービスを利用するといった手段も有効です。「女性は20代で転職すべき?成功させるポイント」でも、20代の女性の転職について解説しています。

24歳で未経験の仕事に転職できますか?

24歳で未経験の仕事に転職することは可能です。このコラムの「24歳は未経験の仕事にも転職しやすい」でも述べたように、24歳は「未経験歓迎」の求人も豊富であり、新しい仕事に挑戦するのに最適なタイミングといえます。年齢を重ねていくと、未経験の仕事に転職するのは難しくなっていくので、挑戦したい仕事がある場合は早めに行動しましょう。未経験の転職については、「20代の転職はスキルがないと難しい?未経験から挑戦できる職種とは」もあわせて参考にしてください。

24歳で転職に失敗するのはなぜ?

24歳で転職に失敗する原因は、「企業研究が十分にできていない」「特定の条件にこだわり過ぎる」などが考えられます。特定の条件にこだわり過ぎてしまうと、転職先を探す際に視野が狭まる、入社後にギャップを感じてしまうといったリスクが生じるでしょう。転職で悩んでいる方は、エージェントのハタラクティブまでご相談ください。プロのアドバイザーが転職成功のためのサポートを行います。

この記事に関連するタグ