19歳で仕事を辞めた後の選択肢や再就職するコツをご紹介

19歳で仕事を辞めた後の選択肢や再就職するコツをご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・19歳で仕事を辞めた場合の選択肢は、進学か就職
  • ・19歳が仕事を辞めて転職する際は、早めの行動と情報収集の期間を設けることが鍵
  • ・19歳で仕事を探す前には、自己分析を丁寧にすることが重要
  • ・19歳の仕事探しで、選考に受かるには嘘のない回答と前向きな姿勢が必要

19歳で仕事を辞めてしまい、「仕事はあるの?」「これから転職できるのだろうか」と不安を感じている方もいるでしょう。短期離職は不安になって当然です。転職する場合は、スケジュールを作ることや自己分析をすることが大切。このコラムでは、仕事を辞めた後の選択肢から仕事の探し方までを解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

新卒1年目の19歳が仕事を辞めた後の選択肢

19歳が仕事を辞めた後の選択肢は、大きく分けて2つです。進学するのか就職するのかを選択します。どちらを選択するか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

大学や専門学校に入る

時間やお金に余裕のある方は、大学や専門学校に進学するのも良いでしょう。19歳で社会人1年目だった場合、そこから進学を目指しても浪人しているほかの学生と変わりありません。4年制の大学へ通い自分を見つめ直す時間があると、自分自身が何をやりたいのかが分かってくることもあります。前からやりたかったことがあったにも関わらず、高校を卒業後は別の職種に就き退職してしまった方もいるでしょう。その場合は、専門学校へ進学し、就きたかった仕事の勉強をすることも将来の自分のためになります。

転職をして再就職する

進学を考えていない19歳の方は、第二新卒として再就職をしましょう。再就職する場合は、「前職をなぜやめてしまったのか」「自分のやりたい仕事とやりたくない仕事は何か」を考えて整理しておくと良いでしょう。大まかにやりたいことが決まったら、転職活動を始めます。

高卒19歳が仕事を辞めて転職するときのコツ

19歳が転職する際のコツをいくつか紹介します。「新卒1年目の19歳が短期離職をして、就職できる会社はあるの?」と不安を抱えている方も多いでしょう。ここでは、19歳でも転職できるコツをいくつか紹介しますので、ぜひお役立てください。

仕事を辞めると決めたら早く活動する

在職中から転職活動を始めるか、退職後に始めるかを決めましょう。まず、働きながら転職活動をするのは、ゆっくり時間をかけて探したい方におすすめです。仕事をしていると転職活動に割ける時間が限られてきます。求人数が多い時期に探すと早く見つかることもありますが、大抵は何カ月かはかかるものです。しかし、働きながら仕事を探しているので、収入がなくなることはありません。

退職後に転職活動を始めるのは、早めに仕事を辞めて転職だけに集中したい方におすすめです。仕事を辞めてからの転職活動は、求人を探したり面接に行ったりする時間が、自由に多くとれます。「この日は仕事だから面接に行けない」ということも起こりません。求人に応募できる数は、仕事をしながら探している方よりも多くなるでしょう。しかし、仕事をしていないため、転職活動が長引くと収入がなくなる可能性もあります。

できるだけ多く情報収集をする

退職や転職に関する情報収集をしましょう。仕事を辞めたいと思ったら、その日のうちに辞められる訳ではありません。就業規則や社内ルールは企業によって異なります。あらかじめ規則や規定を確認しておきましょう。転職に関する情報収集の仕方は、興味のある企業の説明会に参加するのがおすすめです。本やインターネットで検索するなどさまざまな方法がありますが、実際に自分の目で社内の雰囲気や実際に働いている方の様子を見ると、自分が働く姿が想像しやすくなります。

転職したことがある人の話を聞く

身近に転職の経験のある方がいるのなら、相談して話を聞いてみるのも良いでしょう。情報収集を多くしていても、わからないことも出てきます。そこで、実際に経験した人の体験談は、かなり役に立つはずです。19歳で初めての転職は、「未経験の業種に転職できるか不安」「自己PRにほとんど書くことがない」など多くの不安があることでしょう。経験者に話を聞くことで、不安が解消されることもあります。親身になってくれる方がいたら、仕事や転職について相談するのがおすすめです。

フリーターと正社員で悩んだ場合

フリーターと正社員のどちらで働くか悩む方も多いことでしょう。どちらで働くか悩んでいる場合は、正社員になることをおすすめします。フリーターの年収は5年後10年後になっても、大幅に変わることは少ないといわれていますが、正社員の場合は月給や年収が上がる可能性があります。年収以外にも、正社員は責任が伴う仕事を任されることがあり、スキルの習得や経験を積むことができるでしょう。なお、目標や目的がありフリーターになるケースもありますが、「とりあえずフリーターになる」というのは、若い世代を求めている企業への転職チャンスを逃す可能性があります。これから自分がどのようなキャリアを形成していきたいか、しっかり考えて決めましょう。

19歳が仕事を探す前にやるべきこと

転職活動の第一歩は仕事を探すことです。仕事を探す前に過去と現在、未来の自分を整理しておきましょう。ここでは、転職を決めたときにやるべきことを紹介します。

転職スケジュールを作成する

転職スケジュールの作成で1番はじめにすることは、新しい仕事の入社したい時期を決めることです。目標を決めることで、逆算して動けるようになります。そのうえで、いつまでに内定をもらえたら、自分で決めた入社日に就職できるのかを考えておきましょう。

次に、退職日を決めます。企業によって異なりますが、1カ月前までには上司に退職の旨を伝えることが無難です。

退職日を決めたら、求人に応募を開始する時期を決めます。選考から内定がもらえるまでは、1カ月前後かかることが多いようです。面接だけの選考もあれば、書類選考の後に面接が2~3回入ることもあります。余裕を持って早めに応募することがおすすめです。

そして、最後に情報収集や自己分析をする時期を決めます。情報収集や自己分析をしないまま転職活動を始めると、さまざまな求人があるため本当にやりたいことや応募書類の作成の仕方が分からなくなる可能性が出てきます。そのため、情報収集と自己分析をする期間は3~4週間ほどとり、しっかりした事前準備準備をすることが重要です。転職スケジュールを作成して「なんとなく就職先を決めた」「転職活動がだらだら長引いてしまった」ということが、起こらないようにしましょう。

自己分析をする

自己分析は転職活動に大いに役立ちます。応募書類の作成時や面接時、求人を探すときに自己分析をしておくと、より自分に合った企業が見つかることもあるでしょう。主に自分のどのようなことを整理しておいたらいいのかと自己分析の仕方を紹介します。

仕事を辞めたのはなぜか

19歳で仕事をなぜ退職したのか、その理由をもう1度思い出してみましょう。自分の考え方や価値観に合わなかった理由が出てきたら、改めて紙に書き出してみます。「残業時間が長すぎる」「営業のノルマがきつすぎる」など、自分の退職に至った理由がいくつか見つかったら、妥協点を探しましょう。たとえば、「残業時間が長すぎる」のであれば、「何時間までなら残業ができるのか」を考えます。このように退職理由と妥協点を1つ1つ書き出したものと、求人を見比べながら探すと自分の条件に合った企業が見つかるでしょう。

これからどんな仕事がしたいか

まずは、自分の「やりたい仕事」と「できる仕事」を書き出してみます。ここで重要なのが、「やりたいだけでできない仕事」は、冷静に考えてから応募するか決めるということです。ありきたりな志望動機で選考に進むことになったり、自分に向いている仕事に応募するチャンスを逃したりする可能性があります。「やりたくてできる仕事」をするのが理想ですが、見つからない場合もあるという心持ちでいましょう。やりたくないけどできると思っていた仕事も、企業に見学に行き自分の目で見たら、やりたくなることもあるので企業訪問をしながら考えてみましょう。

5年後、10年後にどうなっていたいか

自分の理想の将来像を考えます。ここでのポイントは、「現実に叶えられる理想像」を考えてキャリアの方向性を定めることです。たとえば、10年後は課長になりたいと考えるのであれば、5年後には係長になっておく必要があると道筋が見えてきます。キャリアだけではなく自分の人間性やスキルについても考えましょう。転職先で5年後までに身に着けておきたいスキルがあれば、書き出しておきます。資格の取得や実績を積むことなども書いておくと、理想の将来像に近づこうとするモチベーションも上がることでしょう。

転職後の明確なビジョンについて考える

応募先の企業で将来の自分がどう活躍しているか、考えておく必要があります。ビジョンとは、期限やゴールが決まっている目標とは異なり、未来図や構想のことです。つまり、目標を達成するための動機として、ビジョンを考えていきます。まずは、理想を言語化するために、紙に書き出して見ましょう。その中から、自分が魅力に感じる言葉を探して、意味の伝わる簡潔なビジョンを決めます。多く書き出すと絞るのが大変ですが、時間をかけてでも仕事のビジョンは1つにしてみましょう。1つにすることで、方向性が決まり軸がぶれないビジョンができます。ですが、人の考えや感じ方は、時間が経つと変化するものなので、ビジョンは定期的に見直すことがおすすめです。

19歳の仕事探しで選考に受かりやすくするコツ

19歳の転職で選考に受かりやすくするコツは、本音を正直に話すことです。それは、離職理由だけでなく、応募先の企業でどれだけの熱量を持って働きたいかを正直に話すことで、誠実さをアピールできます。ここでは、応募書類や面接の注意点も解説しますので、ぜひお役立てください。

19歳で新たな仕事を探している理由を正直に話す

19歳で仕事を辞める理由はさまざまですが、それを正直に伝えましょう。内容はできるだけ前向きに変換して話します。会社に対する不満があったとしても、応募先の企業では今後どうしていきたいかを伝えてみましょう。キャリアアップを望めない会社だったとしたら、そのまま伝えるのではなく、自分なりに対策したことを具体的に話して、志望動機に繋げます。新しい仕事を探している理由と応募先企業への志望理由は一貫性を持たせることを意識しましょう。

入職に対する意欲や熱意を伝える

応募先の企業でなぜ働きたいのか、熱意を伝えましょう。経験やスキルがあまりない19歳の転職は、採用後のやる気や入職後に何がしたいかを重視される傾向にあります。たとえば、「社風に魅力を感じた」「企業理念に共感したため」などの、具体的でない志望理由は避けたほうが無難です。採用担当者は、数ある求人の中で自社を選んだ理由を聞きたいと考えています。

応募書類に不備がないか確認

選考に必要な書類が揃っているか、提出前に確認します。主な確認項目は以下のとおりです。

・企業から指定されている書類はすべて揃っているか
・未記入の箇所はないか
・誤字脱字はないか
・封筒に書類を入れる順番は正しいか
 上から、添え状→履歴書→職務経歴書→その他
・西暦や年号などの書き方は統一されているか
・提出日は、持参する日または投函日になっているか

書類選考がある企業の場合、最初は対面の印象ではなく書類で応募者がどのような人物かを判断します。小さなミスをできるだけなくせるように、最終確認は徹底しましょう。

面接では面接官の話をしっかり聞く

質問の意味を理解して、的を得た回答をするように心がけましょう。回答は結論だけでなく、理由も具体的に答えます。瞬時に全てを理解するのは大変なので、事前に想定して練習しておくことも大切です。そして、面接はテンポの良い会話を心がけます。面接官から質問されたことだけに、回答しましょう。聞かれていないことまで話してしまうと、話を聞いていない人と思われてしまう可能性があるので注意が必要です。また、自信がないように見えてしまうことを避けるため、面接中はできるだけ面接官の目を見て話すのがコツ。あまり緊張しすぎないよう、リラックスして面接に向かいましょう。

19歳で転職する際の仕事の探し方

19歳で転職はできるのかと不安に感じる方もいるでしょう。しかし、仕事を探す方法はたくさんあります。インターネットを使って探すこともできますし、ほかにも、充実したサービスを受けられる転職エージェントもあるので心配しすぎる必要はありません。自分に合った方法を見つけて、仕事探しを始めてみましょう。

若者支援をしているハローワークを利用する

ハローワークは、一般的な求人紹介のほかに、若者支援を行っています。就業経験が少ない若者を正社員として就職できるようにサポートしており、19歳はもちろん35歳未満なら誰でも利用可能です。一人ひとりに担当がつき、早期就職に向けて職業相談や紹介をしてくれます。就職後のフォローも行っているので、困ったことがあっても安心して相談できる環境です。

正社員登用のあるアルバイトに就く

正社員登用制度とは、非正規雇用の社員を正規雇用に変更する制度です。求人票に正社員登用制度ありと書かれているものが該当します。正社員になるための条件は会社が規定しており、定められた期間を働いたらなれるのか、スキルを習得したらなれるのかを事前に確認しておくことが重要です。
正社員登用制度のメリットは、働きながらどのような会社か知れるところにあります。会社とのミスマッチを避けられるという点はメリットになるでしょう。デメリットは、正社員になれることが保証されていないところにあります。それを防ぐためにも、面接や内定が出たときに、正社員登用の条件や登用の実績があるのか確認しておくと良いでしょう。

派遣会社に登録する

派遣会社は、人材派遣会社に登録してほかの企業へ派遣される働き方です。派遣会社へ登録するとさまざまな条件の求人があり、自分に合ったものを探せます。派遣社員のメリットは、派遣先を自分に合った仕事にできることです。多様な業種の求人がある派遣会社出会った場合、「事務職の派遣期間が修了したため未経験でもできるIT系の職種に就く」ということもできる可能性があります。デメリットは、契約期間が終了する度に、新たな派遣先を探さなければならないところでしょう。ほかにも、派遣期間が決まっているため、責任のある仕事を任せてもらえることが少ないという点です。
なお、派遣会社には、紹介予定型派遣という仕組みも存在します。紹介予定型派遣とは、派遣期間の終了後に、合意の上で派遣先の社員になる働き方です。正社員ではなく契約社員として働くこともありますので、事前にしっかり確認しましょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、企業と求職者をマッチングさせるサービスです。転職エージェントを利用すると、プロの力を借りて仕事を探すことができます。無料で利用できるエージェントも充実しており、種類が豊富です。19歳での転職は、第二新卒やフリーター向けのエージェントを利用すると良いでしょう。

利用する転職エージェントを迷っている方は、ハタラクティブに登録してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブは、既卒や第二新卒など若年層の転職をサポートしているエージェントです。キャリアアドバイザーが経歴やご希望を丁寧に伺い、あなたに合った求人を厳選してご紹介します。応募先企業とのやり取りや面接対策のアドバイスを行い、全面的にあなたをサポート。すべて無料のサービスですので、安心してご利用いただけます。あなたに合ったお仕事探しは、ぜひハタラクティブにお任せください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION