本日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 二回目の転職はどう評価される?20代と30代の求職活動の注意点も解説!

二回目の転職はどう評価される?20代と30代の求職活動の注意点も解説!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

   
   
   

【このページのまとめ】

   
  • ・第二新卒で二回目の転職をすると、企業側から「回数が多い」と思われる場合がある
  • ・二回目の転職をするときは、実力やキャリアを形成できる企業がどうかをチェックする
  • ・二回目の転職を成功させるには、社会人として身につけたいことを明確にするのが重要
  • ・二回目の転職は即戦力や適応力を評価されるメリットがある
  • ・職務経歴書の内容を充実させて自分の魅力を最大限にアピールしよう

二回目の転職はどう評価される?20代と30代の求職活動の注意点も解説!の画像

二回目の転職を検討している方の中には、経歴をどのように評価されるのか気になる人もいるのではないでしょうか。採用活動をしている企業側が、応募者の転職回数を注視しているのは事実です。しかし、転職理由とアピール内容によっては、転職回数をカバーできる場合もあります。このコラムを参考にし、二回目の転職を成功させるコツを掴みましょう。

監修者:多田健二

キャリアコンサルタント

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

2回目の転職が不利になる理由

「二回目の転職だから」という理由で採用を見送る企業はほとんどありません。早期退職をしていたとしても、志望動機やスキル次第で前向きに採用を考えてくれる企業は多いです。また、IT業界や介護業界など、慢性的に人手不足の状態にある業界では、業種未経験でも積極的に採用しているところもあります。
とはいえ、転職回数の多さにリスクを感じている企業があるのも事実です。応募者側は、明確な転職理由とこれまでの経験で身につけたことを伝えれば、企業側へ効果的なアピールができます。採用担当者を納得させられるよう、前向きな姿勢と入社意欲を示しましょう。

二回目の転職を企業側はどう思うのか

転職回数に対する判断は、企業の方針や採用担当者によって異なります。企業側は、転職の回数だけを見て採否を決定している訳ではありません。しかし、早期転職や能力面を総合的に判断し、応募者の転職回数に注意している企業もあります。

第二新卒で転職すると回数が多いと思われる

第二新卒で二回目の転職をすると、企業側から「回数が多い」と思われる場合があります。転職回数が多いと、「すぐにやめる人」「ストレス耐性が弱い人」という印象を持たれがちです。1社の在籍期間が短いため、自社で活躍してくれるかどうかを不安に感じられることも。「採用しても同じような理由で退職するのでは?」と判断されてしまうと、転職で不利になる可能性があります。

スキルが身についていないと懸念される

短期間で仕事を辞めていると、仕事に必要なスキルが身についていないと判断される場合があります。未経験者歓迎の求人は問題ありませんが、即戦力を求める求人では採用につながらない可能性も。これまで転職をせずに業界での経験を積んだ応募者がいれば、そちらの方が有利になるでしょう。

何かしらの問題があると思われる

短期で退職している場合、職場に馴染めない何らかの問題があると懸念される場合があります。採用した人材が職場に馴染めるかどうかは、チームで仕事を進めるうえで重要な要素です。職場との相性を重視する企業では、退職理由が慎重に評価される可能性が高いでしょう。

二回目の転職をするときの注意点

二回目の転職をするときは、スキルを身につけられそうか、キャリアを積めそうかをチェックするのが重要です。ここでは、転職における年代別の注意点をご紹介します。

20代の場合

20代で二回目の転職をするときは、自分の実力を伸ばせる企業かどうかを判断しましょう。20代は転職市場で若手人材と扱われており、これからの成長にも期待できる年代といえます。そのため、人材育成制度や各種研修制度、組織体制、取引実績など、社内でスキルアップを実現できそうな条件をチェックすることが大切です。

20代前半の場合は、やる気やポテンシャルを評価してもらえます。スキルに自信がなくても、仕事に対する意欲やフレッシュさを伝えることが可能です。20代後半の場合は社会人経験を積んでいるので、マナーやスキルが身についているのをアピールできます。
また、若手として扱われるうちは異業種にも挑戦しやすいため、未経験分野で働きたい場合は早めの転職を心がけましょう。

30代の場合

30代で二回目の転職をするときは、自身のキャリアを活かせるかどうかをチェックしましょう。
30代は転職市場で即戦力として求められる傾向にあります。企業によっては、マネジメント経験が採用条件になる場合も。マネジメント経験がない場合は、仕事に対するこだわりや、チームの中で自分が担った役割をアピールしましょう。

なお、未経験者を受け入れる企業の多くは、20代を採用する傾向があります。30代での転職は、前職と同じ仕事や関連する職種を選択するのがおすすめです。活かせる経験がない場合は、コミュニケーション能力やスケジュール管理能力など、どの企業でも活用できるポータブルスキルがないか振り返りましょう。

二回目の転職を成功させるコツ

二回目の転職を成功させるには、志望企業への的確なアピールや前向きな退職理由を用意することが求められます。転職成功のコツは下記にまとめているので、ぜひ参考にしてください。

なぜ転職したいのかを振り返る

転職活動の際は、自分が「なぜ転職したいのか」を振り返ることが重要です。スキルアップがしたい・キャリアを積みたい・収入を増やしたいなど、転職を通して実現したいことを明確にします。自分の希望を分析すれば、どのような企業に応募するべきなのかが判断でき、転職の軸が定まるはずです。
なぜ転職したいのかを理解していなければ、志望動機の内容が薄くなったり、新しい職場でも早期退職につながったりします。転職で叶えたいことを振り返り、仕事探しに反映させましょう。

社会人として身につけたスキルや経験をアピールする

二回目の転職を成功させるには、これまでに身につけたスキルや経験を効果的にアピールすることが大切です。一回目の転職で割り振られる仕事が増えたことや、役職へステップアップしたことをアピールできれば、これまでの経験を強みにできます。そのうえで、二回目の転職で叶えたい目標を語ると、向上心の高さを示せるはずです。
携わってきた仕事で学んだことを、入社後どのように活かすかを具体的に伝えれば、転職回数が多くても好印象を与えられます。

前向きな退職理由を伝える

転職活動の場では、退職理由を前向きに伝えることが重要です。採用面接で前職への不平不満を伝えてしまうと、マイナスな印象を与えてしまう可能性も。ネガティブな退職理由を防ぐためには、「転職で何を実現したいのか」を考えられれば、今後の展望を含んだ回答ができます。
たとえば「人間関係が悪くて転職したい」と考えている場合は、「チームで協力して働ける環境で活躍したい」とポジティブに変換しましょう。退職理由の伝え方を改善するだけでも、採用へ一歩近づける可能性があります。仕事に対する前向きさを示し、長く働ける人材であることをアピールしましょう。

転職二回目のメリット

即戦力として頼りにされたり、柔軟性を評価されたりと、二回目の転職にもメリットがあります。それぞれの特徴について見てみましょう。

即戦力として活躍できる

社会人経験があれば、ビジネスマナーやある程度のスキルが身についています。教育コストがかからないのは、企業側にとってのメリットといえるでしょう。そのため、経験者を歓迎している企業なら、即戦力としての活躍を実現できます。転職先でスキルを評価されれば、モチベーションアップにもつながるでしょう。

仕事に対する適応力がある

若いうちは特に柔軟性が高く、新しい業務に対する適応力があります。前職の社風に染まりきっていないので、新しい職場環境に馴染みやすいというメリットも。仕事に必要なスキルをすぐに吸収できるのがポイントです。

転職二回目のデメリット

二回目の転職をするデメリットには、収入の低下や空白期間がマイナスに見られるところがあります。転職回数のデメリットも考慮したうえで行動しましょう。

収入が下がる可能性がある

転職によって収入が下がる可能性があります。転職先でもある程度のスキルや経歴を考慮してもらえますが、最初から役職に就けたり高収入を得られたりするわけではありません。また、未経験分野に挑戦する場合も給与が下がる場合があります。転職後も着実に活躍を続ければ給与を上げられますが、はじめのうちは収入が下がる可能性も理解しておきましょう。

空白期間が長引くと不利になる

ブランクが長い人材は、「働く意欲やビジネス感覚が失われていないか」を懸念される傾向にあります。留学や資格取得の勉強をしていた方は、履歴書にその旨を書いて事情を伝えましょう。
転職はどれくらいの期間を要するのかを掴めないため、退職後に求職活動すると想像以上に長引いてしまう可能性も。長期間の空白期間はマイナスに見られる傾向にあるので、転職を検討している方はできるだけ働きながら求職活動に取り組みましょう。

二回目の転職は職務経歴書を充実させよう

二回目の転職では、職務経歴書の内容を充実させることが大切です。職務経歴書には会社名や役職名だけでなく、詳しい仕事内容や具体的な成果を書きましょう。問題解決や成果を出すために努力したことや工夫したことがあれば、その内容も添えます。
売り上げや実績は、数字を使って表すと説得力を上げることが可能です。数字で表せる実績がない人は、仕事に向き合う姿勢をアピールしてください。採用担当者が「この人に会ってみたい」と思えるようなエピソードを盛り込めるとベターです。
なお、マイナスに見られたくないからとって、経歴に嘘をつくのはやめましょう。経歴の偽りが発覚すれば、内定の取り消しや給料の減額につながる場合があります。応募書類ではこれまでの経歴を武器に、自分の魅力を最大限に伝えましょう。

「二回目の転職を成功させたいけれど、どのようにアピールしたら良いのかわからない」「自分のスキルに自信がない」という方は、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントのハタラクティブでは、応募書類の作成や自己分析の指導、面接対策など、あなたの転職活動を手厚くサポート。専任のアドバイザーによる丁寧なカウンセリングを行い、あなたの希望やスキルに合った仕事をご提案します。
転職活動を成功に導きたい方は、ハタラクティブにご相談ください。

20代での2回目の転職に関するQ&A


20代で2回目の転職を考えるにあたり、不安や悩みがある人も多いはず。以下のQ&Aを参考に、転職活動の対策を練りましょう。

20代で2回目の転職、企業からの印象は悪いでしょうか?

一概に悪いとはいえません。年齢や前職の退職理由、在職期間によっては特に問題視されないでしょう。ただし、短期間で転職を繰り返したり、前職の退職理由がネガティブだったりする場合は要注意。このコラムのこのコラムの「二回目の転職を企業側はどう思うのか」を参考に、企業にマイナスの印象を与えないようにしましょう。

2回目の転職で未経験業種に挑戦することはできますか?

十分可能です。ただし、年齢に注意しましょう。
20代であれば、転職市場では「若手」として扱われます。そのため、これからの成長に期待し、未経験者を採用する企業も多いでしょう。しかし、30代になると状況が変化。即戦力を求める企業が増えるため、未経験業種に挑戦するのは30代前半がラストチャンスといえます。

2回目の転職で大手企業を目指すことはできますか?

基本的には、2回目の転職だからといって大手企業への就職が不利になるとは考えにくいもの。企業の求める人物像に、自分が見合っていると感じるのであれば挑戦してみましょう。
しかし、採用倍率の高い大手企業に固執すると転職活動が進まなくなる恐れもあるため、視野を広く持つのが賢明です。「「穴場企業」の良さを知る!大手企業への就職がすべてではない」を参考に、企業規模にこだわらない仕事探しを心掛けましょう。

20代で2回目の転職をするにあたり、注意するポイントはありますか?

ポジティブな転職理由と、志望企業への強い入社意欲を伝えることがポイントといえます。多くの企業は、20代で2回目の転職をする人に対し「当社からもいずれ離れてしまうのではないか」という懸念を抱くでしょう。そのため、それを払拭する前向きな姿勢が重要なのです。
また、職務経歴書を充実させることも大切なポイント。「履歴書と何が違う?職務経歴書の書き方」を参考に、あなたの経験やスキルをアピールしましょう。
面接や応募書類に不安がある方はハタラクティブをご利用ください。選考対策により、転職活動がスムーズに進むでしょう。
 

ご利用者の口コミ

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    カウンセラーの人が親身になって下さり、コロナ禍でもありながら、内定…

    2020/09/29

  • Jun

    担当して頂いた方の丁寧かつ迅速な対応でスムーズに転職活動がすすみ、…

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?