転職2回目の20代は不利?30代との違いと求職活動を成功させるコツ!

転職2回目の20代は不利?30代との違いと求職活動を成功させるコツ!の画像

この記事のまとめ

  • 20代で転職2回目は許容範囲内とされるものの、早期離職の懸念を払拭する必要がある
  • 転職1回目はポテンシャル重視なのに対し、2回目では前職での経験が問われる
  • 転職2回目の30代は、今あるスキルを伸ばしてキャリアアップを目指すのがおすすめ
  • 2回目の転職ではエージェントを利用して、幅広く求人を探すのが成功のカギ

2回目の転職を検討しているものの、「回数が多いと採用に響くのでは…」と不安に思う20代・30代の方もいるでしょう。実際のところ、20代で2回目の転職は多いと考える企業もあり、1回目以上に退職理由や志望動機の具体的な説明が求められます。このコラムでは、2回目の転職で問われる内容や就職成功のポイント、年齢ごとに求められるスキルをまとめました。転職2回目を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

2回目の転職は不利になる?

2回目の転職は不利になる?の画像

少子高齢化の影響により若手を採用したい会社が増えているため、転職が2回目でも採用で不利になる可能性は低いでしょう。退職理由をきちんと説明し、「今度は長期的に働きたい」という意欲をアピールできれば転職回数は問題ありません。ただし、20代後半からは前職での実績が問われる傾向があり、2回目の転職で未経験職種への挑戦は難しくなる場合があります。

20代で2回目の転職は問題なし

前述のとおり、若手の人材を確保したい会社が増えているため、20代なら前半・後半にかかわらず、転職2回目は許容範囲内といえます。しかし、20代で転職回数が3回以上になるのは要注意。転職が3回以上になると「すぐに辞めそう」というマイナス印象を与える可能性があるからです。20代で転職回数が3回を超えることのないように、2回目の転職で長く働けそうな会社を選びましょう。

20代後半になると実績やスキルが問われる

20代後半で転職2回目ともなると、前職での実績やスキルを問われるように。20代後半の転職者に即戦力を期待する会社もあり、未経験職種への挑戦は次第に難しくなっていきます。詳しくは、「28歳で転職は遅い?3つのメリットと男女ともに就職を成功させるコツ」のコラムを参考にしてみてください。

30代で2回目の転職も許容範囲内

30代で転職2回目の場合も許容範囲内といえるものの、スキルや経験が問われるため、異業種への挑戦は難しくなるのが現実です。30代の未経験者を一から教育するのは会社にとって負担だと考える採用担当者は少なくありません。これまで培ったスキルをさらに伸ばし、キャリアアップを目指すのがおすすめです。

なお、一般的に30代以降は後輩や部下の育成を任される年代とされています。未経験者として「会社に育ててもらう」のではなく、経験を活かして「会社を育てていく」ことが期待されるでしょう。

企業によって転職2回目は多いと考える場合もあるって本当?
20代で転職2回目は多いと考える企業はあります。特に、大企業や昔ながらの風習を重んじる会社は転職回数を気にする傾向があるようです。20代で転職2回目の場合は、経験の多さを逆手に取ってアピールする工夫が必要でしょう。

転職2回目で早期離職を懸念される20代の3つの特徴

転職2回目で早期離職を懸念される20代の3つの特徴の画像

転職2回目の20代が採用で懸念されるのは早期離職にならないかという点です。見方を変えれば、「入社してもすぐに辞めそう」とさえ思わせなければ、不利になりにくいといえます。ここでは、転職2回目で早期離職を懸念されやすい20代の特徴を紹介するので、自分に当てはまっていないかの振り返りをしてみてください。

1.転職理由が曖昧

20代の場合、「とにかく今の会社を辞めたい」「早く入社できればどこでも良い」という気持ちで転職活動を進める人も珍しくありません。しかし、2回目の転職理由が曖昧だと、「またすぐに辞めそう」と早期離職を懸念されてしまう可能性があります。退職のきっかけは曖昧でもかまいませんが、転職理由を説明するときは「入社後に何を実現したいのか」をはっきりさせておくようにしましょう

2.譲れない条件が多い

2回目の転職で譲れない条件が多過ぎると「不満があるとすぐに辞めそう」と思われる可能性があります。特に、前職について「研修制度がなかった」「給料が低かった」といった不満がある人は注意が必要。すべての条件を満たす会社は少ないので、「絶対に譲れない条件」以外は妥協する柔軟性も大事です

3.企業研究が不十分

企業研究が不十分なまま転職活動をしている20代は、面接で志望動機を聞かれたときに採用担当者を納得させる回答を用意できない可能性があります。そもそも、転職が2回目ある人は、「3回目もあり得る」と懸念されがち。懸念を払拭するには、効果的な志望動機を考えなくてはなりません。企業理念や社風、業界での立ち位置などを詳しく調べて、「競合他社ではなく、この会社を選んだ理由」を明確にすることが大切です
企業研究のやり方については、「企業研究によって転職を成功させる方法を解説!情報の集め方も詳しく紹介」のコラムをご参照ください。

30代が2回目の転職でキャリアアップするコツ

30代が2回目の転職でキャリアアップするコツの画像

前述のとおり、30代で転職2回目の場合は即戦力を求められるため、異業種・異職種への入社は難しいのが現実。今あるスキルを活かして仕事の幅を広げたり、担当業務を絞って専門スキルを高めたりするなど、今までの経験をベースにしたキャリアアップを目指すのがおすすめです。

30代以降はマネジメント経験が強みになる

30代以降で2回目の転職を行う場合はマネジメント経験が強みになります。人によっては、転職先で管理職候補になることを期待されるでしょう。マネジメント経験がない場合は、新入社員の教育担当やプロジェクトリーダーなどの経験をアピールするのもおすすめ。特定分野の専門知識があればマネジメント経験がなくても採用される可能性は高いはずです。

未経験の仕事よりスキルを活かせる同業種が転職しやすい

転職2回目の30代は、今までの経験を活かし、さらにスキルが伸ばせる同業種を選ぶのがポイントです。今あるスキルを活かせる仕事なら即戦力になれるうえ、キャリアアップもできるので、会社と自分の双方にメリットがあるからです。大卒で新卒入社した会社に継続的に勤めている人なら、8年以上のキャリアを積んでいる場合も。面接では、8年程度のキャリアのある人と比べられるのを踏まえて、自分を採用するメリットを会社側にアピールしましょう。

異業種への転職でも前職のスキルを活かせる
30代以降の転職でも、前職でのスキルが活かせる仕事であれば異業種でも採用される可能性があります。たとえば、車のディーラー(小売業)から介護職員(サービス業)への転職する場合、販売の仕事で培ったコミュニケーションスキルを活かして活躍できるでしょう。
30代以降で未経験の仕事へ転職するコツは、「30代で未経験職種への転職は厳しい?就活のコツやおすすめの仕事をご紹介!」のコラムで解説していますので、ご一読ください。

転職2回目の人が知っておきたい3つの注意点

2回目の転職に挑戦しようとお考えの方は、「給料が一時的に下がる可能性がある」「実績や能力が求められる」といったことを念頭に置く必要があります。入社後に、「思っていたのと違った」と後悔しないよう、以下を確認しておきましょう。

1.給料が一時的に下がる可能性がある

2回目の転職に挑戦する場合、「前職よりも高い給料が欲しい」という人も多いはず。しかし、給料は入社後の活躍次第と定めていたり、研修期間として数ヶ月間は低めに設定していたりする会社も少なくありません。前職よりも高い給与にこだわり過ぎていると、職場環境が劣悪なブラック企業へ入社するリスクもあります。未経験職種への転職は入社後に一からスキルを身につけなければならないため、一時的な収入ダウンは覚悟しておきましょう。

2.前職での実績や能力が求められる

1回目に比べて2回目の転職では「これまでの仕事で何をしてきたのか」が問われるように。転職回数が多いほど、「それなりの就業経験があるもの」と捉えられるからです。そのため、前職で身につけたスキルや実績などが「自社で活かせるか」という点が選考のポイントになります。前職で身につけたスキルや会社に貢献したことがあれば、面接でしっかりアピールするようにしてください。

3.年齢を重ねるほど不利になる傾向がある

ある程度年齢を重ねてから転職をする場合は、転職で不利になる場合もあります。とりわけ、30代で未経験業界へチャレンジする人は注意が必要。年齢を重ねると、20代に比べて柔軟性やポテンシャルを評価しにくくなるのが実情です。前職と異なる業界や業種へ転職する場合は、できるだけ20代のうちに行うのが無難でしょう。

IT業界では転職回数が多くても不利になりにくい
IT業界は人材の流動性が高く、転職回数が極端に多くない限りは不利になることはないようです。ITエンジニアのような専門スキルを求める職種では、転職回数よりも人脈や実力重視で採用する会社が多く、スキルアップのために転職する人も少なくありません。IT業界では人手不足の傾向があるため有効求人倍率が高いのも、転職が不利にならない理由の一つです。

転職2回目の履歴書や職務経歴書はどこを見られる?

転職2回目の履歴書や職務経歴書はどこを見られる?の画像

2回目の転職では、退職理由や無職期間の有無を見られます。履歴書や職務経歴書の書き方次第では、書類選考で落とされてしまう可能性も。そのため、履歴書や職務経歴書でライバルとの差別化を図り、効果的にアピールする工夫が大事です。以下を参考にして、自分の履歴書・職務経歴書を振り返り、完成度の高い書類を完成させましょう。

仕事に対する考え方や人柄

2回目の転職では、退職理由から仕事への考え方や人柄を判断されます。退職理由がネガティブなものだと「不満があればすぐに辞める」と思われる恐れがあり要注意。退職理由の本音が会社への不平不満だったとしても、ポジティブに言い換えるのがコツです。たとえば、「給料が安くて辞めた」が本音の場合、そのまま伝えては「仕事を給料でしか見ていない」とマイナスの印象を与えかねません。しかし、「仕事の実績に対し適切な評価を受けたかった」と言い換えれば、「結果にコミットする人」と高印象を与えられるでしょう。

早期離職の懸念の有無

転職が2回目の場合、前職の勤続年数を気にする採用担当者もいます。前職を短期間で退職している人は、入社後に早期離職の懸念があるからです。前職の勤続年数が3年未満の場合、職務経歴書に退職理由を明記しておくのがポイント。理由がなければ、勤続年数の短さから不信感を与え、選考から外される可能性があります。退職理由は、「年功序列のため、実績を出しても評価されず退職」「異動を願い出たが叶わなかったため退職」などのように、具体的に書いておくのがおすすめです。

就業意欲(特に無職期間がある場合)

無職期間があると「働く意欲が低いのでは」と思われ、選考で不利になる可能性があります。2回目の転職までに無職期間がある人は、無職になった理由と空白期間に何をしていたのかを説明できるようにしておきましょう。「空白期間を面接で質問されたときの答え方は?説明の仕方を解説!」のコラムでは、空白期間をアピールにつなげる方法や履歴書の書き方をご紹介していますので、参考にしてください。

例文付き!転職2回目の面接対策

例文付き!転職2回目の面接対策の画像

2回目の転職では面接対策が重要です。特に、20代で転職2回目の場合、早期離職の懸念を払拭できるような回答を用意しておくと良いでしょう。この項では、転職2回目の面接でよく聞かれる退職理由や志望動機を例に、回答方法を解説します。

退職理由は志望動機につなげてポジティブな内容にする

前述のとおり、退職理由はポジティブに説明するのがポイントです。さらに、退職理由を志望動機につなげると「なぜ転職するのか」が伝わりやすくなります

退職理由の回答例

「仕事の実績に対し、適正な評価を受けたいと思ったのが退職の理由です。私が所属する品質管理部門は、仕事の評価が分かりにくく、成果を実感できないという課題がありました。そこで私は、実績を数値化する仕組みを提案したり、上司との定期的な1on1をお願いしたりと努力しましたが、残念ながら改善が見込めませんでした。評価制度や研修制度が充実し、社員一人ひとりのモチベーションが高い御社だからこそ、自分の力を発揮できると考えています」

今までの努力や応募先企業を選んだ理由を盛り込むと効果的
上記の回答例では、課題解決に向けて前向きに努力したことをアピールしています。「具体的に行動したものの改善されなかった」という退職理由は納得されやすいでしょう。退職の原因が2回目の転職で改善できる可能性が高いので、入社後の早期離職を懸念される心配も低いといえます。

志望動機はキャリアプランに沿わせる

2回目の転職では、キャリアプランに沿った志望動機にすると効果的です。採用担当者は志望動機から熱意や意欲を判断するといわれています。キャリアプランが描けているかどうかで、採用担当者に与える志望度の高さが変わることも。転職回数が多い人は、「5年後・10年後はどうなっていたいか」を具体的にイメージし、そのために何をすべきかを明確にしてみましょう。

志望動機の回答例

「私の目標はITコンサルタントとして課題解決のスペシャリストになることです。新卒で入社した会社では、エンジニアとして経験を積みましたが、顧客の要望よりも納期を優先する社風にミスマッチを覚えるようになりました。そのため、1回目の転職では顧客との関わりが深いベンチャー企業へ入社いたしました。その会社ではヒアリング能力を高めるとともに、顧客と一緒になってシステムを作る経験ができたと思います。次のステップとして、今度は経営課題や社会課題の解決を目指したシステム構築がしたいと考え、2回目の転職を決意いたしました。御社の○○プロジェクトでは、前職で培った顧客との関係構築能力やヒアリング能力を活かしていきたいと考えております」

一貫性のあるキャリアプランにすることが大切
上記の回答例では、将来の目標や目標達成に向けてキャリアを積んでいることが明確です。1回目も2回目もキャリアプランに沿って転職しており、一貫性もあります。今までの経験を活かしての転職なので、採用する側のメリットにもつながるでしょう。
2回目の転職に活かせるキャリアプランの立て方について知りたい方は、「キャリアプランを面接で質問されたときの答え方は?例文もご紹介!」のコラムを併せてご覧ください。

2回目の転職を成功させる5つのポイント

2回目の転職を成功させる5つのポイントの画像

2回目の転職を成功させるには、応募先企業の選び方や転職活動の進め方、過去の失敗の振り返りも重要です。この項では、2回目の転職を成功させるためのポイントを5つご紹介します。

2回目の転職先は過去の職場と比較して選ぶ

2回目の転職は、1社目、2社目と比較して応募先企業を決めましょう。2回目の転職先を決める際には、人間関係や社風、給料、業務内容などについて、以下の内容を考えるのがおすすめです。

・過去の職場と同様の不満が再び生じないか
・過去の職場の良かったところが転職先の企業にあるか

これらをきちんと比較検討すれば、ミスマッチを防げるでしょう。

同業種・同職種への転職は比較しやすい

2回目の転職で同業種・同職種を選べば、前職との比較も容易です。1社目、2社目で実現できなかったことを退職理由として、「御社でなら実現できる」と志望動機につなげれば説得力が増し、採用される可能性も高まるでしょう。

スタートアップ企業を選ぶなら慎重に

スタートアップ企業は一人ひとりの裁量権が大きくキャリアアップにつながるイメージを持つ人は少なくありません。しかし、「組織が未完成」「人数が少ない」といった理由から雑務が多く、本来の仕事ができないことも。また、入社後に目指していたポジションがなくなったり、評価制度が変わったりすることも多いので、転職後のギャップを感じやすい面もあります。

今の仕事を続けながら転職活動をする

転職先がすぐに見つかるとは限らないため、できるだけ今の仕事を続けながら転職活動をするのがポイントです。特に、2回目の転職で未経験職種や大企業に挑戦する場合、転職活動が長引く可能性があります。今の仕事を辞めてしまうと、収入が減ったときに焦って条件が合わない会社へ入社してしまい早期離職につながる恐れも。また、転職先が決まらずにブランク期間ができてしまうと、採用ハードルが上がる可能性もあります。今の仕事と転職活動を両立させるのは大変ですが、精神的・経済的に余裕を持つためにも転職先が決まってから退職するのがおすすめです

本当に転職が必要かどうかもう一度考えてみよう

2回目の転職活動がうまくいかないと感じたら、今の会社に留まってスキルアップを目指す手もあります。自分では「今の会社でやれることはやった」「十分なスキルを身につけた」と思っていても、転職市場では経験不足・スキル不足と判断される場合も。異動や配置転換によってスキルを磨けることもあるので、まずは上司に相談してみましょう。

マネジメント経験を視野に入れる

前述のとおり、30代以降の転職ではマネジメント経験が役立ちます。そのため、2回目の転職では、マネジメント経験が積めそうな会社を選ぶのがおすすめです。たとえば、「総合職」「専門職」と分かれている会社の場合、マネジメントを行うのは総合職のみということもあるので、企業研究でその点を確認しておきましょう。

1回目の転職について失敗の原因を振り返る

転職回数が2回以上ある人は、1回目の転職についての振り返りを行いましょう。1回目の転職なら「上司と合わなかった」といった退職理由でも理解される可能性があります。しかし、2回目の転職では「本質的な原因は本人にあるのでは」と懸念を抱く傾向に。そのため、2回目の転職をする場合は、今までの働き方の振り返りを行うことが大切です。面接の前に失敗の原因を分析して、「改善していく意思があること」をアピールしましょう。

新卒入社に比べれば一定の大変さがあることを理解する

2回目の転職では、新卒入社の新人と比べて教育面のフォローが薄くなるもの。新卒で入社した場合、新入社員研修があったり、教育担当の先輩がついてくれたりと、手厚いフォローがあります。しかし、転職者はビジネスマナーや実務スキルがある程度身についているため、入社時のフォローはそこまで手厚くありません。2回目の転職では仕事を覚えるのに苦労する可能性があることを念頭におきましょう。

今までの転職の振り返りを行うコツ
2016年に独立行政法人 労働政策研究・研修機構が行った調査「若年者の離職状況と離職後のキャリア形成(p.90)」によると、新卒3年以内離職者の離職理由で最も多かった(男女計)のは「労働時間・休日・休暇の条件がよくなかった」です。このような理由での早期離職は、企業研究によって避けられた可能性があります。短期間で転職を繰り返していると、「やる気がないだけなのでは」と懸念される可能性が高いので、今までの就職・転職を振り返り、失敗した点と改善点を答えられるようにしておきましょう。

参照元
独立行政法人 労働政策研究・研修機構
若年者の離職状況と離職後のキャリア形成 図表5-3『初めての正社員勤務先』を離職した理由

転職エージェントを活用する

2回目の転職は、1回目以上に慎重な応募先選びや面接対策が重要になるため、エージェントを活用してみてください。退職理由や志望動機を考える際も、プロによる客観的なアドバイスをもらったほうが、より良い内容になるでしょう。1回目の転職で利用したエージェントに再び相談してみるのもおすすめ。1回目の退職理由や自己分析の結果が登録されて残っている可能性があります。転職エージェントは求職活動のプロ。数多くの転職者をサポートしているため、悩みや疑問を解消しながら転職活動を進められるはずです。

2回目の転職でエージェントを活用する3つのメリット

2回目の転職でエージェントを活用する3つのメリットの画像

転職エージェントを利用すれば、求人探しや面接の日程調整など、さまざまなサポートをしてもらえるため、効率的な転職活動が可能です。そのほか、以下のようなメリットがあるので、2回目の転職が不安な方はチェックしてみてください。

1.入社後のミスマッチを防ぎやすい

転職エージェントで紹介する求人は、業務内容や社風を詳しく調べているため、入社後のミスマッチを防ぎやすいのがメリットです。募集要項だけでは分かりにくい「会社の文化」「社員の雰囲気」などをエージェントから教えてもらえます。2回目の転職で早期離職を避けるためにも、プロの力を借りるのが良いでしょう。

プロの視点で転職先を選んでもらえる
転職エージェントは、カウンセリングによって一人ひとりの希望を聞いたうえで、求人を紹介します。自分の想定とは違っても、プロの目から見て合いそうな会社もあるので、ぜひ相談してみましょう。

2.非公開求人があり多種多様な求人に出会える

転職エージェントは非公開求人を扱っている場合があります。非公開求人は「良い人がいたら採用したい」という会社が利用する、転職サイトなどには掲載されていない求人のこと。このような特別な求人情報をもらえるのも、転職エージェントのメリットです
2回目の転職を成功させるには、幅広く求人を探して優良な案件に出会う確率を高めることが大切。1人で探せる求人には限界があるため、転職エージェントを利用して視野を広げまでしょう。

3.大手企業を狙える可能性もある

転職エージェントでは多種多様な求人を扱っているため、大手企業の求人に出会える可能性が高まるでしょう。大手企業は人気が高いため、2回目の転職で挑戦するには面接対策が重要。転職エージェントのアドバイザーは採用担当者の注目ポイントや、過去に採用された人の傾向などを熟知しているため、効果的な面接対策のやり方を教えてくれるはずです。
転職エージェントを利用するメリット」のコラムでも、転職エージェントの利用メリットをご紹介しています。

「2回目の転職がうまくいかない」「転職エージェントでプロのサポートを受けてみたい」という方は、転職支援サービスを提供するハタラクティブへご相談ください。ハタラクティブでは、専任のアドバイザーがマンツーマンで、応募書類の添削や面接対策などのサポートを実施しています。一人での転職活動は、何かと不安がつきもの。ハタラクティブでは、求職者の疑問や不安を丁寧に解消するので、安心して転職活動を進められます。サービスはすべて無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

2回目の転職に関するお悩みを解消するQ&A

2回目の転職は難しいというイメージを持つ人もいるでしょう。ここでは、2回目の転職に関するお悩みをQ&A方式で解消します。

30代で転職2回目を成功させるには?

今あるスキルを活かして同職種へ転職するのがおすすめです。30代は即戦力を求められるため、未経験職種への転職は難しい場合があります。今あるスキルを伸ばし、さらに新しい経験ができる仕事を選びましょう。30代で未経験職種へ転職するリスクについてご紹介するコラム「30代から目指せる職業を紹介!男女別におすすめの仕事を解説」もあわせてご覧ください。

転職しやすい業界はありますか?

人手不足のIT業界や介護業界などが転職しやすいといわれています。また、若手を必要としている建築や運送などの業界もおすすめです。このような業界では、入社後の教育体制が整っている会社が多いため、未経験でも採用される可能性があります。転職しやすい業界については「未経験でも転職しやすい業界はある?おすすめの職種や企業選びをご紹介!」のコラムも参考にしてください。

転職回数が多いと印象が悪いですか?

実力主義の仕事なら転職回数が多くても不利になりにくいでしょう。特に、IT系やクリエイティブ系の仕事では、力試しで転職する人が多いといわれています。また、転職理由に一貫性があれば、回数は重視しない企業もあるようです。詳しくは「転職回数が多いと不利?就活への影響と対策」のコラムをご覧ください。

2回目の転職ではどんな志望動機が良い?

志望動機では、熱意と会社との相性の良さを伝えるのがコツです。準備として、自己分析と企業研究を徹底して「入社後に活かせる強み」や「会社が求める人物像」などを明確にしておきましょう。詳しくは「志望動機の考え方と作り方が知りたい!面接での効果的な答え方も紹介します」のコラムで解説しています。志望動機がなかなか思い浮かばない人は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。アドバイザーと一緒に効果的な志望動機を作成しましょう。

関連タグ

  • arrow