新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職二回目の人が成功するコツを解説!20代と30代の違いもご紹介

転職二回目の人が成功するコツを解説!20代と30代の違いもご紹介

公開日:

最終更新日:

   
   
   

【このページのまとめ】

   
  • ・転職が二回目の人は早期離職を懸念されるため、退職理由や志望動機を注視される
  • ・転職一回目ではポテンシャルが重要なのに対し、二回目では経験や実績が重要
  • ・20代で転職二回目は多いという会社もあるので、転職理由を明確にする必要がある
  • ・30代で転職が二回目なら、今までの経験をもとにキャリアアップを目指すのがおすすめ
  • ・二回目の転職では、キャリアプランに沿った志望動機が有効
  • ・転職回数を増やさないためにも、エージェントを利用してミスマッチを防ぐのが良い

監修者:多田健二

キャリアコンサルタント

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

20代や30代で転職二回目の人を会社はどう見るのかと不安に思う人は多いでしょう。二回目の転職では一回目に比べて退職理由や空白期間を注視されるのは事実。キャリアプランを明確にして、プラン実現のための転職だとアピールするのがポイントです。転職回数が増えるごとに求められる条件が厳しくなるため、転職二回目での失敗は避けたいもの。エージェントを利用して、ミスマッチを回避するのもおすすめです。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

二回目の転職を多くの会社はどう見ている?

転職が二回目の場合、一回目に比べて退職理由や志望動機を会社側から厳しくチェックされる可能性は高いでしょう。ただし、少子高齢化の影響で人手不足の会社が多く、二回目の転職というだけで選考対象から外れることはないようです。
二回目の転職で会社側が懸念するのは「またすぐに辞めてしまわないか」ということ。一回目の転職で早期離職をしていたり、退職理由が単に「上司と合わなかった」というだけだったりしては、懸念を払拭するのは難しくなります。
二回目の転職を成功させるには、ポジティブな退職理由とキャリアプランに沿った志望動機が重要です。

転職一回目と二回目の違い

転職一回目と二回目の違いは「経験」です。一回目の転職では「これからどうしたいか」という熱意が重視されたのに対し、二回目の転職では「これまで何をしてきたのか」がより一層重視されます。
転職が一回目なら「会社や上司が合わなかった」という退職理由であっても「一回くらいの失敗はある」と採用担当者も多めに見てくれる可能性が高いでしょう。二回目の場合、一回目の転職で「自分に合った会社」や「キャリアプラン」について深く考えたはずと見なされ、再び転職をする理由について明確な説明が求められるのです。

転職一回目はポテンシャルが重要

転職が一回目の場合、経験やスキルよりもポテンシャルを重視される可能性が高いでしょう。
内閣府が行った調査「就労等に関する若者の意識」の「初職の継続状況」によると、最初の就職先を「3年未満で離職した」人は49.4%です。この結果から、転職一回目の人は20代の若手が多いと読み取れます。
20代の場合、自分のやり方が確立していないため新しい業務に馴染みやすいのがメリット。そのため、経験やスキルが足りなくても熱意があれば採用される可能性が高いといわれています。

参照元
内閣府
平成30年版 子供・若者白書(全体版)   特集 就労等に関する若者の意識
図表6 初職の継続状況

転職二回目はスキルや経験を問われる

二回目の転職では、社会人経験が長くなるため即戦力を期待されます。前職での実績や、そこで身に付けたスキルを問われるでしょう。そのため、異業種への転職は年齢が高くなるほど難しくなるのが現実です。30代の未経験者を一から教育するのは会社にとって負担だと考える採用担当者は少なくありません。30代は後輩や部下の育成を任される年代。未経験者として「会社に育ててもらう」のではなく、経験を活かして「会社を育てていく」人材になれるような仕事選びがおすすめです。
転職回数が多いと、転職が難しくなる?」のコラムでは、転職回数が多い人に対する採用担当者のイメージについて触れていますので、参考にしてください。

転職二回目の履歴書や職務経歴書はどこを見られる?

二回目の転職では、履歴書や職務経歴書でライバルとの差別化を図り、効果的にアピールする必要があります。転職二回目の人は、転職経験がない人に比べて書類選考が通りにくくなる場合も。そのため、「この人に会いたい」と採用担当者に思わせる工夫が重要です。

退職理由

退職理由には仕事への考え方や人柄が表れるため、書類選考で重視される項目の一つです。特に、二回目の転職で退職理由がネガティブだと「不満があればすぐに辞めるのかも…」と思われる可能性も。退職理由の本音は会社への不平不満だったとしても、そのまま伝えると印象が悪くなってしまいます。たとえば、「給料が安くて辞めた」が本音の場合、そのまま伝えては「仕事を給料でしか見ていない」「前の会社の悪口を言っている」とマイナス評価になることもあるでしょう。しかし、「仕事の実績に対し、適正な評価を受けたいと思った」と言い換えれば悪い印象にはなりません。
また、退職理由は志望理由につなげることが「なぜ転職するのか」を明確にするコツ。詳しくは、後の項で解説します。

早期離職の場合は要注意

転職が二回目の場合、前職の勤続年数を気にする採用担当者は多いでしょう。前述のとおり、採用してもすぐに辞めてしまわないかという懸念があるからです。
前職の勤続年数が短い場合には、職務経歴書に退職理由を明記しておくのがポイント。理由がなければ、勤続年数だけで書類選考から外される可能性があるためです。採用担当者にも納得されるような退職理由を書けるように、「なぜ再び転職するのか」という理由を自己分析しておくと良いでしょう。

無職期間があると不利になることもある

転職活動において、無職期間は不利になるポイントの一つ。無職期間があると「何かすぐに就職しなかった理由があるのでは」と思われる可能性があります。特に、転職二回目で無職期間がある場合は、無職になった理由と空白期間に何をしていたのかを説明できるようにしておくのが重要です。「職歴の空白期間をプラスに変える回答例をまとめてみました」で紹介している例文を参考にして、無職期間をどう説明するのか考えておきましょう。

20代で転職二回目は不利になる?

20代であれば転職が二回目でも不利になる可能性は低いでしょう。若手の人材不足に悩む会社が多いため、20代の採用ニーズは高いからです。ただし、20代で転職二回目は多いと考える会社も。この項では、20代で転職が二回目でも不利にならないためのポイントを解説します。

「すぐに辞めそう」と思わせなければ不利にならない

最初に述べたとおり、二回目の転職で会社側が懸念するのは早期就職です。見方を変えれば、「すぐに辞めそう」とさえ思わせなければ、不利になりにくいということになります。
会社側が「すぐに辞めそう」と感じるポイントは以下の3つです。

1. 企業研究が足りない
「大手ならどこでも良い」など、安直な理由のみで転職を進めた人は企業研究が足りないため、志望動機も曖昧になりやすいでしょう。
面接で「なぜこの会社に就職したいのか」を明確に説明できないと、熱意が伝わらず、早期離職のイメージを払拭できません。転職二回目の場合は「今度こそ腰を据えて働きたい」というアピールが重要です。同じ業界の中でも、数ある会社の中から応募先企業を選んだ理由を言語化しておくと良いでしょう。

2. 転職理由が曖昧
「とにかく今の会社を辞めたい」「今の仕事がイヤだから辞めたい」など、退職理由が曖昧な場合、二回目の転職理由を明確に説明できない可能性があります。なぜ新卒入社の会社を辞め、次の会社も辞めたのか、今度の会社には何を求めるのかを説明できないと、「またすぐに辞めそう」と思われても仕方がありません。
転職理由の説明はキャリアプランとセットにするのがポイント。そのうえで、一社目と二社目ではキャリアプランが実現できなかった理由を説明すれば、採用担当者に納得されやすいでしょう。

3. 譲れない条件が多い
転職活動で譲れない条件を決めておくのは大事ですが、条件が多過ぎると「少しでも不満があるとすぐに辞めそう」と思われる可能性があります。希望条件には優先順位をつけるのがポイント。すべての条件を満たす会社はほとんどないので、「絶対に譲れない条件」以外は妥協できる柔軟性も大事です。

流動性の高い業界は不利になりにくい傾向がある

たとえば、人材の流動性が高いIT業界では、20代で転職が二回目でも不利になることは少ないようです。IT業界は技術の進化が早いうえ、少子高齢化の影響で深刻な人材不足といわれています。エンジニアのような専門スキルのある人は、力試しやスキルアップのために転職するのが一般的。転職回数が多いからといって不利になることはないようです。また、有効求人倍率が高く、転職しやすいのもポイント。20代で転職が二回目なら、このような流動性の高い業界を選ぶのもおすすめです。

20代での転職二回目は30代以上に比べて不利になる可能性は低いですが、20代前半と後半では採用担当者の捉え方に少し違いがあることも。20代前半はスキルや経験がなくても採用されやすいのに対し、20代後半では前職での実績を問われるようになります。20代前半と後半の採用ポイントについては「20代でも転職できる?採用のポイントと若さのメリット」のコラムで解説しているので、ご参照ください。

30代で転職二回目ならキャリアアップを目指そう

30代で転職二回目の人は、今までの経験を活かし、さらにスキルを伸ばすのがおすすめ。前職の経験をさらに拡大して仕事の幅を広げたり、反対に担当業務を絞って専門スキルを高めたりするなど、今までの経験をベースにしたキャリアアップを目指すのが良いでしょう。

未経験の職種よりスキルを活かすのがおすすめ

30代では経験豊富な転職者がライバルとなるため、スキルや経験を活かせる職種を志望するのがおすすめです。前述のとおり、30代の未経験者を一から教育するのは会社側の負担が大きいと考える採用担当者は少なくありません。大卒の新卒入社なら、一つの会社で8年以上のキャリアを積んでいる人も。そのような人と比べられるのを踏まえて、自分を採用するメリットを会社にアピールする必要があります。
二回目の転職で異業種へ挑戦する場合は、前職での知識が活かせる仕事であれば採用される可能性も高まるでしょう。たとえば、自動車メーカーの企画職から自動車部品を扱う商社の営業職へ転職する場合、自動車に関する知識が豊富なところが、ほかの人にはないアピールになります。

30代になるとマネジメント経験を問われることが多い

30代の転職ではマネジメント経験の有無を問われることが多くなります。前述のとおり、30代は部下や後輩の育成を任される年代です。30代でマネジメント経験を積み、将来の幹部候補となるのを期待する会社が多いでしょう。
マネジメント経験がなくても、新入社員の教育担当になったり、プロジェクトリーダーになったりといった経験があればOK。また、特定分野のスペシャリストとして二回目の転職をするなら、スキルや知識が重要なのでマネジメント経験がなくても採用される可能性はあります。30代の転職事情については「30代業界未経験…それでも転職できる?」のコラムが参考になるでしょう。

転職二回目の人が成功するには

転職二回目の人が成功するには、退職理由やキャリアプランの伝え方はもちろん、転職活動を始める時期も重要です。この項では、二回目の転職を成功させるための4つのポイントを解説します。

1.面接では退職理由をポジティブに答える

前述のとおり、退職理由の本音はネガティブであっても、面接ではポジティブに答えるのが重要です。「転職二回目の履歴書や職務経歴書はどこを見られる?」の項で例として挙げたように「給料が安くて辞めた」が本音の場合、「仕事の実績に対し、適正な評価を受けたいと思った」と言い換えるのが良いでしょう。
さらに、前職の不満に対し、改善に向けて努力したエピソードを入れるのもおすすめ。また、退職理由は志望理由につながっていると「なぜ転職するのか」が伝わりやすくなります。

<退職理由の回答例>
仕事の実績に対し、適正な評価を受けたいと思ったのが退職の理由です。
私が所属する品質管理部門は、実績が見えにくいため評価が上がりにくいという課題がありました。
そこで私は、実績を数値化する仕組みを提案したり、上司との定期的な1on1をお願いしたりと努力しましたが、実務が多忙との理由で改善には至らなかったため、転職を決意いたしました。
評価制度や研修制度が充実し、人材育成に力を入れている御社の姿勢に共感し、志望いたします。

<解説>
課題解決に向けて、前向きに努力したとアピールしています。具体的に行動したものの、改善されなかったという退職理由は納得されやすいでしょう。
退職の原因となった課題が、今回の転職で改善されることが明らかなので、早期離職を懸念される可能性も低いといえます。

2.志望動機をキャリアプランに沿わせる

二回目の転職では、キャリアプランに沿った志望動機が有効です。将来の目標に向けて、「10年後はどうなっていたいか」「5年後はどうなっていたいか」を具体的にイメージし、その途中経過である今は何をすべきかを明確にします。それが転職の志望動機につながるでしょう。

<志望動機の回答例>
私の目標はITコンサルタントとして課題解決のスペシャリストになることです。
新卒で入社した会社では、エンジニアとして顧客が求めるシステムを構築する経験を積みました。
しかし、提案力をさらに高めたいと考え、顧客との関わりが深いベンチャー企業へ転職いたしました。この会社ではヒアリング能力を高めることができ、顧客と一緒になってより良いシステムを作る経験ができました。
このように顧客と深く関わった経験から、今度は顧客の経営課題を解決する仕事がしたいと考えるようになったため、転職を決意いたしました。御社が行っているインフラシステムなどの大きなプロジェクトでは、顧客との関係構築能力やヒアリング能力が活かせると考えております。

<解説>
将来の目標が明確であり、目標に向けてキャリアを積んでいるとアピールしているのがポイントです。一回目も二回目もキャリアプランに沿った転職なので、一貫性もあります。
今までの経験を活かしての転職なので、採用する側のメリットも伝わりやすいでしょう。

3.今の仕事を続けながら転職活動をする

転職先はすぐに見つかるとは限らないため、今の仕事を続けながら転職活動を始めるのがおすすめ。転職活動が長引き、無職期間ができてしまうとマイナス評価になる可能性もあるからです。また、無職期間が長引くと、焦って就職先を妥協してしまうことも考えられます。そのため、余裕を持って活動をするのが良いでしょう。「転職活動は、在職中の方がいいってホント?」のコラムで詳しく解説していますので、転職活動のスケジュールを立てる際の参考にしてください。

4.転職エージェントを活用する

二回目の転職ではエージェントを活用するのも良い方法です。転職エージェントは就活のプロ。数多くの転職者をサポートした実績があるため、悩みや疑問に対して有効なアドバイスがもらえます。
今の仕事を続けながら一人で転職活動をすると時間がかかってしまうことも。エージェントは希望に合った求人を探したり、面接の日程調整をしてくれたりと、さまざまなサポートをしてくれるため、効率的な転職活動が可能です。
エージェントを活用するメリットは、次の項で詳しく解説します。

二回目の転職はエージェントを活用しよう

二回目の転職は、一回目以上に企業研究や面接対策が重要になるため、エージェントを活用するのがおすすめです。退職理由や志望動機を考える際も、一人で考えるよりプロに相談したほうが精度が高くなるでしょう。

ミスマッチを防ぎやすい

転職エージェントで紹介する求人は、業務内容や社風を詳しく調べているため、ミスマッチを防ぎやすいのがメリットです。また、アドバイザーと一緒に自己分析をして客観的な意見をもらうのも、ミスマッチを防ぐポイント。自分では合っていると思っていても、客観的に見ると合っていない可能性もあるからです。
そのほか、募集要項だけでは分かりにくい「会社の文化」「社員の雰囲気」などをエージェントが教えてくれることも。詳しい情報を得ることで、二回目の転職を成功させられる可能性が高まるでしょう。

多種多様な求人に出合える

転職エージェントは多種多様なジャンルの求人情報を持っており、マーケットの動向にも詳しいといわれています。二回目の転職を成功させるためには、幅広い可能性を模索したいもの。一人で探せる求人には限界があるため、エージェントに紹介してもらって視野を広げるのが良いでしょう。
また、エージェントは非公開求人を持っている可能性があります。非公開求人は「良い人がいたら採用したい」という会社が利用するため、転職サイトなどには出ていない求人のこと。このように特別な求人情報をもらえるのも、転職エージェントの良いところです。

大手企業を狙える可能性もある

転職エージェントでは、大手企業の求人を紹介してくれる可能性もあります。前述の非公開求人を利用している会社には大手が多いといわれているため、一人で転職活動をするよりも大手企業の求人に出会える可能性が高まるでしょう。
大手企業は人気が高いため、二回目の転職で挑戦するには面接対策が重要です。転職エージェントのアドバイザーは人事担当者の注目ポイントや、過去に採用された人の傾向などを熟知しているため、効果的な面接対策ができるのもメリットといえます。

 

転職が二回目で不安を感じている人は、ハタラクティブに相談してみませんか?「また転職して大丈夫だろうか」「今度こそ自分に合った会社を選びたい」などの不安も、就活アドバイザーにご相談いただけます。ハタラクティブでは、独自に取材した情報をもとに求人をご紹介。実際に働いている人や会社の雰囲気を詳しく知ったうえでご紹介できるので、あなたに合った求人をご紹介できる可能性が高いでしょう。採用担当者とのやり取りは就活アドバイザーが担当しますので、今の仕事を続けながらの転職活動もしやすくなります。
サービスはすべて無料ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

20代での二回目の転職に関するQ&A

転職が二回目でも採用されるだろうかと不安や悩みがある方も多いはず。以下のQ&Aを参考に、転職活動の対策を練りましょう。
 

転職が何回目だと会社側の印象は悪いでしょうか?

一般的には三回目以上といわれています。特に20代で転職が三回目だと、早期離職の可能性が高いと判断されることもあるようです。ただし、高い専門スキルがあり、さらなるスキルアップを目指しての転職なら不利にならないことも。また、出産・育児などのやむを得ない事情は、不利になりにくいでしょう。詳しくは「転職3回目だと不利になる?採用への影響と効果的なアピール方法をご紹介」で解説していますので、ご覧ください。
 

面接で希望年収を聞かれたら?

採用条件とのミスマッチを回避するため、企業が求める回答を想定しましょう。希望だからと高い金額を答えると「条件が合わない」と採用を見送られる可能性もあります。また、会社側が希望年収を聞くのは「正しい自己評価ができるか」を判断する意図も。高い要求をすると、入社後に会社から求められるスキルも高くなるでしょう。「転職の面接はどんな質問をされる?」では面接での答え方を解説していますので、参考にしてください。
 

転職を繰り返すとどうなりますか?

二回目くらいは問題ないですが、三回目、四回目と繰り返すと転職が難しくなります。「また辞めそう」と思われるだけでなく、短期間で仕事を変えるので十分なスキルが身についていないと判断されることも。「転職を繰り返す…その先にある大きなリスクとは?」を読んで、転職を繰り返すリスクを知っておきましょう。
 

一年以内に二回目の転職は不利ですか?

キャリアに一貫性があり、明確な転職理由があれば問題ないでしょう。会社は実際に働いてみないと分からない側面もあり、「この会社ではスキルアップができない」と気づいたとき、すぐに行動できるのは悪いことではありません。反対に、未経験職種への転職だと「何がしたいのか分からない」と思われる可能性があります。「入社後短期間で転職…面接で不利にならない条件とは」のコラムを参考にして、転職したい理由を考えてみましょう。 キャリアプランを自分で考えるのが難しいなら、ハタラクティブに相談してみませんか?プロの就活アドバイザーに意見をもらうことで、なりたい将来像が明確になるでしょう。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ