転職2回目は不利?20代・30代が求職活動を成功させるコツ!

転職2回目は不利?20代・30代が求職活動を成功させるコツ!の画像

この記事のまとめ

  • 転職2回目の20代は許容範囲とされるものの、早期離職の懸念を払拭する必要がある
  • 30代以降で2回目の転職をする場合は、前職での経験や実績が問われる
  • 転職2回目の30代は、今あるスキルを伸ばしてキャリアアップを目指すのがおすすめ
  • 退職理由で前職の不平不満を述べるのは避け、前向きな姿勢をアピールする
  • 2回目の転職ではエージェントを利用して、幅広く求人を探すのが成功のポイント

2回目の転職を検討しているものの、「回数が多いと採用に響くのでは…」と不安に思う20代・30代の方もいるでしょう。実際のところ、2回目の転職は多いと考える企業もあり、1回目以上に退職理由や志望動機の具体的な説明が求められます。このコラムでは、2回目の転職事情や転職が厳しい人の特徴をまとめました。2回目という回数が転職で不利にならないか心配な方は、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

2回目の転職は不利になる?

2回目の転職は不利になる?の画像

少子高齢化の影響により若手を採用したい会社が増えているため、転職が2回目でも採用で不利になる可能性は低いでしょう。前職を退職した理由をきちんと説明し、「今度は長期的に働きたい」という意欲をアピールできれば転職回数は問題ありません。ただ、企業によって2回以上は多いと考える場合も。転職回数に対してシビアな会社に応募する場合は、経験の多さを逆手に取ってアピールする工夫が必要です。

20代で2回目の転職なら問題なし

20代の場合、若者特有の柔軟性やポテンシャルが評価されやすいため、転職2回目でもそれほど心配しなくて大丈夫です。しかし、20代で転職回数が3回以上になるのは要注意。早期離職を繰り返した場合、「すぐに辞めそう」というマイナスイメージを与えるリスクがあるからです。20代で転職回数が3回を超えることのないように、2回目の転職では長く働けそうな会社を見つけましょう。

第二新卒の転職はどうなる?

第二新卒の場合、一度新卒として入社した会社を短期間で離職しています。そのため、2回目の転職を行う際は、「早期離職をしそうなイメージ」を払拭することが大切です。「第二新卒のための転職成功の秘訣」では、第二新卒向けの転職活動のコツや失敗例を解説。2回目の転職を成功させるヒントが見つかるはずです。

30代で2回目の転職も許容範囲内だが注意は必要

30代で転職2回目の場合も許容範囲内といえますが、20代に比べてスキルや経験が問われる傾向があるため注意は必要でしょう。厚生労働省の「令和2年転職者実態調査の概況」によると、転職者を採用した理由(複数回答)の結果は以下のとおりでした。

採用した理由 管理的な仕事 専門的・技術的な仕事 事務的な仕事
経験を活かし即戦力になるから 62.3% 66.1% 42%
専門知識・能力があるから 40.7% 52.7% 17.5%
離職者の補充のため 28% 44.6% 58.5%

引用:厚生労働省の「令和2年転職者実態調査の概況(p.8)

上記は調査結果の一部のためすべての職種に当てはまるわけではありませんが、仕事に活かせる経験や専門的な知識や能力を重視する会社は多いのが現実。30代になると、20代よりもさらに即戦力になることを期待され、2回目の転職で未経験職種への挑戦は難しくなるでしょう。また、30代を一から教育するのは会社にとって負担だと考える採用担当者も少なくありません。30代で2回目の転職をするのなら、前職で培ったスキルをさらに伸ばし、キャリアアップを目指すのがおすすめです。

転職が不利になるのは回数ではなく年齢

転職をする場合、回数ではなく年齢によって離職・入職率が変化していくことを覚えておきましょう。厚生労働省の「令和2年雇用動向調査」によると、24歳以下は離職率より入職率のほうが高い傾向があります。しかし、25歳以降になると、離職率が入職率と同率程度、またはそれを下回るように。そのため、2回目の転職を行うなら、できるだけ入職率の高い年齢が若いうちに行うのが得策です。
具体的に、何歳くらいまで転職が不利にならないのかを知りたい方は、「業界未経験からの転職は何歳が壁?企業がそれぞれの年齢に求めているものは」をチェックしてみてください。

参照元
厚生労働省
令和2年転職者実態調査の概況
令和2年雇用動向調査結果の概要

2回目の転職が厳しい人の4つの特徴とは?

2回目の転職が厳しい人の4つの特徴とは?の画像

転職2回目の人が採用で懸念されるのは転職回数の多さです。「入社してもすぐに辞めそう」という印象を払拭できなければ、内定獲得にはつながりません。ここでは、転職2回目で早期離職を懸念されやすい人の特徴を紹介するので、自分に当てはまっていないか振り返りをしてみてください。

1.勢いだけで転職の動機が曖昧

なんとなく会社を辞めてしまい、勢いだけで転職を進めようとしてもうまくいきません。2回目の転職理由や動機が曖昧だと、「またすぐに辞めそう」と早期離職を懸念される場合があります。退職のきっかけは曖昧でも、転職理由を説明するときは「入社後に何を実現したいのか」をはっきり述べるようにしましょう。

2.譲れない条件が多い

譲れない条件が多過ぎると、「理想が高過ぎて入社してもうまくいかなさそう」と思われる可能性があります。「定時に帰りたい」「給料は50万円以上が良い」といった、自分の努力次第で目指せることや能力に見合わない条件は外すのがポイント。2回目の転職では、「絶対に譲れない条件」以外は妥協する柔軟性も大事です。

3.企業研究が不十分

企業研究が不十分なままで面接を受けても、採用担当者に見破られてしまいます。採用担当者は面接のプロ。企業についての理解が足りていなければ、「志望度が低い」と思われるだけでなく、採用担当者を納得させる回答を用意できないでしょう。企業理念や社風、業界での立ち位置などを詳しく調べて、「競合他社ではなくその会社を選んだ理由」を明確にすることが大切です。

4.短いスパンで転職を繰り返している

「入社して1週間で辞めてしまった」「3ヶ月続けたけど仕事が合わなかった」のように、短い間隔で転職を繰り返す場合、「忍耐力がない」と捉えられる恐れがあります。まして、転職が2回目の人は「3回目もあり得る」と懸念されがち。それを払拭するためには、過去の失敗を振り返り、「なぜうまくいかなかったのか」「失敗から何を学んだか」をきちんと伝えるようにしてください。過去を振り返る方法は、このコラムの「2回目の転職を成功させる3つのポイント」や、「転職がうまくいかない原因を解説!要点を押さえて希望を叶えよう」で解説しています。

2回目の転職でキャリアアップするコツ

2回目の転職でキャリアアップするコツの画像

2回目の転職でキャリアアップを目指す場合は、即戦力となる経験やスキルをアピールするのがポイント。今あるスキルを活かして仕事の幅を広げたり、担当業務を絞って専門スキルを高めたりするなど、今までの経験をベースにしたキャリア形成を試みましょう

20代後半からマネジメント経験が強みになる

20代後半から2回目の転職を行うなら、マネジメント経験が強みになります。人によっては、転職先で管理職候補になることを期待されるでしょう。マネジメント業務に携わったことがない場合は、新入社員の教育担当やプロジェクトリーダーなどの経験をアピールするのがおすすめ。転職後にマネジメントに挑戦すれば、キャリアアップにつながるはずです。

30代以降は未経験の仕事より同業種でスキルを活かす

転職2回目の30代は、今までの経験を活かし、さらにスキルが伸ばせる同業種を選ぶのがポイントです。異業種で未経験の仕事を選ぶ場合、一からスキルを身につけなくてはならないことも。同業種であれば、入社後から即戦力になれる可能性があるため、会社側もポジションを用意しやすいでしょう。

異業種への転職でも前職のスキルを活かせる場合がある!

30代以降の転職でも、前職でのスキルを活かせる仕事であれば異業種でも採用される可能性があります。たとえば、ホテルの案内係から介護職員へ転職する場合、前職で培ったコミュニケーションスキルを活かすことが可能です。30代以降に未経験業界へ転職する方法は、「30代業界未経験…それでも転職できる?」のコラムで詳しく解説しています。

2回目の転職に失敗しないタイミングとは?

2回目の転職に挑戦する場合、「デメリットよりメリットが上回っているか」「自分の努力次第で状況が改善しないか」などからタイミングを見極めるようにしてください。入社後に「思っていたのと違った」と後悔しないよう、以下を確認しておきましょう。

デメリットよりメリットが上回っているとき

2回目の転職におすすめなタイミングは、「希望の職種に就ける」「キャリアアップできる」「職場環境が良い」などの転職するメリットが、デメリットを上回っていると感じたときです。メリットはすぐに思いつくかもしれませんが、デメリットは意外と見えづらいもの。転職するデメリットは以下を参考にしましょう。

2回目の転職をするデメリット

・給料が一時的に下がる可能性がある
・即戦力になるにはスキルや実績が求められる
・未経験の仕事は一から仕事を覚える必要がある
・数ヶ月以内に退職している場合は早期離職を不安視される
・2回目に失敗して3回目になると、転職はより厳しくなる
・すぐに転職先が見つかなければ長期戦になる
・年齢が上がるにつれて採用のハードルが高くなる

2回目の転職で「前職よりも高い給料が欲しい」という人は多いはず。ただ、給料は入社後の活躍次第と定めていたり、研修期間として数ヶ月間は低めに設定していたりする会社が多く、一時的に収入がダウンすることがあります。また、2回目の転職に失敗して3回目になると、「転職回数が多い」と判断され採用されにくくなることも。転職のデメリットを考えたうえで、「本当に今転職が必要かどうか考えてみること」が大切です。

転職するメリット・デメリットについては、「転職するメリット・デメリットとは?エージェントを使う利点も解説」で詳しくまとめているので、2回目の転職の必要性を考える参考にしてみてください。

転職に失敗して自分の努力で状況が改善しないとき

「ブラック企業に入社してしまった」「上司や同僚からのパワハラが改善しない」など、自分の努力で状況が改善する見込みがないときも、転職を決めるタイミングです。反対に、「ミスや失敗で辛かったけど、慣れれば活躍できそう」「今頑張れば将来キャリアアップが見込める」という場合は、転職すべきタイミングではありません。努力次第で状況を変えられる場合は、今すぐ転職を決めなくても良いでしょう。
今の職場がブラック企業かどうか知りたい方は、「ブラック企業の特徴は?見極めて回避するのは可能?」をご参照ください。

転職2回目の履歴書や職務経歴書はどこを見られる?

転職2回目の履歴書や職務経歴書はどこを見られる?の画像

2回目の転職では、履歴書や職務経歴書の書き方次第で、書類選考を落とされてしまう可能性があります。履歴書や職務経歴書でライバルとの差別化を図り、効果的にアピールする工夫が大事です。自分の履歴書・職務経歴書を振り返り、以下の項目がきちんと盛り込まれているか確認してみましょう。

仕事に対する考え方や人柄

2回目の転職では、退職理由から仕事への考え方や人柄を判断されます。退職理由が前職に対する不平不満だと、「何かあればすぐに辞めそうな人」と思われる可能性も。前向きな人柄や努力する姿勢が伝わる内容にするのがポイントです。後述する「退職理由はポジティブな内容にする」で退職理由の伝え方のコツを詳しく解説しています。

早期離職の懸念がないこと

転職が2回目の場合、前職の勤続年数を気にする採用担当者もいます。前職を短期間で退職している人は、入社後に早期離職の懸念があるからです。前職の勤続年数が極端に短い場合、職務経歴書に退職理由を明記しておくのがポイント。「異動を願い出たが叶わなかったため退職」のように、やむを得ない事情であることを伝えれば大きな懸念にはなりません。

就業意欲(無職期間がある場合)

2回目の転職までに無職期間がある人は、「働く意欲が低いのでは」と思われ、選考で不利になる可能性があります。無職になった理由と空白期間に何をしていたのかを説明して、就業意欲につなげましょう。「空白期間が半年から1年以上あると転職に不利?履歴書にはこう書く!」では、空白期間をアピールにつなげる方法や履歴書の書き方をご紹介しています。また、職務経歴書の書き方は「転職するなら職務経歴書の記載方法をマスターしよう!」を、参考にしてください。

転職2回目の面接は退職理由と志望動機がカギ

転職2回目の面接は退職理由と志望動機がカギの画像

2回目の転職では面接対策として退職理由と志望動機の回答を用意しておくことが重要です。特に、20代で転職2回目の場合、早期離職の懸念を払拭できるような回答を用意しておくと良いでしょう。

退職理由はポジティブな内容にする

退職理由はポジティブに説明するのがポイントです。たとえば、「給料が安かったので辞めた」という本音をそのまま伝えては、「仕事を給料でしか見ていない」とマイナスの印象を与えかねません。しかし、「仕事の実績に対し適切な評価を受けたかった」とポジティブに言い換えれば、「結果にコミットする人」と高印象を与えられるでしょう。

退職理由の回答例

「仕事の実績に対して、適正な評価を受けたいと思ったのが退職の理由です。私が所属する品質管理部門は、仕事の評価が分かりにくく、成果を実感できないという課題がありました。そこで私は、実績を数値化する仕組みを提案したり、上司との定期的な1on1をお願いしたりしましたが、残念ながら改善が見込めませんでした。評価制度や研修制度が充実し、社員一人ひとりのモチベーションが高い貴社だからこそ、自分の力を発揮できると考えています。」

退職理由を伝えるときは、今までの努力や応募先企業を選んだ理由を盛り込むと効果的です。回答例では、課題解決に向けて前向きに努力したことをアピールしています。「具体的に行動したものの改善されなかった」という退職理由は納得されやすいでしょう。退職理由を好印象に言い換えるコツは、「転職理由は「人間関係」と答えても良い?伝え方のコツを例文付きで解説」をご参照ください。

志望動機はキャリアプランに沿わせる

2回目の転職では、キャリアプランに沿った志望動機にすると意欲が伝わります。採用担当者は志望動機から入社に対する熱意や意欲を判断する傾向に。キャリアプランをしっかり伝えることで志望度の高さをアピールできます。転職回数が多い人は、「5年後・10年後はどうなっていたいか」を具体的にイメージし、そのために何をすべきかを明確にしてみましょう。

志望動機の回答例

「○○事業で活躍するITコンサルタントの仕事を目の当たりにし、感銘を受けたのが貴社を志望するきっかけです。しかし、私にはスキルがまったくなかったので、まずは新卒入社した会社でエンジニアとして経験を積みました。その次は、顧客との関わりが深いベンチャー企業へ入社し、顧客と一緒になってシステムを作る経験を積みました。次のステップとして、経営課題や社会課題を解決するスペシャリストを目指すべく、貴社への転職を決意いたしました。」

志望動機に盛り込むキャリアプランには、一貫性をもたせることが大切です。回答例では、1回目も2回目もスキルアップのための転職をしており、一貫性があります。今までの経験を活かした転職なので、採用する側が早期離職を懸念することはないでしょう。志望動機の考え方について詳しく知りたい方は、「志望動機の作り方を解説!好印象な回答をするポイントとは」を参考にしてみてください。

2回目の転職を成功させる3つのポイント

2回目の転職を成功させる3つのポイントの画像

2回目の転職を成功させるには、振り返りや情報収集、進め方も重要です。この項では、2回目の転職を成功させるためのポイントを3つご紹介します。

1.新卒入社や1回目の転職に関する振り返りをする

転職が2回目の人は、新卒入社や1回目の転職についての振り返りを行いましょう。2回目以降の転職では「本質的な原因は本人にあるのでは」と懸念を抱かれがち。そのため、過去の振り返りを行い、失敗の原因を洗い出しておくことが大切。「失敗を認めつつ、改善していく意思があること」をアピールしましょう。

過去の振り返りを行うコツ

新卒入社や1回目の転職に関する振り返りを行う際は、「前職での不満は何だったか」「良かった点はあったか」を考えるのが有効です。ほかにも、転職での失敗例を参考に、自分の状況と照らし合わせる方法もあります。「転職のありがち失敗例と成功する人のポイントとは」では、転職でありがちな失敗例をご紹介しているので、参考にしてみてください。

2.情報収集を徹底して早期離職を防ぐ

応募先を選ぶときは、求人を出している企業や業種、職種について徹底的に調べましょう。
2回目の転職で同業種・同職種を選べば、前職の経験を活かせます。ただ、スタートアップ企業を選ぶなら慎重に行うのがおすすめ。スタートアップ企業は一人ひとりの裁量権が大きく実力を伸ばしやすい面もありますが、「組織が未完成」「人数が少ない」といった理由から雑務が多く、本来の仕事ができないことも。また、入社後しばらくして目指していたポジションがなくなったり、評価制度が変わったりすることもあるので、転職する際は注意しましょう。

3.今の仕事を続けながら転職活動をする

転職先がすぐに見つかるとは限らないため、できるだけ在職中に転職活動をするのがポイントです。特に、2回目の転職で未経験職種や大企業に挑戦する場合、転職活動が長引く可能性があります。退職後に転職活動をスタートさせると、収入が途絶えて焦ってしまったり、転職先が決まらずにブランク期間ができてしまったりすることも。仕事と両立させるのは一定の大変さがあるものの、転職先を決めてから退職したほうが精神的・経済的に余裕を持てるでしょう。

すぐに転職活動をしないほうが良いときもある

2回目の転職活動をする前に、今の会社に留まってスキルアップを目指す手もあります。自分では「今の会社でやれることはやった」「十分なスキルを身につけた」と思っていても、転職市場では経験不足・スキル不足と判断される場合も。異動や配置転換によってスキルを磨けることもあるので、まずは上司に相談してみましょう。

2回目の転職でエージェントを活用する3つのメリット

2回目の転職でエージェントを活用する3つのメリットの画像

2回目の転職は、1回目以上に慎重な応募先選びや面接対策が重要になるため、エージェントを活用してみるのがおすすめ。転職エージェントを利用すれば、求人探しや面接の日程調整など、さまざまなサポートをしてもらえるため、効率的な転職活動が可能です。活用するメリットには以下のような内容があるので、2回目の転職が不安な方はチェックしてみてください。

1.入社後のミスマッチを防ぎやすい

転職エージェントで紹介する求人は、業務内容や社風を詳しく調べているため、入社後のミスマッチを防ぎやすいのがメリットです。募集要項だけでは分かりにくい「会社の文化」「社員の雰囲気」などをエージェントから教えてもらえます。2回目の転職で早期離職を避けるためにも、プロの力を借りるのが良いでしょう。

プロの視点で転職先を選んでもらえる

転職エージェントは、カウンセリングによって一人ひとりの希望を聞いたうえで、求人を紹介します。自分の想定とは違っても、プロの目から見て合いそうな会社もあるので、ぜひ相談してみてください。

2.非公開求人があり多種多様な求人に出会える

転職エージェントは非公開求人を扱っている場合があります。非公開求人は「良い人がいたら採用したい」という会社が利用する、転職サイトなどには掲載されていない求人のこと。このような特別な求人情報をもらえるのも、転職エージェントのメリットです。
2回目の転職を成功させるには、幅広く求人を探して優良な案件に出会う確率を高めることが大切。1人で探せる求人には限界があるため、転職エージェントを利用して視野を広げましょう

3.大手企業を狙える可能性もある

転職エージェントでは多種多様な求人を扱っているため、大手企業の求人に出会える可能性が高まります。大手企業は人気が高いため、2回目の転職で挑戦するにはそれなりの対策が必要。転職エージェントのアドバイザーは採用担当者が重視するポイントや、過去に採用された人の傾向などを熟知しているため、効果的な対策方法を教えてくれるはずです。

転職エージェントに興味のある方は、「転職エージェントの効果的な使い方とは?登録から内定までを徹底解説」のコラムで使い方や登録の仕方を確認しましょう。

「2回目の転職がうまくいかない」「転職エージェントでプロのサポートを受けてみたい」という方は、転職支援サービスを提供するハタラクティブへご相談ください。ハタラクティブでは、専任のアドバイザーがマンツーマンで、応募書類の添削や面接対策などのサポートを実施しています。一人での転職活動は、何かと不安がつきもの。ハタラクティブでは、求職者の疑問や不安を丁寧に解消するので、安心して転職活動を進められます。サービスはすべて無料なので、お気軽にお問い合わせください。

2回目の転職に関するお悩みを解消するQ&A

2回目の転職は難しいというイメージを持つ人もいるでしょう。ここでは、2回目の転職に関するお悩みをQ&A方式で解消します。

30代で転職2回目を成功させるには?

今あるスキルを活かして同職種へ転職するのがおすすめです。30代は即戦力を求められるため、未経験職種への転職は難しい場合があります。今あるスキルを伸ばし、さらに新しい経験ができる仕事を選びましょう。30代で未経験職種へ転職するリスクについてご紹介するコラム「30代・未経験の転職は厳しい?成功のコツとこれから目指せる職種をご紹介」もあわせてご覧ください。

転職しやすい業界はありますか?

人手不足のIT業界や介護業界などが転職しやすいといわれています。また、若手を必要としている建築や運送などの業界もおすすめです。このような業界では、入社後の教育体制が整っている会社が多いため、未経験でも採用される可能性があります。転職しやすい業界については「未経験での転職におすすめの業界をご紹介!20代や職種別にも解説」のコラムも参考にしてください。

転職回数が多いと印象が悪いですか?

実力主義の仕事なら転職回数が多くても不利になりにくいでしょう。特に、IT系やクリエイティブ系の仕事では、力試しで転職する人が多いといわれています。また、転職理由に一貫性があれば、回数は重視しない企業もあるようです。詳しくは「転職回数が多いと、転職が難しくなる?」のコラムをご覧ください。

2回目の転職ではどんな志望動機が良い?

志望動機では、熱意と会社との相性の良さを伝えるのがコツです。準備として、自己分析と企業研究を徹底して「入社後に活かせる強み」や「会社が求める人物像」などを明確にしておきましょう。詳しくは「転職の志望動機はどう伝える?例文を紹介します!」のコラムで解説しています。志望動機がなかなか思い浮かばない人は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。アドバイザーと一緒に効果的な志望動機を作成しましょう。

関連タグ