ニート期間半年でも就職できる?空白期間の回答例

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニート期間半年でも就職できる?空白期間の回答例

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・基本的には、半年程度であれば無職期間があっても問題なく就職できる
    ・社会人経験があっても、転職先を決めずに退職した、金銭的なゆとりがある、ストレスフリーな生活が居心地良くなってしまった、などの理由からニートになってしまう人はいる
    ・空白期間については必ず問われるので、質問の意図を把握し、事実を工夫して伝えよう
    ・効率の良い就活をするには、興味のない業界についても調べて応募対象を増やし、就職支援機関を活用する

会社を退職してから数ヵ月…転職活動をしているものの、上手くいかず焦りを感じていませんか?
ニート期間が長いと就職に不利になると言われていますが、その期間はどの程度が目安になるのでしょうか。退職してからニートになってしまう理由や、面接で空白期間を問われたときの対処法なども一緒にご覧ください。

◆半年以上の無職期間は危ない?

退職後、すぐに転職活動をはじめる人もいれば、少し休んでから取り組もうと考える人もいるのではないでしょうか。
この時、転職活動が長引いてしまったり、長く休みすぎたりしてしまうと、あっという間に数ヵ月、半年、1年…と時間が経過してしまいます。
無職期間が長いほど就職は難しくなりますから、後になって焦らないよう早めの行動が不可欠です。
基本的に問題なく就職できるとされる目安は、どの程度の期間までなのか確認しておきましょう。

内定をもらうまでの目安は、退職してから半年以内。
転職にかかる平均期間は3~6ヵ月程度と言われており、半年程度の無職期間であれば企業側も「就職活動をしていた」と理解してくれる傾向にあるからです。
ただし、半年以上のブランクになると「働く意欲がないのでは?」と捉えられやすく、急速に就職できる道が狭まっていきます。

無職になって半年経った時点から就活をはじめても間に合いそう、と思うかもしれませんが、前述の通り転職先が決定するまでの平均期間は3~6ヵ月。無職期間が長引き、マイナスイメージばかりが強くなってしまいます。
退職してから数週間以内、遅くても退職後3ヵ月時点には転職活動をはじめた方が良いでしょう。


◆会社員がニートになるパターン

ニートというと、社会人経験がない人のイメージが強いかもしれません。
しかし、実際には会社員を経験している人でも、退職後、転職活動期間を経て本格的なニート生活を送ってしまう人もいます。
これまで一般的な暮らしをしていた人でもニート生活に馴染んでしまうのはなぜなのか、よくある理由をご紹介します。

【転職先を決めずに会社を辞めた】

退職をするなら転職先を決めてからが定石とはいえ、状況によってはそれができないこともあるでしょう。
退職してから内定が出るまでは、毎日ハローワークに通ったりインターネットや雑誌で求人を探したりするのが基本ですが、それほど新鮮な情報が得られず、徐々に数日置き、1週間に1度、2~3週間に1度…と就活の頻度が下がってしまうことがあるようです。
特に年齢が若いと「まだまだ需要はある」という意識が働き、危機感を抱いて生活を送ることは少なめ。
時折就職活動をしている分、「ニート生活を続けてしまっている」という自覚は薄れやすいかもしれません。

【退職金があるからと転職活動を先延ばしにしていた】

会社員を経験していればそれなりの貯蓄はあり、退職金も出るため金銭的な余裕があります。
「しばらく休息をとってから就活しよう」とのんびり構えてしまう人もいるでしょう。
あらかじめきちんと休息期間を決めておけば、メリハリをつけてすぐに就活に踏み出せますが、無計画に過ごしてしまうと就職活動に踏み出すタイミングを見逃し、ニート暮らしを続けてしまうことになります。
時間的な余裕もありますから、たとえ就活をはじめようと思っても「明日やっても間に合う」と行動を先延ばしにしてしまう人もいるようです。

【会社にいかない生活が快適でやめられなくなった】

残業、人間関係、業務内容…何かしら大きな不満を抱えての退職だった場合、ストレスフリーな生活を送れる無職期間は快適に感じるでしょう。
特に心労が激しければ、何も考えずに済む日々は尊いものになるかもしれません。
就活をはじめる気にならなくなってしまったり、就活をして志望企業を見つけても応募まで踏み切れなかったりするケースもあるのではないでしょうか。


◆空白期間について聞かれた時の答え方

無職期間があれば、その期間によらず空白期間に何をしていたのか、どうしてブランクができたのかを問われます。
なぜ企業はこのような質問をするのでしょうか。どのような回答が好印象を与えるのか、一例とともにご紹介します。

【質問する企業の意図】

企業が知りたいのは、仕事に対して意欲があるのかどうか。
一般的に見ると「仕事への意欲が高ければすぐに就職先を見つけるはず」というイメージが強いでしょう。
また、空白期間に取り組んだ内容も同時に知ることで、どのような人物かを見定めることができます。
向上心があれば無職期間であっても何かしら自分のプラスになる取り組みをする可能性が高いと捉えられるからです。

【一般的な回答例】

どの質問でも嘘の申告をするのは絶対に避けるべきですが、事実を工夫して伝えることで印象を良くすることができます。
この質問に関しても、前向きな姿勢で日々を過ごしていたことを伝えるのがベター。
「無職期間に本当になにもしていなかった」という人以外は、自分が送ってきた生活に当てはめて示すことができるはずです。
たとえば、「資格や気になる分野についての勉強をしていた」「ボランティアを通してさまざまな価値観を学んでいた」など、将来のことを考えてどのような行動をしていたのか伝えてください。

【何もしていなかった人の回答例】

前述のような将来に対する何らかのアクションをしたことがなく、無職期間をただのんびり過ごしてしまった人もいるでしょう。
そんな人は、「自分に向いている仕事について考えていた」という内容がおすすめ。
これまでのキャリアと照らし合わせて、本当は自分が何をしたいのか?何ができるのか?自分と向き合い、知っていくための時間だったと伝えましょう。
実際に、キャリアに関する内容や心理学といった人間関係に役立つ本を読んでおけば説得力が増すのではないでしょうか。


◆効率的に就職を成功させるには

無職期間を長引かせないためには、効率よく就活を行い早期就職を目指すのが鉄則。
ここでは効果的な就活方法についてまとめました。

【知らなかった業界を調べる】

自分が興味のある業界・職種、または就職の前提条件としてよく挙がるような、大手企業、優良企業、給与が多い会社、残業が少ない会社などから志望企業を探していると、なかなか内定は決まりません。
効率よく就活するには、まず応募先の候補を増やすのがコツ。
その中から自分にマッチするかどうかを検討し、応募していくのがおすすめです。
「興味がない」と避けるのではなく、どんな業界・企業・職種でも詳しく調べてみましょう。
もしその業界や企業に本当に興味を抱けなくても、深く調べたことでそれに関連する別の情報を得ることができ、選択肢が広がる可能性があります。

【公的な支援機関を活用する】

退職してからの期間が短いと一人で簡単に就職先が見つかると思うかもしれません。
それでも、新卒の就活と違ってサポートや協力しあえる仲間がいないため、一人での就職活動は不安を抱きやすいもの。
公的な就職支援機関を利用すれば、悩みをその都度相談できますし、求人の情報も簡単に得ることができます。
ハロワークやジョブカフェなど、それぞれの地域にある支援機関を積極的に活用してください。

【就職エージェントを活用する】

地域や志望している職種によっては民間の就職エージェントも活用してみましょう。
就職エージェントは、各社が選別した優良企業を紹介していることが特長。拠点はハローワークなどの公的支援機関よりも少ないものの、非公開求人を紹介してもらえたり、専任の担当者がついてくれたりという強みがあります。

ハタラクティブは第二新卒やフリーターなど、比較的社会人経験が浅い人を対象にサービスを提供しているエージェント。
転職経験がない方、一人での就活に不安を抱いている方はぜひ一度ご相談ください。




関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ