ニートからプログラマーへの就職は可能?必要なスキルの取得方法を解説!

ニートからプログラマーへの就職は可能?必要なスキルの取得方法を解説!の画像

この記事のまとめ

  • プログラマーは需要が高い職業のため、ニートからの就職は可能
  • あらゆる分野でIT化が進んでいるので、プログラマーの将来性は高い
  • ニートからプログラマーに就職するには、スクールや独学でスキルを学ぶのがおすすめ
  • ニートからプログラマーへの就職を叶えるには、選考で熱意を示すことが大切

ニートから就職を目指したいと考えている方の中には、「プログラマーを目指せる?」と不安に感じる方もいるでしょう。プログラマーは人手不足のため、経歴よりも熱意を重視される傾向にあります。このコラムでは、プログラマーの将来性やプログラミングの学習方法、就職活動を成功させる方法などをご紹介。ニートからプログラマーへの就職を目指しているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

ニートからプログラマーを目指すことは可能!

ニートからプログラマーを目指すことは可能!の画像

ニートからプログラマーを目指すことは可能です。プログラマーは、IT業界全体を通して人手不足な傾向にあります。また、近年、あらゆる分野でIT化が進行しているため、業務未経験でも採用される可能性は高いといえるでしょう。
最近では一般の人でもプログラミングを用いてWebサイトを作成するなど、プログラマーへの敷居も低くなっています。プログラミングに必要なスキルが身についていれば、経歴よりも将来性を重視されて、採用される可能性が高まるでしょう。

プログラマーに必要なスキル

プログラマーの仕事は、一人で作業することが多いため、黙々と業務に取り組みたい方におすすめです。とはいえ、チームでプログラムを構築したり、同僚や先輩と打ち合わせをしたりと、コミュニケーションが求められるシーンもあります。全く会話をしなくて良いという訳ではなく、周囲の人々と協調して業務に取り組むことが大切です。

IT業界の求人動向は激しく変化する傾向にあるため、「プログラマーとして活躍したい!」と決心したら早めの行動を心掛けましょう。「プログラマーを未経験で目指すのは厳しい?きついのは本当?求人の探し方」のコラムでも、プログラマーの就職難易度を解説しているので、参考にしてみてください。

未経験OK多数!求人を見てみる

ニートから目指すプログラマーの将来性

この項では、業界の将来性や、プログラマーとしてどのようなキャリアを描けるかを解説しています。就職後のビジョンを明らかにするための参考にしてみてください。

業界の発展には今後も期待できる

あらゆる分野でIT化が進んでいることから業界全体で成長しており、各企業も事業の拡大に注力しているようです。最近では、経験のあるプログラマーを集めるのではなく、未経験者を育てるという方針に転換する企業も増えています。そのため、研修制度を取り入れているところも多く、業界未経験のニートの方も、働きながら専門的なスキルを磨くことが可能です。
また、前述した通り、プログラマーは人手不足にあるのが現状。人材を確保するため、プログラマーが働きやすい環境を整える企業も増えていると考えられます。プログラマーの需要は年々上昇しているので、将来性はあるといえるでしょう。

スキル次第でキャリアアップや独立を叶えられる

プログラマーとしてキャリアを積めば、その道を極めたり、システムエンジニアやプロジェクトマネージャーに転身したりすることも可能です。手に職がつけられるので、ゆくゆくはフリーランスのエンジニアとして活躍できる可能性もあるでしょう。
また、プログラマーの人手不足という課題から、プログラミングを教えられる人が少ないという現状も考えられます。プログラマーは教える側としての仕事も増えているため、業務の幅は拡大しているといえるでしょう。専門性と付加価値の高いプログラムを組めるスキルを身につけることで、変動するIT業界でプログラマーとして活躍する道が拓けます。

プログラマーの将来性は、「未経験や第二新卒でもプログラマーになれる?仕事内容や就職のコツを紹介」でも解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

ニートがプログラミングスキルを学習する方法

未経験のニートからプログラマーを目指すには、プログラミングについての基本的な知識が必要となります。下記にプログラミングの学習方法についてまとめたので、これから学ぶという方は参考にしてみてください。

プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールに通えば時間は掛かりますが、着実にプログラミングに関する知識を身につけられます。プログラミングスクールによっては、学習をしながらプログラマーになるための就職サポートを行ってくれるところも。夜間や土日に対応しているスクールも多いので、自分のライフスタイルに合わせて通うことが可能です。対面のため、分からないことがあったらすぐに質問できるのもスクールのメリットといえるでしょう。

書籍やネットサービスなどを使って独学する

プログラミングに関する書籍は多数発行されているので、独学でスキルを身につける方法もあります。また、無料でプログラミングを学習できるWebサイトも充実しており、空き時間を活かして効率的な学習が可能です。インターネットと書籍を組み合わせて学習すれば、より知識の幅を広げられるでしょう。

プログラミングは、自分に合った学習方法で進めれば効果的に習得できます。期間と目標を具体的に定め、やるべきことを明確にして学習に取り組みましょう。また、IT業界では、テクノロジーに関する最新の情報やスキルを保持し続けることが大切です。常に学習する姿勢を心掛け、自分の生活や性格に合った方法でプログラミング技術を身につけましょう。
プログラマーは未経験から転職できる!志望動機のコツと成功のポイント」のコラムでは、未経験者におすすめのプログラミング言語を紹介しているので、あわせてご覧ください。

ニートからプログラマーになるには

ニートからプログラマーになるために大切なポイントは、「熱意をアピールする」ことと「さまざまなサービスを利用して仕事探しをする」ことです。以下で紹介しているので、就職活動にお役立てください。

仕事への熱意をアピールする

ニートからプログラマーを目指す際は、就活で熱意をアピールしましょう。プログラマーの仕事は必須となる資格がないので、業務に対するやる気や熱意が重要視されます。未経験からプログラマーを目指している方は、実際に動作可能なアプリケーションを制作して経験値を積むようにしましょう。手を動かしてプログラミングに触れることで、言語についての知識や理解を深められます。
また、求人に応募する際は、作ったものをポートフォリオにまとめ、採用担当者へアピールしましょう。ポートフォリオには、作品づくりの経緯や使用した言語、作成においてこだわった部分などを簡潔に記載します。プログラミング業務に対する積極的な姿勢と熱意を示せれば、未経験からプログラマーを目指しやすくなるでしょう。

複数のサービスを併用して求人を探す

仕事選びの際は、複数のサービスを併用するのがおすすめです。たとえば、プログラマーの求人は、求人サイトやハローワーク、就職支援サービスなどを利用して探せます。求人サイトは業界や業種に特化したものも増えているので、専門性が高い求人を見つけられるでしょう。ハローワークや就職支援サービスでは、求職者に寄り添ったサポートを受けられるので、就職活動が不安という方も安心して利用できます。
入社後にイメージとのギャップを感じないためにも、自分に合った方法で希望の条件に適した求人を探しましょう。ニートの方におすすめの仕事の探し方は、「高卒ニートから就職できる?正社員として就職するメリットと仕事の探し方」や「ニートから就職を目指す女性におすすめの仕事は?職歴なしで就活するコツ」のコラムで解説しているので、参考にしてみてください。

ニートから就職を目指すなら、若年層に特化した就職支援サービスのハタラクティブをぜひご利用ください。ハタラクティブでは、プロの就職アドバイザーがマンツーマンで求職者をトータルサポートしています。応募書類の書き方や面接対策、面接日の調整、入社後のアフターフォローなど、就職活動を一貫してサポート。キャリアに関する相談や、非公開求人の紹介など、きめ細かな支援を行います。ハタラクティブによる手厚いサービスを最大限に活用し、就職活動をスムーズに進めましょう。就活が初めての方も求人応募を検討中の方も、まずはお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ