ニートからホワイト企業に就職するには?特徴や探すときのポイント

ニートからホワイト企業に就職するには?特徴や探すときのポイントの画像

この記事のまとめ

  • ニートは、社会人経験の少なさや焦りからブラック企業に就職しやすい傾向がある
  • ブラック企業の特徴は、「常に求人を出している」「時間外勤務が多い」など
  • ホワイト企業の特徴は、「休日数が多い」「福利厚生が整っている」など
  • ニートからホワイト企業に就職するには、事前に企業についてしっかり調べることが大切
  • ニートから就職活動を成功させるためには、転職エージェントなどを活用してみよう

ニートからホワイト企業に就職するには、どうすれば良いのでしょうか。早く就職したいからといって安易に内定を受け入れてしまっては、早期退職にも繋がりかねません。このコラムでは、ニートから就職を目指して失敗してしまうケースをご紹介。また、ブラック企業とホワイト企業それぞれの特徴や、ハローワークの求人に応募する際の注意点についてまとめています。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

ニートからホワイト企業に就職するには?失敗してしまう原因とは

ニートからホワイト企業に就職するためには、まずブラック企業を選ばないことが大切。一般的に、ニートの人はブラック企業に就職しやすい傾向があるようです。原因としては、以下のようなことが考えられます。

社会人経験の少なさ

社会人経験が少ない場合など、ブラック企業かどうかを見極める目が養われていないことが原因となり、企業選びに失敗してしまうケースがあるようです。

リサーチ不足

「待遇面や給与面だけで求人情報を見る」「正社員ならどこでも良い」など、企業の情報収集に時間をかけないことが原因でブラック企業を選んでしまうケースも。入社後に後悔しないために、働きたいと思える企業に出会えたとしても、実情をしっかり調べることが大切です。

焦り

ニートから抜け出すために「早く就職しなきゃ」と焦ってしまうことでブラック企業を選んでしまうケースが考えられます。挑戦しやすそうな求人に安易に応募するのではなく、しっかりリサーチし検討する時間を設けましょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

ブラック企業の特徴を知ろう

従業員にとって劣悪な職場環境であるブラック企業。ニートから就職を成功させるには、ブラック企業を上手に避けて就職活動を進めることが大切です。以下では、ブラック企業にありがちな特徴を紹介します。どういった特徴を持っているとブラック企業に当てはまるのか頭に入れておきましょう。

・常に求人が出ている
・残業や休日出勤は当たり前
・時間外労働をしても給与が出ない
・休日数が極端に少ない
・無謀なノルマが設定されている
・離職率が高い
・従業員の入れ替わりが激しい
・パワハラやモラハラが横行している
・精神論を唱えがち
・会社をなかなか辞めさせてもらえない
・有給休暇を消化させてもらえない
・給与が低い
・ノルマ未達分や商品などを自腹で購入させられる
・従業員個人のスマホや携帯電話を業務に使用させる
・タイムカードがない
・雇用契約書が発行されない
・試用期間がなかなか終わらない

上記のように、法律違反を平気でしていたり、労働者を大切にしない風潮があったりする場合はブラック企業に当てはまるといえます。ブラック企業の特徴については、「ブラック企業の特徴とは?入社前に見極める方法と対処法を解説」でもまとめているので、参考にしてください。ブラック企業に入社しないためには、求人サイトや求人情報誌などで求人募集している頻度をチェックすることはもちろん、雇用条件や口コミなどをチェックすることが大切です。志望企業が上記に当てはまっていないかどうかを判断しながら、ブラック企業を上手に回避していきましょう。

ホワイト企業の特徴を知ろう

従業員思いであり、ブラック企業の対義語として使われるのがホワイト企業です。ホワイト企業にはどのような特徴があるのか見ていきましょう。

・残業や休日出勤などが少ない、またはない
・時間外労働分の賃金はしっかり支給される
・ノルマが合理的
・休日数が多い
・有給休暇の消化を推奨している
・教育体制が整っている
・資格取得支援制度がある
・キャリアップを図りやすい
・女性の活躍を推進している
・子育てに理解がある
・業績アップの場合は従業員に還元する
・風通しが良く意見を出しやすい
・業務内容が明確
・評価制度が公平
・労働に見合った賃金が支給される
・福利厚生が整っている
・人間関係が良好で社内全体が良い雰囲気
・労働基準法を遵守している
・ライフステージに合わせた働き方が可能

上記のような特徴を持つ企業が、ホワイト企業であるといえます。ホワイト企業と聞くと、大企業や有名な企業を思い浮かべるかもしれませんが、必ずしもイコールではありません。求人票や企業サイト、口コミなどでしっかり確認しましょう。また、職場の雰囲気や社員の対応を直接知ることができる面接も、ホワイト企業かどうかを見極めるチャンス。上記の中でも「絶対に譲れない条件」をピックアップし優先順位を付けることで確認しやすくなります。自分に合ったホワイト企業を見つけるには、広い視野を持ち企業を絞り込むことが大切です。

会社を知る手段の一つ「OB・OG訪問」

OB・OG訪問とは、先輩社員を訪問して勤めている企業について話を聞くことをいいます。面接では質問しにくいことも、OB・OG訪問であれば聞きやすいというメリットがあり、職場や社員の雰囲気を知りたいときに有効な手だてです。訪問するOB・OGは、部活やサークルの先輩など知り合いから紹介してもらう方法があります。OB・OG訪問のメリットや方法については、「OB訪問を行うメリットとは?やり方や質問例をご紹介」で解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。

ハローワーク求人に応募する際の注意点

ハローワークの特徴は求人数の多さです。ハローワークは求職者だけでなく、求人を掲載する企業側も無料で利用することが可能。また、ハローワーク経由で人材採用を行うことで各種助成金の支給対象となるため、求人を掲載する企業が多いようです。そのため、ハローワークの求人の中には、ブラック企業や、採用意志がないのに掲載するいわゆる「空求人(からきゅうじん)」が混じっている可能性も。ハローワークの求人に応募する際は、企業や求人の内容について事前にしっかり確認することが大切です。

ハローワークとは

ハローワークの正式名称は公共職業安定所といい、「職安」や「ハロワ」などと略称で呼ばれることもあります。ハローワークで受けられる主なサービスは、求人の紹介や失業保険の受給、職業訓練の紹介などです。全国各地に設置されており、ニートやフリーター、女性、高齢者、障がいを持つ人など、あらゆる人に合わせたサポートを行っています。利用料は無料で、どなたでも気軽に相談することができます。ハローワークについては、「職安(公共職業安定所)とは?具体的なサービス内容や利用方法などを解説!」で詳しくまとめているので、参考にしてみてください。

ニートからホワイト企業への就職を目指すなら就活エージェントを活用しよう

就職活動を成功させるには、自分が希望するホワイト企業の特徴に当てはまっているか見極めることが大切。しかし、社会人経験が少ない場合、「求人票を見てもよく分からない」「面接でうまく質問できなかった」「条件に合っていないけど、早く就職したいから内定を受け入れた」という人も中にはいるようです。事前の確認が足りず、不本意な就職をしてしまうと、早期退職にも繋がりかねません。

もし、就職活動に不安があるようなら、エージェントを活用するのもおすすめです。エージェントは優良企業と出会えるチャンスがあるほか、求職者へのサポートが手厚い特徴があります。就職アドバイザーによるカウンセリングや適性・ニーズに合わせた求人の紹介、応募書類の添削、面接対策など、就職成功に必要なサポートを受けることが可能です。良い就職先を見つけるために、自分一人ではなくプロの力を借りることで、安心して求職活動を進められるでしょう。

転職エージェントのハタラクティブは、20代・30代の若者の就職活動をお手伝いしています。キャリアビジョンがしっかり定まっていない人でも、就職アドバイザーと一緒にキャリアの方向性を考えることが可能です。マンツーマンでヒアリングを行うため、自分に合った就職活動を進めることができるでしょう。まずは今抱えているお悩みをお聞かせください。お問い合わせをお待ちしています。

この記事に関連するタグ