就職が決まらない…ニートを脱却する方法とは?効果的な就活のコツを解説

就職が決まらない…ニートを脱却する方法とは?効果的な就活のコツを解説の画像

この記事のまとめ

  • 自分をアピールできていなかったり仕事を選り好みしたりしていると就職が決まりづらい
  • ニート期間が長引くと選択の幅が狭まり、ますます就職が難しくなる
  • 正社員になる自信がなく就職が決まらないニートは、アルバイトから始めてみると良い
  • 書類や面接といった就職対策を万全にし、空白期間についても正直に伝えることが大事
  • 就職が決まらないニートは中小企業や人手不足の業界、職種を狙おう

ニートから就職を目指す際には空白期間の伝え方や仕事の選び方など、いくつか気をつけておきたいポイントがあります。ニート期間が長引いてしまうと就職に不利になることもあるため、これらをしっかりと把握して早めに行動を起こすことが重要です。 このコラムでは、就職活動の注意点や効果的に行うコツについてご紹介します。なかなか就職が決まらないとお悩みのニートの方は、参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 仕事を始めても続かない・・・
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • どうすれば見つけられるんだろう?
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

ニートの就職が決まらないのはなぜ?

ニートからの就職がなかなか決まらない理由としては、以下のようなことが考えられます。

面接官に自分をアピールできていない
丁寧な言葉遣いやマナーが身についていない
緊張し過ぎている
ニートでいることの理由をきちんと説明できていない
仕事を選り好みしている
やりたいことが定まっていない

ニート期間があっても、若ければ将来の可能性に期待してもらえたり、人柄を重視してもらえたりするため、正社員として採用されるケースも少なくありません。なかなか内定をもらえない場合には、上記のような原因がないか考えてみると良いでしょう。
ただし、ニート期間が長引くと、面接官に「働く意欲がない」「親に頼って生きている」などのマイナスイメージを与え、不利になってしまうこともあります。また、年齢を重ねるほど経験やスキルを重要視される傾向にあるため、就職先の選択の幅が狭まるうえに採用される可能性も低くなってしまうようです。そのため、なかなか採用されないといった場合にも、就職するのは無理だと諦めずに粘り強くチャレンジし続ける必要があるといえます。採用してもらえない原因を把握し、しっかりと対策すれば成功に一歩近づけるでしょう。

ハタラビット

自分に合う仕事とは?
適職相談しませんか?

こんなお悩みありませんか?

  • 自分の経験で就職・転職できるのかな…
  • 自分に合う仕事ってなんだろう?
  • 求人の選び方がわからない

仕事探しや就活の悩みにも、1人1人の状況に向き合ってサポートします。

就活のプロがあなたの強みや希望を引き出し、ぴったりの求人をご紹介!
ハタラクティブでは、面談から求人の選び方・面接対策・内定に至るにまで、一貫して丁寧なサポートを強みとしています。
内定まで最短で2週間。まずは気軽に相談してみませんか。

未経験OK多数!求人を見てみる

ニートから就職したいならまずはアルバイトがおすすめ

ニートからいきなり正社員を目指すのはハードルが高いと感じるのであれば、アルバイトから始めてみるという手段もあります。アルバイトから始めるメリットや、正社員登用制度がある求人で気をつけたほうが良いことなどについて考えてみましょう。

メリット

アルバイトから始めることのメリットの一つは、働く習慣をつけられることです。外に働きに行くことで、ニート生活で乱れがちなリズムを整えることもできるでしょう。また、将来的に正社員を目指す際に、アルバイトでの経験をアピールできるといった点もメリットといえます。

正社員登用制度を利用できる場合もある

正社員登用制度とは、非正規雇用のスタッフを正社員として雇用する制度のこと。「ゆくゆくは正社員として働きたいけど、いきなり正社員になる自信はない」という人にとってうれしい制度です。正社員登用制度には、正社員として働く前にその仕事が自分に合っているかを見極められるという利点があります。ただし、正社員登用制度がある求人は、応募する人が多く競争率が高い傾向に。また、正社員登用の実績や正社員になるための条件などを事前に把握する必要があります。

働くための準備をすることが大切

正社員に限らずアルバイトとして働く場合にも、日ごろから準備をしておくことで業務や職場の雰囲気に馴染みやすくなると考えられます。

規則正しい生活を送る
外出の機会を作る
身だしなみを整える

ニート期間が長く仕事をすることに不安がある場合は、特にこれらのことを意識して過ごすようにしましょう。「ニート脱出におすすめのバイトは?正社員として就職できる?」のコラムではアルバイトとして採用されるためのコツを紹介しているので、ぜひご一読ください。

ニートが効果的な就職活動を行うには

ニートが就職を成功させるには、効果的な選考対策を行うことが大切です。好評価につながると考えられる例をいくつか挙げてみます。

空白期間について説明できるようにする

面接でニートの空白期間について伝える際に気をつけたいのが、嘘をつかずに正直に話すという点です。たとえ何もしていなかったとしても、働く気になった理由と併せてこれからはしっかり働きたいという熱意を伝えると良いでしょう。
また、自分の病気や家族の介護といった理由がある場合には正直に伝え、ニート期間中に取得した資格や勉強したことがある場合にはアピールすることも重要です。空白期間について効果的に説明するコツを詳しく知りたい方は、「ブランクがあると就職できない?内定につながる空白理由の伝え方」のコラムをご覧ください。

就職対策を万全にしておく

ニート期間がある人が自信を持って就職活動を行うためには、履歴書や職務経歴書といった応募書類のほか、面接の対策を万全にしておく必要があります。自分では気づきにくい部分もあるため、書類がきちんと書けているかや面接でのマナーを守れているかなどを、第三者に見てもらうと確実です。なかなか内定をもらえない場合はその都度振り返りを行い、見直すべき点を洗い出し、改善してから次に臨むようにしましょう。就職対策には、「ニートの履歴書の書き方を例文つきで解説!就職活動を成功に導く方法とは?」や「ニートの就職面接対策!ブランクの説明や苦手意識をなくすコツ」のコラムをお役立てください。

就職先が決まらないニート向けの仕事の選び方

早めに就職したいと考えるのであれば、どのように仕事を選ぶかが重要です。以下で、より内定獲得に近づく仕事選びの仕方についてご紹介します。

選り好みし過ぎない

就職したいという気持ちはあるものの、仕事を選び過ぎて「雇ってくれる会社がない」と視野が狭まってしまうニートの方も多いようです。また、「就職するならこのような企業・職種でなければいけない」というように、自分でハードルを上げている場合も。こだわりを持ち過ぎず、広い視野で仕事を探すことを意識すると良いでしょう。

中小企業にも目を向ける

応募する企業を選ぶ際は、多くの人に名前が知られているような大手企業に目を向けてしまいがちです。しかしながら、ニートの状態から経験やスキルが重視されやすい大手企業へ就職するのは難しいでしょう。
一方、中小企業では学歴や職歴よりも人柄を重視する傾向にあり、「この応募者と一緒に働きたいと思うか」を基準に採用を決める企業もあるようです。応募する側にとっても、よりアットホームな雰囲気の職場で働けるというメリットがあります。

人材不足の業界や職種を狙う

ニートからの就職を目指す場合、人材確保に力を注いでいる業界や職種へ応募することで採用される可能性が高くなるでしょう。福祉や飲食といった業界は、慢性的に人手不足であるといわれています。また、宿泊業や建設業も求人意欲が高まっていると考えられるため、チャレンジしやすい業界です。人材が足りていない業界に対して良くないイメージを持つ人もいますが、なかには働きやすい職場もあります。きちんと調べることで、希望や特性に合う企業を見つけられることも。イメージだけで避けるのではなく、業界や企業について十分に研究することが重要です。

ニートから就職を目指す女性におすすめの仕事は?職歴なしで就活するコツ」や「仕事したいけど怖い!ニートが正社員就職を成功させる方法を紹介」のコラムでは、ニートにおすすめの仕事や業界を紹介しているので、参考にしてみてください。

就職が決まらない場合プロの手を借りるのも一つの方法

一人で就職活動を行うことに不安がある方は、プロの手を借りてみるのも選択肢の一つです。就職をサポートしてもらえる機関としては、公的なもののほかに、民間企業が実施する就職支援サービスがあります。詳しく見ていきましょう。

ニートの就職を支援する公的機関を利用する

公的なサポート機関として挙げられるのは、ハローワークや地域若者サポートステーション(サポステ)、ジョブカフェなどです。ハローワークでは、主に職業紹介を行っています。サポステは、多くのセミナーや講座が開催されているのが特徴的です。ジョブカフェには年齢制限が設けられており、主に若年層の就職をサポートしています。
それぞれに特色があるため、実際に利用してみてどの機関が自分に合うか確かめてみるのも良いでしょう。就職支援機関について詳しく知りたい方は、「ニートに向けた就労支援機関とは?サービス内容や仕事選びのコツも解説」や「ニートを脱出するには30代がチャンス!就職するための方法を解説」のコラムをご覧ください。

就職支援サービスに相談する

民間の企業が運営している就職支援サービスでも、公的機関と同様に職業の紹介を行ったり相談に応じたりしています。無料で利用できる公的機関と違い、企業側も人材を募集するのに費用がかかるため、就職支援サービスのほうがより質の高い求人を取り扱っているのが特徴です。また、一般に公開されていない求人も多く、条件に応じた仕事探しがしやすいといえるでしょう。

就職支援サービスの利用をお考えであれば、ぜひハタラクティブへご相談ください。ハタラクティブでは、ニートやフリーターなどの若年層を専門とする就活アドバイザーによるカウンセリングを実施。応募書類の書き方や面接対策のほか、働くことや将来に対する不安に関する相談にも対応しています。実際に企業を取材して得た職場の雰囲気や仕事内容といった情報をお伝えするほか、入職後のアフターフォローも行っているため安心です。悩みや疑問を解決しながら、効率良く就職活動を進められるようサポートします。

この記事に関連するタグ