就職が決まらない…ニートを脱却する方法とは?効果的な就活のコツを解説

就職が決まらない…ニートを脱却する方法とは?効果的な就活のコツを解説の画像

この記事のまとめ

  • 就職が決まらないニートの方は、十分なアピールができていない可能性がある
  • ニート期間が長引くと就職先の選択肢が狭まり、ますます就職が難しくなる
  • 正社員になる自信がなく就職が決まらないニートは、アルバイトからはじめてみると良い
  • 書類や面接といった就職対策を万全にし、空白期間についても正直に伝えることが大事
  • 就職が決まらないニートの方は中小企業や人手不足の業界、職種を狙おう

就職がなかなか決まらないと悩んでいるニートの方もいるでしょう。ニートを脱却するには、就職が決まらない原因を把握し、諦めずにチャレンジし続けることが大切です。ニート期間が長引いてしまうと就職に不利になることもあるため、早めに行動を起こしましょう。 このコラムでは、就職が決まらないニートの方が、就活を効果的に行うコツや注意点をご紹介します。就職が決まらないとお悩みのニートの方は、参考にしてください。

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

ニートの就職が決まらないのはなぜ?

  • 面接官に自分をアピールできていない
  • 丁寧な言葉遣いやマナーが身についていない
  • 緊張し過ぎている
  • ニート期間の理由をきちんと説明できていない
  • 仕事を選り好みしている
  • やりたいことが定まっていない

ニートからの就職がなかなか決まらない理由は、「面接官に自分をアピールできていない」「丁寧な言葉遣いやマナーが身についていない」などが挙げられます。
なかなか採用されない場合も、就職は無理だと諦めずに粘り強くチャレンジし続けることが大切です。以下の解説を読み、採用してもらえない原因を把握しましょう。

面接官に自分をアピールできていない

就職がなかなか決まらないニートの方のなかには、自分をアピールできていない可能性があります。履歴書に、活かせる経験や資格を書いていない、自分の強みを伝えていないなど自分の魅力を伝えきれていないと内定をもらうのは難しいでしょう。ニートからの就職が決まらないときは、自分の長所や強みが企業のニーズとマッチしているか、アピールするための具体的なエピソードがないかを見直すことが大切です。

丁寧な言葉遣いやマナーが身についていない

挨拶や言葉遣い、ビジネスマナーが身についていない場合も、就職が決まらない原因となるでしょう。挨拶ができていなかったり時間を守れなかったりすると、面接官にマイナスな印象を与えてしまいます。正しい敬語が使えているか面接中の態度は適切かを見直し、就職が決まらない原因を探る必要があります。

緊張し過ぎている

ニートからの就職が決まらない原因には、緊張し過ぎていることもあるでしょう。面接で緊張し過ぎると、挨拶や敬語などのビジネスマナーを忘れたり、質問の受け答えがうまくできなかったりして、自分の思いが伝わらずに終わってしまう場合もあります。何度も練習を重ねて面接に慣れていくことで、緊張は和らいでいくはずです。

ニート期間の理由をきちんと説明できていない

就職が決まらないニートの方のなかには、空白期間の説明が不十分な場合も多いようです。ニート期間の詳しい説明がないと、面接官に「働く意欲がない」「親に頼って生きている」などのマイナスイメージを与え、就職に不利になってしまいます。
就労支援機関や転職エージェントに相談したことがある場合は、その旨を伝えると就労に対する前向きな印象を与えられるでしょう。

仕事を選り好みしている

仕事を選び過ぎて、就職が決まらないニートの方もいるでしょう。就職が決まらない原因には、企業に求める条件を厳しく設定し過ぎているケースがあります。自分が希望する業界や職種だけでなく、学歴不問や採用人数が多い求人に目を向けると選択肢が広がるでしょう。就職がなかなか決まらない場合は、仕事の条件を絞り過ぎていないか見直してみてください。

やりたいことが定まっていない

就職が決まらないニートの方は、やりたいことが定まっていない人も少なくないでしょう。自分のやりたい仕事や興味のある分野が決まっていないと、希望する業界や職種選びが難しく、志望動機もあいまいになってしまいます。
好きなことや得意なことを書き出し、そこからやりたい仕事を探しましょう。また、自分の強みや長所が探せない人は、第三者に聞いてみると見つかる可能性もあります。
やりたいことの見つけ方は「自分が何がしたいのかわからない方へ!やりたいことの見つけ方を紹介」のコラムで解説しているので、参考にしてみてください。

就職ができない30代ニートは早めの行動が大切

就職ができないと悩む30代ニートの方は、早めの行動が大切です。30代の就職は即戦力になるスキルや経験を求められるのが一般的。そのため、年齢に合った経験やスキルがないままニート期間が長引くと、就職先の選択が狭まり採用の可能性も低くなるようです。
一方、ニート期間があっても年齢が若い場合、将来の可能性に期待してもらえたり人柄を重視してもらえたりするので、正社員で採用されることも少なくありません。30代ニートの方は、年齢があがると就職先が狭まることを念頭に起き、早めの行動をしましょう。
こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 仕事を始めても続かない・・・
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • どうすれば見つけられるんだろう?
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

ニートから就職したいならまずはアルバイトがおすすめ

ニートから就職したいならまずはアルバイトがおすすめの画像

ニートからの就職を考える場合、いきなり正社員で働くのが怖い方や、学校卒業後に社会人経験がない場合は、アルバイトからはじめてみるのがおすすめです。アルバイトからはじめるメリットや、正社員登用制度がある求人で気をつけることを以下でご紹介します。

アルバイトをはじめるメリット

アルバイトからはじめるメリットの一つは、働く習慣がつくことです。外に働きに行くことで、ニート生活で乱れがちなリズムを整えることもできるでしょう。アルバイトは、1日からできるものや週に3日からなど、働く日数を希望できる企業もあります。
いきなりフルタイムで働く自信がない人にとってアルバイトは、はじめやすいといえるでしょう。また、将来的に正社員を目指す際にアルバイトでの経験をアピールできるメリットもあります。

ニート期間が長く仕事をすることに不安がある場合は「ニート脱出におすすめのバイトは?正社員として就職できる?」のコラムをご覧ください。アルバイトとして採用されるコツをご紹介しています。

正社員登用制度を利用できる場合もある

正社員登用制度とは、非正規雇用のスタッフを正社員として雇用する制度のことです。「ゆくゆくは正社員として働きたいが、いきなり正社員になる自信はない」という人にはうれしい制度でしょう。正社員登用制度のメリットは、正社員として働く前にその仕事が自分に合うかを見極められる点です。
ただし、正社員登用制度がある求人は、応募する人が多く競争率が高い傾向に。また、正社員登用の実績や、正社員になるための条件を事前に把握する必要があります。

ニートからの就職に必要な準備

ニートからの就職に必要な準備の画像

ニートの方が就職を成功させるには、事前の準備が大切です。以下を参考に、規則正しい生活や外出の機会を作るなど、日頃から準備をしておきましょう。

規則正しい生活を心掛ける

就活する際に何からはじめるかわからないニートの方は、規則正しい生活を心掛けることからはじめてみましょう。毎日の生活リズムが崩れている場合、いざ仕事をはじめると、苦痛に感じる可能性があります。企業は、朝から夕方まで働くのが一般的です。
早寝早起きをし、働く時間を意識した生活を送ることで、仕事をするリズムに身体を慣らせるでしょう。

外出の機会を作る

ニートの方が就職をする準備として、外出することもおすすめです。外出をすると、運動不足が解消されたり、リフレッシュ効果が期待できたりします。就職がなかなか決まらないニートの方のなかには、家族以外の人とコミュニケーションをとる機会が少ない方もいるでしょう。
他者とのコミュニケーションは、どのような仕事であっても必要不可欠。友人と会話をしたり、近所の人に挨拶したりするだけでも、コミュニケーション不足の解消につながるでしょう。

身だしなみを整える

身だしなみを整えることも、就職活動の準備として重要です。面接では第一印象が重要なため、服装や髪型を整えて好印象になるよう意識することが大切。身だしなみを整えることはビジネスマナーの一つです。
就職がなかなか決まらないニートの方は、今の自分を客観的に見て社会人として相応しい身なりか確認し、いつでも働ける準備をしておきましょう。

ニートが効果的な就職活動を行うには

ニートの方が就職を成功させるには、効果的な選考対策を行うことが大切です。好評価につながると考えられる例を以下に挙げます。

空白期間について説明できるようにする

面接でニートの空白期間について伝える際に気をつけたいのが、嘘をつかずに正直に話すという点です。たとえ何もしていなかったとしても、就職活動をはじめたきっかけと「これからはしっかり働きたい」という熱意を伝えましょう。
また、自分の病気や家族の介護といった理由がある場合は正直に伝え、ニート期間中に取得した資格や学んだスキルがある場合にはアピールすることも重要です。
空白期間について効果的に説明するコツを詳しく知りたい方は、「ブランクがあると就職できない?内定につながる空白理由の伝え方」のコラムをご覧ください。

就職対策を万全にしておく

ニート期間がある人が自信を持って就職活動を行うためには、履歴書や職務経歴書といった応募書類のほか、面接の対策を万全にしておく必要があります。自分では気づきにくい部分もあるため、書類が正しく書けているかや面接でのマナーを守れているかを、第三者に見てもらうと良いでしょう。
なかなか内定をもらえない場合は都度振り返りを行い、見直すべき点を洗い出します。そして、改善してから次に臨むようにしましょう。

就職対策には、「ニートの履歴書の書き方を例文つきで解説!就職活動を成功に導く方法とは?」や「ニートの就職面接対策!ブランクの説明や苦手意識をなくすコツ」のコラムをお役立てください。

就職先が決まらないニート向けの仕事の選び方

就職先が決まらないニート向けの仕事の選び方の画像

早めに就職したいニートの方は、仕事の選び方が重要です。以下で、より内定獲得に近づく仕事の選び方を紹介します。

業界や職種の視野を広げる

就職が決まらないニートの方は、働きたい気持ちはあるものの仕事を選び過ぎて、視野が狭まっている可能性があります。また、「就職するならこのような企業・職種でなければいけない」というように、自分で条件のハードルを上げている場合も。こだわりを持ち過ぎず、広い視野での仕事探しを意識しましょう。

中小企業にも目を向ける

中小企業のなかには、学歴や職歴よりも人柄を重視し、「この応募者と一緒に働きたいと思うか」を基準に採用を決める企業もあるようです。就職がなかなか決まらないとき、大手企業にばかり目を向けてしまうニートの方もいるでしょう。しかし、中小企業にはアットホームな雰囲気の職場で働けるといったメリットがあるといえます。

人材不足の業界や職種を狙う

ニートからの就職を目指す場合、人材不足の業界や職種へ応募すると採用の可能性が高くなるでしょう。福祉や飲食業界は、慢性的な人手不足といわれています。また、宿泊業や建設業も求職者を必要としているため、未経験歓迎の求人が多くチャレンジしやすい業界です。
人材が足りていない業界に対しネガティブなイメージを持つ人もいますが、なかには働きやすい職場もあります。企業研究を行うことで、自分の希望や特性に合う企業を見つけられる可能性も。また、イメージだけで避けるのではなく、業界や企業について自分で確かめることが重要です。

就職したい女性ニートにおすすめの仕事は?職歴なしで就活するコツ」や「仕事したいけど怖い!ニートが正社員就職を成功させる方法を紹介」のコラムでは、就職が決まらない女性におすすめの仕事や業界を紹介しているので、参考にしてみてください。

就職が決まらない場合プロの手を借りるのも一つの方法

就職が決まらない場合プロの手を借りるのも一つの方法の画像

一人で就職活動を行うことが不安な場合は、プロの手を借りるのも選択肢の一つです。就職をサポートしてもらえる機関としては、公的なものと民間企業が実施する就職支援サービスがあります。以下でその特徴をご紹介しますので、見ていきましょう。

ニートの就職を支援する公的機関を利用する

公的なサポート機関として挙げられるのは、ハローワークや地域若者サポートステーション(サポステ)、ジョブカフェなどです。ハローワークやサポステでは、求人紹介のほか就活セミナーや、就職に役立つ講座が開催されているのが特徴。ジョブカフェには年齢制限が設けられており、主に若年層の就職をサポートしています。

それぞれに特色があるため、実際に利用して自分に合う支援機関を確かめてみるのも良いでしょう。就職支援機関について詳しく知りたい方は、「ニートに向けた就労支援機関とは?サービス内容や仕事選びのコツも解説」や「ニートを脱出するには30代がチャンス!就職するための方法を解説」のコラムをご覧ください。

就職支援サービスに相談する

民間の企業が運営している就職支援サービスも、公的機関と同様に職業の紹介を行ったり相談に応じたりしています。就職支援サービスは、質の高い求人を取り扱っているのが特徴です。また、民間の就職支援サービスには一般に公開されていない求人も多く、条件に応じた仕事探しがしやすいといえるでしょう。

就職支援サービスの利用を考えているなら、ハタラクティブへご相談ください。ハタラクティブでは、ニートやフリーターなどの若年層を専門とするキャリアアドバイザーによるカウンセリングを実施。応募書類の書き方や面接対策のほか、働くことや将来に対して不安な方の相談にも対応しています。
また、実際に企業を取材して得た職場の雰囲気や、仕事内容の情報をお伝えするほか、入職後のアフターフォローも行っているため安心です。「就職がなかなか決まらない」とお悩みのニートの方は、ぜひ一度お問い合わせください。悩みや疑問を解決しながら、就職活動が効率良く進むようサポートします。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ

目次