ニートを脱出するには30代がチャンス!就職するための方法を解説

ニートを脱出するには30代がチャンス!就職するための方法を解説の画像

この記事のまとめ

  • 30代でニートを脱出しないと社会から孤立するリスクがある
  • 30代でニートを脱出せずに継続してしまうと、就職が厳しくなる可能性がある
  • 30代でニート生活を脱出するためには、まずは生活習慣を改善しよう
  • 30代ニートから脱出するなら支援サービスを活用するのがおすすめ

30代がニートを脱出するには、何から始めれば良いのか分からない方はいるでしょう。ニートから脱出するには一人で抱え込まずに家族や周囲、機関の支援を受けることが大切です。

ニートから脱出するために重要なのは、焦らずに段階を踏んでいくこと。このコラムでは、ニート生活を続けていくことで生じるリスクについても紹介していますので、早く脱出ができるように行動に移しましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 仕事を始めても続かない・・・
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • どうすれば見つけられるんだろう?
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

30代でニートから脱出する4つの方法

30代でニートから脱出する4つの方法の画像

30代のニートから脱出するには、まずニートになった原因を改めて確認することが大切です。理由がわかれば適切な対処を行えます。そのうえで、一般的な労働時間に合わせて生活改善を行ったり、働くこと自体に慣れるためにアルバイトをしてみたりと進めていきましょう。

1.ニートになった原因を改めて確認する

ニートからの脱出を考えるなら、ニートになった原因や理由を改めて確認しましょう。人間関係や罹患歴など明確な理由があれば、対処することで正社員として就職できる可能性はぐっと高まります。

「なんとなく」など明確な理由がない場合は、働く必要について考えてみましょう。次項の「30代ニートを続けることのリスク」でもニートを続けるリスクについて解説しています。

2.生活習慣を改善する

30代がニートからの脱出を決めたら、生活習慣を改善しましょう。ニート生活では夜型の生活になりがちですが、社会人になったら朝方の生活が基本となります。

就寝時間と起床時間を毎日少しずつ早め、朝起きる生活に切り替えていきましょう。必要な睡眠時間は人それぞれですが、遅くとも12時までにはベッドに入り、朝の6~7時に起床する習慣づくりをするのがおすすめです。一般的には午前中の方が集中力が高く効率的に活動できる場合が多いため、日々の生産性を高めるためにも朝型の生活を心掛けましょう。

ニートから抜け出すには?その方法や就職活動のコツを世代別に紹介!」のコラムでも、生活を改善してニートから脱出する方法を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

3.アルバイトから始める

「就職するのが怖い」「正社員としてやっていける自信がない」という30代ニートの方は、アルバイトからチャレンジしてみましょう。アルバイト経験は正社員を目指す際のアピール材料になる可能性もあるうえ、同じ業界に就職するなら就職後に役立つスキルが身につくはずです。

ニートからアルバイトを始めるときには、自分にとって無理のないペースで働くことを意識してください。長年ニートを続けていた場合、いきなりフルタイムで働くと負担になってしまうことも。まずは、週に数日や数時間のシフトから始めてみましょう。

30代ニートがアルバイトを探す方法

アルバイトの探し方としては、「求人サイトを利用する」「情報誌を利用する」「新聞の折込チラシをチェックする」「近所の店舗に求人広告が出ていないか見てみる」などが挙げられます。

求人サイトを使えば自宅で気軽にアルバイトを探せます。希望の仕事が定まっていない場合は大まかにエリアを指定して、自宅近くにどのような求人があるか調べてみましょう。また、今までにアルバイト経験がなければ、「未経験歓迎」「未経験可」などの求人に応募すると採用の可能性が高まります。

アルバイトは期間を決めて取り組もう

ニートからアルバイトを始めるのはとても大きな一歩です。しかし、アルバイトとして働き始めることがゴールではありません。あくまでも「正社員として就職して働き続ける」ことがゴールなので、アルバイトとして採用されたことに満足しないことが大切。1年だけ、などアルバイトを続ける期間をあらかじめ定め、最終的なゴールを見失わないよう気をつけましょう。

4.就職エージェントを利用する

1人で仕事を探すのが難しい場合には、就職エージェントの利用がおすすめです。エージェントでは専任のアドバイザーがつき、カウンセリングや求人提案、面接対策や面接日程の調整など、就活の全工程を手厚くサポートしてくれるのが特徴。効率良く就活を進めることができます。

初めての就職活動に不安がある30代ニートの方は、若年層の就職支援に特化したハタラクティブにご相談ください。

未経験OK多数!求人を見てみる

30代ニートを続けることのリスク

30代でニートを続けていると失うものが出てきます。ニートからの脱出を悩んでいる30代は、そのリスクを理解したうえで今後の人生を考えましょう。30代でニートを続けることのリスクは以下のとおりです。

年齢を重ねる度に就職が厳しくなってしまう

30代でニートを続けると、年齢や空白期間の影響によって、就職が厳しくなってしまう可能性があります。正社員としての就職を目指す場合は、年齢制限や過去の実績が問われる場合も。その際に30代でニートという状況であると、「何か問題があるのでは?」といった印象を持たれてしまうこともあります。

周りから孤立しがちになってしまう

30代でニートを続けると、生活面での孤立が考えられます。ニート生活が続くと周囲との関係を絶ったり、減らしたりしてしまうことがあるでしょう。その結果として、親しい関係の人間たちから孤立してしまうことに。そのような状況になってしまうと、働くどころか社会へ出るということも厳しい状態になってしまう可能性があります。

不規則な生活で体調不良になりやすくなる

30代でニートを続けてしまえば、不規則な生活によって体調を壊しやすくなることも考えられるでしょう。睡眠時間や食事の時間も決めない不規則な生活を毎日繰り返してしまうと、運動不足や体調不良に見舞われてしまいます。

親族からの支援がなくなる可能性がある

30代であれば両親も高齢化が進み、万が一の場合を視野に入れなければなりません。いつどのような病気に罹患し、入院・死別となるかは誰も予想できないこと。特に親族に生活費をすべて出してもらっていた場合、生活費に困る可能性が高まります。

また、親族の通院や介護といった可能性もあるでしょう。ニートを続けているとそのようなときに生活が困窮してしまう可能性があるため、万が一を考えて30代のうちに就職するのが望ましいといえます。

ニートを続けることのリスクを踏まえたうえで、ニート生活から脱出したいと思った方は「ニートから就職するにはどうする?引きこもりから受かりやすい仕事も解説」のコラムもあわせてご覧ください。ニートから脱出する方法をご紹介しています。

30代ニートは就職活動で難航する?厳しいといわれる理由を確認

30代ニートは就職活動で難航する?厳しいといわれる理由を確認の画像

30代でニート状態の場合、仕事に対する意欲や継続力を懸念されて就職が難航する可能性もあります。就職活動が厳しくなる理由を知り、的確な対処を行って懸念を払拭しましょう。

仕事に対する意欲が低いと思われている

ニート期間が長くなりやすい30代の場合、応募しても「働く意欲は低いのでは」「採用しても仕事を続けられるか不安」といったネガティブな印象を抱かれやすいといえます。

特に、必要に迫られて就職活動をしている場合は、「なぜ応募先を選んだのか」「正社員としてなぜ働きたいのか」といった理由も曖昧になりがち。就職活動をする理由や継続力をアピールし、仕事に対する意欲があることをしっかりと伝えましょう。

コミュニケーション能力が低いと思われている

ニートに対して「コミュニケーション能力が低い」「協調性に欠ける」といったイメージを抱いている人も少なくないのが現状。社会人として求められるコミュニケーション能力は、会話をしたり意思疎通を図ったりするだけでなく、「質問の意図を的確に把握して適切な回答をする」といった部分も含まれます。特に面接では重視されるので、しっかり対策をしておきましょう。

ニートの空白期間が長い

学校を卒業してからずっとニートとして30代を迎えた場合、空白期間が10年近いことも。10年間の間で何をしていたのかは、応募企業が最も気にするポイントです。「履歴書でブランクを前向きに伝える書き方!空白期間が長い場合はどうする?」でも述べているように、家族の介護などやむを得ない理由があれば納得してもらえる可能性は高め。理由なく空白期間が長引いてしまった場合は、反省と今後の意欲を示しましょう。

30代でニート脱出の第一歩に!資格の取得もおすすめ

ニートを脱出するきっかけとして資格を取るのも効果的です。仕事に役立つ資格を取れば、自分の実力や努力に自信が持てるようになるでしょう。さらに、履歴書にも記載できるほか、企業にとって即戦力となる人材であることをアピールしやすくなります。

たとえば、高齢化によって需要が拡大している介護関連の資格や、IT化にともなって人手不足となっているプログラミングに関する資格などがおすすめです。

専門的な資格が難しい場合は、汎用性の高い事務的な資格も視野に入れてみましょう。MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)は国際資格で、Microsoft社製のWordやExcelといった仕様スキルの証明となる資格を指します。ほかにも事務職で活躍する簿記、ビジネススキルの証明となる秘書検定なども良いでしょう。

30代でニート脱出を目指すなら支援サービスを活用しよう

30代でニート脱出を目指すなら支援サービスを活用しようの画像

30代でニートを脱出して正社員就職を目指すなら、就職支援サービスを活用するのがおすすめ。もちろん自分ひとりでの就活も行えますが、支援サービスを使うことでより効果的な就活が叶います。

専門スタッフによる支援

支援サービスを利用することで、専門スタッフによる就職支援を受けられます。

30代ニートの場合、就職活動に関する知識や進め方で悩むこともあるでしょう。また、ニート期間がある場合は一般的な就職活動より重視して行うことも多くなります。支援機関のスタッフは就職活動のプロ。わからない状態でひとりで就職活動を行うよりも、スムーズかつ的確に進む可能性は高いです。

選考を通過する書類や面接対策

就職活動で悩む方も多い書類作成や面接対策。どれだけ立派な経歴を持っていても、基本的なマナーが守れていなければ選考を通過するのは難しくなります。ニートの経歴がある場合もマナーを守った対策を行えば、選考を通過できる可能性は高まるということです。書類作成や面接対策はインターネットで調べれば分かりますが、対面でしっかり対策することでより完成度が高まるでしょう。

自分に合った求人の紹介

支援サービスの多くでは、求人の紹介も行っています。応募先企業も選ぶことが30代ニートからの就活成功のポイントです。大手企業や有名企業の選考を通過するのは難しくなるので、専門スタッフと相談しながら「経歴不問の求人」「知名度は低いが優良企業」など、自分では見つけづらい求人を紹介してもらえます。

30代ニートの脱出におすすめの支援サービス

30代ニートにおすすめの支援サービスは、誰でも利用できるハローワークや若年層に特化しているジョブカフェなど。より手厚い支援を希望するなら、民間企業が運営する就職エージェントも検討してみましょう。

ハローワーク

ハローワークは「公共職業安定所」のことで、厚生労働省が管理しています。就職を希望する人なら誰でも無料で利用できるのが特徴です。ハローワークを利用する場合は登録手続きをしてから専用のパソコンや自身のスマートフォンなどから求人案内を閲覧します。希望企業があれば窓口に相談したうえでさまざまな手続きを進めたうえで面接・内定となるのが一般的です。

また、ハローワークでは仕事に役立つスキルや知識を身につけられる職業訓練の案内もしています。基本的に職業訓練は無料で受講できるので、身につけたいスキルがある方は窓口で相談してみましょう。

ジョブカフェ

ジョブカフェは各都道府県が主体的に設置する就職支援施設です。「若年者のためのワンストップサービスセンター」といった正式名称のとおり、若者が自分にマッチした仕事を見つけるために、さまざまなサービスが利用できます。ジョブカフェの対象年齢は地域によって異なるため、できるだけ就職を決意した段階で利用するのが望ましいでしょう。

就職エージェント

就職エージェントは、民間企業が運営する就職支援サービス。民間企業ならではの手厚いサポートや独自の求人が特徴です。

エージェントは利用者を限定していることが多く、自分に合ったエージェントを選ばないと思ったような支援が受けられないことも。30代のニートが利用するなら「経歴不問」「ニート歓迎」といったエージェントを探してみましょう。

ハタラクティブでは経験豊富なアドバイザーが就職の不安を解消しながら、あなたにぴったりの求人をご提案いたします。「就職するか迷っている」という方も相談だけのご利用も大歓迎です。サービスの利用はすべて無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

どうやって抜け出す?30代ニートの方に向けたお悩みQ&A

ニート生活から抜け出し働きたいという気持ちはあっても、現状を変える方法が分からない方もいるでしょう。ここでは、ニートの方が抱えやすいお悩みをQ&A方式で解決していきます。

ニートを脱出する方法が知りたいです。

まずは生活リズムを整えてみましょう。
意識的に日光を浴びたり、適度な運動をしたりすれば、気持ちに変化が表れる可能性があります。また、アルバイトを始める、資格取得を目指すなどもおすすめです。

脱出方法については、「ニートを脱出するきっかけには何がある?現状を変えるコツも解説!」でも詳しく解説しています。自分に合ったやり方で、無理なく進めることが大切です。

30代ニートも就職できますか?

職歴の浅さや就職経験がない30代ニートの就職は簡単とはいえません。ただし、就活のやり方次第では、正社員になることも可能です。

就活を行う際は、「探す求人条件に幅を持たせる」「人手不足の業界をメインに就活する」などのポイントに留意して行うと採用率を高められます。アルバイトや派遣として就職し、正社員登用を目指すのも一つの手です。詳細は「30代ニートにおすすめの就職支援サービス!職歴なしから正社員になるには」をご覧ください。

仕事を続けられる自信がありません。

仕事が続かない原因を明らかにしたうえで、自分の適性や価値観と合う就職先を探しましょう。仕事が長続きしない理由は、「人付き合いが苦手」「ミスに対して落ち込みやすい」など人によってさまざまです。

仕事が続かない原因とは?対処法を知って長く働ける職場を選ぼう」では、仕事が続かない人にありがちな特徴や仕事を続けるための対処法をご紹介しています。自分に当てはまる特徴がないかチェックして、次の就職に活かしましょう。

就職の相談ができる場所を教えてください。

就職が相談できる主な場所には、ハローワークやサポステ、ジョブカフェなどの公的機関があります。包括的なサービスが受けられる就職エージェントの利用もおすすめ。詳しくは「就職相談はどこでできる?ハローワークの利用方法や受けられる支援も解説」をご参照ください。

ハタラクティブでは、就活アドバイザーが一人ひとりに寄り添ったサポートを行っています。就活に不安を抱える方は、ぜひご活用ください。

この記事に関連するタグ