ニートを脱出するには30代がチャンス!就職するための方法を解説

ニートを脱出するには30代がチャンス!就職するための方法を解説の画像

この記事のまとめ

  • 30代ニートを脱出しないと社会から孤立するリスクがある
  • 30代ニートを脱出せずに継続してしまうと就職が厳しくなる可能性がある
  • 30代ニート生活を脱出するためには、まずは生活習慣を改善しよう

30代がニートを脱出するには、何から始めれば良いのか分からない方はいるでしょう。一人で抱え込まずに家族や周囲、機関の支援を受けることで社会復帰に向けて進むことは可能。ニートから脱出するために重要なのは、焦らずに段階を踏んでいくことです。このコラムでは、ニート生活を続けていくことで生じるリスクについても紹介していますので、早く脱出ができるように行動に移しましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

30代ニートを続けることのリスク

30代でニートを続けていると失うものが出てきます。ニートからの脱出を悩んでいる30代は、そのリスクを理解したうえで今後の人生を考えましょう。30代でニートを続けることのリスクは以下のとおりです。

年齢を重ねる度に就職が厳しくなってしまう

30代でニートを続けると、年齢や空白期間の影響によって、就職が厳しくなってしまう可能性があります。正社員としての就職を目指す場合は、年齢制限や過去の実績が問われる場合も。その際に30代でニートという状況であると、「何か問題があるのでは?」といった印象を持たれてしまうこともあります。

周りから孤立しがちになってしまう

30代でニートを続けると、生活面での孤立が考えられます。ニート生活が続いてしまうと、周囲との関係を絶ったり、減らしたりしてしまうことがあるでしょう。その結果として、親しい関係の人間たちから孤立してしまうことに。そのような状況になってしまうと、働くどころか社会へ出るということも厳しい状態になってしまう可能性があります。
ニートを続けることのリスクを踏まえたうえで、ニート生活から脱出したいと思った方は「ニートのあなた、これからどうする?今から就職する方法」のコラムもあわせてご覧ください。ニートから脱出する方法をご紹介しています。

30代がニートから脱出する方法

ここでは、30代がニートから脱出する方法をご紹介します。以下で確認していきましょう。

生活習慣を改善する

30代がニートからの脱出を決めたら、生活習慣を改善しましょう。ニートを続けると、夜型の生活になりがち。社会人になったら、朝方の生活が基本となります。
就寝時間と起床時間を毎日少しずつ早め、朝起きる生活に切り替えていきましょう。必要な睡眠時間は人それぞれですが、遅くとも12時までにはベッドに入り、朝の6~7時に起床する習慣づくりをするのがおすすめです。人間は午前中の方が集中力が高く効率的に活動できるため、日々の生産性を高めるためにも朝型の生活を心掛けましょう。

脱ニートとはどんな意味?生活を変えて仕事を見つける方法とコツ」のコラムでも、生活を改善してニートから脱出する方法をご紹介。「ニートからの就職はスピードが肝心!支援機関を使って就活を有利に進めよう」のコラムでも、ニートから脱出する方法を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

アルバイトから始める

「就職するのが怖い」「正社員としてやっていける自信がない」という30代ニートの方は、アルバイトからチャレンジしてみましょう。アルバイト経験は正社員を目指す際のアピール材料になる可能性もあるうえに、同じ業界に就職するなら就職後に役立つスキルが身につくはずです。
ニートからアルバイトを始めるときには、自分にとって無理のないペースで働くことを意識してください。長年ニートを続けていた場合、いきなりフルタイムで働くとなると、負担になってしまうことも。まずは、週に数日や数時間のシフトから始めてみましょう。

30代ニートがアルバイトを探す方法

アルバイトの探し方としては、以下のような方法があります。

・求人サイトを利用する
・情報誌を利用する
・新聞の折込チラシをチェックする
・近所の店舗に求人広告が出ていないか見てみる

求人サイトを使えば自宅で気軽にアルバイトを探せます。希望の仕事が定まっていない場合は大まかにエリアを指定して、自宅近くにどんな求人があるか調べてみましょう。また、今までにアルバイト経験がなければ、「未経験歓迎」「未経験可」などの求人に応募すると採用の可能性が高まります。

就職・転職エージェントを利用する

1人で仕事を探すのが難しい場合には、就職・転職エージェントの利用がおすすめです。エージェントでは専任のアドバイザーがつき、カウンセリングや求人提案、面接対策や面接日程の調整など、就活の全工程を手厚くサポートしてくれるのが特徴。効率良く就活を進めることができます。

初めての就職活動に不安がある30代ニートの方は、若年層の就職支援に特化したハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは経験豊富なアドバイザーが就職の不安を解消しながら、あなたにぴったりの求人をご提案いたします。「就職するか迷っている」という方も相談だけのご利用も大歓迎です。サービスの利用はすべて無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

どうやって抜け出す?30代ニートの方に向けたお悩みQ&A

ニート生活から抜け出し働きたいという気持ちはあっても、現状を変える方法が分からない方もいるでしょう。ここでは、ニートの方が抱えやすいお悩みをQ&A方式で解決していきます。

ニートを脱出する方法が知りたいです。

まずは生活リズムを整えてみましょう。
意識的に日光を浴びたり、適度な運動をしたりすれば、気持ちに変化が表れる可能性があります。また、アルバイトを始める、資格取得を目指すなどもおすすめ。脱出方法については、「ニートを脱出するきっかけには何がある?」でも詳しく解説しています。自身に合ったやり方で、無理なく進めることが大切です。

30代ニートでも就職できますか?

職歴の浅さや就職経験がない30代ニートの就職は簡単とはいえません。ただし、就活のやり方次第では、正社員になることも可能です。
就活を行う際は、「探す求人条件に幅を持たせる」「人手不足の業界をメインに就活する」などのポイントに留意して行うと採用率を高められます。アルバイトや派遣として就職し、正社員登用を目指すのも1つの手。詳細は「30代ニートが就職するには?職歴なしから就活を成功させるポイントを解説」をご覧ください。

仕事を続けられる自信がありません。

仕事が続かない原因を明らかにしたうえで、自分の適性や価値観と合う就職先を探しましょう。
仕事が長続きしない理由は、「人付き合いが苦手」「ミスに対して落ち込みやすい」など人によってさまざまです。
仕事が続かない人の特徴と対処法を解説!長く働ける会社を選ぶには?」では、仕事が続かない人にありがちな特徴や仕事を続けるための対処法をご紹介しています。自分に当てはまる特徴がないかチェックして、次の就職に活かしましょう。

就職の相談ができる場所を教えてください。

就職が相談できる主な場所には、ハローワークやサポステ、ジョブカフェなどの公的機関があります。包括的なサービスが受けられる就職エージェントの利用もおすすめ。詳しくは「就職相談はどこでできる?ハローワークの利用方法や正社員になるコツも解説」をご参照ください。
ハタラクティブでは、就活アドバイザーが一人ひとりに寄り添ったサポートを行っています。就活に不安を抱える方は、ぜひご活用ください。

この記事に関連するタグ