新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. ニートからの就職
  4. >
  5. ニート支援の紹介
  6. >
  7. 30代ニートが就職するには?職歴なしでの就活を成功させるポイントを解説

30代ニートが就職するには?職歴なしでの就活を成功させるポイントを解説

公開日:

最終更新日:

30代ニートが就職するには?職歴なしでの就活を成功させるポイントを解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・ニートは年齢を重ねるごとに就職が難しくなるので、早急に就活を開始するべき
  • ・30代ニートが就職を目指すには、生活リズムの改善やアルバイトを始めるのが有効
  • ・30代ニートの就活では自己分析や企業研究、空白期間をうまく説明することが重要
  • ・30代ニートが仕事を探す際は経験不問の求人に着目し、大企業にばかりこだわらない
  • ・30代ニートは、就職支援サービスを活用しながら求人を探すのがおすすめ

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

30代のニートの中には、「もう就職できないのではないか」「就職できないと将来どうなるのか」と不安を抱えている方もいるでしょう。しかし、30代ニートから正社員就職を目指すことは十分可能です。むしろ、行動を起こさず30代を過ぎてしまうと、就職難易度はより高まります。
このコラムでは、30代ニートの方の就活を成功させるポイントを解説。職歴なしから正社員就職を目指すには早めの行動が必要です。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

30代ニートは早急に就職を目指そう

30代のニートは、早めに就職を目指すのがおすすめです。
そもそもニートとは、厚生労働省の定義によると「15~34歳までの通学も家事もしていない若者」を指します。メディアでマイナスイメージを与えるような表現をされたこともあり、ニートを歓迎しない風潮も見られるのが現実です。つまり、ニートを続ければ続けるほど学歴や職歴の空白期間が延び、企業側の心象の面でも就職難易度が高くなるといえます。
30代でニート生活を送る人には、養ってくれる親の存在や人間関係への苦手意識、働くことへの自信のなさなど、さまざまな背景があるでしょう。しかし、親を頼れる期間には限りがあり、また、行動を起こさないままでは、将来への不安は解消されません。少しでも現状を打破したい気持ちがあるならば、就職に向けて一歩踏み出すことが重要なのです。

参照元
厚生労働省
よくあるご質問について その他

30代ニートのままだと求人がなくなる?

一般的に、就職市場における30代は経験や即戦力を求められる年代です。そのため、職歴なしの30代ニートが求人を探そうとしても、年齢と経験の面から応募条件を満たせない可能性が高まります。
30代前半であれば、未経験者を歓迎する企業も見られますが、30代後半から40代にかけては応募先の選択肢が大幅に減少するでしょう。
実際、独立行政法人労働政策研究・研修機構の調査によると、「(仕事を)探したが見つからなかった」という理由で求職活動を行わないニートの数は、男女共に年齢を追うごとに増加する傾向があります。

若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状 ③ 平成29年版「就業構造基本調査」93pの画像

引用:独立行政法人 労働政策研究・研修機構
若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状 ③ 平成29年版「就業構造基本調査」93p

図から、20代のうちは「仕事を探しても見つからなかった」という人が3~7%ほどなのに対し、30代になると6~10%に急増。年齢を重ねることで求職活動に苦労するニートが一気に増加することがうかがえます。しかし、求職活動を諦めてしまっては現状は打破できません。可能性をこれ以上狭めないためにも、早めの就職が重要というわけです。

参照元
独立行政法人 労働政策研究・研修機構
若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状 ③ -平成29年版「就業構造基本調査」より-

中卒の30代ニートも高卒認定より就活優先

中卒の30代ニートのなかには、学歴を上げるために高卒認定試験を受けようと考える方もいるでしょう。しかし、高卒認定は「高卒資格」とは別のもので、取得しても最終学歴は「中卒」のままです。高卒認定取得者と高卒者を同等に扱う企業が多数派であるものの、一方で中卒扱いする企業もあることは覚えておきましょう。
30代であれば、学歴にこだわって試験に時間を費やすより、就活を優先させた方が良い場合もあります。どうしても高卒認定を取得するなら年齢を考慮し、挑戦する期間や就職までのスケジュールをあらかじめ決めておくのが賢明です。

ニートのまま30代を過ぎると、将来起こりうるリスクはますます増えていきます。「高齢ニートの末路とは?就職を目指して今すぐ行動しよう!」を確認し、「若年層」であるうちに就職を目指しましょう。

30代ニートが就職に向けてやるべき4つのこと

ここでは、30代のニートが就職に向けてやるべきことを4つご紹介します。働くことに自信がない方は、徐々に生活リズムを整えたり、外の世界に触れたりすることから始めましょう。

1.生活リズムを整える

就活を行ったり企業に勤めたりするには、規則正しい生活が必要不可欠です。そのため、昼夜逆転の生活を送っている30代ニートの人は、生活リズムを整えましょう。
まずは夜更かしをやめ、朝決められた時間に起きられるようにします。朝日をしっかり浴び、朝食をとるとリズムがつきやすくなるでしょう。また、1日のスケジュールを立て、適度に運動することも効果的です。「午前中はウォーキングする」「午後は買い物を手伝う」など、身近なことから始めてみましょう。

2.ネットに依存せず人と直接コミュニケーションをとる

30代ニートの中には、ネットに依存し、常にスマートフォンやパソコンを見ている人も多いようです。しかし、就職を目指すのであれば、直接人に会って話すことに慣れる必要があります。
まずは、SNSやゲームに触れる時間を減らし、親や友人、買い物先の店員さんと会話する機会を持ちましょう。面接では明るい声のトーンと表情で話せるように、少しずつコミュニケーションに自信を持つことが大切です。

3.アルバイトで働くことに慣れる

アルバイトで働くことに慣れるのも、30代ニートの就職準備として効果的です。生活リズムを整えたり、コミュニケーションの機会を増やしたりする面でも有効なうえ、職歴なしの人も働く自信を持ちやすくなります。「ニートにおすすめのバイトを紹介!働くのが怖い人への不安解消法も教えます」を参考に、自分に合ったバイトを探してみましょう。
ただし、正社員就職を目指す場合はフリーター期間を長引かせすぎるのも問題です。30代という年齢を考慮し、アルバイト期間は必要最低限にとどめるか、「正社員登用制度」を整えている職場に勤めるのが良いでしょう。

4.資格取得や職業訓練でスキルアップする

就職に有利な資格を取ったり、ハローワークの職業訓練に参加したりするのも、30代のニートにおすすめの就職準備です。スキルやそれを得るための努力は、就活において一つの武器にもなります。
ただし、「資格取得に集中するあまり就職の機会を逃した」「受講期間が長い職業訓練を受けているうちに年齢を重ねてしまった」ということは避けたいもの。あくまでも「就職」を最優先の目標にしながら取り組むことをおすすめします。

30代ニートの就活の4つのポイント

30代のニートがスムーズに就活を進めるためには、ここで紹介する4つのポイントを押さえておくと良いでしょう。早く就職したいからといって、やみくもに求人に応募するのは望ましくありません。準備を徹底し、自分に合った企業に応募することが重要です。

1.ニートでも自己分析を欠かさない

30代のニートが就活をスムーズに進めるために欠かせないのが、自己分析です。自己分析とは、自分の性格や価値観、強みなどを明確にすること。自分がどんな人間なのかを知れば、自分に合った仕事を選びやすくなり、就活の際の自己PRにも役立ちます。
まずは過去の出来事を振り返り、楽しかったことや辛かったこと、頑張ったことなどを書き出してみましょう。ニート生活中に起きた些細なことでも構いません。どんな時に喜びを感じるのか、なにが苦手なのかを洗い出すことで、長所や短所が見えやすくなります。自己分析のやり方は「効果的な自己分析のやり方とは?」でも詳しく紹介しているので、参考にしてください。
どうしても自己分析がうまくいかない方は「他己分析」をしてもらうのもおすすめです。親に、自分はどのような子どもだったかを聞いてみたり、友人に自分との思い出で特に印象に残っていることを聞いてみたりすると、客観的な視点からの意見が得られる可能性があります。

2.ニートの「空白期間」を正直に説明する

30代ニートの多くは、就活で「なぜ、30歳になるまで働かなかったのか」「ニート期間は何をしていたのか」という質問を投げかけられます。「ニートの空白期間」について問われたら嘘はつかず、正直に説明することが大切です。
空白期間を隠したり短く見せたりしようとしても、採用のプロである面接官は態度や話のつじつまから嘘を見抜きます。嘘が発覚すれば信用を失い、就職も遠のいてしまうでしょう。
空白期間があっても、その期間にしていたことや働こうと思ったきっかけ、今後どのように成長したいかを前向きに伝えられれば、面接官のマイナスイメージは十分挽回できます。きちんとニートの過去を認めたうえで、現在は将来を見据えて行動していることを自信を持って示すことが就活を成功させるポイントです。
なお、「空白期間」に関する問いかけはニートの就活の定番質問といっても過言ではないため、あらかじめ回答をまとめておくのが良いでしょう。

3.視野を広げて企業研究する

30代ニートの就活には企業研究も欠かせません。まずは世の中にはどんな仕事があるのか、幅広く知ることから始めましょう。初めから業界や職種を絞りすぎると応募先の選択肢が狭まり、就活に行き詰まる恐れも。これまで知らなかった業界や、興味がなかった職種にまで視野を広げることで、自分に合った仕事が見つかりやすくなります。
応募してみたい企業が見えてきたら、その企業が求める人物像に自分がマッチしているかを確認しましょう。企業と自分のマッチ度が高いほど、志望動機や自己PRに説得力が増し、採用担当者の印象に残ります。

30代で未経験でも就職できる?おすすめの仕事や就活のコツを解説!」で紹介している30代ニートの就職におすすめの仕事から、企業研究を深めていくのも良いでしょう。

4.面接では明るいトーンで話す

30代ニートが面接に臨む際は、明るいトーンで話すことを意識しましょう。
職歴なしであることへの不安やコミュニケーションへの苦手意識から、つい話し声が小さくなってしまう30代ニートは少なくありません。しかし、面接で大切なのは自信を感じさせる前向きな言動です。面接に臨めている自分に自信を持ち、ハキハキと質問に答えましょう。声のトーンを意識するだけでも、面接官に与える印象はぐっと良くなります。

30代ニートの仕事選び4つのポイント

30代のニートが仕事を選ぶ際は、経験や年齢を問わない求人に着目しましょう。また、無理に背伸びせず「できること」を選択するのも、仕事に定着するための重要なポイントです。以下で詳しく解説します。

1.「できること」を仕事にする

30代のニートは、「できること」を仕事にするのが大切です。
やりたいことや好きなことを仕事にできれば、それに越したことはありません。しかし、「実際に働き始めたら思っていた仕事と違った」「イメージ以上に厳しい仕事だった」など、理想と現実とのギャップに苦労する人も多く見られるのが事実です。30代ニートや職歴なしの人は、仕事で失敗すると「自分には向いていない」「やっぱり駄目だった」と自信を失い、再び働くことから離れてしまう可能性も考えられます。
ニートから完全に脱却するためにも、早期離職は避けたいもの。まずは成功体験を積みやすい「自分にできる仕事」を選び、働くことの楽しさややりがいを感じましょう。そこでスキルを得てから、本当にやりたい仕事に転職する道もあります。

2.経験・年齢不問の求人に注目する

30代のニートが就職するためには「採用されやすい仕事」に応募することも重要です。「経験・年齢不問」「未経験者歓迎」など、間口の広い求人に注目しましょう。
初めから経験やスキルを求められる仕事にばかり応募しては、職歴のない30代ニートの方は就活に行き詰まることが予想されます。選考の不合格が続いて自信を失わないようにするためにも、まずは「働くこと」の経験値を積むつもりで、未経験者向けの仕事に応募することがおすすめです。ゼロからビジネスマナーを学びやすい営業職や販売職、人手不足の傾向がある介護職やIT系職種などが、採用されやすい仕事といわれています。
なお、いわゆる「ブラック企業」も求人の間口を広げている可能性があるので要注意。給与が異様に高い、具体的な仕事内容が分からない、明確な理由がないのに常に大量募集を行っているなどの特徴が見られたら、「経験・年齢不問」の仕事であっても警戒した方が良いでしょう。

3.大手企業ばかりに着目しない

働くなら有名な大手企業が良いと思う人もいるかもしれませんが、大手企業ばかりに的を絞った就活をするのは、ややリスクがあります。特に、職歴なしの30代ニートには厳しい就活になることが予想されるので、あまりおすすめできません。
大手企業は経営が安定しており、給与が高い、ネームバリューがあるといったプラスイメージもあるでしょう。しかし、採用倍率が非常に高く、職歴なしの30代ニートだと書類選考すら通過できないということも考えられます。また、大手企業だからといって誰にとっても働きやすい環境が整っているとは限りません。
中小企業のなかにも、安定性があり、大手企業に負けない待遇を整えている企業も数多く見られます。企業規模にこだわらず、自分にとって働きやすい仕事を見つけたい30代ニートの方は「「穴場企業」の良さを知る!大手企業への就職がすべてではない」も参考にしてみてください。

4.人と関わるのが辛いなら黙々とできる仕事を選ぶ

30代のニートの中には、どうしても人と関わることが辛いと感じる方もいるでしょう。その場合は、黙々とできる仕事を選ぶのも大切です。
コミュニケーションが苦手だからといって、働く気持ちを捨ててしまうのは避けたいもの。なるべく一人で取り組める仕事に就き、無理のないペースで人間関係を構築していきましょう。具体的には、警備やビルメンテナンスなどが、人と関わる機会が少ない仕事といわれています。
コツコツできる仕事とは?タイプ別におすすめの職種をご紹介!」では黙々と取り組みやすい仕事を詳しく紹介しているので、コミュニケーションに不安のある30代ニートの方はこちらも参考にしてみてください。

30代ニートの就職はサポーターも重要

30代のニートが就職を成功させるには、サポーターの存在も大変重要です。一人での就活は決して容易とはいえません。公的機関や就職支援サービスを最大限に活用しながら、ニート脱却を実現しましょう。

ハローワーク

ハローワークは全国各地にある、就職支援を行う公的機関です。無料での利用が可能なため、収入のないニートの方も安心して活用できます。
地元の求人情報を紹介してもらえるのはもちろん、セミナーや職業訓練など、働くための準備も行えます。応募書類の添削や模擬面接など、選考に進んでからのサポートも手厚いのが特徴です。
また、30代のニートにとっては「トライアル雇用」の仕事を紹介してもらえるのもメリットでしょう。トライアル雇用とは、企業と求職者がお互いの適性を判断するために、原則3カ月間の雇用契約を結ぶことです。トライアル期間終了後、企業と求職者の双方が合意すれば常用雇用に至ります。働くことに自信がない人や職歴なしの人でも、3カ月間じっくり仕事に慣れながら、企業との相性を見極めることができるでしょう。
厚生労働省によると、常用雇用に移行する人は約8割。いきなり正社員として就職するのが不安な30代ニートは、トライアル雇用も視野に入れてみるのがおすすめです。

地域若者サポートステーション

地域若者サポートステーションは全国177カ所に設置されている公的機関です。「コミュニケーションが苦手で就職に踏み切れない」「職歴なしで働く自信がない」など、ニートが仕事をしようとするうえで抱えやすい悩みを解決する支援を行っています。15歳~49歳が対象なので、30代ニートの方も安心です。
コミュニケーション講座やビジネスマナー講座などに参加すれば、就活を開始するにあたって必要な情報や知識を身に付けられるでしょう。また、職場見学・職場体験なども実施しているため「働く」ことのイメージを持つのにも役立ちます。ハローワークのような求人紹介は行っていませんが、30代ニートが就職へ踏み出す後押しをしてくれる機関といえるでしょう。

就職エージェントサービス

30代ニートの就職には、エージェントサービスの利用もおすすめです。就職エージェントとは、キャリアアドバイザーが求人の紹介から選考対策、企業への内定までを一貫してサポートしてくれる民間のサービス。ほとんどの場合、無料で利用することができます。
ハローワークの求人には、いわゆる「空求人」と呼ばれる、企業側に採用の意思がない募集案件も含まれているのが事実です。しかし、就職エージェントサービスが扱う求人情報は優良なものが多く、ブラック企業も排除されている傾向があります。そのため、仕事選びに迷う30代ニートも安心して求人の紹介を受けることができるでしょう。
また、面接日の調整や労働条件の交渉などもキャリアアドバイザーが代行してくれるのが一般的です。一人での就活が不安なニートには、大変有効なサポート役といえます。

就職エージェントサービスの利用を考えている30代のニートの方には、「ハタラクティブ」がおすすめです。
ハタラクティブは、ニートやフリーターなど、職歴に自信がない方のサポートに特化した就職エージェント。専任のアドバイザーによる丁寧なカウンセリングをもとに、利用者に最適な求人をご紹介します。取り扱っている求人は未経験者向けのものが多く、また、すべて企業に直接取材した情報です。そのため、実際の仕事内容や職場の雰囲気など、企業内部の気になる情報もお伝えすることができます。
面接対策や応募書類の添削、企業とのやり取りもすべてアドバイザーが行うので安心です。30代ニートの脱却を目指す方は、ぜひお気軽にご相談ください。

30代ニートの就職に関するQ&A

ここでは、就職について考える30代のニートの方が抱きやすい悩みや疑問を想定し、Q&A形式で解決します。

30代職歴なしのニートは就職できますか?

適切な就活を行えば十分可能です。ただし、年齢を重ねるごとに就職難易度は高まっていきます。これ以上、職歴なしの機関を延ばさないためにも、なるべく早急に就職を目指すのが賢明です。
詳しくはこのコラムの「30代ニートは早急に就職を目指そう」をご覧ください。

就職に向けて何から始めるべきですか?

夜型の生活を送っている方は、生活リズムを改善しましょう。また、人と直接コミュニケーションをとる機会を持つことも大切です。些細なことですが、働くうえでの重要な一歩となります。詳しくはこのコラムの「30代ニートが就職に向けてやるべき4つのこと」を参考に、「働くこと」に慣れるよう準備しましょう。

ニートの就活のポイントは何ですか?

自己分析や企業研究をかかさず、自分の強みや志望企業の情報をしっかり把握することが大切です。これらをおろそかにしたまま求人に応募しても、選考に行き詰まる可能性があります。また、ニート期間に関する質問に備え、自信を持って面接に臨むこともポイントです。詳しくはこのコラムの「30代ニートの就活の4つのポイント」をご覧ください。

どんな仕事を選べばいいか分かりません。

まずは「できること」を意識して求人を見るようにしましょう。年齢・経験不問の求人をチェックすれば、職歴なしから挑戦できる仕事が見つる可能性が高まります。コミュニケーションに苦手意識がある人は、黙々とできる仕事を選ぶ道もあります。詳しくは「ニートが就職しやすい仕事6選!支援機関でプロの力を借りよう」をご覧ください。

一人で就活を進めるのが不安です。

30代ニートの方の就職には、支援サービスの活用がおすすめです。ハローワークや地域若者サポートステーションといった公的機関は全国に設置されているため、積極的に利用し、プロのアドバイスを仰ぎましょう。また、民間の就職エージェントサービスの利用も有効です。「ハタラクティブ」にお気軽にご相談ください

関連キーワード

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

やりたいことがわからなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたがやりたいことを見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ