30代ニートは職歴なしでも正社員になれる?就職支援をうまく活用しよう

30代ニートは職歴なしでも正社員になれる?就職支援をうまく活用しようの画像

この記事のまとめ

  • ニートは年齢を重ねるごとに就職が難しくなるので、早急に就活を開始する
  • 30代ニートが就職を目指すには、生活リズムの改善やアルバイトを始めるのが有効
  • 30代ニートの就活では自己分析や企業研究、空白期間をうまく説明することが重要
  • 30代ニートが仕事を探す際は経験不問の求人に着目し、大企業にばかりこだわらない
  • 30代ニートは、就職支援サービスを活用しながら求人を探すのがおすすめ

30代のニートの中には、「もう就職できないのではないか」「就職できないと将来どうなるのか」と不安を抱えている方もいるでしょう。しかし、30代ニートから正社員就職を目指すことは十分可能です。むしろ、行動を起こさず30代を過ぎてしまうと、就職難易度はより高まります。このコラムでは、30代ニートの方の就活を成功させるポイントを解説。職歴なしから正社員就職を目指すには早めの行動が必要です。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

30代ニートは早急に就職を目指そう

30代のニートは、早めに就職を目指すのがおすすめです。
そもそもニートとは、厚生労働省の定義によると「15~34歳までの通学も家事もしていない若者」を指します。メディアでマイナスイメージを与えるような表現をされたこともあり、ニートを歓迎しない風潮も見られるのが現実です。つまり、ニートを続ければ続けるほど学歴や職歴の空白期間が延び、企業側の心象の面でも就職難易度が高くなるといえます。
30代でニート生活を送る人には、養ってくれる親の存在や人間関係への苦手意識、働くことへの自信のなさなど、さまざまな背景があるでしょう。しかし、親を頼れる期間には限りがあり、また、行動を起こさないままでは、将来への不安は解消されません。少しでも現状を打破したい気持ちがあるならば、就職に向けて一歩踏み出すことが重要なのです。

30代ニートになった原因

30代でニートを続けている原因として、病気や怪我で働けないことが考えられます。もともと正社員として働いていた人が、病気や怪我をきっかけに退職しニートになることもあるでしょう。
ほかに、自分に自信がなくて就職に踏み出せない、過去に人間関係や集団生活でうまく行かなかった経験がある、単純に働く必要がない、といった理由も。ニートになる原因については「ニートになる原因と心理的要因は?生活を改善して正社員就職を目指す方法」のコラムでもご確認いただけます。

参照元
厚生労働省
よくあるご質問について その他

30代ニートは求人がなくなる可能性が高い

一般的に、就職市場における30代は経験や即戦力を求められる年代です。そのため、職歴なしの30代ニートが求人を探そうとしても、年齢と経験の面から応募条件を満たせない可能性が高まります。
30代前半であれば、未経験者を歓迎する企業も見られますが、30代後半から40代にかけては応募先の選択肢が大幅に減少するでしょう。
実際、独立行政法人労働政策研究・研修機構の調査によると、「(仕事を)探したが見つからなかった」という理由で求職活動を行わないニートの数は、男女ともに年齢を追うごとに増加する傾向があります。

    探したが見つからなかった 希望する仕事がありそうにない 知能・能力に自信がない 病気・けがのため 急いで仕事に就く必要がない
15-34歳男女計 6.0 5.6 12.6 29.9 7.9
男性 15-19歳 2.5 7.6 8.5 10.6 7.0
20-24歳 6.8 9.4 11.1 15.0 8.0
25-29歳 6.6 4.4 13.7 30.8 8.2
30-34歳 9.6 5.3 14.8 34.6 7.4
女性 15-19歳 3.6 4.1 1.1 8.4 14.8
20-24歳 3.2 7.1 17.9 28.1 11.6
25-29歳 3.6 3.6 12.9 41.8 7.5
30-34歳 5.8 2.7 8.8 45.5 3.7

※一部抜粋、単位は%

引用:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「平成29年版就業構造基本調査「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状 ③(93p)

上記の図をみると、20代のうちは「仕事を探しても見つからなかった」という人が3~7%ほどなのに対し、30代になると6~10%に急増。年齢を重ねることで求職活動に苦労するニートが一気に増加することがうかがえます。しかし、求職活動を諦めてしまっては現状は打破できません。可能性をこれ以上狭めないためにも、早めの就職が重要というわけです。

参照元
独立行政法人 労働政策研究・研修機構
若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状 ③-平成29年版「就業構造基本調査」より-

30代ニートを続けるデメリット

30代は社会復帰するならラストチャンスといっても過言ではない年齢です。まず、30代ニートを続けるデメリットを解説するので、自身の将来をイメージしながら見ていきましょう。

就職先がなくなってしまう

先述したように、30代以降もニートを続けてしまうと就職先がどんどん少なくなってしまいます。また、就職先が少なくなるということは、それに比例して良い求人も少なくなるということ。条件を絞りながら良い求人を見つけたい、しっかり稼げる就職先を見つけたい方は、ぜひ30代から行動を起こしてニートを脱出しましょう。

家族や世間から孤立してしまう

30代以降もニートを続けていると、世間や家族との繋がりが希薄になっていってしまいます。周りの友人は働き、キャリアアップしていく年齢なので「良い歳をして何をしているのか」「なぜ、就職せずにフラフラしているのか」と、冷たい目で見られてしまうことも少なくありません。友人関係が途絶え、一人で孤独に過ごす人が多くなってしまいます。

結婚が難しくなってしまう

30代以降もニートを続けていると、男女問わずに結婚が難しくなります。結婚には最低限の経済力が必要なので、就職せず収入がない場合、結婚は現実的ではないでしょう。「将来は結婚して幸せな家庭を築きたい」と考えている方は、今からでも遅くないので、ニートを脱出するための行動を起こすべきです。

生活保護に頼らなければいけなくなる

最後に、ニートを続けるまま親の支援が無くなってしまうと、生活保護に頼らなければいけなくなってしまいます。ただし、生活保護は収入がないだけでは受給できません。病気やけがではなく、自分の意思で働いていない場合は「働くことができる」と判断され受給対象にならない可能性が高いです。しかし、年齢を重ねた状態で就職した経験がないと、就職するのも難しくなってしまうので、負のスパイラルに陥ってしまいます。

最悪の場合は衣食住に困ることも

今は実家で生活できていても、親が働けなくなったり亡くなったりして実家を手放さざるを得ない状況になる可能性もあります。衣食住に困る状況にもなり得ると心得ておきましょう。

参照元
厚生労働省
生活保護制度

30代ニートが就職を成功させるためのポイント4つ

先述したように、30代ニートが就職を目指すのであればなるべく早く行動を起こすことが望ましいです。しかし、早く就職をしたいからと、やみくもに活動をしても就職はできません。ここでは、30代ニートが就職を成功させるために心掛けておきたい4つのポイントを紹介します。

1.自己分析をする

30代のニートが就活をスムーズに進めるために欠かせないのが、自己分析です。自己分析とは、自分の性格や価値観、強みなどを明確にすること。自分がどんな人間なのかを知れば、自分に合った仕事を選びやすくなり、就活の際の自己PRにも役立ちます
まずは過去の出来事を振り返り、楽しかったことや辛かったこと、頑張ったことなどを書き出してみましょう。ニート生活中に起きた些細なことでも構いません。どんなときに喜びを感じるのか、なにが苦手なのかを洗い出すことで、長所や短所が見えやすくなります。自己分析のやり方は「自己分析のやり方が知りたい!ノートを使った簡単でおすすめの方法をご紹介」でも詳しく紹介しているので、参考にしてください。
どうしても自己分析がうまくいかない方は「他己分析」をしてもらうのもおすすめです。親に、自分はどのような子どもだったかを聞いてみたり、友人に自分との思い出で特に印象に残っていることを聞いてみたりすると、客観的な視点からの意見が得られる可能性があります。

2.企業研究をする

30代ニートの就活には企業研究も欠かせません。まずは世の中にはどんな仕事があるのか、幅広く知ることから始めましょう。初めから業界や職種を絞り過ぎると応募先の選択肢が狭まり、就活に行き詰まる恐れも。これまで知らなかった業界や、興味がなかった職種にまで視野を広げることで、自分に合った仕事が見つかりやすくなります
応募してみたい企業が見えてきたら、その企業が求める人物像に自分がマッチしているかを確認しましょう。企業と自分のマッチ度が高いほど、志望動機や自己PRに説得力が増し、採用担当者の印象に残ります。
30代・未経験の転職は厳しい?成功のコツとこれから目指せる職種をご紹介」で紹介している30代ニートの就職におすすめの仕事から、企業研究を深めていくのも良いでしょう。

3.内定がもらえやすい職種の現状を把握しておく

30代のニートは即戦力となれるだけの仕事経験を積んできていません。しかし、スキルや経験がなくても、人材を求めている職種や業界は多く存在します。「ニートの仕事の探し方とは?おすすめの職種や就活のポイントも紹介!」でも紹介しているように、人との関わりが少ない清掃や警備、人手不足で採用されやすい介護や営業などを検討してみましょう

4.ポジティブ思考になる

長いニート生活を送っているうちに、劣等感やネガティブな思考が身に染み付いてしまっている人もいます。ネガティブな言動を繰り返していると、よい結果を引き寄せることはできません。そのため、就職を成功させるにはポジティブな思考を意識するようにしましょう。

30代ニートが就職先を選ぶ4つのポイント

30代のニートが仕事を選ぶ際は、経験や年齢を問わない求人に着目しましょう。また、無理に背伸びせず「できること」を選択するのも、仕事に定着するための重要なポイントです。以下で詳しく解説します。

1.自分ができる仕事を選ぶ

30代のニートは、「できること」を仕事にするのが大切です。
やりたいことや好きなことを仕事にできれば、それに越したことはありません。しかし、「実際に働き始めたら思っていた仕事と違った」「イメージ以上に厳しい仕事だった」など、理想と現実とのギャップに苦労する人が多く見られるのも事実。30代ニートや職歴なしの人は、仕事で失敗すると「自分には向いていない」「やっぱり駄目だった」と自信を失い、再び働くことから離れてしまう可能性も考えられます。
ニートから完全に脱却するためにも、早期離職は避けたいもの。まずは成功体験を積みやすい「自分にできる仕事」を選び、働くことの楽しさややりがいを感じましょう。そこでスキルを得てから、本当にやりたい仕事に転職する道もあります。

2.経験・年齢不問の求人に注目する

30代のニートが就職するためには「採用されやすい仕事」に応募することも重要です。「経験・年齢不問」「未経験者歓迎」など、間口の広い求人に注目しましょう。
初めから経験やスキルを求められる仕事にばかり応募しては、職歴のない30代ニートの方は就活に行き詰まることが予想されます。選考の不合格が続いて自信を失わないようにするためにも、まずは「働くこと」の経験値を積むつもりで、未経験者向けの仕事に応募することがおすすめです。ゼロからビジネスマナーを学びやすい営業職や販売職、人手不足の傾向がある介護職やIT系職種などが、採用されやすい仕事といわれています。

3.人と関わるのが辛いなら黙々とできる仕事を選ぶ

30代のニートの中には、どうしても人と関わることが辛いと感じる方もいるでしょう。その場合は、黙々とできる仕事を選ぶのも大切です。
コミュニケーションが苦手だからといって、働く気持ちを捨ててしまうのは避けたいもの。なるべく一人で取り組める仕事に就き、無理のないペースで人間関係を構築していきましょう。具体的には、警備やビルメンテナンスなどが、人と関わる機会が少ない仕事といわれています。
コツコツできる仕事とは?タイプ別の職種や正社員を目指すポイントを紹介!」では黙々と取り組みやすい仕事を詳しく紹介しているので、コミュニケーションに不安のある30代ニートの方はこちらも参考にしてみてください。

4.大手企業ばかりに着目しない

働くなら有名な大手企業が良いと思う人もいるかもしれませんが、大手企業ばかりに的を絞った就活をするのは、ややリスクがあります。特に、職歴なしの30代ニートには厳しい就活になることが予想されるので、あまりおすすめできません。
大手企業は経営が安定しており、給与が高い、ネームバリューがあるといったプラスイメージもあるでしょう。しかし、採用倍率が非常に高く、職歴なしの30代ニートだと書類選考すら通過できないということも考えられます。また、大手企業だからといって誰にとっても働きやすい環境が整っているとは限りません。
中小企業の中にも、安定性があり、大手企業に負けない待遇を整えている企業も数多く見られます。企業規模にこだわらず、自分にとって働きやすい仕事を見つけたい30代ニートの方は「就職は穴場企業もおすすめ!ホワイトな業界や企業の見つけ方を紹介」も参考にしてみてください。

30代ニートが就活するときに気をつける3つのこと

30代ニートからの就職に焦って行動を起こすと、失敗をしてしまうこともあります。ここで解説する3つの注意点を押さえて、効率的な就活を始めましょう。

1.焦って正社員ばかりを目指さない

30代ニートから就活を始めたものの、思うような結果がなかなか得られない状況に焦って自分を追い詰めてしまわないようにしましょう。もし、就活がうまくいかない場合には、まずはアルバイトから経験を積む、職業訓練を受けるなどして、正社員を目指すことだけに固執しないようにするのがポイントです。

2.ニートになった理由を明確にしておく

面接では職歴にブランクがある理由を確認されるため、ニートになった理由を説明できるようにしておきましょう。その際、これからニートを抜け出そうとしているというポジティブな印象も伝えます。また、面接対策だけでなく、これからニートから抜け出すための対策を立てるためにも、その理由を明確にしておくことは重要です。

3.面接では明るいトーンで話す

30代ニートが面接に臨む際は、明るいトーンで話すことを意識しましょう。
職歴なしであることへの不安やコミュニケーションへの苦手意識から、つい話し声が小さくなってしまう30代ニートは少なくありません。しかし、面接で大切なのは自信を感じさせる前向きな言動です。面接に臨めている自分に自信を持ち、ハキハキと質問に答えましょう。声のトーンを意識するだけでも、面接官に与える印象はぐっと良くなります。

30代ニートの就職はサポーターも重要

30代のニートが就職を成功させるには、サポーターの存在も大変重要です。一人での就活は決して容易とはいえません。公的機関や就職支援サービスを最大限に活用しながら、ニート脱却を実現しましょう。

公的な就職支援機関を利用する

30代までニートをしてきた人がいきなり就活を始めても、自分の力だけで就職にたどり着くことは難しい場合もあります。
そのため、自分の力だけでは就職が厳しいと感じたら、公的な就職支援機関の利用を検討しましょう。就職のサポートを受けることで、就活が進めやすくなります。

ハローワーク

ハローワークは全国各地に点在する就職支援を行う公的機関です。無料で利用できるため、収入のないニートの方も安心して活用できます。
地元の求人情報を紹介してもらえるのはもちろん、セミナーや職業訓練など、働くための準備も行えるのが特徴。応募書類の添削や模擬面接など、選考に進んでからのサポートも手厚いのが魅力です。
また、30代のニートにとっては「トライアル雇用」の仕事を紹介してもらえるのもメリットの一つといえます。トライアル雇用とは、企業と求職者がお互いの適性を判断するために、原則3カ月間の雇用契約を結ぶことです。トライアル期間終了後、企業と求職者の双方が合意すれば常用雇用に至ります。働くことに自信がない人や職歴なしの人でも、3カ月間じっくり仕事に慣れながら、企業との相性を見極めることができるでしょう。
いきなり正社員として就職するのが不安な30代ニートは、トライアル雇用も視野に入れてみるのがおすすめです。

地域若者サポートステーション

地域若者サポートステーションは全国177カ所に設置されている公的機関です。「コミュニケーションが苦手で就職に踏み切れない」「職歴なしで働く自信がない」など、ニートが仕事をしようとするうえで抱えやすい悩みを解決する支援を行っています。15~49歳が対象なので、30代ニートの方も安心です。
コミュニケーション講座やビジネスマナー講座などに参加すれば、就活を開始するにあたって必要な情報や知識を身につけられるでしょう。また、職場見学・職場体験なども実施しているため「働く」ことのイメージを持つのにも役立ちます。ハローワークのような求人紹介は行っていませんが、30代ニートが就職へ踏み出す後押しをしてくれる機関といえるでしょう。

転職エージェントを利用する

30代ニートの就職には、エージェントサービスの利用も検討してみましょう。就職エージェントとは、キャリアアドバイザーが求人の紹介から選考対策、企業への内定までを一貫してサポートしてくれる民間のサービス。ほとんどの場合、無料で利用することができます。
ハローワークの求人には、いわゆる「空求人」と呼ばれる、企業側に採用の意思がない募集案件も含まれているのが事実です。しかし、就職エージェントサービスが扱う求人情報は優良なものが多く、ブラック企業も排除されている傾向にあります。そのため、仕事選びに迷う30代ニートも安心して求人の紹介を受けられるでしょう。
また、面接日の調整や労働条件の交渉などもキャリアアドバイザーが代行してくれるのが一般的です。一人での就活が不安なニートには、大変有効なサポート役といえます。

就職エージェントの利用を考えている30代ニートの方には、ハタラクティブがおすすめです。
ハタラクティブは若年層のニートやフリーターなど、職歴に自信がない方のサポートに特化した就職エージェントです。専任のアドバイザーによる丁寧なカウンセリングをもとに、利用者に最適な求人を紹介します。取り扱っている求人は未経験者向けのものが多く、また、すべて企業に直接取材した情報です。そのため、実際の仕事内容や職場の雰囲気など、企業内部の気になる情報もお伝えすることができます。
面接対策や応募書類の添削、企業とのやり取りもすべてアドバイザーが行うので安心です。30代ニートの脱却を目指す方は、ぜひお気軽にご相談ください。

30代ニートの就職に関するQ&A

ここでは、就職について考える30代のニートの方が抱きやすい悩みや疑問を想定し、Q&A形式で解決します。

30代職歴なしのニートは就職できますか?

適切な就活を行えば十分可能です。ただし、年齢を重ねるごとに就職難易度は高まっていきます。これ以上、職歴なしの期間を延ばさないためにも、なるべく早急に就職を目指すのが賢明です。詳しくはこのコラムの「30代ニートは早急に就職を目指そう」をご覧ください。

就職に向けて何から始めるべきですか?

夜型の生活を送っている方は、生活リズムを改善しましょう。また、人と直接コミュニケーションをとる機会を持つことも大切です。些細なことですが、働くうえでの重要な一歩となります。詳しくは「ニートが就職するには?現状から脱出する方法まとめ!」を参考に、「働くこと」に慣れるよう準備しましょう。

30代ニートの就活のポイントは何ですか?

自己分析や企業研究をかかさず、自分の強みや志望企業の情報をしっかり把握することが大切です。これらをおろそかにしたまま求人に応募しても、選考に行き詰まる可能性があります。また、ニート期間に関する質問に備え、自信を持って面接に臨むこともポイントです。詳しくはこのコラムの「30代ニートが就職を成功させるためのポイント4つ」をご覧ください。

どんな仕事を選べばいいか分かりません。

まずは「できること」を意識して求人を見るようにしましょう。年齢・経験不問の求人をチェックすれば、職歴なしから挑戦できる仕事が見つかる可能性が高まります。コミュニケーションに苦手意識がある人は、黙々とできる仕事を選ぶ道もあります。詳しくは「ニートからの就職はスピードが肝心!支援機関を使って就活を有利に進めよう」をご覧ください。

一人で就活を進めるのが不安です。

30代ニートの方の就職には、支援サービスの活用がおすすめです。ハローワークや地域若者サポートステーションといった公的機関は全国に設置されているため、積極的に利用し、プロのアドバイスを仰ぎましょう。また、民間の就職エージェントサービスの利用も有効です。ハタラクティブにお気軽にご相談ください。

関連タグ