20代のニートが就職を成功させる方法とは?正社員の目指し方を徹底解説

20代のニートが就職を成功させる方法とは?正社員の目指し方を徹底解説の画像

この記事のまとめ

  • 20代ならニートからの就職は可能
  • 20代前半はやる気やポテンシャルに期待されるが、後半になると経験も求められ始める
  • ニート生活が長かった20代の人は、就職活動の前にアルバイトから始めるのもアリ
  • 20代のニートが就職するには未経験歓迎の職種や人手不足の業界が狙い目
  • 就職活動が不安な人はジョブカフェやハローワーク、就職エージェントなどを利用しよう

20代のニートの中には、いつかは就職をしたいと考えている人も多いでしょう。年齢が上がるほどニートからの就職は難しくなってくるのが現実ですが、20代という若さがあれば就職は不可能ではありません。
このコラムでは、20代のニートが就職するために知っておくべきことや、採用のポイントなどをまとめています。就職を目指したいニートの方は、ぜひご覧ください。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

20代のニートは就職可能?

20代のニートは就職可能?の画像

年齢が若い20代のうちであれば、ニートであっても就職を成功させることは可能です。
働いていない期間がある人を雇うのは企業にとってリスクのように思えますが、若い人材を一から育て、戦力にしたいと考えている企業は多く存在します。近年では、一度新卒で就職したあと早期退職をした第二新卒や、就業経験のない既卒を積極的に採用する企業も増加。ニート期間がある人でも、働く意欲や熱意をアピールできれば、採用される可能性が高いといえるでしょう。
このように、年齢が若いうちはチャンスはまだまだ存在します。ニートの方が就職を希望するのであれば、できるだけ若いうちに動き出すのがポイントです。

20代ニートの実態

総務省の「労働力調査(基本集計)図11若年無業者及び35~44歳無業者の数及び人口に占める割合の推移」によると、2020年の若年層のニートの総数は69万人でした。また、同調査では、若年層および35~44歳のニートの数と人口に占めるニートの割合の推移が、以下のように記されています。

20代ニートの実態の画像

引用:総務省「労働力調査(基本集計)図11 若年無業者及び 35~44 歳無業者の数及び人口に占める割合の推移

2019年から2020年の間に、若年層のニートの割合が大きく跳ね上がっていることが分かります。人口に占める割合を見ると、若年層のなかでも特に15~24歳のニートの割合が増えているようです。

参照元
総務省統計局
労働力調査(基本集計)2020年(令和2年)平均結果

20代でニートになる理由

20代でニートになった人は、就職活動で内定をもらえなかったり、新卒で入社したものの、すぐに辞めてしまったりすることが原因である場合が多いようです。また、学生のときにやりたい仕事が見つからず、就職活動をしないまま卒業して既卒のニートになったという方もいます。
20代前半のニートのなかには、生活の自由さや「就職しようと思えばいつでもできる」という油断から、就職活動をしない方もいるでしょう。しかし、20代後半になると、就職した同年代の友人がある程度責任のある立場になったり、結婚して家庭を持ったりする姿を見る機会が増えていきます。周りの人との差を目のあたりにすることで、劣等感や将来に対する不安などが大きくなり、就職を意識し始める人も少なくありません。

ニートの生活保護は簡単に受けられない

「お金がなくなったら生活保護を受ければ良い」と考えて就職しないニートの方もいるかもしれませんが、生活保護は簡単に受給できるものではありません。生活保護を受けるためには、以下の条件をすべて満たす必要があります。

・1.土地や家屋、車などの資産を売却して生活費に充てる
・2.健康上問題のない者は就労する
・3.年金や各種手当の給付を受けられる人は活用する
・4.両親や親族からの援助を受ける

上記のように、資産や能力を全て活用したうえで、世帯収入が最低生活費よりも低い場合に生活保護は受給できます。特に病気や障がいのないニートの方は、まず就労を求められるでしょう。そのため、生活保護は受給できない可能性が高いといえます。

20代前半と後半のニートでは採用ハードルが違う

20代前半と後半のニートでは、採用ハードルの高さが若干異なります。20代後半のニートのほうが就職難易度は上がりますが、就職自体が無理になるということはないのでご安心ください。ここでは、両者にどのような違いがあるのか解説するので、ご自身の年齢に合った対策を立てましょう。

20代前半の採用ポイント

企業が20代前半のニートに求めているのはスキルや経験よりも、やる気やポテンシャルです。「20代のニートは就職可能?」でも触れましたが、ニートであるかどうかに関わらず20代の若者を採用したいと考えている企業は多くあります。若手が欲しい企業にとって、20代前半の求職者は貴重な人材です。
20代前半のニートの方は、面接でやる気や熱意をアピールすることが大切。ニートであるからといって自分自身を卑下したり、自信のなさを見せたりすると、せっかくの若さというメリットを活かせません。ニート期間の反省も必要ですが、「今後どう活躍したいのか」といった将来の展望を伝えるほうが、採用担当者には魅力的に映るでしょう。

20代後半の採用ポイント

20代後半の場合はやる気やポテンシャルに加え、ある程度のスキルや経験も求められます。未経験のニートと経験者が応募してきた場合、企業はやはり経験者を採用する可能性が高いでしょう。
少しでも採用の可能性を上げるために、20代後半のニートの方は未経験歓迎の求人をターゲットに探すのがおすすめ。未経験でも応募できる求人が出ている可能性が高いのは、介護系やIT系、飲食系などの慢性的な人手不足とされている業界です。また、就職活動の際は、20代前半のニートの方と同様にやる気や熱意のアピールが効果的。さらに、応募前に業界について勉強し、持っていると有利な資格の勉強をするのも、就職にプラスに働く可能性があります。

20代のニートが就職活動を始める前にすべきこと

20代のニートが就職活動を始める前にすべきことの画像

ここでは、20代のニートが就職活動を始める前にすべきことをご紹介します。就職活動の開始は早いに越したことはありませんが、長い間就労していなかった状態から急に動き出すと体がついていかない恐れも。ニート期間中に不規則な生活をしていた、ずっと家にいて運動をしていなかったという方は、まず以下のことから始めてみましょう。

生活習慣を整える

20代のニートは、就職活動の前に生活習慣を整えることから始めましょう。しばらく働くことから離れ自由な生活を送っていた人が、社会人に戻るのは思っている以上に大変です。特にニート期間が長くなればなるほど、規則正しい生活に戻すのは時間がかかるでしょう。乱れた生活習慣のまま就職活動を始めると疲労やストレスが溜まりやすくなり、面接で思わぬミスをしてしまう可能性もあります。早寝早起きをして決まった時間に食事を摂ったり、ウォーキングや短時間のランニングなどの軽い運動をしたりすることで、徐々に生活習慣は改善されていきます。規則正しい生活は健康維持にも繋がるので、ぜひ実践してみてください。

短時間のアルバイトから始めるのもアリ

いきなり就職することに不安がある20代のニートは、短時間のアルバイトから始めてみるのもおすすめです。自分にどのような仕事が向いているのかを考え、興味のある業界や長く続けられそうな仕事を探してみましょう。実際に働いてみることで、自分が何を重要視して働きたいのかを知れるので、就職先選びの際に役立ちます。また、アルバイトであっても経験を積めば、就職活動において立派なアピールポイントになるでしょう。

20代のニートが就職しやすい業界と職種

20代のニートが就職しやすい業界と職種の画像

ここでは、20代のニートが就職しやすい業界と職種をご紹介します。「20代前半と後半のニートでは採用ハードルが違う」でも触れましたが、ニートが就職しやすいのは未経験歓迎の職種や人手不足の業界です。「どんな職種や業界なら就職しやすいのだろう?」とお悩みの方は、参考にしてみてください。

就職しやすいおすすめの業界

20代のニートの方でも就職しやすい業界は、以下のとおりです。

・IT業界
・飲食業界
・不動産業界
・建設業界

これらの業界は慢性的な人手不足で悩んでいる企業が多いため、面接に進みやすいでしょう。特に若手を欲しがっている企業にやる気をアピールできれば、ニートであっても就職は成功しやすいといえます。

就職しやすいおすすめの職種

以下の3つの職種は就職しやすく、20代のニートの方にもおすすめです。

・営業職
・エンジニア
・介護職

営業職は、特に未経験者を歓迎している企業が多いです。社会人としての基本スキルを身につけやすく、キャリアアップもしやすいため、20代のニートの就職におすすめ。また、介護職も未経験歓迎の求人が多くあります。介護に役立つ資格取得を支援する施設もあるので、働きながらスキルアップしたいニートは検討してみてください。エンジニアも、多くの業界で応用が利き、将来的に転職しやすい職種なので、ニートの就職におすすめです。
ニートからの就職でおすすめの職種については「ニートから正社員になれる?おすすめの職種や就職のポイントをご紹介」にも掲載しています。こちらも参考にご覧ください。

20代のニート向け!正社員就職の目指し方

ここでは、20代のニートに向けた正社員就職の目指し方をご紹介します。以下のポイントを押さえ、しっかり準備をしてから就職活動に臨みましょう。

自己分析を行う

20代のニートが就職を成功させるためには、自己分析が必要不可欠です。自己分析を行うことで自分の強み・弱みを認識できるので、自分に合った企業選びが可能になります。「やっぱりこの仕事は向いていないかも…」という入社後のミスマッチを減らせるのもメリットです。自分のことをよく理解しておけば、面接の場でも発言の矛盾をなくせるできるでしょう。自分を良く見せようと、その場限りの言葉で取り繕うのではなく、ありのままの自分をアピールするのが、ニートが就職を成功させるポイントです。
詳しい自己分析のやり方については、「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」でご紹介していますので、ぜひご覧ください。

気になる企業は応募の前に評判を調べる

一つの職場で長く働きたい20代のニートは、気になる求人を見つけたら、応募の前に企業口コミサイトで評判を調べてみましょう。評判が悪いブラック企業である場合、求人に掲載されているものと実際に就職したあとの条件や待遇がまったく異なる可能性もあるからです。企業の口コミサイトでは、在籍中または退職済の社員による職場環境の本音が書かれているため、社内の実態が分かります。企業の風土は実際に働いてみるまで分からないため、特に念入りに調べて、入社後のミスマッチを防ぎましょう。

志望動機と企業の求める人物像に接点を作る

20代のニートが採用に近づくポイントは、志望動機と企業の求める人物像との間に接点を作ることです。採用担当者は新入社員に早期離職されないよう、社風に合った人材を求めています。そのため、たとえ経験やスキルのある応募者であっても「うちの会社には合わなさそう」と思われると不採用になる可能性が高いでしょう。社風に合っていると思われるためには、求人の募集要項だけでなく、企業のWebサイトで企業理念・事業内容などを確認し、どのような人物が求められているのかを読み取ることが大切。探求心のある人、自ら考えて行動できる人など、企業の求める人物像が見えてきたら、自分はそれに当てはまる人材だとアピールする志望動機を作りましょう。20代の若さややる気・ポテンシャルに加えて、社風に合っている人物だと思われれば、就職成功に大きく近づきます。

自分の強みを自己PRに盛り込む

就職したい20代のニートは、自己PRに自分の強みを盛り込むようにしましょう。面接では、企業に対して自分を採用するメリットを提示する必要があります。たとえ未経験歓迎の求人であっても、企業は将来的に戦力になる人材を採用したいと考えているからです。自己分析で認識した強みを仕事でどのように活かせるかアピールすることで、入社後に自分が活躍している姿をイメージしてもらいやすくなり、採用に一歩近づけるでしょう。

ニートでいた理由を説明できるようにする

20代のニートは、今までニートでいた理由を説明できるようにしておくのも忘れないようにしましょう。「なぜニートになったのか」という質問は、面接において高確率で質問されます。そういった場合、嘘をついたり経歴を詐称したりせず、素直に理由を話して、反省点や改善しようと努力している点などを伝えましょう。就職活動では、ニートであるからといってネガティブにならず、自分をありのままにアピールすることが大切です。

既卒のニートは職歴にアルバイト経験を書こう
職歴がない既卒のニートでも、学生時代にアルバイトをした経験があれば、それを職歴欄に書きましょう。「職歴なし」と書くより、アルバイトであっても働いた経験があるとアピールした方が有利になります。

就職活動が不安な20代のニートはプロに相談しよう

就職活動が不安な20代のニートはプロに相談しようの画像

就職活動に不安を覚えるニートの方は、プロに相談するのも選択肢の1つです。20代で就職活動をしないまま既卒になってしまった方や、現在ニートであるという負い目から自信を無くしている方などは、就職についての悩みを1人で抱え込む必要はありません。初めて就職活動をする、ニート期間が長かったという方は、第三者のアドバイスを受けられるジョブカフェやハローワーク、就活エージェントなどを利用すると良いでしょう。以下のような就職支援機関で就職活動をすれば、求人の紹介はもちろん、応募書類の書き方や面接の受け方など、就職に役立つさまざまなアドバイスをもらえます。

ジョブカフェ

就職活動を始めることに不安がある20代のニートには、ジョブカフェがおすすめです。ジョブカフェは就職したい若者を全面的にサポートする就職支援施設で、求人紹介や職場体験を受けられるほか、相談やセミナーへの参加だけでも利用できます。ジョブカフェはハローワークと併設されていたり、出張所でサービスを行っていたりと地域ごとに展開方法が異なるため、相談に行ってみたいニートは最寄りの場所を調べてみましょう。

ハローワーク

ハローワークでは、主に求職者への求人紹介や職業訓練の手続き、就職相談などを受けられます。20代のニートをはじめ、年齢や経歴などを問わず誰でも利用可能です。書類添削や面接指導なども行っているので、これまで就職活動をしたことがない既卒のニートの方でも安心して利用できるでしょう。ハローワークについては「ハローワークはニートも利用できる?就職先を見つける6つの方法」で詳しく解説しているので、こちらも併せてご覧ください。

就職エージェント

就職エージェントは民間が運営している就職活動のサポート機関です。ハローワークと同じように就職を希望する人を支援していますが、各エージェントによって支援する層が異なるため、より自分にあったサポートを選ぶことができます。20代の若年層や既卒のニート向けの就職エージェントも多いため、自分の年代や目指したい業界などに合わせて利用してみましょう

就職エージェントのハタラクティブは、フリーターやニート、既卒・第二新卒など、20代を中心とした若年層の就職活動をサポートしています。専任のアドバイザーとマンツーマンでカウンセリングを行い、一人ひとりの状況や適正を確認したうえで、ご希望の条件に合った求人をご紹介。応募する企業を把握しているからこそできるアドバイスで書類の添削や模擬面接を行い、就職内定率をぐっと引き上げます。
また、企業とのやり取りをすべてハタラクティブが代行したり、就職前に疑問点や不安な点を解決したりするなど、細かなサポートも実施。1人で就職活動を進めるのが不安なニートは、ぜひハタラクティブにご相談ください。

20代ニートの就職に関するQ&A

ここでは、20代ニートの就職に関するQ&Aをまとめました。20代のニートは就職できるのか、何歳までに就職しないといけないのかなど、気になる疑問にお答えします。

20代のニートでも就職はできますか?

20代であれば、ニートであっても就職できるチャンスはあります。スキルや経験がなくても若い人材を求めている企業は多いため、働く意欲とニート期間の反省をアピールできれば採用の可能性は十分あるでしょう。「早めの行動が人生を変える!20代ニート就職成功への道」のコラムでは、20代のニートが就職するためのアドバイスが掲載されているのでこちらも併せてご覧ください。

ニートが就職するための年齢制限はありますか?

制限はありませんが、年齢を重ねれば重ねるほど就職に不利になっていくのは事実です。20代は、スキルがなくてもポテンシャルで評価してもらえる貴重な年代。ニートが就職するには、20代であるうちが最も有利であるといえます。就職したいニートの方は、早めに就職活動を始めましょう。ニートが若いうちに就職すべき理由については、「ニートって何歳まで?20代のうちに就活すべき理由や注意点を解説!」のコラムでもご紹介しています。

未経験でも仕事は見つかりますか?

人手不足の業界や若手を求める企業では、未経験者を積極的に募集していることがあります。さらに、入社後の研修が充実した企業であれば、働きながらスキルを身につけることも可能です。ニートが就職しやすい仕事については「ニートで目指せる職種を知ろう!求人は何を確認すべき?」でご紹介しているので、こちらも併せてご覧ください。

就職活動の不安や疑問はどうやって解決すれば良いですか?

1人で解決できない就職活動の不安があるときは、ハローワークや就職エージェントなどの就職支援機関に頼りましょう。就職活動のプロであるアドバイザーが相談に乗ってくれます。就職エージェントのハタラクティブは、20代のニートを含む若年層に特化したサービスです。就職活動について不安なことがある方は、ぜひハタラクティブをご利用ください。

関連タグ

  • arrow