諦めるのはまだ早い!20代ニートが就職する方法

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 諦めるのはまだ早い!20代ニートが就職する方法

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・20代前半のニートは、働いていない期間があっても求人がある安心感からニートを続けてしまいがちだが、後半になると不安や焦りが大きくなり就職を考える人が増える
    ・やる気やポテンシャルを重視して採用する企業は少なくないため20代前半であれば就職は可能だが、後半になると求人の数が減り始める
    ・20代前半のニートの人が就職を目指す場合は、若さと熱意を全面にアピールすると効果的
    ・20代後半の就職は、未経験から社員になれる求人を探す、資格取得の勉強をするなど就職がしやすくなる方法を考える
    ・ニートから社会人を目指すには、生活改善を行う、体力をつける、ハローワークや就活エージェントなどのサポート機関を活用するといった点がポイント

諦めるのはまだ早い!20代ニートが就職する方法の画像

ニートの人の中には、いつかは就職をしたいと考えている人も少なくないでしょう。年齢が上がれば上がるほど、ニートの人の就職は難しくなってくるのが現実ですが、20代という若さがあれば就職は不可能ではありません。
このコラムでは、20代のニートの人が就職するために知っておくべきことや、就職のポイントなどをまとめています。

 

20代ニートの実態

ニートになるきっかけはさまざまですが、20代でニートになった人は以下のような理由であることが多いとされています。

・新卒の就職に失敗してそのままニートになった
・就職した会社が合わず早期退職したが転職をしなかった
・やりたいことがない

20代でニートになる人は、新卒で内定をもらえなかったり、入社はしたけれど辞めてしまったりという就活を経験している人と、はじめから就職に興味がなく、就活自体しなかったという人に分かれるようです。

20代前半の場合は、ニートの自由さや、就職しようと思えばいつでもできるという安心感から、そのままニート生活を続けている人が多いでしょう。
しかし、20代後半になってくると、就職した同年代の友人などが、ある程度責任のある立場になったり、結婚して家庭を持ったりする姿を見る機会が増えてきます。
開いてしまった周りの人との差を目のあたりにすることで、劣等感や将来に対する不安などが大きくなり、就職を意識し始める人も少なくありません。

 

20代は就職可能?

20代は就職可能?の画像


職歴がなかったり、ブランク期間が長かったりするニートの人の中には、自分の経歴に自信を持てず就職が難しいのではないかと感じる人もいるようですが、年齢が若いうちであれば、正社員を目指すことは可能です。
確かに、働いていない期間がある人を雇うのは企業にとってリスクのように思えますが、若い人材を一から育て、戦力にしたいと考えている企業は多く存在します。
近年では、一度新卒で就職したあと早期退職をしてしまった人を、第二新卒として採用する企業も増えているため、ニート期間がある人でも、働く意欲や熱意をうまくアピールできれば、採用される可能性が高いといえるでしょう。

このように、年齢が若いうちはチャンスはまだまだ存在します。ニートの方が就職を希望するのであれば、できるだけ若いうちに動き出すのがポイントです。

 

20代前半と後半では採用ハードルが違う

前項でもお伝えしたとおり、ニートの人が就職を成功させるには若さが鍵となります。
では、同じ20代でも後半では就職が不可能なのかというと、そうではありません。20代前半の人よりも難易度は上がりますが、就職自体が無理になるということはないでしょう。
前半と後半で、どのような違いが出てくるのかを知りましょう。

【20代前半の採用ポイント】

ご説明している通り、20代前半の若い人材を採用したいと考えている企業は少なくありません。
そういった企業は、経験やスキルではなくポテンシャルに期待して採用を決めるため、やる気や熱意をアピールすることが大切。
自分自信を卑下したり自信のなさを見せると、せっかくの若さというメリットを活かすことができません。
ニート期間を素直に反省することは必要ですが、それだけではなく、今後どう活躍したいのかといった展望を持つ人のほうが採用担当者には魅力的に映るでしょう。

【20代後半の採用ポイント】

20代後半という年齢が20代前半と大きく異なる点は、社会人として働いている人であれば、それなりに経験を重ねスキルを持っている人がほとんどだということ。
企業も、この年齢の人を雇うのであれば、そういった即戦力になる人材を採用したいと考えていることが多いため、未経験の人が応募する求人に、スキルや経験を持った人たちが応募してきた場合、企業はそちらを採用する可能性が高いでしょう。
こういった理由から、20代前半と比べると応募できる求人は限定されることになります。

未経験でも応募できる求人が出ている可能性が高いのは、介護系やIT系、飲食系などの慢性的な人手不足とされている業界。まったくの未経験から正社員となる場合は、こういった求人を探すのがおすすめです。
就活の際は、働くことへの意欲や熱意をアピールすることはもちろん、応募前に業界について勉強したり、持っていると有利な資格取得を目指すのもプラスになるでしょう。

そして、ほとんどの面接では「なぜニートになったのか」という質問をされることになります。
そういった場合、嘘をついたり経歴を詐称することはせず、素直に理由を話し、反省点や改善しようと努力している点などを伝えましょう。
自分自身について話すことが苦手な人は、自己分析をすると効果的です。自分の過去を振り返り、なぜそうなったのかを考えたり、自分の得意なことや好きなこと書き出して傾向を知ったりすると、客観的に自分を見ることができるようになります。
ネガティブになりすぎず自分をありのままにアピールしましょう。

 

ニートから脱出するには

ニートから脱出するにはの画像


しばらく働くことから離れ、自由な生活を送っていた人が社会人に戻るのは思っている以上に大変です。特にニート期間が長くなればなるほど、規則正しい生活に戻すのは時間がかかるでしょう。
その生活のまま就活を始めると、疲労やストレスが溜まり就活自体がうまくいかなくなる可能性もあります。せっかく就職をすると決めたのであれば、途中で挫折することのないようまずは生活習慣から改善することです。
早寝早起きをして、食事を3食きちんと摂る。ウォーキングなどの軽い運動をして体力をつける。とても簡単なようですが、こういった小さなことから確実にクリアしていくことが大切なのではないでしょうか。

また、いきなり就職をすることに不安があるのであれば、アルバイトなど短時間の仕事から始めてみるのもおすすめです。
自分にどんな仕事が向いているのか適正を考え、興味のある仕事、続けられそうな仕事を探してみましょう。
実際に働いてみることで、就活の仕事選びの際にどんなことを重要視すればいいのかを知ることができますし、アルバイトであっても働くことで経験を積めば、就活の際には立派なアピールポイントになります。

 

正社員就職の目指し方

就活をする準備が整ったら、まずは応募できる求人を探します。
求人は、求人情報誌、求人サイト、ハローワークなどで探すことができますが、はじめての就活やニート期間が長いという方は第三者のアドバイスを受けながら就活できる、ハローワークや就活エージェントを利用するといいでしょう。
一人で行う就活と異なり、こういったサポート機関で就活すると求人の紹介はもちろん、応募書類の書き方や面接の受け方など、就活で役立つアドバイスを受けることができます。
ハローワークを通して就活をすれば、就職の前に技術や知識を身につけられる職業訓練校に通うこともできるなど、メリット大です。
一方の就活エージェントは、民間が運営しているサポート機関。
ハローワークと同じく就職を希望する人を支援していますが、各エージェントによって支援する層が異なるため、より自分にあったサポートを選ぶことができます。

自分をアピールする方法が分からない、なにから始めていいか分からないという場合は、こういったサービスを活用することが就職の近道となるでしょう。

 

20代ニートの就職の疑問を解決!

20代ニートは就職できるのか、どうやって仕事を探せば良いのか、就職にまつわる疑問をQ&A形式でまとめました。

就職が怖いときはどうすれば良いですか?

いきなり正社員になるのが怖ければ、アルバイトから始めて働くことに慣れましょう。アルバイトで自分が興味のある仕事を経験し、将来どんな業界に就職するか考えてみるのもおすすめ。ただ、アルバイト期間が長引くと就職が遠ざかるので、期限を区切ると良いでしょう。
アルバイトの探し方は、「ニートを脱出したい…バイトの探し方とは」を参考にしてください。

未経験でも仕事は見つかりますか?

人手不足の業界や若手を求める企業では、未経験者を積極的に募集していることがあります。さらに、入社後の研修が充実した企業であれば、働きながらスキルを身につけることが可能です。未経験だからといって諦めるのではなく、未経験者歓迎の求人を探しましょう。
ニートが就職しやすい仕事は、「ニートで目指せる職種を知ろう!求人は何を確認すべき?」で紹介しています。

20代前半が就職に有利なのは本当ですか?

本当です。職歴やスキルがない場合、若ければ若いほど就職には有利になります。若手人材を求める企業の多くが、スキルよりも人柄や柔軟性を重視するからです。
20代はスキルがなくてもポテンシャルで評価してもらえる年代。職歴がないからこそ、1日も早く就職活動を行い仕事を見つけましょう。

20代後半だと就職は難しいですか?

20代前半より選択肢が減る可能性はあるものの、十分に就職は可能です。30代を迎えると就職のハードルが一気に上がるため、やはり早めの就職活動がポイント。1人での就活に行き詰ったら、ハローワークや就職エージェントなどの機関を利用しましょう。
20代後半の就活については、「バイトから始める?29歳のニートが就職する方法を紹介」でアドバイスしています。


就活エージェントのハタラクティブは、20代を中心とした若年層をサポートしている就職支援サイト。
ご紹介する企業は、若い人材の採用に力を入れている企業が多いため、正社員経験がない人や、ブランク期間が長い人など、多くの方が就職に成功しています。
マンツーマンで行うカウンセリングで、一人ひとりの状況や適正を確認。ご紹介するのは、きちんと取材し、社内の雰囲気や仕事内容を把握している企業のみです。応募する企業を把握しているからこそできるアドバイスで書類の添削や模擬面接を行い、内定率をぐっと引き上げます。
また、企業とのやり取りを全てハタラクティブが代行し、就職前に疑問点や不安な点を解決するなど、細かなサポートで納得のいく就職を実現させてきました。
今度こそは絶対に就職したいという方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。



関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ