新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 簿記は就職に有利?何級を取得すべきか解説

簿記は就職に有利?何級を取得すべきか解説

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・簿記はビジネスに役立つ知識を身に付けられるため、就職に有利といえる
    ・簿記には1~3級の階級があり、就職においては2級以上を取得しているのが望ましい
    ・簿記はアピール次第で強力な強みになり、就職の役に立たないという説は信憑性が薄い
    ・簿記は経理や会計以外の仕事にも活かすことができ、キャリアアップの武器にもなる
    ・簿記が内定の決め手になることは少ないため、人柄や実務経験もアピールする

監修者:佐藤真也

キャリアコンサルタント

やりたいことやできることを一緒に考えて、ライフスタイルやご希望にマッチする仕事探しをお手伝いします!

簿記は就職に有利?何級を取得すべきか解説の画像

簿記は就職に有利なのか気になっている方のために、このコラムでは簿記が活かせる仕事や、就職活動でのアピールの仕方について解説します。
就職の役に立たないという意見も見られますが、簿記の資格を持っていることで得られるメリットは多く、キャリアアップの武器にもなるのです。これから簿記を取得する人は、仕事にどのように活かすのかイメージしながら挑戦してみましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

簿記とは

簿記とは「帳簿記入」の略です。帳簿と呼ばれるノートに、企業の経営活動(お金やモノの出入り)を記録し、経営状況や資金繰りの状態を明確にする作業を指します。

 

簿記によって身につく力

簿記の資格を取得すことで身につく力には、以下のようなものが挙げられます。

・会計の知識
・財務諸表の読解力
・経理管理の基礎知識
・分析力
・コスト感覚
・経営状況の理解力

ビジネスの基本となるスキルや感覚が身につくため、多くの企業で簿記の資格が高く評価されているようです。また、一部の大学や短大では、推薦入試や単位認定の基準として、簿記検定の取得が奨励されています。

 

簿記の試験について

簿記の資格試験にはいくつか種類がありますが、一般的なのは日本商工会議所と各地商工会議所が実施する「日商簿記検定」、全国経理教育協会が実施する「全経簿記能力検定試験」、全国商業高等学校協会が実施する「全商簿記実務検定試験」の3つです。このコラムでは、「簿記」の代表であるともいえる日商簿記について解説します。

日商簿記の階級は1~3級の3段階、試験は1年に3回実施されます。そのため、勉強次第では短期間でランクを上げることも可能でしょう。
合格点は、いずれの階級でも100点満点中70点。3級は最も難易度が易しく、第154回(2020年2月)の試験の合格率は49.1%でした。回によっては50%を超えることもあり、大学などで商業や経営について学んだ事がある人であれば、特別勉強せずとも合格するケースもあるようです。
2級の合格率は28.6%(第154回試験)、1級の合格率は9.8%(第153回試験、2019年11月)と、級が上がるにつれ難易度はぐっと高まります。2級までは独学で合格することも可能なようですが、1級は資格スクールやオンライン講座で勉強してから受験するのが一般的です。

 

合格するために必要な勉強時間

簿記の取得に必要な勉強時間は、個人の得意不得意によって大きく異なります。一般的には3級であれば1~2カ月、2級であれば3級の知識を備えたうえで3~5カ月といわれていますが、独学の場合はさらに時間がかかることもあるでしょう。試験に挑戦する時期を決め、早めに対策を始めることをおすすめします。

 

参照元
日本商工会議所
簿記 商工会議所の検定試験

簿記は就職に有利

簿記はビジネスに役立つスキルであるため、業種・職種を問わず、さまざまな企業の就職に有利に働くでしょう。この項では、どのように簿記をアピールすれば良いか、どんな仕事に簿記が活かせるかをご紹介します。

 

簿記をアピールする方法

就職活動で簿記をアピールする際は、資格を取得しようと思った理由を具体的に述べられるようにしておきしょう。

就職活動で簿記をアピールするのであれば、2級以上の取得が望ましいといわれています。しかし、簿記2級以上を持っているからといって、必ずしも内定を獲得できるわけではありません。
企業の採用試験では、簿記の資格そのものよりも、「自分のやりたいことを実現するために自主的に簿記の勉強を行った」ことが評価される傾向にあります。つまり、「なぜ簿記を取得しようと思ったか」という問いに対し、「役に立つと思ったから」「ビジネスの勉強をしておきたかったから」と漠然とした回答をしてしまうと、採用担当者に好印象を与えることは難しいでしょう。
「御社の〇〇の業務において経営状況を分析する力が役に立つと思い、より効率的に成果を上げるために簿記の知識を身に付けたかったから」というように、自ら物事を考え、必要な行動を起こした自発性を具体的にアピールするのがおすすめです。簿記3級も、アピールの仕方次第ではプラスに働く可能性があるといえます。

 

簿記が活かせる就職先

簿記が活かせる就職先を階級別にご紹介します。志望企業を決める際の参考にしてみてください。

 
3級

日商簿記3級は「基本的な商業簿記を修得し、小規模企業における企業活動や会計実務を踏まえ、経理関連書類の適切な処理を行うために求められるレベル」と定義されています。業種・職種にかかわらず、ビジネスパーソンが身に付けておくべき基本知識ともいわれている階級です。
日商簿記3級を取得していれば、中小企業の会計補助職や小規模企業の経理などに役立てられるでしょう。しかし、中~大企業の経理や会計を行うには知識不足とみなされる恐れもあります。
面接でアピールする場合、やや強みとしては弱いため「さらなるスキルアップのために2級以上を目指す」というように、今後の勉強意欲を示すとより好印象を与えられるでしょう。

 
2級

日商簿記2級は、経営管理に役立つ知識を備えているとして、多くの企業から求められる資格です。「財務諸表の数字から経営内容を把握できるなど、企業活動や会計実務を踏まえ適切な処理や分析を行うために求められるレベル」と定義され、3級にはなかった「工業簿記」という分野が登場することもあり、活躍の場が一気に広がります。
中小企業の経理・会計職のほか、税理士や公認会計士の事務所で働く道もひらけるでしょう。意欲や経験次第では、大手企業に採用される可能性もあります。

 
1級

日商簿記1級の難易度は非常に高く、合格率は例年10%前後。そのため、1級の資格保持者は大変重宝されるでしょう。「極めて高度な商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を修得し、会計基準や会社法、財務諸表等規則などの企業会計に関する法規を踏まえて、経営管理や経営分析を行うために求められるレベル」と定義され、合格することで税理士試験の受験資格も得られます。将来、税理士や公認会計士として独立を目指すことも可能です。
大手企業の経理・会計職はもちろん、管理職候補として採用される可能性もあり、業種を問わず、多くの企業の就職が有利になるでしょう。

 

参照元
日本商工会議所
簿記 商工会議所の検定試験

簿記が就職の役に立たないといわれている理由

簿記はビジネスの場において大変役に立つ資格である一方、「就職の役に立たない」という意見も見受けられます。
簿記が就職の役に立たないといわれる理由の一つとして、取得者数が多いことが挙げられます。例えば、日商簿記2級の2019年度の合格者数は3万158名。毎年多くの人が受験することもあり、資格取得者数は年々増え続けています。知名度も高いため、あまり希少性がなく誰でも取得できる資格であると勘違いしている人も少なくないようです。
そのため「簿記は就職の役に立たない」という声が聞かれてしまうようですが、実際、簿記は容易に取得できる資格ではありません。簿記を取得した人は、努力してあらゆるビジネスの場で活かせる知識を得たことに自信を持ちましょう。

簿記は就職後も活かせる

簿記が活かせるのは、就職活動の場だけではありません。簿記を取得するメリットについて知りたい人は、以下を参考にしてみてください。

 

経営の知識はキャリアアップの武器

簿記を勉強することで得られる経営の知識は、経理や会計をはじめとするさまざまな職種で活かすことができます。就職後の昇給・昇格にも有利に働く可能性があるため、キャリアアップの強い味方になるでしょう。

 

アウトソーシング化にも対応可能

近年、伝票処理や給与計算などの経理業務をアウトソーシング(外部委託)する企業が増えており、経理部門の人員が削減される動きも出ているのが事実。しかし、簿記資格を取得していれば外注先への指示やとりまとめを行う役割を任される可能性もあります。重要なポジションを担える可能性が高まるのも、簿記を取得するメリットの一つなのです。

 

経理・会計以外の職種にも役立つ

簿記が活かせる職種といえば経理・会計職をイメージしがちですが、実際は幅広い職種で知識を活用できます。営業職や販売職、製造業などの仕事にも役立ち、起業・独立する道もひらけるでしょう。
ほとんどの仕事で「利益の追求」が求められることを考えると、コスト感覚や財務諸表の読解力が身につく簿記は大変汎用性が高い資格といえます。

簿記は内定の「決め手」になるわけではない

簿記が就職に有利な資格ではありますが、それが内定の決め手になることはあまり考えられません。就職活動の際は、簿記の資格だけに頼らず以下の点に注意しながら選考を受けましょう。

 

人柄やポテンシャルもアピールしよう

多くの採用担当者は、資格の有無よりも応募者の人柄やポテンシャルで採用を判断します。簿記はあくまで武器の一つとしてとらえ、自分自身の長所や強みをアピールしましょう。企業がどんな人材を求めているか理解したうえで、自分がそこで活躍できる人材であることを示すのがおすすめです。

 

年齢や経験も見られている

経理や会計の仕事では、資格だけでなく実務経験も求められます。未経験者が経理に就職する場合、新卒者であれば一から育成してもらえる可能性がありますが、年齢を重ねた中途採用者は採用されにくい傾向があるのも事実です。簿記を活かして働く場合は、なるべく早いうちから経験を積んだ方が転職の選択肢が増えるでしょう。

 

「簿記を取得したのに面接での自己PRがうまくいかない」という方は、一度ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは若年層向けの就職エージェントです。専任アドバイザーが、面接対策や応募書類の添削などを無料でサポート。また、未経験者歓迎の求人も数多くご紹介しているので、実務経験がない方にも安心してご利用いただけます。
簿記の資格を活かせる仕事を見つけ、一緒に内定を目指しましょう。

こんなときどうする?簿記に関するお悩みQ&A

就職に向けて簿記を取得しようと考える方もいるでしょう。ここでは、簿記や資格に関する質問とその回答をまとめています。今後の就活の参考にしてください。

 

簿記以外でアピールになる資格はありますか?

代表的なものでは「MOS」や「TOEIC」があります。
MOS資格はマイクロソフト社の製品スキルを示すもので、TOEICは英語でのコミュニケーション力を示すもの。いずれも多くの企業で評価される資格です。「就職に役立つ資格大集合!あなたはどれを選ぶ?」で詳しく触れています。

資格を取るのと就職をするの、どちらを優先したらいいでしょうか?

状況によって異なりますが、資格取得をゴールにするのは避けるべきでしょう。
資格がないと就職できない?ニート脱出のポイント」で触れているように、あくまでもゴールは「就職」です。資格取得を理由に就職を先延ばしにすれば、どんどん空白期間が伸びて不利になる可能性があるので、注意しましょう。

資格取得に向けて勉強中なのですが、うまくアピールする方法はありますか?

履歴書では「資格取得に向けて勉強中」と書くのがおすすめです。
特に、業務に関連する資格や企業が求める資格であれば、アピール効果が狙えるでしょう。
詳しい書き方は「履歴書にある免許・資格欄。「勉強中」の書き方とは?」をご参考にしてください。

独学で取得する自信がないのですが、おすすめの勉強法はありますか?

「公共職業訓練」は費用面からもおすすめです。
「公共職業訓練」とは、ハローワークが実施しているもので、コースによってはスキルだけでなく資格を取得できます。「公共職業訓練とは?コースの種類や受講するメリットを解説!」で触れているように、受講料は基本的に無料で、条件によっては給付金を受け取れることも。修了後の就職斡旋も期待できるので、1人で勉強するのに不安があるなら利用を検討してみましょう。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました …

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?