簿記は就職で役に立たない?資格の活かし方や就活で有利になる理由を紹介

簿記は就職で役に立たない?資格の活かし方や就活で有利になる理由を紹介の画像

この記事のまとめ

  • 簿記検定とは、簿記の基礎知識や計算能力などを判定する試験のこと
  • 簿記ではビジネスの基本となるスキルや感覚が身につくため、就職で有利になりやすい
  • 簿記の資格を就職活動でアピールするため、取得理由や業務への活かし方を説明しよう
  • 実務経験を重視する企業の選考では、簿記の資格が就職の役に立たない場合もある
  • 簿記を活かせる就職先は3級では中小企業の会計補助、2級なら会計事務所などがある

「簿記があると就職に有利って本当?」と疑問を持っている方もいるでしょう。簿記は就職で有利になるとされていますが、企業によっては評価対象にならないこともあるようです。このコラムでは、簿記が就職で有利になる理由や、役に立たない場合について解説します。また、簿記の資格が役立つ就職先や就活でのアピール方法もご紹介。就職までに簿記を取得すべきか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

就職に簿記の資格は有利になる?

簿記の資格は就職で有利になるとされています。簿記の資格取得によって「会計の知識」「財務諸表の読解力」「経理管理の基礎知識」「分析力」「コスト感覚」「経営状況の理解力」が身につきます。この項では、上記の能力がどのように評価されるのかを解説します。

経理・財務部門では即戦力を期待される

簿記の資格は会計や経理の知識がある証明になるため、経理・財務部門では即戦力として活躍できる人材と期待され就職で有利になる場合があります。特に、簿記2級以上の場合は経営状況の理解力が高いと評価され、将来の幹部候補として期待されることもあるようです。

コスト感覚や分析力が身につく

前述のとおり、簿記の勉強をすると利益や損失、お金の流れが分かります。そのため、「経費はいくら使えるか」「この金額なら投資の許容範囲」といったコスト感覚や分析力が身につき、就職後の日常業務でも的確な判断ができるでしょう。コスト感覚や分析力はビジネスの基本となるスキルなので、どのような業種・職種でも重宝されます。

企業研究にも役立つ

簿記の知識は就職活動の企業研究にも役立ちます。応募先企業にどのくらい資産があるのか、損失は増えていないか、といった点が読み解けるので、安定した会社や成長が見込める企業を選べるでしょう。

簿記が就職活動で役に立たないこともある

簿記の資格は就職で有利に働くといわれている一方で、「簿記は就職で役に立たない」という意見もあります。選考でのアピール方法や応募先企業の考え方によっては、「簿記の資格を持っている」というだけでは有利にならないこともあるようです。

取得者数が多い

「簿記が就職の役に立たない」といわれる理由には、「取得者数の多さ」が挙げられます。毎年多くの人が受験することもあり、資格取得者数は年々増え続けているようです。簿記の資格取得者が増えるほど希少性は低下し、就職活動で効果的なアピールになりにくくなると考えられるでしょう。
そのため、資格取得を目的にするのではなく、簿記の知識をどのようにして業務へ活かすのか明確にしておくのがおすすめです。就職活動で簿記の資格をアピールする方法は、このコラム内の「簿記の資格を就職活動でアピールする方法」で紹介します。

大手企業では特に希少性が低い

社員数が多い大手企業では簿記の資格を持っている人も多くなります。就職活動で大手企業にこだわり過ぎてしまうと、内定獲得が遠のく恐れも。特に難易度が低めの簿記3級の方は、まずは中小企業で経験を積むことも検討しましょう。

実務経験が重視される場合もある

経理・財務部門の選考では、簿記の資格だけでなく実務経験も重視される場合があります。未経験でも応募可能としている求人では「簿記2級以上」を条件としている企業が多いようです。また、未経験歓迎の求人であっても、ライバルに経験者がいれば不利になる可能性が高いでしょう。ただし、資格の有無よりポテンシャルを重視する企業もあるので、応募先企業の考え方にあわせてアピールするのが大事です。

簿記検定とは?

簿記検定とは、簿記の基礎知識や計算能力などを判定する試験のこと。「帳簿を正しくつけられるようになる」「取引先企業の経営状況が把握できる」などの理由から、業種・職種を問わず、さまざまな企業の就職に有利とされている資格です。

そもそも簿記とは?

簿記とは「帳簿記入」の略で、企業の経営活動を記録する作業のことです。簿記が分かると財務諸表が読み解けるようになり、会社の利益や損失、お金の流れなどが分かります。経営者に簿記の知識が必要とされるのは、損失を減らし利益を上げるために何をすべきかという判断ができるようになるからです。

簿記の検定試験について

簿記の資格試験で一般的なのは、「日商簿記検定」「全経簿記能力検定試験」「全商簿記実務検定試験」の3つです。このコラムでは、簿記として代表的な「日商簿記検定」に焦点を当てて解説します。

日商簿記には1~3級があり、階級が上がるごとに試験の難易度が高くなります。試験は基本的に1年間に3回実施されるので、勉強意欲があれば短期間でランクを上げることも可能でしょう。合格点は、いずれの階級でも100点満点中70点以上です(1級の場合は、総合得点が70%以上かつ1科目ごとの得点が40%以上で合格)。
日本商工会議所・各地商工会議所の「受験者データ」によると、第159回(2021年11月実施)の試験における階級ごとの合格率は、3級が約27%、2級が約31%、1級が約10%でした。2級までは独学でも合格可能とされていますが、1級は資格スクールやオンライン講座で勉強してから受験するのが一般的です。
簿記の資格が役立つ就職先は、このコラム内の「簿記3級・2級・1級の資格が役に立つ就職先」で紹介しています。簿記1・2・3級の内、何級を取得するか迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

簿記の資格取得に必要な勉強時間

簿記の資格取得に必要な勉強時間は、一般的には以下のとおりです。

・3級:約1~2カ月
・2級:約4~8カ月
・1級:約6~18カ月

上記は簿記の資格スクールに通った場合の勉強時間です。独学ではさらに時間が掛かると考えられます。個人差もあるので、就職前に簿記の資格を取得したい場合は早めに対策しましょう。勉強の効率的な進め方について「社会人が勉強時間を確保する方法や勉強すべき内容とは?」のコラムで紹介しているので、これから勉強を始める方はご一読ください。

就職前に簿記を取得するメリット

簿記の資格を取得すると、経理部門がアウトソーシング化されても大事な役割を任せてもらえたり、知識を活かしてキャリアアップにつながったりするなどのメリットがあります。

アウトソーシング化に対応できる

簿記の資格を就職前に取得するメリットは、経理業務のアウトソーシング(外部委託)化に対応できることです。一般的に、企業が伝票処理や給与計算などの経理業務を外部委託すると、経理部門の人員が削減されます。しかし、簿記の資格があることを就職前にアピールしておけば、外注先への指示や取りまとめの役割を任されることがあるようです。人員削減の対象になることを防げるだけでなく、重要なポジションを担える可能性があるのも、就職前に簿記を取得するメリットといえます。
就職先の経理業務がアウトソーシング化されたら、独立や起業という選択肢もあります。簿記1級に合格したり、さらに勉強して公認会計士や税理士の資格を取得したりすると、独立や起業も夢ではないでしょう。

経理・会計以外の職種にも役立つ

簿記は、経理・会計職だけでなく、営業職や販売職など幅広い職種への就職に役立つといえます。なぜなら、このコラム内の「簿記が就職で有利になる?」でも述べたとおり、簿記の取得によって身につく力は、ビジネスの基本となるからです。また、就職後の昇給や昇格にも簿記の資格が有利に働く場合があります。そのため、簿記は就職時だけでなくキャリアアップの際にも強い味方になるでしょう。
就職前に簿記を取得するメリットは「簿記2級を取得するとどんなメリットがある?」でも紹介しているので、あわせてご参照ください。

簿記の資格を就職活動でアピールする方法

就職活動で簿記の資格をアピールするためには、資格を取得しようと思った理由を具体的に述べる必要があります。就職における採用面接では、簿記の資格そのものよりも、資格取得に至るまでの過程が評価される傾向にあるからです。そのため、「経営状況の分析能力を活かして御社の○○(業務内容)に貢献したく、簿記の資格を取得いたしました」というように、応募先企業での活かし方を交えて簿記の取得理由をアピールしましょう。

就職でアピールになるのは何級から?

就職活動でアピールになるのは、基本的に簿記2級もしくは1級とされています。しかし、簿記2級や1級を持っているからといって、必ずしも内定を獲得できるわけではありません。上記のように応募先企業の業務と関連付けられれば、簿記3級の資格も就職活動でプラスに働く可能性があるといえます。

簿記3級・2級・1級の資格が役に立つ就職先

この項では、簿記が活かせる就職先を階級別にご紹介。日本商工会議所・各地商工会議所のWebサイトをもとに各階級の定義についても解説しているので、就職活動をする際の参考にしてみてください。

簿記3級の場合

日商簿記3級が役立つ就職先は、中小企業の会計補助職や経理職などです。日商簿記3級は、「基本的な商業簿記の修得や小規模企業での企業活動および会計実務を踏まえ、経理関連書類の適切な処理をするために必要なレベル」と定義されており、入出金伝票の見方や帳簿の作成方法が分かるようになり、基本的なお金の流れが理解できるレベルです。業種・職種にかかわらず、ビジネスパーソンが身に付けておくべき基本知識ともいわれている内容といえるでしょう。
ただし、企業によっては、簿記3級の資格だけでは知識不足だとみなされる場合もあります。そのため、就職の面接で簿記3級をアピールする場合は「さらなるスキルアップのために簿記2級の取得を目指している」というように、今後の勉強意欲を示すと良いでしょう。

簿記2級の場合

日商簿記2級は、中小企業の経理・会計職および税理士や公認会計士事務所などへの就職に役立つ可能性があります。なぜなら、簿記2級は「経営管理に役立つ知識」として多くの企業から求められる資格の一つだからです。
日商簿記2級の定義は「高度な商業簿記や原価計算を含む工業簿記の修得によって、財務諸表の数字から経営内容を把握できるようになる。また、前述をもとに企業活動や会計実務を行い、適切な処理や分析をするために必要なレベル」です。簿記3級にはない「工業簿記」を学ぶことで、自社で製品を作るメーカーや工場などの経営が理解できるようになります。また、より高度な商業簿記の習得が必要になることから、より就職の幅が広がるでしょう。

簿記1級の場合

日商簿記1級は、大手企業の経理・会計職への就職に役立つとされている資格です。また、取得していることで管理職候補として採用される可能性もあります。
簿記1級の定義は「極めて高度な『商業簿記』『会計学』『工業簿記』『原価計算』の修得。また、会計基準や会社法、財務諸表等規則といった企業会計に関する法規を踏まえ、経営管理・分析を行うために必要なレベル」です。合格率は例年10%前後と非常に難易度が高いため、就職活動において大変重宝されるといえます。簿記1級を取得すれば、業種を問わずさまざまな企業への就職が有利になると考えられるでしょう。
また、簿記1級を取得すると税理士試験の受験資格が得られるため、将来、税理士や公認会計士として活躍したい人にも有効な資格といえます。簿記1級の特徴や主な就職先について「簿記1級を就職活動に活かすための3つのテクニックと勉強法」で詳しく解説していますので、1級を目指したい方は参考にしてください。

簿記を就職で活かすときの注意点

就職活動の際、簿記の資格だけをアピールポイントにするのは避けましょう。簿記は就職に有利な資格とされていますが、簿記の資格だけが内定の決め手になるわけではありません。そのため、就職活動の際は、以下の点に注意してください。

年齢や経験も見られていることを知っておく

就職活動では、簿記の資格だけでなく、年齢や経験の有無を見られる可能性があることを念頭に置いておきましょう。簿記が必要とされる仕事は、基本的に実務経験がなくても採否には影響しないとされているものの、実務経験を重視する企業もあります。特に30代以上の就職では、簿記の資格に加えて実務経験が求められる傾向にあるようです。
実務経験がない方は、資格取得に向けてどのように努力したのかをアピールするのがおすすめ。目標達成意欲や計画性、忍耐力などが評価されて採用につながることもあります。
実務経験がない場合の自己PRのコツについて「未経験の職種に挑戦したい!自己PRのポイントとは?」のコラムで紹介しているので、参考にしてみてください。

「簿記を取得したのに面接での自己PRが上手くいかない」という方は、就職エージェントに相談するのがおすすめです。若年層向け就職エージェントのハタラクティブでは、専任アドバイザーが面接対策や応募書類の添削などをサポート。また、未経験者歓迎の求人も数多くご紹介しているので、実務経験がない方にも安心してご利用いただけます。求職者のカウンセリング実績は11万件を突破し、その多くが未経験からの就職です。サービス料は無料なので、就職活動に対する不安がある方はお気軽にご相談ください。簿記の資格が活かせる仕事を見つけ、内定獲得を目指しましょう。

こんなときどうする?簿記に関するお悩みQ&A

就職に向けて簿記を取得しようと考える方もいるでしょう。ここでは、簿記や資格に関する質問とその回答をまとめています。今後の就活の参考にしてください。

簿記以外でアピールになる資格はありますか?

代表的なものでは「MOS」や「TOEIC」があります。MOS資格はマイクロソフト社の製品スキルを示すもので、TOEICは英語でのコミュニケーション力を示すもの。いずれも多くの企業で評価される資格です。「就職に役立つ資格8選!就活で有利になるアピール方法も解説」で詳しく触れています。

資格取得と就職、どちらを優先したらいい?

状況によって異なりますが、資格取得をゴールにするのは避けるべきでしょう。「資格なしでも就職できる!企業が重視するポイントを解説」で触れているように、あくまでもゴールは「就職」です。資格取得を理由に就職を先延ばしにすれば、空白期間が伸びて不利になる可能性があるので注意しましょう。

独学で取得するためのおすすめの勉強法はある?

「公共職業訓練」は費用面からもおすすめです。「公共職業訓練」とは、ハローワークが実施しているもので、コースによってはスキルだけでなく資格を取得できます。「公共職業訓練とは?コースの種類や受講するメリットを解説!」で触れているように、受講料は基本的に無料で、条件によっては給付金を受け取れることも。修了後の就職斡旋も期待できるので、1人で勉強するのに不安があるなら利用を検討してみましょう。

資格取得に向けて勉強中とアピールするには?

履歴書では「資格取得に向けて勉強中」と書くのがおすすめです。詳しい書き方は『履歴書にある免許・資格欄の「勉強中」の書き方とは?』が参考になるでしょう。特に、業務に関連する資格や企業が求める資格であれば、アピール効果が狙えます。就職活動でのアピール方法が分からない方は、ハタラクティブへぜひご相談ください。

この記事に関連するタグ