仕事とプライベートを切り替える11のコツ!集中できない場合の対処法も

仕事とプライベートを切り替える11のコツ!集中できない場合の対処法もの画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事とプライベートを切り替えることで、集中力やモチベーションが上がる
    ・仕事とプライベートを切り替えるには、自分に合うリラックス方法を考えることが大切
    ・友人や家族と話したり、趣味に没頭したりとプライベートの時間を大切にする
    ・オンとオフを切り替えてリラックスするため、十分な睡眠や趣味の時間を確保する
    ・「ワークライフバランスを実現できず悩んでいる」という場合、転職するのも1つの方法

「仕事とプライベートを切り替えられず悩んでいる」という人もいるのではないでしょうか。仕事と私生活のオン・オフをしっかり切り替えることで、高いモチベーションと集中力を維持したまま仕事に取り組める可能性が高いです。このコラムでは、仕事とプライベートを切り替えるための11のコツをご紹介。仕事もプライベートも充実させ、メリハリをつけて働きたい方は、ぜひコラムを参考にしてみてください。


ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

仕事とプライベートを上手に切り替えるメリット

まずは仕事とプライベートを切り替えることでどのような効果が生まれるのか、以下で確認していきましょう。


集中力がアップする

仕事と私生活を切り替えることで、プライベートの時間を大切にでき、気分転換することができます。しっかりオフの時間に休息を取ることで、プライベートと仕事のメリハリがつき、集中力もアップするでしょう。


モチベーションがアップする

自分のプライベートの時間を確保することで、今後の身の振り方について考える時間が増えていくでしょう。自身の将来のキャリアビジョンが明確になれば、仕事へのモチベーションへつなげることもでき、私生活も仕事も充実させられます。


プレッシャーやストレスが緩和される

オンオフの切り替え方は人それぞれですが、休養や気分転換の時間を確保しリラックスすることで、仕事でのプレッシャーから開放され、ストレスが緩和されるでしょう。

仕事とプライベートの上手な切り替え方11選

ここでは、仕事とプライベートを切り替える効果的な11の方法をご紹介します。明日から実践できるものばかりなので、ぜひ実践してみてください。

仕事中にできること

まずは仕事に集中し、プライベートと切り替えられる効果的な方法を5つご紹介します。

1.日々小さな目標を設定する

仕事に集中するために、始業前に小さな目標を設定しておきましょう。自分がその業務をする目標を明確にすることで、意識を仕事モードに切り替えられます。また、目標を達成するたびに成功体験を積むことができ、習慣化することで仕事へのモチベーションアップにつながります。

2.退勤時間までのタイムスケジュール決める

仕事とプライベートを切り替えるには、双方の時間をしっかり分け、タイムスケジュールを決めておくことが大切です。始業前に、退勤時間までのスケジュールを立てておきましょう。仕事でのタイムマネジメントを怠ると残業が続いたり、持ち帰る仕事が増えたりしてプライベートとの境前が付きづらく、メリハリのない生活になってしまいます。毎日時間の管理を意識的に行うことで、仕事を効率的に行え、オンオフをしっかり切り替えられるでしょう。

3.「やること」「やらなくて良いこと」リストを作る

1日の仕事にとりかかる前に「やること」「やらなくて良いこと」のリストを作成しておくと、余分な業務をせずに済み、タイムロスを防げます。また、やることリストのなかでも優先順位を付けておくと、タスクが重なった際に素早く判断ができるのでおすすめです。自分が今日やるべき仕事、その優先順位を明確にしておくことで、作業効率が格段に上がり仕事とプライベートにメリハリをつけることができるでしょう。

4.デスクの整理整頓を心がける

自席のPCやデスク周りを整理整頓しきれいにしておくことで、気持ちもすっきりして仕事に臨めます。デスクが散らかった状態では、余計なところに意識がそれてしまい、業務に集中できなくなることもあるでしょう。仕事とプライベートのオン・オフをしっかり切り替えるには、定期的に自席を整理し、清潔な状態を保つようにしておくことが大切です。

5.仕事を持ち帰らない

仕事を家に持ち帰ってしまうと、プライベートの時間との境目が曖昧になり、メリハリがつかない生活になってしまうだけでなく、心身ともに疲弊してしまいます。そのため、仕事は効率的に進めて会社で終わらせ、会社を出たらプライベートの時間に切り替えて過ごしましょう。

業務時間外でできること

次に、就業後に仕事を引きづらないための方法を確認し、プライベートの充実を図りましょう。

1.退勤後は寄り道をして気分転換

就業後にまっすぐ家に帰らずに、カフェや書店などに立ち寄り気分転換を図るのもおすすめです。お茶を一杯飲んだり、気になる雑誌に目を通してみたりすることで、数分の寄り道でも十分気分転換ができ、仕事モードからプライベートに切り替えられるでしょう。

2.プライベートの予定を入れる

仕事終わりにプライベートの楽しい予定を入れると、仕事のスピードも上がり、オン・オフの切り替えがつきやすくなります。
仕事が忙しく、予定を入れる余裕がない人もいるでしょう。しかし「仕事が忙しいから予定を入れられない」と考えてしまうことこそが、仕事とプライベートの境目をなくしてしまう原因になっています。あえて先にプライベートの予定を入れておくことで、その予定のために仕事を進められ、結果的に余裕を持って退社できるでしょう。

3.服装を変える

仕事とプライベートを分けるため、就業後に服装を変えることも非常に効果的な手段です。仕事着からリラックスできる普段着に着替えることで、内面のオン・オフも切り替えられるでしょう。特に仕事着がスーツや制服など、かっちりとしている人は、仕事での緊張をほぐすためより身軽な格好に着替えると効果的です。

4.仕事のメールチェックはしない

退社後のメールのチェックは、なるべく控えましょう。時間・場所問わず仕事のメールを確認できる状態にしておくと、仕事と私生活の境界が曖昧になってしまいます。それだけでなく、退社後に仕事や先方のメールを気にしすぎていては、プライベートの時間を心から楽しめなくなってしまうでしょう。「20時以降はメールをチェックしない」などとルールを決めて、仕事が終わったあとはプライベートの時間を優先させましょう。

5.リラックスできる時間を作る

帰宅後は、好きな映画を見たり、リラックスできる音楽を流してみたりと、くつろげる空間で趣味に没頭しましょう。自分だけのリラックス空間を作ることで、仕事でのプレッシャーやストレスから開放され、新たな気持ちで翌日の仕事に向かうことができます。ルームフレグランスにこだわり、自分にとって落ち着く匂いのなかで過ごすことも癒やし効果がありおすすめです。

6.1日のできごとを書き出す

就業後、仕事で失敗したことや口に出せない不満などを、思うがままノートに書き出してみましょう。仕事中は、どうしても不満や鬱憤を内に溜めてしまいがちです。日頃のストレスは蓄積され、いつか取り返しがつかないくらい大きな疲労になってしまうこともあります。そうならないためにも、仕事で生じたストレスはすべてその日のうちに言葉に出し、発散してしまうことも大切でしょう。

仕事モードに切り替えるための4つの方法

朝起きたとき、「どうしても仕事に行きたくない…」「仕事モードに切り替えられない…」とオフの状態から抜け出せずにしばらく過ごす人も多いのではないでしょうか。ここでは、起床後仕事モードへ気持ちを切り替える方法をご紹介します。

1.起きたらまず朝日を浴びる

朝起きたらまずカーテンを開け、朝日を浴びましょう。そして、窓を開けて外の空気を室内に取り込みます。5分、朝日を浴びて深呼吸をするだけで、目覚めがすっきりし、リフレッシュした気分で仕事に臨めるでしょう。

2.コップ1杯の水を飲む

就寝中に水分が失われる関係で、朝起きたとき体内に嫌な乾きを感じることもあるでしょう。起床後は、コップ1杯の水で十分に水分補給しましょう。水が体内に染みわたり体が潤うことで、倦怠感を軽減させられるでしょう。その後はゆっくりとストレッチして、体全体を覚醒させましょう。体が元気になると心も元気になり、活き活きした状態で仕事に臨むことができます。

3.朝食の時間をとる

どんなに忙しい朝でも、朝食はできる限りとりましょう。朝食をとることで体にエネルギーがみなぎり、やる気を持った状態で出社できます。朝食を用意する余裕がない方は、果物やスムージーで栄養を補いましょう。

4.家事は朝に済ませておく

家を出る前に、掃除や洗濯などの家事を済ませておきましょう。就業後帰宅したときに部屋の中が散らかっていると、それだけで疲労感が増し、ストレスの原因になってしまいます。朝のうちにある程度部屋をきれいに整理しておくことで、1日を気持ちよく過ごすことができるでしょう。

あまりに仕事の時間が多いときは転職も考えよう

現在働いている人の中には、「プライベートの時間がなかなか取れない」「ワークライフバランスを実現できず悩んでいる」という方も多いでしょう。なかなか状況が改善しないときは、転職するのも1つの方法です。

もし「転職は初めてで不安」「転職すべきか迷う」という場合は、転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブは、既卒・フリーター・第二新卒などの若年層を対象とした就職・転職支援サービス。経験豊富な就職・転職アドバイザーが、マンツーマン体制で退職前の相談や転職に向けた書類作成のアドバイス、面接対策などを行うのが特徴です。

後悔しない転職先を選択できるよう、事前のカウンセリングで長所や適性を見出し、厳選した1000件以上のお仕事からあなたに合った求人をご紹介します。当サービスのご利用はすべて無料です。「自分にぴったりの求人が見つかるか不安」という方も、気軽にご相談ください!

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION