仕事と生活に充足感を与えるワークライフバランスとは?

仕事と生活に充足感を与えるワークライフバランスとは?の画像

【このページのまとめ】

  • ・ワークライフバランスとは、仕事と生活のバランスを調和するために2007年に策定された憲章
    ・仕事と生活の調和がもたらすものは、業務の効率化とプライベートの充足化、健康保持など
    ・ワークライフバランスにより、労働時間や休暇制度、キャリア形成が見直しの対象となることが多い
「ワークライフバランス」という言葉を聞いたことがある人も多いことでしょう。

働きやすい社会にするために、日本でも「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」としての取り組みが開始されています。

今回のコラムでは、ワークライフバランスの取り組み内容や活動によるメリットなどについてご紹介します。

ぜひあなたも充実した働き方を手に入れませんか?


◆ワークライフバランスとは

仕事と生活のバランスを図りながらも充実した毎日を送れる生き方を実現する、というライフスタイルのことを指します。

日本で取り組みが策定されたのは2007年12月。
合意したのは、政府と地方公共団体、労働界、経済界です。
目的は、少子化対策や出生率向上、男女均等政策、労働時間などの働き方への改善とされています。

さらに政府では、国民運動と称した「カエル!ジャパン」キャンペーンも開始。国民一人ひとりの充実した生活を支援するために築かれたネットワークです。
多くの人に取り組みを知ってもらう活動として、社会全体に展開され続けています。

仕事をしながら生活も安定させることはとても大変なことです。
ワークライフバランスは、安定した仕事に就いて、経済的にも自立することができ、無理することなく健康も維持できる…、という状況を誰もが手に入れられるスタイルとして確立されつつあります。

ライフワークバランスによってもたらされるメリットとは、どのようなものがあるのでしょうか。
事項より詳しく見ていきましょう。


◆「ワークライフバランス」がもたらすメリットとは?

調和のとれた生活は、誰にとってもとても快適なものです。
すべての国民が理想のライフスタイルを手にすることが希望でもあります。

仕事、家庭生活、地域社会との繋がり、健康保持、子育て、介護など、さまざまな生活状況が異なる人々。
自分にピッタリの人生を選択できたなら…これほど幸せなことはないでしょう。
誰もが幸せな生活を手にするために、ワークライフバランスの取り組みが推奨されています。

【どんなメリットがあるの?】

・残業がない
・仕事の効率化
・プライベートの時間を確保できる(家族、趣味の時間)
・しっかりと休息を取れる
・出産、育児休暇が取りやすい
・子育てがしやすい
・仕事と家庭の両立
・体調管理がしやすい
など

生活状況は多種多様ですが、ワークライフバランスの取り組みがもたらすものは、一人ひとりにとって最高の働き方が叶うチャンスかもしれません。

残業が少なく、自分の時間を持つことができる働き方は、仕事と私生活との調和がとれた毎日を送ることができるでしょう。
また、質のよい睡眠がとれたり、ゆっくりと食事ができたりすることで、健康を保つことも可能です。

自分にとって最適な人生を歩むためには、譲れない条件を叶えてくれるライフワークバランスの取り組みを行っている企業への就職が望ましいでしょう。

【企業側にもメリットはある?】

働く側以外にも、企業にとってもメリットはたくさんあります。

・従業員の定着率が高くなる(満足度の向上)
・産休育休による職場復帰率の高さ(ベテラン社員の確保)
・プライベートの充実で仕事への意欲もアップ
・短時間勤務により業務の効率化が図れる
・健康的な労働環境による病欠の減少
・残業ゼロによる会社全体の業績向上
・コスト削減
など

企業にとっては、人材確保+定着率アップが最大の鍵だと言えるでしょう。
退職者が少ないということは、仕事ができる従業員が多く、新人育成や指導にかかる時間を短縮でき、業務の効率化を図ることができます。また、残業がなくなることで生まれるコスト削減や生産性の向上、従業員の健康保持など、プラスαのメリットも豊富です。


◆ワークライフバランスの具体的な取り組み例

仕事と生活の調和を維持するための取り組みには、どのようなものがあるのかを見ていきましょう。

【労働時間】

働く時間を短縮するために導入されている制度は、残業ゼロ政策や短時間勤務、フレックスタイム制度、時差勤務などです。
また、在宅勤務やサテライトオフィスによる働き方を取り入れている企業もあり、働く場所もさまざまなスタイルから選択できるようになってきています。

労働時間の見直しによるメリットは、”短い時間に集中して働き、休むときはしっかりと身体と心を労る”という意識を持つことで、仕事とプライベートのバランスを図れることです。

【休暇制度】

企業規則通りの休み取得以外に、育児休暇や介護休暇、看護休暇など、生活状況に添った休暇を取ることができる制度も見直されつつあります。
育児休暇制度では、父親が育児休暇を取得できる体制を実施している企業も増えつつあるようです。
また、事業所に保育施設を設置するケースもみられます。病児保育できる環境が整っている施設では、親は安心して仕事に専念することが可能です。

【キャリアアップ】

人によって個性が異なるならば、働き方が違うのも個性です。
自分の意思で働き方を選び、充実したライフスタイルを手にすることができます。

それぞれのライフスタイルの中に、キャリアを形成する人生もあるでしょう。
「やりがいある仕事をしたい」「キャリアアップできる職に就きたい」といった願望をカタチにするために、目標や計画を立て、綿密にステップアップし続ける人もいます。
キャリア形成によって得られるものは、視野の広い世界です。
知識やスキルを身につけることで仕事への幅が広がり、人生の選択肢も増えることでしょう。

【補助制度】

どの企業でも、従業員のモチベーションを維持するのは大切なことです。
そのため、誕生日休暇や有給休暇の取得、資格取得のサポート、施設利用サービスなど、福利厚生の充実を図ることが従業員を確保するためのキーポイントにもなっています。

従業員を大切にしている企業では、働き手一人ひとりの持つパワーによってさらなる事業拡大を目指すことができるかもしれません。


◆ワークライフバランスを重視した会社に勤めたい!と思ったら…

そのときが人生の転機かもしれません。

「残業ばかりでいつ帰れるかわからないからつらい」
「結婚・出産を望んでいるけど、制度が整っていないので復職できるか不安」
「休みが少なすぎて体力の限界」

今の職場では将来が不安という人は、思い切って転職を考えてみるのも良いでしょう。

いつまで経っても変わらない労働環境を変える方法の一つは、自分自身が動くことです。
制度が整っている会社に就職し、人並みに休暇を取得してプライベートを楽しんだり、育児休暇を使って子育てを経験したり、定時に仕事を終えて家族で食卓を囲んだり…。
何気ない日常が仕事へのやる気にも繋がります。

仕事と生活の調和がとれる「ワークライフバランス」を重視した企業への就職を希望している方は、就職エージェントを利用して快適な転職を叶えませんか?

当ハタラクティブでは、就職支援サービスによる就活者のサポートを行っています。担当するのは、転職サポート経験が豊富なプロの就活アドバイザーたちです。
ワークライフバランスを取り入れている企業への紹介はもちろん、現在お勤めの会社に関する相談や面接対策の講座なども行っています。サービスはすべて無料です。
「違う職種に興味がある」という方は、適職診断のサービスを利用して、後悔のない転職を叶えてください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A