サイレントお祈りとは?面接の連絡が来ないと不採用なのか

サイレントお祈りとは?面接の連絡が来ないと不採用なのかの画像

この記事のまとめ

  • 不採用通知のない不採用をサイレントお祈りと呼ぶ
  • サイレントお祈りは応募人数の多い大企業で行われることが多い傾向がある
  • サイレントお祈りかもと思ったら、電話かメールで結果通知の時期を問い合わせてみよう

「サイレントお祈り」とは、不採用の通知をしないこと。お祈りメールすら届かないことを表した俗語です。コラムでは、サイレントお祈りが行われる理由や遭遇したときの対処法をご紹介。合否が不明のままでは次の選考に進むべきか悩むでしょう。サイレントお祈りの対処法を知ることで、自分のペースで就活を続けることができます。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

サイレントお祈りとは

サイレントお祈りとは、企業からの合否通知連絡が届かない状態のこと。ほとんどの場合で不合格です。企業からの不採用通知に「今後のご活躍をお祈りいたします」といった文言が付くことから、不採用メールを「お祈りメール」と呼ぶことになぞらえ、お祈りメールすら届かないことを表現している言葉です。「お祈りメールって何?返信は必要なの?」のコラムも参考にしてください。

ビジネスマナーとしては問題のある行為

サイレントお祈りは、相手に結果を伝えないためビジネスマナーとしては問題があるという意見もあります。企業がサイレントお祈りをする理由は後述しますが、どんな理由があれど「返事をしない」「結果を伝えない」というのは社会人として不誠実な行為。
これを踏まえて、サイレントお祈りをする企業は早々に見切りをつける、といった対応も検討できるでしょう。

企業がサイレントお祈りを行う理由

サイレントお祈りをする理由の1つに、まだ採用結果が確定していない、というものがあります。また、企業規模が大きくなるほど、応募者も多くなります。すべての応募者に選考結果を通知するだけでも膨大な時間が掛かるため、手間を省く目的で不採用者には通知せずサイレントお祈りにする、という企業もあるようです。

まだ不採用と決定していない

内定辞退者が出たときに備えて、繰り上げ内定要員になっている可能性があります。不採用通知を出したあとに「辞退者が出たので繰り上げ内定とします」と連絡はできないため、連絡を控えていると考えられるでしょう。

採用工数を下げるため

企業がサイレントお祈りをする大きな理由となるのは、時間や手間の節約といえるでしょう。応募者が多かったり、採用担当者の通常業務が立て込んでいたりすれば、応募者全員に結果を通知する作業量も膨大になります。そこで、選考通過者にだけ連絡をするサイレントお祈りが行われるようです。

求職者からの質問対応を避けるため

応募者に不合格を通知すると、「不合格の理由を知りたい」「結果が不服なので再挑戦したい」といった不合格理由の問い合わせなどがくることも珍しくありません。これらの対応に追われてしまうと、通常業務にも影響が出てしまいます。

企業がサイレントお祈りをするデメリット

サイレントお祈りをすれば、「不誠実な企業」「応募者に対して真摯な対応ができない企業」とマイナスイメージが強くなります。
冒頭でも述べたように、一般論としてサイレントお祈りはビジネスマナーに反する行為。特に、就職や転職といった人生の機転となるタイミングで不誠実な対応をすれば、ネガティブな印象はより大きくなるでしょう。
また、内定者にも「この企業は不合格者に対してサイレントお祈りをしている」という話が伝われば、不誠実な企業では働きたくない、と内定辞退者が増えることも考えられます。企業イメージは求職者だけでなく、取引先や一般消費者に広まることも。結果として、人材が集まらないなど大きな問題につながることもあります。

SNSで企業対応が広まることも

近年はSNSの利用が増えているため、サイレントお祈りをしたことがWeb上に広がる可能性が高くなっています。冒頭でも述べたように、サイレントお祈りはビジネスマナーとして正しくないもの。SNSの拡散力や影響力は大きいため、企業側が思っている以上にイメージダウンにつながる可能性があります。

サイレントお祈りにあったときの対処法

サイレントお祈りかな?と思っても、すぐに決めつけるのは危険です。少なくとも2週間は待ちましょう。2週間以上連絡が来なければ、こちらから結果を問い合わせて問題ありません。

2週間ほど待つ

選考においては、基本的に合格者への連絡が優先されます。まずは2週間待ってみましょう。多くの企業では、選考終了後1週間以内に合格者に通知を行い、次の1週間で不合格者に連絡をします。
ただし、「面接後に連絡が来ない場合は不採用?問い合わせの方法も紹介」のコラムでも説明しているように、合格であっても担当者の多忙や選考に時間がかかっている可能性もあるようです。

サイレントお祈りをされた企業に問い合わせる

2週間を超えて待っても通知が来ない場合は、企業に問い合わせることも検討しましょう。選考が終わって数日で問い合わせるのはマナー違反なので注意。また、問い合わせる前に手紙やメールも必ず確認しておきます。ほかの郵便物に混じっていないか、迷惑メールなど別のフォルダに入っていないか確認してください。問い合わせ方法については「面接結果は問い合わせても良い?メールと電話の例文や返信方法も紹介」でご確認ください。

サイレントお祈りの企業は諦めて気持ちを切り替える

2週間以上待っても選考通知が来ず、問い合わせにも対応しない企業はこちらから見切りを付けることも大切です。応募者に対して真摯な対応ができない企業は、入社しても働きにくさを感じる可能性が高いもの。縁がなかった、と気持ちを切り替えて、次の選考に臨みましょう。

サイレントお祈りを防ぐことはできる?

サイレントお祈りを防ぐには、予め通知時期を知っておくのが良いでしょう。確実に合否連絡が欲しかったり、サイレントお祈りに左右されずにスムーズに就職活動を行いたかったりするなら、エージェントの利用がおすすめです。

面接で結果通知の時期を確認しておく

面接で、選考結果はいつ通知されるのか確認しましょう。聞くのは面接の最後です。「よろしければ教えていただきたいのですが、本日の結果はいつ頃通知されますか?」と控えめに質問するのがコツ。合わせて通知方法も確認しましょう。なお、「本日の結果は2週間以内に郵送(メール)で通知します」と、企業側から教えてくれることもあります。

確実に返答が来る就活をする

サイレントお祈りが発生するのは、自分で企業に応募する場合が圧倒的に多いです。つまり、自分と企業の間に第三者を立てれば、サイレントお祈りは防ぐことが可能。求人サイトや直接応募ではなく、エージェントを利用してみましょう。
エージェントを利用すれば、選考結果が遅くても担当者から企業に問い合わせをしてくれます。必ず合否が判明するので、サイレントお祈りを防ぐには有効でしょう。
さらに、応募企業の選び方や自分に合った求人の提案、書類の書き方といった就活の基本もサポートしてくれるので、効率よく就活できるのもポイントです。

サイレントお祈りを防ぎたい、企業とのやり取りは最小限に抑えたいという方はハタラクティブを利用してみませんか?
ハタラクティブでは、専任担当制を採用している就職エージェント。就職に関する小さな疑問や細かな要望にもきめ細やかに対応いたします。応募条件の確認や書類の締め切り、面接日程など企業とのやりとりも専任担当者が代行で実施。面接前には応募企業に合わせた対策を行うので、内定率もグッと高くなります。効率の良い就活なら、ハタラクティブで叶えてみませんか?

この記事に関連するタグ