ユースエール認定企業とは?求職者にとってのメリットを解説

ユースエール認定企業とは?求職者にとってのメリットを解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・ユースエール認定企業とは、若者が働きやすい優良企業として国に認められた企業
  • ・ユースエール認定企業とは、中小企業を対象にした制度
  • ・ユースエール認定企業とは、厚生労働大臣が認定している企業
  • ・ユースエール認定企業では、若者が働きやすい環境が整っている

ユースエール認定企業への就職が気になっている方も多いのではないでしょうか。ユースエール認定企業とは、国が「若者の採用や育成を積極的に行っている企業である」と認めた企業のことです。
このコラムでは、ユースエール認定企業として認められるための条件と、認定されている企業で働くことのメリットをご紹介します。働きやすい職場に就職や転職をしたいと考えている方は、参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

ユースエール認定企業とは?

ユースエール認定」とは、若者の採用・育成に積極的かつ、若者の雇用管理が優良な中小企業を、国が認定する制度です。このユースエール認定は「若者雇用促進法」に準じて運用されています。
若者雇用促進法は、若者の雇用の促進を図り、能力が発揮できる環境の整備を目的とした法律です。勤労青少年福祉法を一部改正し、青少年の雇用の促進等に関する法律(若者雇用促進法)と名称を変更して、2015年10月から順次施行されています。
企業がユースエール認定を受けることは、若者が働きやすく成長できる優良企業として国から認められた証明です。ユースエール認定された企業は、自社ホームページや求人に対して「認定マーク」をつけることができます。求職者は、このユースエール認定マークを基準として、就活時にホワイト企業かどうかを見極めるのに役立てられるでしょう。「ホワイト企業に行きたい!」という方は、「ホワイト企業に転職するにはどうしたら良い?特徴や見分け方をご紹介」も参考にしてください。

参照元
厚生労働省
ユースエール認定制度
青少年の雇用の促進等に関する法律(若者雇用促進法)について

ユースエール認定企業を定める若者雇用促進法とは

厚生労働省「若者雇用促進法の概要」によると、前途で解説した若者雇用促進法の主な内容は下記のとおりです。

1.関係者の責務の明確化と相互の連携

若者の雇用に関わる事業主や、職業の紹介を行う事業者、国、地方公共団体などの責務を明確にし、連携を図ります。

2.適切な職業選択のための取組の促進

若者が適切な職業選択を行うことができ、雇用において不利益を被ることがないよう環境を整えます。

3.職業能力の開発・向上および自立の促進

職業訓練の推進やジョブ・カード(職務経歴等記録書)の普及促進などの措置を講じるほか、ニートである若者が相談できる場や自立支援のための施設を整備します。

若者の離職率
厚生労働省の「新規学校卒業就職者の在職期間別離職状況」によると、新規学卒者の3年以内離職率は、下記のとおりです。

学歴 3年以内離職率(2017年3月卒)
中学 59.8%
高校 39.5%
短大等 43.0%
大学 32.8%

参照元
厚生労働省
新規学卒者の離職状況

学歴問わず、3年以内離職率は3割を超えており、多くの若者が自分に合った就職先を見つけられていないことが分かります。
若者雇用促進法やユースエール認定企業は、自分に最適な企業を選択し、スキルアップを図れるようにする制度です。若者の安定した雇用と、定着を支えているといえるでしょう。
若者雇用促進法にもとづいてスタートした公的機関に、若年層が気軽に利用できる「わかものハローワーク」があります。詳しく知りたい方は「就職に悩む若者のための「わかものハローワーク」とは?」もチェックしてみてください。

ユースエール認定企業の12の条件

厚生労働省「ユースエール認定制度」によると、ユースエール認定企業になるためには、下記にある条件を満たさなくてはなりません。ここでは、主な12の認定基準を紹介します。
ユースエール認定企業になることは、企業のイメージアップや優秀な人材の確保など、企業にとってのメリットがあるものです。そのため、認定を望む企業は年々増えており、2021年8月現在で、該当企業は800社を超えています。

参照元
厚生労働省
ユースエール認定制度

1.離職率が20%以下

ユースエール認定企業では、直近の3事業年度で、新卒者を含めた正社員として就職した人の離職率が20%以下であることが求められます。ちなみに、直近3事業年度で採用した人数が、3人または4人の場合、1人以下の離職者であれば、認定可能です。

安全衛生優良企業認定(ホワイトマーク)
安全衛生優良企業認定とは、労働者の健康管理やメンタルヘルス対策など、労働者の心と体の健康維持について、積極的に取り組んでいる企業について認定したものです。ホワイトマークともいわれています。安全で健康的に働ける企業だという目印の認定です。ユースエール認定企業とあわせて認定されている企業もあります。

参照元
厚生労働省
安全衛生優良企業とは

2.事業主都合による解雇を行っていない

ユースエール認定企業には、過去1年間のうち、事業主の都合によって労働者の解雇、もしくは退職勧奨を行っていないことが求められます。事業主都合にもかかわらず、離職理由を自己都合とするといった、虚偽が判明した場合、認定を取り消されるようです。

3.青少年雇用情報が明らかにされている

若者雇用促進法にもとづいて、採用や雇用管理に関する情報を公開していることも、ユースエール認定企業の条件です。具体的には、直近3事業年度分の募集や採用に関する情報、職業能力の開発や向上に関する情報、企業の雇用管理に関する情報などの情報を公表しています。

4.月平均所定外労働時間の限度が守られている

ユースエール認定企業では、法定内の労働時間が遵守されています。前事業年度の月平均所定外労働時間が20時間以下で、月平均法定時間外労働時間が60時間を超える社員が1人もいないことが、認定の条件です。

5.育児休暇の取得者割合が高い

ユースエール認定企業の認定条件の1つに、育児休暇の取得率があります。直近3年の事業年度内に、男性労働者による育児休業取得者が1人以上、または、女性労働者による育児休業取得率が75%以上を満たしていなければなりません。ただし、対象者がいなかった場合は育休制度の有無で判断されます。
育児と仕事の両立を望む人は、くるみん認定についても確認しておきましょう。くるみん認定とは、子育てサポートが充実している企業を認定する制度です。くるみん認定を受けている場合は、くるみん認定を受けた年度を含んだ3年間は、こちらの項目は判断基準から除外されます。

くるみん・プラチナくるみん認定企業
くるみんとは、子育てサポート企業として、厚生労働大臣の認定を受けた証です。くるみん・プラチナくるみんを推奨する厚生労働省のパンフレットによると、「くるみん認定企業」の認定条件は、育児をしやすい制度を設けていることや、それらを継続していることなど、計10の条件を満たすことが、認定の条件とされています。プラチナくるみんとは、くるみん認定の上位認定です。くるみん認定された企業が継続的かつ、積極的に高水準の取り組みを行い、認められた場合、プラチナくるみんへと昇格します。

参照元
厚生労働省
次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画を策定し、くるみん認定・プラチナくるみん認定を目指しましょう!!!
くるみんマーク・プラチナくるみんマークについて

6.有休の取得率の基準を満たしている

ユースエール認定企業は、有給休暇の取得率も条件となっています。前事業年度内での正社員の有給取得率が、平均70%以上、または、年間での有給取得日数が平均10日以上でなければなりません。なお、有給休暇とは、企業内の就業規定で定められている、有給である、社員全員に毎年付与されている休暇であるという3つの条件を満たしているものを指します。そもそも、有給休暇の制度について知りたい方は、「有給とは?働いている人は皆もらえる?」をご覧ください。

7.新規学卒者の内定の取り消しを行っていない

過去3年間の事業年度のうち、採用した新規学卒者についての内定を、何らかの理由で取り消しを行っていた場合は、ユースエール認定企業の認定を受けられません。認定されるには、若者の採用を積極的に行っている必要があるためです。

8.人材育成方針を出している

ユースエール認定企業は、若者の採用だけでなく、育成や教育にも積極的でなければなりません。人材育成方針とは、社内の人材の人物像に対する教育方針のことです。採用した人材に対して求める人材像を作成し、どのような研修を行うかや、どのような評価制度が必要かといった指針となります。

9.教育訓練計画を作成している

ユースエール認定企業は、若者の教育を積極的に行っていることも重要なポイントになります。教育訓練計画とは、今後、社会人としてキャリアアップを図るうえで受けていく、スキル向上のための教育方針です。数年後、十数年後の未来で習得しておくべきスキルを計画し、いつ実施するのかを策定した教育訓練計画を作成していることで、教育に積極的であると認定しています。

10.雇用労働者が300人以下の中小企業

そもそもユースエール認定企業とは、中小企業を対象とした認定制度です。基本的に、常時300人以下の労働者を雇っている事業主であることが求められます。そのため、大企業ではユースエール認定企業になることはできません。「ユースエール認定企業になっている中小企業と、大企業のどちらに就職すべきだろうか?」と悩んだ方は、「大企業と中小企業の違いは?両者に就職するメリット・デメリットもご紹介」も一読ください。

11.反社会的勢力と関係がない

当然ながら、ユースエール認定企業は国が認める優良企業であるため、反社会的勢力との関係や不正行為がない会社である必要があります。暴力団関係等の事業主である場合は、認定企業として認められません。風俗営業等関係事業主や、各種助成金で不正を行っている会社なども、認定の対象外となります。

12.労働関係の法令違反がない

若者のキャリア形成において、新卒時の労働関係のトラブルは、今後のキャリアで足かせとなってしまう場合があるでしょう。そのため、ユースエール認定企業は、労働関係の法令違反がない会社に限られています。

えるぼし・プラチナえるぼし認定企業
えるぼしとは、女性が活躍しやすい職場づくりを積極的に行っている企業への認定制度です。えるぼしには3段階あり、条件を満たしている項目によって認定される段階が変わります。えるぼし認定の条件よりも、高い水準の条件を満たしている場合、プラチナえるぼし認定を受けることが可能です。えるぼし認定企業なら、女性が活躍する環境が整っているでしょう。就職先を探すときは、ユースエール認定企業だけでなく、えるぼし認定にも目を向けて見てください。

参照元
しょくばらぼ(職場情報総合サイト)
女性活躍推進企業認定「えるぼし・プラチナえるぼし認定」 

ユースエール認定企業が求職者に与えるメリット

ユースエール認定企業は、若者にとって有益となる条件を満たしているため、働きやすい職場を見つけやすいといえるでしょう。ここでは、求職者がユースエール認定企業を選ぶことのメリットについて、ご紹介します。

1.職場の詳しい情報が得られる

ユースエール認定企業の条件として、企業側に「募集・採用に関する状況」「労働時間に関する状況」「職業能力の開発・向上に関する状況」といった類型ごとに、1つ以上の情報開示が義務付けられています。そのため、求職者は企業の情報をより多く得られるでしょう。
過去3年間の新卒採用者数や離職者数、平均勤続年数といった情報を、入社前に知ることができます。研修の有無と内容、前年度の月平均所定外労働時間の実績などを知ることで、求職者は入職後のイメージが湧きやすくなるでしょう。具体的な情報を得ることで、「想像と違った」というようなミスマッチを防ぐこともできます。

2.法令に則った企業を選べる

ハローワークでは、若者雇用促進法「適切な職業選択のための取組の促進」にもとづいて、労働関連の法令違反があった事業所からの求人を受け付けていません。
そのため、求職者は正当な条件で求人を出している企業を選択できます。ユースエール認定企業を選ぶことは、求職者にとって入職後に不利益を被ることがなく、企業とのミスマッチによる早期離職を解消することにつながるでしょう。

3.若者の雇用や教育に優良な企業を選べる

ユースエール認定制度が設立されたことで、若年層の求職者が優良な企業を選びやすくなりました。
また、「ユースエール認定企業の12の条件」で紹介したとおり、ユースエール認定企業は、離職率が20%以下であることが条件となります。そのため、入職後の定着率も高いといえるでしょう。長く腰を据えて働ける企業に出会うなら、ユースエール認定企業を選ぶことがおすすめです。

4.キャリア相談に積極的な企業が選べる

ユースエール認定企業になる条件として、積極的な人材育成や能力開発に取り組んでいる必要があります。情報を開示する義務もあるため、応募前から企業で行っている職業開発や研修などについて、理解できるでしょう。認定企業は、研修制度やキャリアコンサルティング制度など、自分のキャリアについて相談できる場を多く設けている企業です。就職後にキャリアに迷って場合も、相談して解決しやすい就職先に出会えるでしょう。

ユースエール認定企業を選ばない場合のデメリット

ユースエール認定のない企業を選ぶことは、ブラック企業に入職してしまう可能性につながります。
中小企業は、就業規則や条件などの労務管理が義務づけられていないため、大企業と比較すると労働環境の監視が弱いところも少なくありません。そのため、入職後にギャップを感じ、早期退職に至ってしまう恐れもあります。
十分な育成や待遇が整った企業で働くためにも、若者の雇用とキャリア形成をサポートするユースエール認定企業を選択することは、求職者にとって有利であるといえるでしょう。就職や転職で、入職する前に確認しておくべき事項は、「転職で失敗したくない…入社前の確認事項は?」でご確認いただけます。

ユースエール認定企業は、若者の離職率が高い傾向にある日本において、若者が働きやすい企業に就職するチャンスを広げるための制度です。「ユースエール認定企業へ転職したい」「ユースエール認定企業以外の中小企業はブラックなの?」など、疑問や不安を感じた方は、ハタラクティブへご相談ください。専任アドバイザーによるマンツーマンのカウンセリングで、一人ひとりにぴったりの求人情報をご紹介します。給与や残業時間など、自分では直接質問しづらいことも、アドバイザーをとおして入社前に確認できるので、安心して転職できるでしょう。履歴書添削や面接対策など、充実したサポート体制で転職活動が初めての方も安心です。登録・利用料は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION