留年したときの就職への影響とは?過ごし方で挽回も可能

留年したときの就職への影響とは?過ごし方で挽回も可能の画像

この記事のまとめ

  • 留年は就職に不利だと言われるが、入院などのやむを得ない場合であれば不利にはならない
  • 留年中に、留年とどう向き合いどういう成果を残したのかなど、過ごし方によっては不利な状況を挽回することができる
  • 「就職留年」という言葉があるが、卒業できるにも関わらず就活が上手くいかなかったためにあえて留年を選ぶことを指すため、卒業できない留年とは違うので使い方には注意が必要

留年してしまった方の中で多い悩みが、就職に不利にならないかということ。留年が就活にどのような影響を与えるのか、留年してしまったときに就職に不利にならないための過ごし方についてまとめてみました。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

留年が就職に与える影響とは?

「留年すると就職に不利」と言われることが多いため、負い目を感じて就活に不安な気持ちを抱える人は少なくありません。しかし、留年した理由が入院や怪我、家庭の事情での休学など、やむを得ない事情であるときは不利にならないことが多いです。

不利になってしまうのは、自由に遊びたかった、バイトが忙しかった、単位が足りなかった、出席日数が足りなかったなど。これらの理由では、「決められたことを守れない」「自己管理ができない」など、どうしてもマイナスなイメージに繋がってしまうことは避けられないでしょう。

留年した人であれば、面接の際に高い確立で留年した理由を聞かれます。言いづらい理由の場合では、取り繕って嘘を言ってしまうという人もいますが、正直に話した方がベストです。

年間何人もの応募者を見てきている面接官が相手となると、あとで嘘がバレてしまい不利な状況を招きかねません。大切なのは、留年に対してどう向き合い、留年中にどういう成果を出したかということ。

留年したあとの過ごし方によっては、他のライバルに差をつけて逆転できる可能性もあるのです。次項にて詳しく見ていきましょう。

留年したあとの過ごし方が大事

「留年が決まった…」いろいろとショックが大きいとは思いますが、気持ちを切り替えて前に進むことが大切です。留年を嘆いたあとは、今後の人生に、就職に有利な留年中の過ごし方について考えてみましょう。

就職を目指すのであれば、留年したという事実から目をそらさずにきちんと向き合うことが大切です。採用担当者は留年した経緯よりも、「留年したことを反省しているのか」「留年した間は何に取り組んだのか」「留年で得られたことは何か」ということに注目します。

そのため、このような面接官の疑問を払拭できるようなポジティブなアクションを起こせるかが大事。単位取得はもちろんのこと、就活スケジュールを立てたり、自分の希望する職種に必要な資格を取得したりしてみるのもおすすめの過ごし方の1つです。

今は、将来自分は何がしたいのかを考えるチャンスと捉え、前向きに行動してみましょう。

併せて覚えたい。就職留年とは?

就活していると、就職留年という言葉を耳にすることがあるかもしれません。就職留年、通称「就留」とは、前述したケースとはまた違って、就職活動が上手くいかなかったために、留年を自ら選択する、というケースを指します。

卒業可能でありながら、あえて留年を選ぶのです。次回また就活する際、1度経験していることにより勝手を把握していることと、新卒扱いになるといったメリットがあります。

また、就職浪人という言葉もありますが、こちらは一旦は卒業をしているため、既卒扱いとなり、新卒よりも不利なケースになることもあります。

言葉を使用する際は、意味を混合しないよう注意しましょう。

面接対策は万全に!

留年したことに負い目を感じたままいると、消極的になってしまいその後の就職活動に支障をきたしてしまうことになりかねません。留年したことでの反省点と、それからがんばったことをアピールできるよう、いかに前向きに行動できるかが、ポイントです。

採用担当者が納得できる留年の理由を用意しておきましょう。

面接対策が不安な方は、就活アドバイザーを付けるのも1つの方法。孤独な戦いだと思われやすい就活ですが、ハタラクティブのように就活に関するさまざまな支援を行う会社に頼れば、さらに内定の獲得に近づきます。

面接対策の他にも、応募書類の書き方や自己分析の方法など、就職に関することであればさまざまな面からサポート可能です。また、求人サイトに載っていないような、社風や人間関係といった、より深い情報も提供できます。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連タグ