留年すると就職が厳しい?後悔しない過ごし方や面接のコツ

留年すると就職が厳しい?後悔しない過ごし方や面接のコツの画像

この記事のまとめ

  • 留年は必ずしも就職に不利になるわけではない
  • 留年中の過ごし方が就職活動に影響する
  • 就職面接では、留年した理由について正直に答える
  • 留年について説明するときは、その経験から得たことを伝える
  • 面接を成功させるために、就職エージェントや友人など第三者に相談すると良い

留年すると就職が厳しくなるのでは、と不安に思う方もいるでしょう。しかし、留年したからといって内定がもらえないということはありません。企業が知りたいのは、会社で活躍してくれる人材かどうかということ。そのため、焦らず就職活動の対策をすることが大切です。このコラムでは、留年期間を活かしたアピール方法を解説していくので、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

留年すると就職に不利?

留年が合否に直接的に関わることはほぼないといえます。留年を経験すると、「就職するのは厳しいのでは」と考えてしまうこともあるでしょう。しかし、採用担当者は応募者の「入社後の活躍」や「社風に合うか」などを確かめようとしています。対策と準備をしっかり行えば、内定をもらうことは可能でしょう。

就職留年と就職浪人とは?

就職留年とは、納得のいく就職先が決まらなかったため自ら留年を選択した人です。翌年に新卒として就職活動ができます。就職留年について「就職留年とは?浪人との違いやメリット・デメリットを解説」で紹介しているので参考にしてください。
一方で、就職浪人とは、卒業したあとも就職活動を続けている人を指します。すでに卒業しているため、既卒扱いでの就職活動です。詳しくは「就活浪人した場合に心掛けてほしい6つのポイント|留年との違いも解説」をご覧ください。

就職活動に与える留年の影響とは?

留年する要因として、留学や体調不良による休学、卒業に必要な単位を取得できなかったなどがあります。留年してしまうと、同学年の人より就職活動が遅れるため、焦ってしまう人もいるはずです。では、留年の影響はどの程度あるのか、就職活動に挑むための対策を解説します。

留年しても就職先はある

企業は留年の有無ではなく、会社で活躍できる人材や意欲のある人材を採用したいと考えています。そのため、留年をしていても内定をもらうことは可能です。就職活動の対策がしっかりとされていれば高く評価されるでしょう。しかし、就職活動に全く関係しないわけではありません。留年経験をプラスに捉えてもらうために、留年の理由についてきちんと説明できるようにしておきましょう。

留年した人が就職面接で気をつけたいこと

就職面接では、留年した理由を簡潔に述べます。その次に留年経験で学んだことや改善したポイントを説明しましょう。さらに、仕事で活かせる部分を伝えられると面接官が判断しやすくなります。また、表情や声のトーンで聞いている人の印象が変わることがあります。自信のない表情で話すとマイナスのイメージを与えてしまうでしょう。留年したことに負い目を感じず、自信を持って答えることが大切です。面接で気をつけることを「面接で気をつけることは何?模擬面接もやるべき?就職成功の秘訣を解説」で解説しています。

留年した理由を正直に伝える

答えにくい留年理由であっても、就職面接では正直に伝えましょう。面接官が追加質問してくることもあり、嘘の理由を答えていた場合、矛盾が生じて見破られてしまうことも。
「就職活動を怠った」や「単位が足りなかった」など自身の努力が感じられない場合、悪い印象を与えてしまうことがあります。しかし、改善のために努力したことを説明できれば、納得してもらえるでしょう。留年について質問されることを想定して、相手が納得する理由を示せるよう準備しておくと自信を持って面接に挑めます。

留年経験から得たことを伝える

留年期間を無駄にせず成長できたことを伝えられれば、就職活動に役立つ経験となります。留年する理由は、留学や療養、単位が足りなかったなど人それぞれでしょう。しかし、面接官は企業でどのように活躍してくれるか知りたいため、留年については深く追求してこないと考えられます。そのため、留年経験から得たことを伝えられれば好印象を与えられるでしょう。
社会人になると、反省したり困難に直面したりすることも。そのようなときでも、諦めず努力し続けられる姿勢を示すと良いでしょう。

他の人を気にしない

同級生が先に就職しているからと、周りと比較して焦ってしまうことがあるでしょう。しかし、就職活動には人それぞれのペースがあります。留年したからと焦って探すと自己分析が十分でなく、なかなか内定に辿りつけないことも。また、もし内定をもらえたとしても、適正に合っていなくて入社後に大変な思いをすることもあるでしょう。自己肯定感を高く持ち、自分のペースで就職活動を行うことが大切です

留年を後悔しない!就職に向けた過ごし方

ここまで述べてきたように、就職活動では留年経験をしっかりと伝えることがポイントです。面接では内容を誇張せず、事実を伝えるべきなので留年期間をいかに意味のあるものにできるか考えると良いでしょう。以下で留年期間のおすすめの過ごし方をご紹介します。

学業を大切にする

まずは、学業を大切にすることをおすすめします。単位不足で留年してしまった場合、前期の間に不足分を取り終えるのが理想です。バイトやサークル活動など、学業を疎かにする要因は後回しにし、勉強に専念しましょう。自由につかえる時間を残しておくことで、ほかのスキルを身につけるための期間を確保できます。就職活動で留年期間をアピールするために、まずは学業に専念すると良いでしょう。

スキルアップする

興味がある分野の勉強をして、スキルアップすると良いでしょう。社会人になると勉強時間の確保が難しく、思うようにスキルアップできなくなります。留年期間の余裕のある時期に興味のあることを学べれば、市場価値を高めることに繋がるでしょう。就職に有利になる資格を取りたい場合は、TOEICや秘書検定などがおすすめです。「就職活動を有利にする資格とは?」で資格について紹介しているので、スキルアップの参考にしてみてください。

海外に行く

海外に行くことで、普段は得られない知識をたくさん吸収できます。メリットとして、「英語力の向上」「異文化との交流」「自立できる」などがあるでしょう。もし、大学の単位に余裕がある場合はおすすめの過ごし方です。海外に行くことで、これまでと違った視野を得られれば、就職先の選択にも影響するでしょう。社会人になるとスケジュールの調整が難しく、海外旅行すること自体できなくなる可能性があります。留年期間を有意義に使いましょう。

インターンに参加する

単位を早めに取り終え、余裕のある時間ができたらインターンシップへ参加することがおすすめです。現役生より早めに就職活動を始められ、留年期間を有意義に過ごせます。インターンシップには、長期や短期、1日のみのものなどさまざまあります。長期インターンシップに参加することで、興味のある企業の仕事内容を知れたり、そのまま内定に結びつくことも。「インターンシップとは?参加のメリットや意味、募集時期について解説」でインターンシップについて詳しく説明しています。参考にしてみてください。

就職エージェントを利用する

このコラムで紹介したように、就職活動のときには「留年した理由」や「そこから学んだこと」を伝えることが大切です。そのため、採用担当者に好印象を与えられるような文章を考えておくと安心。友人や親など、第三者に聞いてもらうと良いでしょう。または、就職のプロであるエージェントに相談するのもおすすめです。留年やフリーター経験のある人を就職に導いた経験があり、的確なアドバイスがもらえるでしょう。

エージェントを利用して就職活動を始めてみたい方は、ハタラクティブへお問い合わせください。一人ひとりに寄り添ったサポートができるよう、専任のアドバイザーが担当します。また、適性に応じた求人の紹介も可能です。就職先が定まらず、どこに応募すれば良いか分からないという場合はお気軽にお問い合わせください。

留年したときの就職に関するFAQ

留年をすると就職が不利になるのではと不安になることがあるでしょう。留年経験のある方が、就職活動を始めるときに想定される疑問にお答えします。

留年すると就職が不利になる?

留年をすると、必ずしも就職が不利になるわけではありません。企業は留年の有無よりも、会社で活躍できる人材かを重視しています。そのため、就職活動の対策がしっかりできていれば就職が不利になることはないでしょう。詳しくはこのコラム「就職活動に与える留年の影響とは?」をご覧ください。

就職留年のメリットはある?

就職留年した場合、翌年にも新卒として就職活動をできるメリットがあります。そのほかにも、時間に余裕ができるため、スキルアップの時間を十分にとれるというメリットがあるでしょう。しかし、学費がかかるデメリットもあります。就職留年について「就職留年とは?浪人との違いやメリット・デメリットを解説」で詳しく解説しています。

留年したら就職に向けて何をすれば良い?

就職面接で留年経験から成長したことを伝えられる過ごし方をしましょう。具体的には、「スキルアップのために資格を取る」や「単位不足にならないように履修計画をたてる」など。エピソードを添えて説明できるようにしておくと説得力が増します。面接で上手くアピールしたい方はハタラクティブへご相談ください。面接対策や求人紹介などすべてのサービスを無料でご利用いただけます。