予備校は履歴書に書いても良いのか?

予備校は履歴書に書いても良いのか?の画像

この記事のまとめ

  • 学歴は最終学歴の一つ前から書くのが一般的
  • 予備校は正規の教育機関ではないから学歴には書く必要はない
  • 休学は休学した理由を記載する。留年は書く必要なし

いざ履歴書を書こうとすると、様々な疑問が浮かんできます。学歴はいつから書くべきなのか?浪人中に通っていた予備校を書いても良いのか?留年や休学した場合の適切な書き方は?当コラムでは、そういった疑問を解消し、適切な履歴書の書き方をお教します。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

学歴はどこから書けば良い?

履歴書の学歴は、面接を受けるのが就活生なのか、転職者なのかによって書き方が変わります。

就活生の場合は、中学校の卒業年から記載しましょう。大学はまだ卒業していない新卒の方は、大学の卒業年を書く行には「卒業見込み」と書くのが基本です。

転職活動中の方は、高校の卒業年から学歴欄に記載しましょう。中学卒業後に専門学校へ進学した方は専門学校の卒業年から書いてください。

既卒の方は、最終学歴の一つ前から書くのが一般的です。大卒なら高校の卒業年、高卒なら中学の卒業年を書きましょう。

学歴を書くポイント

・一番上の行の中央に「学歴」と書く

・学部や学科、専攻まで記入

・学校名は略さず正式名称で。「例:〇〇私立××高等学校普通科」

・正式名称が旧字のときは旧字を使う

・「同校卒業」、「〃」などと略さない

・応募先企業で活かせそうな内容であれば、研究テーマ等についても記入

・書類内で統一されていれば西暦和暦どちらでも良い(和暦はH、Sと略さない)

予備校は学歴に書くべき?

浪人期間中に通った予備校も、学歴に書くべきなのか?と疑問に思う方は多々いらっしゃるようです。しかし学歴欄に浪人期間中の活動について記入する必要はないのです。なぜなら予備校は、正規の教育機関として認められていないのです。高校卒業から大学入学までの期間が空いていれば、採用担当者は、説明しなくても年次を見て「浪人生として活動していたんだろう」と察してくれます。そのため、以下のように記載するだけで大丈夫です。

1年浪人していた場合の記入例

平成28年3月 〇〇私立××高等学校普通科卒業

平成29年4月 〇〇大学××部△△学科入学

休学、留年した場合の書き方は?

留学するために休学した場合は、1年以上の留学期間なら学歴として記載しましょう。1年未満の留学なら自己PR欄でアピールできます。また、病気などで休学した場合は、学歴欄に休学した理由を簡潔に記載しましょう。理由を書かないと採用担当者にマイナスのイメージを持たれてしまいます。今現在仕事に影響がないことも記載し、採用担当者に心配をかけないようにすることが大切です。

休学した場合の記入例

留学した場合:平成○○年×月 米国 □□州△△大学留学(平成●●年▲月まで)

病気療養の場合:○○大学××学部△△学科 病気療養のため休学(現在は完治し業務に支障はありません)

留年した場合は、学歴欄に書く必要はありません。正しい入学年度・卒業年度さえ記載しておけば、浪人したことや留年したことは採用担当者に伝わります。ただ面接で聞かれる場合を考慮し、事実を話した上で反省点を伝えることができるようにしておきましょう。留年と学歴に記載すると、留年したことを強調してしまい、「なぜ留年したのか?」と聞かれる可能性が高まるので、書かないほうが無難です。

履歴書の書き方なら、就活アドバイザーにお任せ!

ハタラクティブでは、就活アドバイザーが履歴書作成をマンツーマンでお手伝いしています。「学歴や職歴に自信がない」という方は、ぜひ一度ご相談ください。
マナーや書き方のポイントをお教し、採用担当者の方が会ってみたいと思える履歴書を作れるようにサポートいたします。「業種や職種に応じて書き方を変えたい」、「他の人の履歴書との違いを出したい」、などと思っている方にもオススメです。

関連タグ