新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 履歴書の学歴はどこから書くのが正解?

履歴書の学歴はどこから書くのが正解?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・履歴書の学歴に、どこから書かなければいけないという決まりはない
    ・履歴書の学歴は、高卒や大卒など最終学歴によってどこから書くのかが変わる
    ・履歴書の学歴はどこから書くのかよりも、分かりやすく書くことが大切
    ・履歴書の職歴は、原則すべての経歴を書くことが望ましい

監修者:多田健二

キャリアコンサルタント

今まで数々の20代の転職、面接アドバイス、キャリア相談にのってきました。受かる面接のコツをアドバイス致します!

履歴書の学歴はどこから書くのが正解?の画像

「履歴書の学歴をどこから書けば良いのか分からない」と悩んだ方は、多いのではないでしょうか。また、「職歴もどのように書いたら良いのか分からない」という方もいるでしょう。
このコラムでは、学歴と職歴の書き方やポイント、注意点を解説します。また、退学した場合や留年・休学をしている場合の学歴の書き方もまとめているので、ぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

学歴はどこから書く?

履歴書は就職や転職の場面で、必ずといって良いほど作成が必要な書類です。しかし、書き進めていくと学歴はどこから書いたら良いのか分からないと悩む方もいるでしょう。学歴は、どこから書かなければいけないという決まりはありません。ここでは、一般的な学歴の書き方をパターン別に紹介します。

 

高卒の場合

最終学歴が高等学校卒業の場合は、「中学校卒業」から書くと良いでしょう。なお、中学卒業後すぐに働き始めた人や高校を中退した人も、同じく「中学校卒業」から書きます。

 

大学新卒の場合

大学新卒の場合は、「高校入学」から記載するようにしましょう。高校以降は義務教育ではありません。そのため、どのような学校にいつ入学し、何年間で卒業したのかが分かるよう、高校入学から記載します。専門学校を卒業した場合も、同じく「高校入学」からの記載です。
なお、新卒で就活をしている学生は「卒業」ではなく「卒業見込」となります。

 

大学院卒の場合

大学院卒の場合は、「高校卒業」から記載します。大学院は「卒業」ではなく「修了」なので注意が必要です。また、大学院は修士課程と博士課程があるので、それぞれの入学年次と修了年次を分けて書く必要があります。

 

転職の場合

転職の場合は、「高校卒業」から記載するのが一般的です。第2新卒や転職経験がない、または少ない人は、記入する職歴がそれほどないため「中学卒業」から書いても構いません。

学歴を書く時の注意やポイント

学歴を書く時には、学校名を正式名称で書くことや年月を西暦和暦で統一するなどのポイントがあります。ポイントを押さえて、見やすく分かりやすい学歴を書きましょう。

 

正式名称で書く

学校名を書く時は「△△市立◯◯高等学校 卒業」と必ず正式名称を記入しましょう。「高校」は「高等学校」が正式名称です。学校名だけでなく、学部、学科、コース名もすべて省略せずに記載します。卒業を「卒」と略すのもよくありません。

 

西暦か和暦はどちらかに統一する

入学や卒業の年は、西暦か和暦表記のいずれかに統一しましょう。これは学歴・職歴欄だけでなく、記載日や生年月日、資格取得年月など履歴書全体で統一する必要があります。年度を書く項目は多いので、始めから西暦か和暦、どちらを書くか決めておくと良いでしょう。

 

大学は学部や学科を書く

大学は、学部や学科の記載が必須です。学部や学科を記載することで、どのような分野を学び、得意としているかが分かるようにします。なお、仕事に活かせる卒業論文や研究などがあれば、あわせて記載すると良いでしょう。

 

誤字脱字をしない

学歴欄に限らず、履歴書全体にいえることですが、誤字脱字はないようにしましょう。履歴書は、自身の経歴を伝えるビジネス書類です。たとえ誤字があっても、修正液や修正テープ、二重線での訂正は絶対にやめましょう。正式な書類としての信頼性を欠いてしまいます。誤字脱字があった場合は、最初から書き直しましょう。

 

学歴詐称をしない

履歴書に異なる学歴を記載した場合、学歴詐称とみなされる可能性があります。たとえそれが記載ミスなど、意図しない場合であってもです。もし学歴詐称をして採用されたとしても、嘘や記載ミスが公になったときに信用はなくなり、最悪の場合は解雇の可能性があります。学歴詐称をしないのは当たり前ですが、履歴書を出す前には記載ミス等がないかしっかり確認しましょう。

学歴のケース別書き方

ここでは、退学をしている場合や留学をしている場合など、ケース別の履歴書の書き方をまとめました。自分にあてはまる項目を確認して学歴欄を作成しましょう。

 

留年・休学をしている場合

在学中に留年・休学をした場合は、その期間が1~2年程度であれば通常通り学校名と入学・卒業の年度を記載するだけで良いです。浪人をした期間についても特に注意書きをする必要はありません。
ただし、留年や休学の期間が長い場合は、面接で理由を聞かれる可能性が高いので、選考をスムーズに進めるためにも理由を記入しておくのがおすすめです。

 

退学をしている場合

大学中退をした人は、退学の年月日と大学名を記載した後、「中途退学」の語を入れます。健康上の問題や経済上の理由など、やむ終えない事情がある時は、「~のため中途退学」など、理由を書き加えると良いでしょう。

 

留学している場合

1年以上の長期に渡る留学の場合は、留学先の国名と学校名、留学期間について学歴欄に記載します。1年未満の短期留学やホームステイに関しては、自己PR欄や備考欄に書くようにしましょう。
なお、留学中に学んだことや体験したことで、アピールになりそうな内容があれば記入しておくのがおすすめです。

 

転校した場合

学校が途中で変わった場合は、入学を記入した行の下に学校名を書きます。学科や学部名などがあればあわせて記入し、その後に「転入学」と書きましょう。

 

学部や学科を変更した場合

同じ学校でも途中で学部や学科を変えた場合は、学歴欄に記載する必要があります。入学について書いた下に、変更した学部や学科を書き、「編入学」と書きましょう。

 

学歴の間に職歴が入る場合

人によっては学校を中途退学または卒業した後に就職し、その後再び大学に入ったというケースもあるでしょう。
このケースでは学歴欄には職歴を入れず、学歴と職歴は通常と同じように分けて書いてください。採用担当者は学歴にブランクがある理由を年月日で知ることができます。

職歴を書く時の注意やポイント

学歴と同様、職歴を書く時にも会社の正式名称や部署異動をした年月日などを正しく記載する必要があります。以下のポイントを押さえて、見やすく分かりやすい職歴を書きましょう。

 

会社名や部署名は省略しない

学歴と同じく、職歴でも会社名や部署名の省略はしないようにしましょう。法人名の表記も省略不可です。(株)ではなく「株式会社」、(有)ではなく「有限会社」と書きます。

 

配属先や職務内容は具体的に書く

社名の下に配属先や職務内容を書きます。職務内容は、簡潔に分かりやすく書くのがポイントです。なお、昇進や異動があった場合は、昇進内容と昇進した年月、異動部署名と異動年月も記入します。

 

社名が変更した場合も記入する

企業の合併や買収などで社名が変わった場合は、「株式会社〇〇(現△△株式会社)」というように、変更前と変更後の社名が分かるように記入します。

 

退職理由を記入する

退職理由が自己都合の場合は、「一身上の都合により退職」、会社都合の場合は「会社都合により退職」と、会社名の後に端的に記入します。退職理由は、職歴欄で詳しく書く必要はありません。
なお、現職の退職日が決まっている場合は「令和2年12月 株式会社〇〇 退職予定」と記入します。

 

職歴が書ききれない場合

履歴書には、原則すべての職歴を書くことが望ましいです。職歴が多い場合などは、上手く情報を収めるために学歴欄の義務教育期間を簡潔にまとめたり、職歴欄が多い履歴書を使ったりなど工夫しましょう。それでも、どうしても職歴を書ききれない場合は、直近の3社程度に絞って記入します。それ以前の職歴については、どういった仕事をしてきたか分かるように、大まかにまとめて記入すると良いでしょう。
なお、「詳細は職務経歴書記載」と書くのを忘れないようにしてください。職務経歴書には、履歴書に詳細を記載できなかった職歴も含めてすべてを記載して提出します。

 

正社員以外の職歴がある場合

1年以上勤務したアルバイトや派遣での仕事であれば、職歴としてアピールができます。また、職歴が少なくアルバイト経験をアピールしたい場合も、記入すると良いでしょう。正社員の職歴と同様に、社名や職務内容を書きます。なお、「アルバイト勤務」や「派遣社員勤務」と、雇用形態もあわせて記入しましょう。

採用担当者がチェックしているポイント

採用担当者は、学歴と職歴から、過去にどこで何をしていたのかを知りたいだけではなく、どのような知識やスキルがあるかにも注目しています。ここでは、採用担当者がチェックしているポイントを学歴と職歴に分けて解説。自身のアピールのためにも、ポイントを意識して学歴と職歴を作成しましょう。

 

学歴欄

採用担当者は、学歴から過去にどのような勉強に取り組み、入社後に活かせそうな知識はあるかということを見ています。そのため、仕事に活かせる卒業論文や研究などは、より詳細に書くと良いでしょう。なお、学校の偏差値だけを見ているのではないため、絶対に学歴詐称を行ってはなりません。
また、学歴欄は応募者がどのような教育を受けてきたのかを伝える項目なので、正確で分かりやすい記載を心がけましょう。

 

職歴

採用担当者は、過去の職歴からどのようなスキルや経験を持っているのかを見ています。採用基準や求めている人物像と照らし合わせ、自社でどういった活躍ができるのかを判断しているのです。
また、転職回数などから、仕事に対してどう向き合ってきたのかを見る場合もあります。転職回数が多いからといって、必ずしも転職が不利になるわけではありません。「一身上の都合により退職」という理由を並べず、「キャリアアップのため退職」や「他業種を経験するため退職」といった退職理由を記載することで、プラスに捉えられる可能性があります。

 

ここまで、学歴と職歴の書き方を解説しましたが、履歴書には他にも記入する項目が数多くあります。「志望動機や自己PRはどのように書けば良いんだろう…」「趣味・特技欄に何を書いたら良いのか分からない…」など、悩む場面は多いでしょう。また、職務経歴書の作成も初めてであれば
難しいものです。

 

履歴書や職務経歴書の書き方に不安がある方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、若年層に特化した就職・転職支援エージェントです。豊富な知識をもつ就活アドバイザーが、カウンセリングを通して応募者に合った正社員求人をご紹介。履歴書や職務経歴書などの応募書類の作成から面接対策、入社後のフォローまで幅広くサポートするので、初めての就職・転職活動でも安心です。
少しでも就職・転職活動に不安があれば、まずはお気軽にご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ