転職活動で職務経歴書は必要?自己PRといった項目別の書き方を解説

転職活動で職務経歴書は必要?自己PRといった項目別の書き方を解説の画像

この記事のまとめ

  • 「履歴書のみ提出」と明記されている場合、転職活動でも職務経歴書は必要ない
  • 職務経歴書は、応募先企業に活かせる経験やスキルをアピールする書類
  • 職務経歴書を提出する際は、必要事項を簡潔にまとめて読みやすくする
  • 自己PRは、履歴書だけでなく職務経歴書にも必要
  • 職務経歴書の提出が必要な場合、郵送するか面接時に持参する

職務経歴書が必要かどうか明記されていない求人に応募する場合、提出すべきか迷う人もいるでしょう。転職活動では、企業側から不要と申告されない限り、職務経歴書を提出するのが基本です。このコラムでは、職務経歴書の提出が不要な場合の判断基準や、必要項目の書き方について解説します。また、送付や持参といった職務経歴書の提出方法もご紹介。職務経歴書の役割をおさえて正しく作成し、転職成功に一歩近づきましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職活動で職務経歴書は必要?

転職活動では、基本的に職務経歴書の提出が必要です。職務経歴書は、これまで経験してきた仕事内容や実績といった具体的な経歴を伝える役割を果たします。スキルや経験を重視する中途採用において評価されやすく、自身のアピールにもつながるため、企業側への提出が求められるでしょう。

転職活動で職務経歴書が必要か迷ったら用意しよう

職務経歴書の提出については「任意提出」「履歴書のみ」「不要」などの記載がないか、応募する求人の募集要項を事前に確認してください。「履歴書を持ってきてください」というように、職務経歴書に関する明確な記載がない場合は、アピールする要素を増やすためにも履歴書と一緒に提出するのが望ましいでしょう。職務経歴書を提出することでマイナスの印象を与える可能性は低く、むしろ自分の持つスキルや能力をアピールでき、熱意も伝えられます。「職務経歴書出さなかったけど大丈夫なのか」と不安になるよりは、任意提出でも出すのがおすすめです。

職務経歴書が必要か聞くのも一つの手

求人情報に何も記載がなく不安な場合は、電話やメールで採用窓口へ職務経歴書が必要かどうか聞くのも良いでしょう。企業へ連絡する際は「履歴書を持参とのことですが、職務経歴書も一緒に持参してもよろしいでしょうか」というように、職務経歴書に目を通してもらえるかどうかを伺うイメージで問い合わせると、より丁寧な印象になります。

履歴書と職務経歴書の違い

履歴書は、応募者の学歴や職歴、資格などの基本情報を伝える書類です。職務経歴書は、応募職種に活用できる知識やスキルをアピールできる書類といえます。記載する内容はそれぞれの書類で異なるため、役割の違いをしっかりと理解しておきましょう。

履歴書と職務経歴書の作成方法の違い

履歴書は、ある程度フォーマットに沿って作成します。応募者の基本情報を時系列に沿って伝えることが必要です。
それに対し、職務経歴書には決められたフォーマットがありません。職務経歴書の形式には、過去から時系列に職歴を書く「編年体式」や、現在から情報をさかのぼる「逆編年体式」、職種やプロジェクトごとに職歴をまとめる「キャリア式」などがあります。経験職種や転職回数に応じ、自分に合うフォーマットで職務経歴書を作成することが大切です。

応募書類は、市販のものを使うほか、パソコンで作成する方法もあります。「職務経歴書を自分で一から作成するのは不安」という方は、インターネットでテンプレートをダウンロードするのもおすすめです。職務経歴書をパソコンで作成するときのポイントは、「職務経歴書に最適な用紙は?手書きとパソコンどちらが良い?書き方も解説」のコラムで解説しています。

職務経歴書が必要ない場面とは?

職務経歴書が必要ない場面とは?の画像

転職活動でも、求人の応募方法に「履歴書のみ提出」と明記されている場合、職務経歴書は不要です。応募書類を履歴書だけにする企業には、以下のような意図があると考えられます。

職務経歴書を不要にして応募のハードルを下げたい

求職者の中には、職務経歴書の作成を負担に感じ、応募をためらう人もいるでしょう。企業側は、選考に必要な書類を履歴書のみにすることで、より多くの求職者に応募してもらい、人材を確保するねらいがあります。

職歴や経験が必要ない仕事で面接を重視している

募集職種が職歴や経験を問わない場合、履歴書だけで選考が進められることもあります。この場合、企業側は履歴書や職務経歴書といった応募書類よりも、面接を重視して選考するようです。

職務経歴書を提出しない場合は履歴書と面接で自己PRする

転職活動で職務経歴書を提出しない場合、履歴書と面接のみで採用担当者にアピールすることになります。履歴書は、誤字脱字や記載漏れといった基本的なミスがないよう注意しましょう。志望動機や自己PRを伝えるときは、結論・理由・抱負の流れで分かりやすくまとめます。面接を受ける際は「身だしなみを整える」「面接官からの質問にハキハキと答える」「面接室の入退室時に挨拶する」などのマナーを守りましょう。「面接の流れやマナーを理解しよう!受付・入室・退室の場面別に解説!」のコラムでは、就職活動の際に押さえておきたい面接の基本マナーを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

職務経歴書に必要な5つの項目

職務経歴書に必要な5つの項目の画像

職務経歴書には、職務要約や職務経歴、スキル・資格、自己PRなどを記載する必要があります。下記でそれぞれの項目について解説するので、職務経歴書を書く際の参考にしてください。

1.職務要約

職務経歴書の職務要約は、過去の職歴を要約した文章です。職務要約は100字程度で簡潔にまとめるのが良いでしょう。詳しい仕事内容や自己PRといった要素を盛り込む必要はありません。

2.職務経歴

職務経歴書の職務経歴欄では、これまでに携わってきた仕事を紹介します。会社名や在職期間、会社の規模や事業内容、自分が担当した業務内容を具体的に記載しましょう。そのほか、職務経歴欄には、結果だけではなく成果を挙げるために工夫・意識した点も記載しましょう。

職務経歴は数字を使うのがコツ

職務経歴で具体性を高めるために必要なのが、数字の活用です。取引社数や実績、マネジメントした人数などは数字を使って説明すると、採用担当者が内容をイメージしやすくなります。

3.スキルや資格

応募先企業や求人内容の仕事に役立つスキルや資格がある場合は、職務経歴書でアピールしましょう。職務経歴書に資格を記載する際は、「正式名称で書く」「仕事に無関係の資格は書かない」といった点に注意が必要です。

4.自己PR

職務経歴書の自己PRには、履歴書に書ききれないアピール内容を記載すると、「入社後に活躍してくれそう」と印象アップにつながる可能性があります。職務経歴書の自己PRは100〜200字程度にまとめ、端的にアピールするのがポイントです。転職前の経験をもとに、知識やスキルを活かしてどのように貢献できるか伝えましょう。自分の職歴に自信がない場合も、自分をプレゼンテーションできれば、採用担当者から高い評価を得られることもあります。

5.自己分析の結果

職務経歴書では、自己分析の結果を伝えることも可能です。自己PRや職務経歴の部分に自己分析の要素を織り交ぜれば、「自分のことを客観的に分析したうえで経歴を説明できている」と好印象を持ってもらえる場合もあります。そのため、職務経歴書を書く前に一度自己分析をするのもおすすめです。転職活動にあたって改めて自己分析する方は、「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」のコラムも参考にしてください。

職務経歴書を通じて効果的にアピールしよう!

職務経歴書では、「文章力」や「プレゼンテーションスキル」も伝えられます。文章力をアピールするには、「誤字脱字がない」「1文が長すぎない」「箇条書きが効果的に使われている」など、ビジネス文書として読みやすい文章が作れているかどうかを見直しましょう。前述した必要項目の魅力が最大限伝わるような文章が書けると、プレゼンテーション能力のアピールにつながります。職務経歴書は、ただ項目を埋めるだけでなく、自分を売り込むためのツールとして仕上げましょう。

職務経歴書にも自己PRは必要!書き方の注意点

職務経歴書に自己PRを書く際は、レイアウトや記入するスキル、履歴書との一貫性などに注意が必要です。下記に、記載時の注意点をまとめたので参考にしてみてください。

読みやすいレイアウトで作成する

採用担当者は多くの職務経歴書をチェックしており、一つひとつの書類をじっくり読めない場合もあるため、要点を押さえた分かりやすいレイアウトを心掛けましょう。職務経歴書の自己PRは、箇条書きで記載するのがおすすめです。見出しにアピールしたいスキルを書き、具体例を2、3行で記載すると読みやすくなります。

企業が求めるスキルを記載する

職務経歴書の自己PRでは、応募先企業で活かせるスキルをアピールしましょう。たとえば、これまでの仕事で「じっくり地道に作業に取り組む力」を培ったとしても、臨機応変な対応が求められる企業にアピールすると的外れになってしまいます。あらかじめ業界・企業研究を行い、どのような人材が求められるか把握したうえで、必要なアピールポイントを考えることが大切です。

履歴書と一貫性をもたせる

履歴書と職務経歴書を両方提出する場合は、先に職務経歴書の自己PRを作成しましょう。履歴書と職務経歴書の内容に一貫性がないと、「嘘をついているのでは?」と採用担当者に不安要素を与えてしまう恐れも。職務経歴書の自己PRを要約したものを履歴書に記載すれば、限られたスペースで簡潔にアピールでき、内容の相違も防げます。

職務経歴書の自己PRについては、「履歴書と職務経歴書の自己PRは同じ内容で良い?書き方のコツを解説」のコラムでも解説しているので、ぜひチェックしてください。

職務経歴書が必要な場合の提出方法

職務経歴書が必要な場合の提出方法の画像

職務経歴書の提出が必要な場合、郵送するか面接に持参します。それぞれの方法ついて、職務経歴書を提出する際の注意点を確認しましょう。

職務経歴書を送付する場合

職務経歴書を郵送で提出する場合は、履歴書と一緒に送ります。同封する送付状には、同封書類として履歴書と職務経歴書を1部ずつ入れた旨を記載してください。送付状の書き方とは?ビジネスシーンにふさわしいのは手書き?パソコン?」では、送付状の必要性や書き方のポイントなどを記載例とともにご紹介しています。あわせてご覧ください。

職務経歴書を面接に持参する場合

面接に持参する場合は、履歴書と職務経歴書をセットで手渡ししましょう。その際、「履歴書と一緒に職務経歴書もお持ちしましたので、ご高覧いただけますと幸いです」と口頭で伝えると、より丁寧な印象を与えられます。応募書類を手渡しする際は履歴書を一番上にし、その下に職務経歴書を置きましょう。

職務経歴書の提出が必要なくても作成しよう

職務経歴書の提出が必要なくても、応募先に合わせた内容で作成すると、自分のキャリアを整理できます。自分がこれまでに行った業務や得たスキルを振り返ると、新たなアピールポイントや強みが見つかり、面接に活かせる可能性も。少しでも時間に余裕があるならば、じっくりキャリアを振り返り、職務経歴書を作成しましょう。

職務経歴書や履歴書といった応募書類がうまく書けずに困っている…という方は、就職・転職活動のプロに相談するのも一つの手です。
若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブでは、専任のアドバイザーが経験やスキルをヒアリングし、あなたにぴったりのお仕事をご紹介。既卒や第二新卒、フリーターにおすすめの求人も数多く取り扱っています。当サービスでは、マンツーマンで履歴書・職務経歴書のアドバイスや面接対策を実施。ハタラクティブを利用して就職した方の3人に2人は、正社員未経験の方です。サービスはすべて無料のため、不安を解消して就職・転職を成功させたい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

職務経歴書に関するQ&A

ここでは、職務経歴書に関するさまざまな悩みについて、Q&A方式で解決していきます。応募書類をしっかりと準備して転職成功を目指したいと考える方は、ぜひチェックしてください。

職務経歴書には何を書けば良い?

職務経歴書には、履歴書の内容をより深く掘り下げたものを書きます。具体的な業務内容や実績、身につけたスキルを書きましょう。詳しくは「職務とはなにを指す?職務経歴書や履歴書への書き方」のコラムをご覧ください。

「提出不要」なら職務経歴書は書かなくて良い?

職務経歴書が提出不要という指定であっても、可能であれば書くことをおすすめします。その理由は、職務経歴書の作成により自分のキャリアが棚卸しでき、ほかの求人にも作成した内容を使える場合があるためです。職務経歴書は採用担当者に自分のスキルや経験を伝えやすく、やる気のアピールにもつながります。そのため、求人に提出の有無が書かれていない場合も提出したほうが良いでしょう。職務経歴書の書き方については、このコラムの「職務経歴書に必要な5つの項目」を参照ください。

職務経歴書に書ける職歴が少ないけど大丈夫?

職歴が少ない場合は、内容の充実を心掛けましょう。たとえば、自分の仕事内容や業務でどのような工夫をし、どのような成果を挙げられたのかを詳しく書き、仕事をしている様子が採用側に浮かぶようにすると効果的です。職務経歴書の書き方のポイントについては、「職務経歴書を簡単に作成するための方法を解説!転職を有利に進めよう」を参考にしてください。

正社員経験がないときはどう書けば良い?

正規職員としての就業経験がない場合、パートやアルバイト経験を書いても構いません。職務経歴書では、アルバイトで担当した業務や工夫したことに触れ、履歴書よりも深掘りした内容を記載します。応募書類の書き方で悩んでいる方にはハタラクティブのご利用がおすすめです。求人紹介だけでなく、専任のアドバイザーが、履歴書や職務経歴書の作成をマンツーマンでサポートいたします。

この記事に関連するタグ