新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 職務経歴書は本当に必要?判断基準や書き方を解説

職務経歴書は本当に必要?判断基準や書き方を解説

公開日:

最終更新日:

職務経歴書は本当に必要?判断基準や書き方を解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・職務経歴書はこれまでの仕事で得た経験やスキルをアピールする重要な書類
  • ・職務経歴書が不要な場合は、履歴書の内容を充実させ面接の対策を怠らない
  • ・職務経歴書が必要な場合は、必要事項を簡潔な文章でまとめて見やすく作成する
  • ・職務経歴書にも自己PRは必要で、履歴書と内容が重複しても問題ない
  • ・職務経歴書を提出するよう指示されていなくても作成しておくと役に立つことがある

監修者:佐藤真也

キャリアコンサルタント

やりたいことやできることを一緒に考えて、ライフスタイルやご希望にマッチする仕事探しをお手伝いします!

履歴書とセットで提出を求められることが多い職務経歴書。一方で、職務経歴書の提出を明記していない求人もあり、用意すべきか迷う人も少なくないはずです。このコラムでは職務経歴書が不要なパターンや、必要だった場合の書き方などについて解説します。
職務経歴書の作成は、自分のキャリアの整理にも役立つはずです。自身のPRポイントが不明確な人は、このコラムを参考に作成してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

職務経歴書とは

職務経歴書とは、今まで経験してきた仕事について記載した書類のことです。履歴書は学歴や職歴、資格など、本人の最低限の情報を伝えるためのものであるのに対し、職務経歴書は仕事で活用できるスキルをアピールするためのものといえます。

 

履歴書のように決まったフォーマットはありませんが、過去から時系列に書いていく「編年体式」や現在から遡る「逆編年体式」、職種やプロジェクトごとにまとめた「キャリア式」などを使って作成することが一般的です。経験職種や転職回数に応じて、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。
いずれの形式にしても、相手が知りたい情報を伝えつつ、自己PR要素を分かりやすく盛り込むことが重要です。うまく活用できれば、企業の採用担当者により自分の魅力をアピールできるでしょう。

 

職務経歴書が必要ないのはどんな時?

職務経歴書は「転職活動の必須書類」といわれることもある重要な書類ですが、不要なケースもあります。本当に職務経歴書が不要かどうか判断しかねている人は、この項を参考にしてみてください。

 

「履歴書のみ」と明記してあれば不要

募集要項に「履歴書のみ」と明記してある場合は必要ありません。企業側には、以下のような意図があると考えられます。

 
応募のハードルを下げたい

求職者の中には職務経歴書の作成を負担に感じ、応募をためらってしまう人もいるでしょう。
そこで企業側は、応募に必要な書類を「履歴書のみ」とすることで、応募のハードルを下げようとしているのです。

 
職歴や経験を問わない仕事である

これまでの職歴や経験を一切問わない仕事は「履歴書のみ」で選考が進められることもあります。この場合、企業側は書類よりも面接を重視して選考を進めるようです。

 

「履歴書のみ」の求人に応募する際の注意点

職務経歴書が必要ないということは、自己PRできる場が履歴書と面接だけに限られてしまいます。そのため、十分な対策が必要です
履歴書は、誤字脱字や情報漏れのような基本的なミスがないように注意して書きましょう。また、志望動機や自己PR欄に書く内容を分かりやすくまとめることも重要です。スペースが限られているため、字の大きさと情報量のバランスを上手に取り、本当に伝えたいことだけに絞って記入するのが望ましいでしょう。
面接は、基本的なマナーの確認を忘れずに。また、志望動機や長所・短所、自己PRなどの質問に対する具体的な回答を用意しておくようにしましょう。明るくハキハキと、企業の求める人物像とマッチするようなアピールポイントを分かりやすく伝えることが大切です。

 

職務経歴書の書き方

職務経歴書には決まったフォーマットが存在しないため、Wordなどを使用して自分で作成する必要があります。編年体式やキャリア式など形式は自由ですが、読みやすいレイアウトと分かりやすい文章を心掛けることが重要です。自分で作る自信がないという方は、Web上にあるフォーマットを参考にしてみましょう。

 

必要事項

職務経歴書に盛り込むべき内容は以下の4つです。それぞれどのようなことを書けばよいのか解説します。

 
職務要約

職務要約とは、これまでの職歴を要約した文章です。詳しい仕事内容や自己PRなどは盛り込まず、簡潔に100字程度でまとめるのが良いでしょう。

 
職務経歴

職務経歴で、これまで行ってきた仕事について詳しく紹介します。在職期間や会社名、会社概要(規模や事業内容など)、自分が行った業務内容を具体的に記載しましょう。
具体性を高めるために重要なのが「数字」。取引社数や実績、マネジメント人数などは数字で詳細にアピールすると、より相手に伝わりやすくなります。また、実績や成果を上げるために工夫・意識した点も記載しておきましょう。

 
スキルや資格

業務に役立つスキルや資格がある場合は、必ずアピールしましょう。汎用性の高いパソコンスキルや運転免許について記載するのが一般的です。

 
自己PR

これまでの仕事の中で得た、応募先の企業でも活かせるスキルをアピールしましょう。記入スペースが限られた履歴書とは違い文字数制限はありませんが、できるだけすっきり分かりやすくまとめるのが望ましいといえます。

 

履歴書と内容が重複する部分もあるはずですが、問題ありません。逆に、履歴書の内容と職務経歴書の内容に一貫性がないと、採用担当者に不信感を与えてしまう恐れがあります。

 

職務経歴書にも自己PRは必要

自己PRは履歴書だけでなく、職務経歴書にも記載しましょう。「すでに履歴書に記載したから不要」と感じる人も多いようですが、逆に、職務経歴書は履歴書に書ききれないことをアピールする重要な書類です。
ここでは、職務経歴書における自己PRのポイントをご紹介します。

 

読みやすいレイアウトで記載する

自己PRに限らず、応募書類は読みやすいレイアウトで作成しましょう。
企業の採用担当者は、数多くの応募者の書類をチェックしています。一つひとつじっくり読んでいられない状況も十分考えられるため、できるだけ要点をまとめた分かりやすいレイアウトを心掛けましょう。
自己PRは、箇条書きで記載するのがおすすめ。見出しでアピールしたいスキルを挙げ、その後に補足の文章を加えると読みやすくなります。補足の文章も冗長にならないよう、5行以内を目安に簡潔にまとめるのが望ましいでしょう。

 

相手が求めていることを記載する

自己PRでは、応募する企業で活かせそうなスキルをアピールしましょう。
例えば、これまでの仕事で「じっくり地道に作業に取り組む力」を培ったからといって、臨機応変な対応が求められる企業にそれをアピールしても的外れになってしまいます。あらかじめ業界・企業研究を行いどんな人材が求められているのか把握したうえで、それに応じたアピールポイントを挙げるのがおすすめです。

 

職務経歴書に書いた内容をベースに記載する

前項でも述べたとおり、履歴書と職務経歴書の内容が重複してしまうことは問題ありません。むしろ、一貫性がない方が不自然になってしまいます。
履歴書と職務経歴書の両方を提出する場合は、先に職務経歴書の自己PRを作成するのがおすすめです。職務経歴書の自己PRを要約したものを履歴書に記載すれば、限られたスペースで簡潔なアピールをすることができ、内容にも相違が生じません。

 

職務経歴書を提出する場合

職務経歴書の提出を指示されていなくても、すでに職務経歴書を作成しており、相手にアピールしたい経験やスキルがある場合は積極的に送付・持参しましょう。明確に「職務経歴書は不要」と指示されていない限り、マイナスの印象を与えることは考えにくく、むしろ熱意が伝わる可能性もあります。

 

送付する場合

履歴書を郵送で提出する場合は、職務経歴書も一緒に同封しましょう。送付状に「念のため職務経歴書も同封させていただきます。ご高覧いただけますと幸いです」など一言書き添えておくと、より安心かつ丁寧です。

 

面接に持参する場合

履歴書を面接に持参する場合は、職務経歴書もセットで手渡ししましょう。その際に「職務経歴書もお持ちしましたので、ご高覧いただけますと幸いです」と口頭で伝えられると、より好印象を与えられるはずです。なお、一般的には履歴書を一番上に、その下に職務経歴書やほかの応募書類を重ねて手渡します。

 

提出不要でも作成してみよう

職務経歴書の作成を手間に感じる人もいるでしょう。しかし、たとえ企業から提出を求められていなくても、職務経歴書を作ることで自分のキャリアを整理することができます。
自分がこれまで行ってきた業務やその中で得たスキルを振り返ることで、新たなアピールポイントや強みが見つかり、面接に活かせる可能性も。また、履歴書の自己PR欄のクオリティも上げられるでしょう。少しでも時間に余裕があるならば、職務経歴書を作るつもりでじっくりキャリアを振り返ってみてはいかがでしょうか。

 

職務経歴書や履歴書などの応募書類がうまく書けずに困っているという方は、就職活動のプロに相談してみてはいかがでしょうか?
ハタラクティブは若年層向けの就職・転職エージェントです。専任のアドバイザーがあなたの経験やスキルなどをヒアリングし、適切な応募書類が書けるようサポートいたします。もちろん、書類の添削だけでなく面接対策や求人紹介なども行っており、すべてのサービスが無料です。
不安を解消して選考に臨みたい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

職務経歴書に関するQ&A

ここでは、職務経歴書に関する主な質問と回答に関してまとめました。

職務経歴書には何を書けば良い?

職務経歴書には、履歴書の内容をより深く掘り下げたものを書きます。具体的な業務内容や実績、身につけたスキルを書きましょう。詳しくは「職務経歴書には何を書く?履歴書との違いを理解しよう」のコラムをご覧ください。
 

「提出不要」なら職務経歴書は書かなくて良い?

提出不要という指定であっても、自分のキャリアが棚卸しできるうえ、ほかの求人に使える場合があるので、できれば書くのをおすすめします。 また、職務経歴書の有無が書かれていない場合でも、提出したほうが良いでしょう。採用担当者に自分のスキルや経験を伝えやすいうえ、やる気のアピールにもなるからです。職務経歴書の書き方についてはこのコラムの「職務経歴書の書き方」をご参照ください。
 

職務経歴書に書ける職歴が少ないです

職歴が少ない場合は、内容の充実を心がけましょう。自分の仕事内容や、業務でどんな工夫をしてどのような成果が挙げられたのかなどを詳しく書き、具体的に仕事をしている様子が浮かぶような内容にすると効果的です。職務経歴書でチェックされているポイントは、「職務経歴書にフォーマットはある?書き方のポイントと簡単な作成方法まとめ」のコラム、「履歴書・職務経歴書のチェックポイント」の箇所を参考にしてください。

正社員経験がないときはどう書けば良い?

本来、職務経歴書は正社員での経歴を書くものですが、正規職員としての就業経験がないなら、アルバイト経験を書いても構いません。アルバイトでどんな業務を行い、どう工夫してきたのかなど、詳細に書きましょう。その際には、履歴書と同じ内容でなく、より深堀りした内容を心がけてください。書き方で悩んでいる方にはハタラクティブのご利用がおすすめ。専任のアドバイザーがマンツーマンでサポートいたします。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ