新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 職務経歴書に書くことがない!どうやって書けばいい?

職務経歴書に書くことがない!どうやって書けばいい?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・職務経歴書では、経験とスキル、仕事への姿勢、志望度、プレゼン能力がチェックされている
    ・正社員として働いたことがない人は、アルバイト経験を職務経歴として書く
    ・単純作業しか経験していない人は、仕事で自分なりに改善、工夫した点を強調して書く
    ・ブランク期間がある人は、その間に学んだことや取得した資格、ボランティア経験などを書く
    ・職務経歴を作成する際は、読みやすさに配慮し誤字脱字に注意

職務経歴書とは、自分のこれまでのキャリアを書いて企業に自己PRする書類です。
新卒でなければ履歴書とともに必要な書類なので、大抵の場合書くことになります。
しかし中には、職務経歴書に書くことがないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、職務経歴書の作成が難しい方に向け、書くためのヒントをご紹介します。

◆企業が職務経歴書からチェックしていること

まずは、企業側が職務経歴書から何をチェックしているかを知っておきましょう。

【スキルや経験】

多くの企業は、「会社が求める実務能力を持っているか」「応募者の経験やスキルは自社で活かせるか」を見ています。そのため、単にこれまでの経歴を並べるだけでなく、その経験が企業でどのように活かせるかを伝えることが大切だと言えるでしょう。

【仕事に対する姿勢】

華々しい成果がなくても、「業務を行う上で工夫した点」や、「なぜそれを行ったか」などの具体例があると高く評価される傾向にあります。業務効率化のために行ったことや、自分の提案で顧客から評価されたエピソードなどがあれば、積極的に記載しましょう。

【志望度】

企業側は意欲的に働いてくれる人材を求めていますから、「志望動機」や「自己PR」の部分も重視しています。仕事に対する熱意を裏付ける具体的で信憑性のある内容が書いてあれば、好印象を与えることができるでしょう。

【プレゼンテーション能力】

職務経歴書は履歴書と違って定形の書式がないため、「どんな構成にするか」なども1つのポイントです。そのため、伝えたい情報やアピールポイントが明確か、読みやすい工夫がされているかなども大きな判断材料になっています。


◆本当に書くことがない?

職務経歴書に書くことがないと悩む方の多くは、前項で挙げたスキルや経験の部分が足りないと考えているのではないでしょうか。
正社員として働いたことがない場合は、アルバイト経験を職務経歴として記入することも可能です。また、単純作業しか経験してこなかったという方でも、アピールできることはあります。
これまでの経験を振り返ってみて、書けることを探してみましょう。

【アルバイト経験しかない場合】

アルバイトの経験しかないという場合でも、そこで得た接客力や営業力、コミュニケーション能力、PCスキルなどはさまざまな企業で応用できます。業務自体は関連していなくても、応募先で活かせる能力を持っていることを伝えられれば効果的なアピールになるでしょう。
以下、アルバイト経験のみでも自己PRとして書けるものを一部挙げますので、職務経歴書作成時の参考にしてください。さらに行動のきっかけになったこと、結果や実績なども伝えるとより効果的です。

・お客様へのアプローチの方法を変え、商品の売上に貢献した
・聞かれた時に説明できるよう、自主的に商品知識を身につけた
・接客の際、言葉づかいや声のトーンなどに気を配った
・几帳面な部分を評価され、商品の在庫管理や受発注業務を任された
・後輩の教育指導係に任命され、新人のミスを積極的にフォローした

【これまでの仕事が単純作業だった場合】

業務内容的にアピールできる部分がないという場合は、仕事をする中で自分なりに工夫した点や改善したことを強調すると良いでしょう。毎日同じ仕事をしているからこそ気づく部分もあるはずです。
例えば、「効率化のため業務工程の見直しを行い、無駄な作業を減らした」「過去に問題が起こった部分は徹底的にチェックし、記録を残すようにした」など。また、「想定外の事態が起こったときにどう対処したか」というエピソードがあれば、業種関係なく書くことができますし、問題解決能力が高いと評価してもらえるかもしれません。

【ブランク期間がある】

仕事をしていない空白の期間があると、選考で不利になってしまう傾向があります。そのため、できる限りその間に学んだことや取得した資格、ボランティア経験などを書き、単に仕事をしていなかっただけではないことを伝えましょう。
また、入院や長期療養などのやむを得ない事情がある場合はそのことを記載し、現在は回復していることも併せて伝えましょう。


◆職務経歴書のチェックポイント

最後に、職務経歴書を作成する上で気を付けたいポイントをまとめました。職務経歴書を作成したら、以下のような箇所がないか確認しましょう。

【誤字脱字はないか】

基本的なことですが、誤字や脱字には十分気を付けましょう。

【読みやすさに配慮する】

文字は詰め込みすぎず、適度に改行しましょう。また、ひと目で何がどこに書いてあるのかわかるようなレイアウトを心がけることが大切です。

【具体的な内容になっているか】

業務内容はもちろん、どんなことを目標として働いたのか、また仕事を通じて何を実現したかなどを詳しく書きましょう。


「さまざまなサイトを参考に頑張ってみたけど、どうしても職務経歴書が書けない!」という方は、転職エージェント、ハタラクティブを活用してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブでは、求人のご紹介から応募書類作成のアドバイス、面接対策まで幅広いサービスを提供しており、一人ひとりの就職活動を全面的にサポート。
高卒や既卒、第二新卒、フリーターといった若年層の方を対象としているため、未経験歓迎の求人も豊富に取り揃えています。まずはお気軽にご相談ください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ