職務経歴書は手書きとPCどちらで書くのが正解?

職務経歴書は手書きとPCどちらで書くのが正解?の画像

【このページのまとめ】

  • ・履歴書の場合、手書きを好む企業が多いが、職務経歴書はどちらがいいということはあまりない
  • ・外資系企業やIT業界などPCスキルをアピールしたい場合は、PCで作成した職務経歴書を使ったほうが良い
  • ・PCで職務経歴書を作成するメリットには、PCスキルのアピールができる、読みやすい、作成時間の短縮などがある
  • ・デメリットは、熱意が伝わりにくい場合がある、企業によっては手書きを好むなどが挙げられる
  • ・手書きのメリットは、文字に個性が出る、熱意を感じてもらえる、字の綺麗さをアピールできるなど
  • ・デメリットは、読みづらくなる、時間がかかるなど
  • ・職務経歴書は自分のキャリアをアピールする大切な書類のため、PCで作成するか手書きで作成するか以上に、どのような内容にするかが重要

転職活動で提出を求められることが多い職務経歴書。大切な書類であるだけにPCと手書き、どちらで作成したほうが良いのか悩むという方もいるのではないでしょうか。
このコラムでは、PCの職務経歴書、手書きの職務経歴書、それぞれのメリット・デメリットをまとめています。
自分や応募する企業に合った職務経歴書を作成しましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

職務経歴書はPCと手書きのどちらが正解?

履歴書の場合、会社指定のものがある場合や、PCでの作成が好まれる外資系企業、IT系ベンチャー企業など特定の業界への応募でなければ、PCで作成するよりも手書きのほうが良いという意見が多数です。
これは、手書きのほうが人柄が伝わる、個性を感じられるといった考え方の企業が多いからでしょう。

では、職務経歴書はどうでしょうか。
こちらは、特にどちらのほうが良いということはないようです。
ただし、履歴書と同様、PCでの作成を好む企業はありますし、外資系企業やベンチャー企業、IT業界など自分のPCスキルをアピールしたい業界では、PCで作成した職務経歴書の方が効果的といえます。
一般的な企業に提出する際は、PCでの作成が苦にならない環境がある場合やPCスキルに自身がある場合はPCで作成してもいいでしょうし、手書きのほうが書きやすい、ということでしたら手書きを選んでも問題ありません。

どちらで作成するか迷うという方は、PCと手書き、それぞれのメリット・デメリットを確認してみましょう。

PCで作成するメリットとデメリット

外資系企業やIT業界で好まれる、PCで作成した職務経歴書。どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

メリット

PCスキルのアピールができる

PC操作に自信がある人は、職務経歴書を上手く作成するとそのスキルを証明することができるので、アピールに効果的です。

読みやすさ

職歴が多い、アピールしたい経験が多いなど、人によっては職務経歴書の文字数が多くなってしまうこともあります。
そういった場合、手書きだと読みづらくなってしまいますが、PCであればレイアウトや文字の大きさなどで調整することができます。

時間短縮ができる

内容やまとめ方など、考える時間は変わりませんが、入力するスピードは手書きとは比べ物にならないほど早いのは歴然。
また、一度基本の形を作っておけば、他の企業に提出するものを作成する際に、共通する部分はコピーすることができます。
しかし、企業によってアピールできる経験やスキルは異なることがありますし、志望動機や自己PRは応募企業を研究し、その企業にしか当てはまらないものを作成するというのが基本ですので、どの企業にも全く同じ内容の職務経歴書を提出するのは避けましょう。

修正ができる

履歴書と同じく、職務経歴書に修正液などを使用するのは印象が良くありません。そのため、手書きの場合少しでも間違えてしまうと、一から書き直しとなります。PCの場合は、間違えても簡単に修正ができるというのが大きなメリットです。

デメリット

熱意が伝わりにくいことがある

PCスキルが高い人であれば、見やすく分かりやすい職務経歴書を作成することができます。しかしそうでない場合、他の応募者と比べて見劣りしてしまう可能性がありますし、自分の熱意や志望度をきちんと伝えらない書類になってしまうかもしれません。
また、簡単に複製できることから、使い回しなのでは?と思われてしまうこともあるため、その企業に向けて作成したものだということが伝わるよう工夫して作成しましょう。

手書きを好む企業もある

「応募書類は手書きがいい」と考える企業もあるため、そういった場合は、アピールしたいPCスキルなどもあまり評価されない可能性があります。
応募する企業どのような考え方なのか、事前に調べておきましょう。

手書きで作成するメリットとデメリット

それでは、手書きの職務経歴書にはどんなメリットとデメリットがあるのか見ていきましょう。

メリット

個性が出る

手書きの文字から個性を見るという人も少なくありません。
また、丁寧に書いた文字は伝わるということもありますので、そこから熱意を感じ取る企業もあるようです。

字の綺麗さをアピールできる

文字を書くことが少なくなった現代だからこそ、文字の綺麗さを重視するという企業もあります。
硬筆やペン字に自信のある方は、手書きでアピールしてみても良いかもしれません。

デメリット

読みづらくなる可能性がある

PCのメリットの項目でも触れましたが、職務経歴書に書く内容が増えれば増えるほど、字が小さくなる、文字の間隔が狭くなるなど、手書きの文章は読みづらくなることがあります。

時間がかかる

文字量の多い職務経歴書は、1枚書くだけでも大変な作業です。
それを複数の企業分書くとなると、とても時間がかかりますし、少しでもミスをしたら最初から書き直さなければなりません。

PC、手書きともにメリットとデメリットがあります。
職務経歴書は企業に自分のキャリアや熱意をアピールする大切な書類。
PCにするか手書きにするかということ以上に、自分の職歴をどのように分かりやすくまとめるかを考えて作成することが重要なのではないでしょうか。

転職エージェントのハタラクティブでは、若年層の方の転職を、企業選びから内定後のフォローまで完全サポートしています。
直接取材を行った企業のみをご紹介しているため、書類作成のポイントや添削はもちろん、面接対策も企業毎のアドバイスが可能です。
職務経歴書の書き方が分からないという方、一人での転職に不安があるという方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION