職務経歴書の退職理由の正しい書き方は?状況別の例文も紹介!

職務経歴書の退職理由の正しい書き方は?状況別の例文も紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・職務経歴書に退職理由を書くのは必須ではない
  • ・やむをえない事情がある場合、前向きな理由がある場合は退職理由を書くと良い
  • ・職務経歴書の退職理由を偽ると「経歴詐称」になるので注意
  • ・履歴書に書く退職理由は、「会社都合」「自己都合」「契約期間満了」のいずれか
  • ・職務経歴書は読みやすい文章と見やすいレイアウトを意識しよう

職務経歴書の退職理由、どう書けば良いか悩んでいませんか?
退職理由は書き方によってあなたの印象を左右する項目。やむをえない理由や前向きな理由で退職した場合は、背景を説明することで面接官の理解を得られます。
このコラムでは、退職理由を書いた方が良い状況と、具体的な書き方を解説。また、退職理由以外に職務経歴書へ記載すべき内容などもまとめました。
今よりも働きやすい職場へ早く転職したい方はぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

職務経歴書へ退職理由を書かない選択肢もある

転職する際に必須となる履歴書には必ず退職理由を記載しなくてはいけませんが、職務経歴書には退職理由を書かないという選択肢もあります。
そもそも履歴書とは異なり、職務経歴書には決まったフォーマットはなく、そこに何を書くかは本人の自由です。

企業が職務経歴書を求める理由は、これまでの経歴から会社に役立つ人間なのか判断するためで、転職希望者は理想の職場に就職できればよいわけなので、双方の目的が達成されれば退職理由は絶対に必要ではありません。
ただし、企業側が職務経歴書へ退職理由の記入を求めている場合、記載は義務となります。

求職者側からすれば、退職理由を書くことにより採用に有利になればよいわけなので、単純に転職活動のアピールになるような内容であれば記載しましょう。不利になるようなら、退職理由の欄を設けないという手もあります。
具体的には、キャリアップや自身が持っている資格やスキルを活かすために転職を希望したようなポジティブ理由なら記載をして、ただ仕事が辛かった、朝早起きするのが面倒だったなどのネガティブな理由は書かない方が賢明といえます

また、家庭の事情や前の会社が倒産したなどのやむをえない理由がある場合は、その旨をきちんと伝えましょう。
病気や介護や出産などは、退職理由として面接官などに理解されやすくなっています。

履歴書への退職理由の書き方について知りたい方は、基本的な作成方法を詳しく紹介しているコラム「退職理由を履歴書に書く際のポイント」がおすすめです。

職務経歴書へ虚偽の退職理由を書くのはNG

退職理由がネガティブで、転職に不利になるからと言って、虚偽の退職理由を記載することは絶対にしないでください。退職理由の内容が虚偽があることが分かれば、採用を取り消されてしまいます。

豊富な経験を持つ面接官は求職者の嘘を見破る能力に長けている場合が多いです。書類上では嘘だと分からなくても、面接時に退職理由を深堀されると、簡単に嘘を暴かれてしまうことも。
また、職務経歴書や履歴書に虚偽の記載をすれば、経歴詐称となり警察へ逮捕はされないとしても、入社後に処罰の対象になる恐れもあります。

退職や転職の際に用意すべき書類や、その書き方について知りたい方は、退職願や履歴書などの作成方法を紹介しているコラム「退職願や履歴書、職務経歴書の退職理由の書き方とは?」を参考にしてみてください。

職務経歴書への状況別の退職理由の書き方

正しい職務経歴書へ退職理由の書き方を、具体的な例文を交えて紹介します。
自分の退職理由と同じものがあれば参考にしてください。

退職理由が結婚の場合

結婚が退職理由になることもあります。特に配偶者と同居するために退職を余儀なくされるケースは多いようです。
以下にその場合の例文を記載します。

【退職理由の例文】
「結婚に伴う転居のため退職しました。」
「結婚に伴い、配偶者家業手伝いのため退職しました。」

退職理由がキャリアアップの場合

キャリアアップはポジティブな退職理由となります。虚偽の記載は許されませんが、たとえ前の会社に不満を持って退職したとしても、その点の記載は避けましょう。
以下に例文を記載します。

【退職理由の例文】
「営業職から技術職に挑戦するために退職しました。」
「ファイナンシャルプランナーの資格取得のために退職しました。」

退職理由が介護の場合

転職理由が親の介護や病気の看病のためなどの場合は、以下のように退職理由を記載しましょう。

【退職理由の例文】
「1年前に父が心筋梗塞で倒れて、介護のために退職しました。」
「母が病気となり、看病のため退職しました。」

退職理由が病気の場合

退職理由が病気や体調不良の場合は、採用してもらう企業に不安を与えないように、今後勤務に支障がないことを記載するのがポイントです。
以下に例文を記載します。

【退職理由の例文】
「体調不良のため退職しました。現在は体調も復活して勤務に支障はありません。」
「病気治療のため退職しました。現在は完治しており、勤務に支障はありません。」

会社を辞める際にどのように伝えればいいか知りたい方は、上司への退職理由の上手な伝え方を紹介しているコラム「退職理由は正直に言うべき?上司や面接官への上手な伝え方を紹介」をチェックしてみてください。

転職活動をしているときに、面接官に退職理由をどのような伝えるべきか知りたい方へは、上手な返答の仕方が書かれているコラム「退職理由を面接で聞かれたときのおすすめ返答集」がおすすめです。

職務経歴書の退職理由は定型フレーズを記載すればOK

前項で状況別の具体的な退職理由の例文を記載しましたが、基本的には退職理由の文章作成にあたり、それほど難しく考える必要はなく、「定型フレーズ」を記載すれば問題ありません。
以下に状況別の「定型フレーズ」を紹介します。

自己都合の場合

自己都合で退職した場合の定型フレーズは、「一身上の都合により退職」です。
退職理由で最も多いのが自己都合によるもので、キャリアアップや結婚・出産、病気などもこれに含まれます。そのほか、待遇に納得できなかった場合や、単に仕事がしたくなくなったなどのネガティブな理由も含まれます。
自らの意思で退職した場合は、全て自己都合退職です。

会社都合の場合

会社都合で退職した場合の定型フレーズは、そのまま「会社都合により退職」です。
会社の倒産や廃業、リストラ、賃金の未払い、職場の上司からの嫌がらせなども会社都合に含まれます。
ただし、会社の業績が悪くて倒産しそうだから退職した場合は自己都合扱いとなるため、このフレーズは適用になりません。

契約期間満了の場合

契約期間満了で退職した場合の定型フレーズも、そのまま「契約期間満了につき退職」です。
正社員ではなく、派遣社員や契約社員や臨時社員などが、期間の定めのある契約を結んでいた場合に適用するフレーズとなります。
ただし、契約期間が切れる前に退職した場合は自己都合退職となるため、「一身上の都合により退職」と記載してください。

定型フレーズでは良くないケース

基本的には、退職理由は上記の3つのどれかに当てはまり、退職理由には定型フレーズを利用すればよいわけですが、そうでないケースがあります。
転職回数が多かったり、離職期間が長過ぎたりした場合は、「一身上の都合により退職」だけでは納得してもらえない可能性が高いです。その場合は定型フレーズを使わず、適宜内容を変えましょう。

たとえば、転職回数が多い場合には、「採用してもまたすぐに辞めるのでは?」という疑念を高めてしまいます。そのため、定型フレーズだけを書いてしまうとその疑念が払拭できません。内定をもらいにくくなってしまうこともあります。

転職回数が多い理由がある場合は、「結婚のため退職」「配偶者の転勤のため退職」「親の介護のため退職」など、事実をしっかり記載しましょう。
そのような事実がない場合は、「資格を取得するために退職」「キャリアアップのため退職」「他業界へのチャレンジのために退職」など、できるだけ前向きな理由を書くことで、採用担当者に良いイメージを与えることができます。

【退職理由の例文】
「ゲーム会社でプログラマーとして勤務していましたが、親の介護にために在宅での仕事を余儀なくされ退職しました。在宅で仕事ができることになったことから、前から勉強したかったデザインの勉強をすることができるようになり、『ウェブデザイン技能検定1級』と『アドビ認定エキスパート』の資格を取得しました。これらのスキルも活かして貴社での仕事で活躍していきたいと思います。」

また、結婚や出産、病気、介護、体調不良など以外にも、家庭の事情による退職には正当性が認められることが多いです。退職理由がこれらに当てはまる場合は、面接官が退職理由に疑念を抱かないように、定型フレーズを使わないで、具体的な内容を記載することをおすすめします。

会社に不満があって退職を考えていて、そのことをストレートに伝えてよいか悩んでいる方は、スムーズに退職するコツなどが書かれているコラム「退職理由を伝える時の大切なポイント」がおすすめです。
また、上司に本当の退職理由を言えなくても困っている方は、円満に退職するための注意点などを紹介しているコラム「退職理由を言いたくないときは?角が立たない理由と伝え方のポイントを解説」を参考にしてください。

退職理由以外に職務経歴書へ書くべき7つの内容

退職理由以外に職務経歴書に記載すべき基本的な内容は以下の7つです。

1.氏名

自分の氏名を書きます。誤字脱字に気を付けて正しく書きましょう。
また、氏名の読みも忘れずに書いてください。

2.日付

日付は郵送の場合は投函日を書きます。企業に直接持ち込んで渡す場合は、職務経歴書を持参する日を記載してください。

3.職務要約

職務要約は、あまり長く書かないで、100文字程度で要点を押さえて採用担当者が読みやすいことを意識して分かりやすくまとめましょう。

4.職務経歴

職務経歴は、職務経歴書の中で最も重要な項目です。
在籍していた企業名、資本金、所属していた部署、業務内容、自分があげた成果や携わったプロジェクトなどを詳細に記載してください。

5.保有資格

保有資格は、今後の仕事に関連するものから記載してください。また、現在関連する資格取得にチャレンジしているなら、その旨を伝えて構いません。

6.パソコンスキル

業務に役立てられるパソコンスキルを書きます。
特別な資格がない場合は、パソコンスキル以外にも、これまでの経験から得たスキルや知識を記載しましょう。

7.自己PR

自己PRには、これまでどのような姿勢で業務に取り組んできて、今後会社にどのような貢献ができるのかを具体的にアピールして、これまで成し遂げたものや前向きなエピソードがあれば、それらも紹介してください。

職務経歴書を作成する際の注意点

職務経歴書の最大の目的は、採用担当者に自分のことを分かってもらい、転職を有利にすることです。見やすくて伝わりやすいようにすることがポイントです。
あまりにも情報量が多いことは得策ではないため、基本的にはA4用紙1~2枚にまとめましょう。
職務経歴書は、手書きよりもパソコンで作成した方が読みやすく、修正しやすいです。また、作業時間を短縮できます。さらに、パソコンスキルのアピールにもなるでしょう。
文字の大きさや年号は統一して、レイアウトにも気をつけることで、読みやすくなります。

「職務経歴書や履歴書の書き方に関してアドバイスが欲しい」という方は、ハタラクティブにご相談ください。
若年層向けの就職・転職エージェントのハタラクティブでは、専任のアドバイザーが一人ひとりの悩みを丁寧に聞いて、理想の職場が見つかるまで徹底的にサポートさせていただきます。
職務経歴書の作成以外にも、応募書類や面接の対策についてもサポート。また、企業側との条件交渉も代行いたします。
すべてのサービスを完全無料でご利用いただけますので、どうぞお気軽にご利用ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION